猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

幸せの始まりは 【恋愛に 悪者なんて 必要ない】

tag コメディ ラブコメ

『幸せの始まりは』 HOW DO YOU KNOW
2010年・アメリカ
30代、人生に行き詰まった女性の前向きコメディ。

幸せの始まりは[DVD]幸せの始まりは [DVD]
監督:ジェームズ・L・ブルックス
出演:リース・ウィザースプーン、オーウェン・ウィルソン、ポール・ラッド、ジャック・ニコルソン

 ベタベタのロマコメかと思いきや、これが素直に楽しいアメリカン・コメディ!台詞で説明するよりも、表情・仕草・間で表現してくれる。『フレンズ』のようなシットコム(シチュエーション・コメディ)が好きなら、きっと楽しいよ。たくさんワロタ!



 リース・ウィザースプーンがソフトボール選手、オーウェン・ウィルソンがメジャーリーグ選手という役所!リース演じるリサは年齢を理由に戦力外通知、ウィルソン演じるマティはそんな彼女に「僕に限っては年齢で引退なんてないね」と無神経なことを飄々と言う。けれど、愛嬌があって憎めない。その無神経さも彼の魅力のうち!

HowDoYouKnow_wall_1600x1200_1.jpg

 落ち込みながらも人生を立て直そうとするリサ。この前向きさ、気丈さが凄い。アスリートだけあって、メンタル面強いわけだ。もちろん、その強さも彼女の努力の賜。だって、自宅の鏡にたくさん自己啓発メモが貼り付けてあるんだもん。普段から相当努力してるね、この人。(と思わせるディテールが素晴らしい)

HowDoYouKnow_wall_1600x1200_2.jpg

 このアスリート・カップルに絡んでくるのがラッド演じるジョージ。仕事で人生最悪の落ち込み期到来。ジョージの父をちょっとチャビーなジャック・ニコルソンが愛嬌たっぷりに演じている。この4人のコメディ演技が素晴らしく、妙な間や居心地の悪さに大笑いした!ロマコメ、というより、アメリカン・コメディ的な笑いのツボ。

HowDoYouKnow_wall_1600x1200_3.jpg

 さて、原題は"How do you know"。どうやってわかるの、という意味。恋に落ちたとき、どうしてそれが本物だってわかるの?この人だ!って、どうしてわかるの?マティのチームメイトは「本命が出来たら、彼女以外にはコンドームを使うようになる」なんて言ってますが。その人のことをつい考えてしまったり、もっと一緒にいたかったり、一緒にいて心地よかったり、いろいろですよね。

HowDoYouKnow_wall_1600x1200_4.jpg

 有り体に言えば三角関係、ドリカム編成なわけだけど。これは下手すればビッチ。けど、リサの誠実さのお陰で嫌みなくまとまっている。後味も爽やかな、楽しい映画に。

こういう三角関係ものって、誰かが悪者にされることが多いですよね。でも本作は、誰も悪くない。3人とも一生懸命に人を愛して、頑張って生きている。弱ったリサが二人の間で揺れる気持ちも理解できる。3人ともまっすぐ、なんだ。そして、その結末にも、恋の不思議さというか論理で割り切れない言葉に出来ない思いがきちんと描かれていた。誰かが悪いのではなく、嫌いなのでもなく、終わって始まる。彼が“その人”だって、どうしてわかるの?そんなことは明確に言い表せるものじゃ、ない。恋って、そういうもの。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
バンビ [Blu-ray]「バンビみたいな目で見ないでよ。」確かにつぶらな瞳です、ラッド。
バンビ [Blu-ray]
ディズニー
クレイマー、クレイマー [Blu-ray]「この映画を見て母さんは家を出た」って。その後リサがこれを観てます。
クレイマー、クレイマー [Blu-ray]
ジェーン・アレキサンダー、ジャスティン・ヘンリー 他

毛玉内関連記事:

スポンサーサイト

PageTop

僕が結婚を決めたワケ 【親友の すべてを知ってる わけじゃない】

tag コメディ ヒューマン

『僕が結婚を決めたワケ』 THE DILEMMA
2010年・アメリカ
ロン・ハワード監督の新作コメディドラマ。中年男の友情物語。

 声を大にして言いたい!原題は“ジレンマ”だと!邦題が全然合ってないんですよ。別に、主人公が結婚に迷って何かキッカケがあって大きな決断する…なんて話では全くないのだ。違う、違う、そうじゃ、そうじゃな~い!

原題通りに、各人がジレンマを抱えながら生きていてそれをどう解消するかって物語。解消できなくても、どうやって昇華するのかっていう。
Ost: the Dilemma『僕が結婚を決めたワケ』オリジナル・サウンドトラック

 理想の夫婦である親友ニック&ジェニーヴァ。だけど彼らの結婚生活だって順風満帆なわけでなく…。



 元ギャンブル依存症で口達者なベンチャー会社経営者の主人公ロニーに『ドッジボール』『クール・ドライ・プレイス』『イントゥ・ザ・ワイルド』ヴィンス・ヴォーン。その親友で天才エンジニアのニックに『モール・コップ』ケヴィン・ジェームズ

主にこの2人の親友同士の関係が描かれます。ズバリ男コメディと言って良い!2人の凸凹コンビっぷりが素敵。舌好調なロニーと、シャイな技術屋のニック。ロニーはニックの才能に人生を賭けていて、賭け事は止めたけど根本的にギャンブル・ジャンキーは治ってない。そんなロニーがニックの才能を売り込む係。胃痛持ちでプレッシャーに弱いニックは、ロニーに励まされて自信を付けたりする。お互いに自分にないモノを持ってる相手を尊敬してるんだなって雰囲気が良い!

 ニックの妻ジェニーヴァに魔女顔のウィノナ・ライダー。その浮気相手でオカシナ変人にチャニング・テイタム。この役を観てテイタムを見る目が変わった!凄く笑わせてもらったよ。この映画一番の笑いどころは彼の出演シーンだもん!

 そしてロニーの恋人ベスに我が青春のアイドルジェニファー・コネリー。一時は激やせしてたけど、現在は健康的な容貌で相変わらず美しいよ。卓球で得点決めて飛び跳ねてキャッキャはしゃいでるシーンなんて本当可愛い!

 あとロニー&ニックの仕事相手となるクイーン・ラティファは出番が少ないけれど強烈。良いよな、この人の存在感!『シカゴ』のママ・モートン役、『マンハッタンで抱きしめて』のクラブ・シンガー役なんかが好きさ。


 ニック達が理想の夫婦!という主人公ロニー。だけどある日、目撃しちゃう。ジェニーヴァが若い男とキスしてるのを!そこからロニーは親友に事実を伝えるべきかどうか悩む。これがメインのジレンマ。ジェニーヴァと話し合ってもそこにはジレンマ。ジェニーヴァ自身も順調でない結婚生活にジレンマ。ニックも同じ理由でジレンマ。シェフとして働くベスも、とある件でジレンマを抱える。

 映画のオープニングに、4人の会話シーンがある。どれだけ親しくても、本当にその人の全てを知ることは難しい。そんな会話。これがひとつのテーマとなっていて、学生時代からの親友であっても、愛する恋人・妻・夫であっても、知らない面があるものだ、と映画全体に染み渡っている。そこら辺も巧い!

 ロニー&ニックの仕事が車のエンジン・デザインなのだけど、これがまた面白い。いわゆるエコカー、電気自動車のエンジン開発をクライスラーに提案する。それが、昔ながらのセクシーなイグゾーストノートをエコカーでも味わおう!ってコンセプト。確かにエコカーはエンジン音が静かすぎて、健全安全好青年なイメージよね。エコカーなのにワイルドなエンジン音がしたら、そりゃクールだ!そして仕事に没頭するニックがカッコイイ。

“エコカーである”が“エンジン音はワイルドである”。これを両立させるのもジレンマだ!物語は終盤、急速に絡み合ってみんなのジレンマ解消に向かう。そこでは正直であれ、と繰り返される。でも正直に何でもかんでも話すのって、私はそれ優しさじゃないと思うけどな。自分の中にグッとしまっておいて飲み込んで、墓場まで持って行く。そういう優しさもあるじゃない?

 ともあれ、「焼いてやる!顔を焼いてやる!」と暴れまくるヴィンス・ヴォーンに大笑いし、巧いストーリーテリングに惹きつけられ、少し懐かしい感じの中年コメディに大満足。40男の、こんな微笑ましい友情を観て笑顔にならざるを得ないラストでした。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
ミラクル [DVD]カート・ラッセルのスピーチ真似してた。
ミラクル [DVD]
カート・ラッセル、パトリシア・クラークソン 他
大統領の陰謀 [DVD]私はディープスロートよ!
大統領の陰謀 [DVD]
ダスティン・ホフマン、ロバート・レッドフォード 他
ディープ・スロート [DVD]でもラティファが観た?と聞いたのはコッチのエロ映画だった。
ディープ・スロート [DVD]
リンダ・ラヴレース

毛玉内関連記事:
PageTop

人生万歳! 【拗れても ちょっと変でも 幸せです】

tag コメディ 恋愛映画 ラブコメ

『人生万歳!』 Whatever works
2009年・アメリカ=フランス
ウディ・アレン監督40作目、NY舞台の軽妙洒脱コメディ。

 東京では恵比寿ガーデンシネマ単館上映中。ウディ・アレン映画といえば恵比寿ガーデンシネマ!と頼りにしていたのですが、正式に休館が決まり2011/1/28をもってその小さな幕を閉じます。残念。実質的な閉館ですね。番組編成の独自さ、良質さでお客さんを掴んでいたと思ったのに。そんな恵比寿ガーデンシネマ、1/15~28はベストセレクションとして1000円均一、16作品をリバイバルします。私は最終日に『さよなら、さよならハリウッド』を観に行こうと思うよ。詳しくは公式サイトを参照ください。

 さて。本作、ウディ・アレン監督の40作目です。この脚本は'70年代に書き上げていたものを基にしたとのこと。舞台がニューヨークに戻ったこともあって、昔のアレンのシニカルで軽妙洒脱なコメディに立ち返った、という感じ。『アニー・ホール』系。

 主人公ボリス(ラリー・デヴィッド)は天才物理学者で専門は量子力学。かつてはノーベル賞候補にもなったという過去を持つ、人生に絶望した毒舌ペシミスト男。笑って笑ってちょっぴり痛くて、でも幸せならば何でもイイ!と明るさを漂わせてくれます。原題"Whatever works"は“うまくいくなら、何でもアリ”って意味。世間体だの、一般常識から外れてるだの、気にすることないさ!うまくいってるなら、それもアリでしょ!
Whatever WorksWhatever Works
Various Artists

コトノハ
"When you least expect it, fate has a way of knocking on your door."
(思いもよらない時に、運命はやって来て扉を叩く)

 文字通りに扉を叩きます。"運命は思いがけず徒に動いてく"んですね(浜田麻里の歌詞だコレ)。話は運命の導きのもと、ころころと転がっていきます。理屈や必然性などお構いなしで。そこが面白いんだけど。

どんな映画?
 もうオープニングからボリスの語りが面白くて!観客をおちょくってる系のアレですよ。主人公ボリスを演じるのはスタンダップコメディアン出身のラリー・デヴィッド。笑顔一つ見せずに毒づくのだけど、どうにも憎めないとこがある。

 よく喋る皮肉なユダヤ人てとこは監督アレン自身に似ているけれど、傲岸な見下し系の皮肉屋なのが違うところ。アレンだと弱気で神経質で吃音でボソボソ喋る感じ。ボリスの場合は流ちょうな毒舌マシンガントークで人を馬鹿にする。もうこのボリスの悪態だけで面白い!

 このボリス、60歳ぐらい。ひょんなことから21歳の若い女の子(しかも美人)と同居生活が始まる。このネーチャン、メロディちゃん(エヴァン・レイチェル・ウッド)。ブロンドをツインテールにしてキャピキャピ。もう本当にアホの子なわけですよ。でも心優しく純朴で人柄は良い。何から何まで正反対の2人、年齢差とIQ差がありながらも割とうまくやってるわけです。シニカルなボリスとノー天気なメロディは凸凹コンビ!

 この主人公二人の他にも、“普通でない”カップルが続々出来上がっていく。でも、それでも良いじゃないか。どうせこの世は虚しいばかり。せめて好きに人を愛することぐらい、自由にさせてくれって。幸せなら、それで良いじゃあないの。同性愛を突然自覚したり、芸術家っぽい人は3人での同棲生活をしてうまくいっている(『それでも恋するバルセロナ』の3人みたいに)。人生、自分に正直に、自分なりの幸せを掴めば良い。

 アメリカではウケが悪いと思われるこの映画。なぜって、キリスト教に対して冒涜的とも言える態度だからさ。同性愛に非キリスト教、家族の崩壊ときたら、まあ嫌われても仕方ないタイプの映画ではある。そこは我々日本人としては笑ってうんうん頷きながら観れてしまうので、より楽しめる土壌が整ってるわけだ。

 メロディちゃんは南部出身の田舎娘。南部と言えば、根強い人種差別とかキリスト教原理主義(保守的なプロテスタントで聖書の字義通りにこの世ができたと信じたい人々。科学に否定的で学校教育で進化論を教えるな、と主張するような人々)。なので、ボリスにしてみたら南部の非科学的な田舎者めってことになるわけだ、メロディとその家族は。ボリスが天才物理学者なだけにさ。不確定性原理がどうの、観測者がどうの言う量子力学者ですよ、彼は。その辺りもきちんと描かれていて面白かったよ!

 うまくいくなら、何でも良いじゃないか。と、常識や世間をものともしない態度を示すこの映画は、アレン監督の言い訳のようにも見えてしまいます。アレンは若い頃2度の結婚を経て、現在は3度目の結婚。'92年、当時の恋人ミア・ファローの養子であるスンイー(韓国系)とデキちゃったわけだし。そりゃあ非難囂々ってもんですよ。ロリコンめ!それでも'97年(スンイー24歳)に結婚して今も二人は仲良く暮らしているし、二人の養子もいる。ミアにしてみれば業腹だろうけどなあ!まさか自分の養子と!って。

 そんなこんなで、いろいろ併せてとっても面白いコメディ満喫!『アビス』『風と共に去りぬ』『地獄の黙示録』『素晴らしき哉、人生』など映画ネタが多いのも楽しいよ。
にほんブログ村 映画ブログへ
俳優は誰?
 主演のラリー・デヴィッドはスタンダップ・コメディアン出身。'90年代はTVシリーズ『となりのサインフェルド』の企画・製作で名を売り、2000年代はケーブルTVシリーズ『ラリーのミッドライフ★クライシス』で企画・製作に加え主演もして大人気なお方。

 メロディ役のエヴァン・レイチェル・ウッドは若手実力派!『プラクティカル・マジック』でニコール・キッドマンの子ども時代を演じてた子役。最近では『ダイアナの選択』『レスラー』『アクロス・ザ・ユニバース』など、透明感のある繊細な存在感が印象的です。本作ではそんな彼女の持ち味に加えてスットボケたノー天気さがとってもキュート!天然な良い子って雰囲気になってます。そんなエヴァンちゃん、私生活では19歳年上のロッカー、マリリン・マンソンと付き合っては別れています。3度目の別離が2010年8月。その後どうなったのかな?

関連作品のようなもの
風と共に去りぬ [Blu-ray]スカーレットとメラニー、どちらがお好き?ボリスはスカーレット派だって。
風と共に去りぬ [Blu-ray]
ビビアン・リー、クラーク・ゲーブル 他
アビス <完全版> [DVD]悪夢をみて「深淵(アビス)を見た」と言うボリスに「その映画観てないわ~」と答えるメロディ。
アビス <完全版> [DVD]
エド・ハリス、メアリー・エリザベス・マストラントニオ 他
素晴らしき哉、人生!【淀川長治解説映像付き】 [DVD]クリスマスのハッピー・ムービーの代名詞。ボリスはお好きじゃないようです。
素晴らしき哉、人生!【淀川長治解説映像付き】 [DVD]
ジェームズ・スチュワート、ドナ・リード 他
[図解]量子論がみるみるわかる本(愛蔵版)天才ボリスは量子力学が専門。量子のゆらぎだの観測者だの。
[図解]量子論がみるみるわかる本(愛蔵版)
佐藤 勝彦
インタビュー・ウィズ・シリアルキラー [DVD]レクター博士のモデルとなった連続殺人犯テッド・バンディの映画。
インタビュー・ウィズ・シリアルキラー [DVD]
ケイリー・エルウィズ、ブルース・グリーンウッド 他

毛玉内関連記事:
PageTop

キック・アス 【飛べずとも お前のケツは 蹴り飛ばす】

tag アクション コメディ 犯罪 スプラッター 青春

『キック・アス』 KICK-ASS
2010年・イギリス=アメリカ
マーク・ミラーのアメコミ原作。原作とは同時進行での製作。

 もうすぐ公開!キック・アス!ってことで、昨日試写会で観てきたよ。スーパーヒーローもの、アメコミものが好きなら苦しい程に楽しめること間違いなし。そういうのは別に好きじゃなくても、エグい映画が好きなら笑っちゃうはず。私はとても面白かったですよ。エグエグ・アクション・コメディ!原題は“超クール”みたいな意味。

 面白いんだけど、過激なものがあるので、東京では渋谷単館上映。上映館数が少ないのはまあ仕方ないかなあ。我らがシネマ・イクスピアリでは12/18~2週間限定上映するってポスター貼ってありましたよ1/15から2週間限定上映の模様。舞浜サーバー、万歳!ただ、キック・アス公式サイトの上映館情報ではイクスピアリでの上映1月からになってるのよさ、どうなってるのかね?
キック・アス 劇場情報

 素人スーパーヒーローの等身大の活躍に、ちょっと異常な親子とワルい親子が絡むコメディです。血しぶき散って、銃やバズーカどかんどかん。猫のMr.バイティーも可愛いよ!
Music from the Motion Pictureサントラ
Music from the Motion Picture
Henry Jackman、 他

コトノハ
"With no power, comes no responsibility."
(力がなければ、責任は伴わないのか)

 『スパイダーマン』で「大きな力には責任が伴う」って台詞があるので、それに対してのアンチテーゼ。力のない普通の人でも、出来ることはあるだろうと。ノブレス・オブリージュを一般化して、皆が自分に出来ることをやったら良いよね。

どんな映画?

今回の画像はコチラコチラから壁紙ダウンロード。
kickass_wall01_1680x1050.jpg


 正義感だけは人一倍強い非モテ系オタク高校生デイヴ(アーロン・ジョンソン)は、スーパーヒーローになろう!と決意。緑色のウェットスーツをたるたるに着込んでキックアスと名乗り地道なヒーロー活動をする。

キックアス。いつもボコボコにやられてますが。
KickAss_Wallpaper_1600.jpg


 そんな中、キックアスが出会うのは変な親子のヒーロー。その本物さ加減にドン引きするキックアス。父親はビッグ・ダディ(ニコラス・ケイジ)と名乗り、バットマンみたいなコスチュームをしている銃の名手。その11歳の娘(クロエ・モレッツ)はヒットガールと名乗り、めっぽう強い。

バットマンみたいなビッグ・ダディ。
BigDaddy_1600x1200.jpg


 ビッグ・ダディの過去バナはアメコミ仕立てで見せてくれます。こういうの、『REPO! レポ』でもあったな。この親子のやり過ぎ感、躊躇しない感がまさにアメコミの抱える闇の部分。正義とは何か、裁く権利があるのか、その行為は本当に正義か、自らの執念でしかないのではないか。

小さい女の子が品の悪い言葉遣いで暴れまくる!
HitGirl_1600x1200.jpg


 とにかくアメコミねた、映画ねたが沢山出てくるのが嬉しい。「俺、ウルヴァリンみたい!」とか「ジェイソン・ボーンみたいだ!」とか「市長に連絡して夜空にサインを照らすのね」(バットマン)とか「アグリー・ベティを全話見た」とか、「『スコット・ピルグリム』は読んでるわ」とか。『スコット・ピルグリム VS ザ・ワールド』もコミック原作で映画化(エドガー・ライト監督)されたけど、日本公開どうなっちゃったかなあ?今年中に日本公開予定だったのだけど。コチラのサイトで劇場公開を求める署名活動してますので、興味があったら見てくださいな。

 おっと横道それた!『キック・アス』はマーク・ミラーの書いた原作コミックの日本語版も出版されましたよ。映画版の製作当初はまだ話が終わってない段階だったので、原作と映画版では展開が違うとのこと。原作は更にエグいエピソードが盛り込まれているようですよ。

kickass_twitter_skin01.jpg


 キックアスのヒーロー仲間、レッド・ミスト(クリストファー・ミンツ=プラッセ)や、ヴィランに相当するマフィアのボス(マーク・ストロング)など個性的な面々に囲まれて、キックアスは割と普通の男の子に見えます。特にマーク・ストロングは天然禿げモードで容赦なく大人げなく全力でヒーローを潰しにかかるよ!良いよ!

レッド・ミストは英国の言い回し“激怒する、カッとする”の慣用句にちなんで。
RedMist_1600x1200.jpg


 マシュー・ヴォーン監督の奥様はクラウディア・シファー。ビッグ・ダディがキックアスの前に登場するシーンで、超特大版の広告を背に立っています。その広告が、クラウディア・シファー!愛ですね。良いですね。そしてアメコミといえばスタン・リー!スタン・リーと言えばカメオ出演!本作にもカメオ出演なさってます。どこにいるか探そうぜ!

 アメリカで大ヒットしたので当然の事ながら続編の予定がありますよ。タイトルは"Kick-Ass 2: Balls to the Wall"で2012年公開予定!サブタイトルは“全力で、全速力で”の意味のスラング。パイロット用語で、エンジン全開最高速度を出すときに球状のレバーを壁際いっぱいまで押すことから。続編にはヒット・ガール、クロエ・モレッツ続投とのこと。楽しみですな。
にほんブログ村 映画ブログへ
俳優は誰?
 ニコラス・ケイジのビッグ・ダディは良いよ!静かな狂気ですよ。そして真面目なユーモアもたたえていて最高!とりわけ「そんな高い武器を買う余裕はないだろう…」の件でワロタ。

 その娘ヒットガールを演じるクロエ・モレッツ(クロエ・グレース・モレッツ名義)も最高ですよ!キックアスよりバッドアス!バタフライナイフさばき、子どもらしい無邪気な笑顔で敵をなぎ倒すのが凄い。そんなクロエちゃん、『(500)日のサマー』で主人公のこまっしゃくれた妹役やってた子です。そしてスウェーデン吸血鬼もの『ぼくのエリ 200歳の少女』のハリウッド・リメイク版"Let me in"で吸血鬼アビーの役を演じてます。これ、すごく観たいの!予告編観たらめっちゃくちゃ楽しみになっちゃって、でも日本公開はあるのかしら。

kickass_wall02_1680x1050.jpg


 悪いボス、マーク・ストロング様は本当に相変わらずお素敵でした!『シャーロック・ホームズ』でも悪役、『ロックンローラ』では裏社会の大物、『ワールド・オブ・ライズ』のハニ・パシャと、何かこう一定のイメージが出来上がっちゃってる感はあるけどな。その存在感は場面をかっさらう勢いなのよね!

 あ。主演のアーロン・ジョンソン君はジョン・レノンの若かりし頃を描いた青春映画『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』に主演。ええ、レノンの役で。

関連作品のようなもの
キック・アス (ShoPro Books)原作コミックは、違う展開を見せる。日本語版の単行本!
キック・アス (ShoPro Books)
マーク・ミラー
バットマン [DVD]ジョーカーの台詞が引用されてたり。バットマンねた結構あります。
バットマン [DVD]
マイケル・キートン、ジャック・ニコルソン 他
ウルヴァリン:X-MEN ZERO [Blu-ray]俺、ウルヴァリンみたい!って。
ウルヴァリン:X-MEN ZERO [Blu-ray]
ヒュー・ジャックマン、リーヴ・シュレイバー 他
シン・シティ [Blu-ray]『サンセット大通り』、『アメリカン・ビューティー』と並んで語り部が死んだ映画としてあげられる。
シン・シティ [Blu-ray]
ブルース・ウィリス、ミッキー・ローク 他
28日後… [Blu-ray]ビッグ・ダディの襲撃ビデオを見るシーンでテーマ曲が流れる。
28日後… [Blu-ray]
キリアン・マーフィ、ナオミ・ハリス 他
カラテ愚連隊 [DVD]ジョン・ウーの初長編映画は?とビッグ・ダディが質問する。
カラテ愚連隊 [DVD]
ユー・ヤン、ティエン・ニー 他

毛玉内関連記事:
PageTop

リトル・ランボーズ 【共に観る 父を知らない 子らの夢】

tag ヒューマン コメディ 青春

『リトル・ランボーズ』 SON OF RAMBOW
2007年・イギリス=フランス=ドイツ
『ランボー』を観て映画作りを始める子ども達の友情。

 舞台は1982年英国郊外。主人公は11歳の少年ウィルとリー・カーターの二人。『ランボー』を映画泥棒したカーターと、ひょんなことから彼の家で『ランボー』を観たウィル。一緒に映画を作って育まれる絆。ランボーへの憧れは、彼らに欠けた父への憧憬。

 スタローンの『ランボー』を観ておく必要はまったくない!少年達がジャングルでサバイバルするような映画でもない!子供の友情物語をユーモアたっぷりに描いたもの。たくさん笑って、なぜだか涙も出ちゃうような、そんな素敵な映画です。

 エンディング・クレジットが流れる中、ウィルとカーターの短い会話が声だけ挟まれます。これもまたキュート!本編が終わってもすぐに席を立っちゃダメよ。ジュヴナイルものの傑作といって過言でないよ!
Son of RambowSon of Rambow
Various Artists

コトノハ
"Good morning, Lee Carter. I'm here to help you!"
(おはようございます、リー・カーター!お手伝いに来ました!)

 張り切って、映画のコスチュームを着てカーターの家の玄関に現れたウィルの台詞。躾けの良い子なので、言葉使いもとても良い。ウィルの俗世間離れしたイノセントが、ズレてて可笑しい&可愛い!抑圧されてきた子が初めて映画を観てヽ(´ー`)ノハジけちゃった感が、喜びが迸る様子を見ていると楽しい。

どんな映画?
 '80年代の英国!この雰囲気だけで素敵ですが、一貫して子どもの目線で描かれているところが素晴らしい。想像の世界はもちろん、二人の家庭の問題もあくまで子どもらしい理解でさらっと描かれている。そこが、深刻にならず笑って観れて、だけど心を揺する所以なのかも。

本家公式サイト日本公式サイトの壁紙ダウンロード画像を使用。
LR_01_1280x1024.jpg


 ウィルは厳しく世俗の娯楽を禁じられている教会に所属し、TVも映画もポップスもダンスも禁じられている。学校の授業でTVを観るときは廊下に出て待っていなきゃならない。リー・カーターに出会ったのも、一人廊下でTVが終わるのを待っている時だった。カーターは先生達が頭を抱える問題児!このミスマッチな少年コンビが面白い。

 ウィルの家庭が信仰しているプリマス同胞派(キリスト集会)は、英国で起こった宗教運動で牧師や聖職者を置かずに教会活動をするもの、だそうな。プリマスはこの運動が発展した土地の名前。映画で描かれたように、世俗的な娯楽を禁止し慎ましく暮らす人々。そんな同胞派の中でもいろいろ分派があり、集会によっても規範が違うようです。中にはインターネットの使用を禁じる閉鎖的な分派もあるそうな。

SOR_04_1280x1024.jpg


 この二人の他に、ちょうどフランスからの交換留学生が来ていて、そのいつもとは違う興奮も描かれている。真面目で地味なフランス生徒が次々バスから降りてくる。でも最後に衝撃的な生徒ディディエが姿を見せる。英国の生徒達はみんな彼に夢中になる!

 ディディエのエピソードが二人の映画作りに絡んできて、話は転機を迎える。ウィルは最初、悪たれのカーターに刺激を受け、ワイルドに子どもらしく遊び、悪い事を無邪気に真似していた。次にはディディエの大人っぽいパンクな遊びを覚える。ディディエのお気に入りのウィルは、ディディエの子分達の尊敬も受けられる。対して、カーターは相変わらず悪ガキのハミダシ者扱い。生じる亀裂。

LR_04_1280x1024.jpg


 イングランドでは義務教育が16歳まで。そのあと大学受験に必要な勉強をするシックスス・フォームなる段階がある。映画に出てきた上級生用のコモン・ルームは、シックスス・フォームの生徒専用。授業がないときなどココで過ごすんだそうだ。詳しくは下記リンク【イングランドの教育制度】の項を参照。
イギリスの教育 (Wikipediaより)

 ウィルを演じた子はフレッシュでイノセントで天然ぽさが凄く良かった!カーターを演じた子も本当に役にピッタリの悪タレ顔で、仕草も悪ガキで素晴らしかった!カーターの家の家業が老人ホームで、その利用者である老人との触れあいが少し描かれる。これもまた、あくまで子ども目線なので重くならない。そう、子どもの頃は世界がこんな風に見えていたなあって、胸がいっぱいになるような描き方なの。

SOR_02_1280x1024.jpg


 ユーモア分で一番笑ったのが、カーターが自分にケチャップを塗りたくって、牛に「いつか付けられるよ」と毒づくとこ。子どもらしいよね!あと、香り付き消しゴム懐かしス!私もちょっと集めたなあ!板チョコとかソフトクリームとかの。美味しい匂い、するのよね。

LR_03_1280x1024.jpg


 この映画、もうラストの凄い凄さは本当に凄かった!なんてことない演出なのに、みんな笑顔なのに、観てるこっちは涙が出ちゃうんだ。兄弟がいる人には特にグッとくるかも。ちなみに、どこかに英国の監督エドガー・ライトがカメオ出演している模様。チラっと出てくる先生役とか。

 終盤、帰りのバスに乗るディディエの表情が良い。英国の子ども達には彼の存在が非日常だったわけで、熱病のように浮かれてたんだろうな。子どもって、そういうものだよね。一方、彼の存在が日常であるフランスの生徒達にとっては、彼は変人・負け犬的存在なのだろうね。ディディエの顔に広がる哀しみと寂しさが味わい深く、この映画にピリリとスパイスを加えていましたよ。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
ランボー [Blu-ray]夢中になるよね!カッコイイ闘う男に!
ランボー [Blu-ray]
シルヴェスター・スタローン、リチャード・クレンナ 他
アウトサイダー [DVD]交換留学生ディディエがパトリック・スウェイジの真似をする。
アウトサイダー [DVD]
C・トーマス・ハウエル、マット・ディロン 他
Yentl (1983 Film)ラスト、カーターが行く映画館で上映されている映画『愛のイエントル』。これはサントラ。
Yentl (1983 Film)
Michel Legrand
ニュー・シネマ・パラダイス [Blu-ray]どことなく似た雰囲気の映画。
ニュー・シネマ・パラダイス [Blu-ray]
フィリップ・ノワレ、サルヴァトーレ・カシオ 他

毛玉内関連記事:
PageTop

裁判長!ここは懲役4年でどうすか 【言ってみりゃ これが本気の ヒューマン映画】

tag コメディ 法廷 ヒューマン

『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』
2010年・日本
北尾トロのエッセイを映画化した裁判エンタテインメント。

 東京ではヒューマントラストシネマ渋谷1館のみの上映。HT渋谷は水曜日が映画サービスデー!男女関係なく誰でも1000円で鑑賞できますよ。他、全国の公開劇場はコチラを参照してくださいな。

 というわけで、観てきたよ。客席はいっぱい、観てる間は笑いがいっぱい溢れて良い映画体験ができた!見知らぬ他の観客と、くすくすワハハと笑い合うのはやっぱり良いものだ。家でDVD観るのも良いけど、これぞ映画の醍醐味じゃないか!暗い映画館、客席の一体感、日常に一番近い非日常。

 主演はお笑いの人バナナマンの設楽統さん。名前、おさむって読むんですね。最近バラエティ番組見ないから、よく知らないんですけど。役者さんだって言われてもわからないくらいの素晴らしいコメディ演技!相方の日村さんもチラっと顔を出して笑わせてくれます。

裁判がテーマだからって構えずに、ひょっとこな笑いを期待して観に行くべし!お堅いはずの裁判官や弁護士、検察官の人間臭さが面白いよ。
裁判長!ここは懲役4年でどうすか―100の空論より一度のナマ傍聴裁判長!ここは懲役4年でどうすか―100の空論より一度のナマ傍聴
北尾 トロ

PageTop

マチェーテ 【笑撃の これぞエログロ バイオレンス】

tag アクション 犯罪 スプラッター コメディ 動画付き

『マチェーテ』 MACHETE
2010年・アメリカ
映画内映画の予告編から、本当に生まれた1本のB級映画。ニセから出た真。

 B級映画大好きのロバート・ロドリゲス監督×クエンティン・タランティーノ製作コンビでお送りする悪ノリ映画!元々はB級C級Z級を2,3本立てで上映する昔の映画館(グラインドハウス)にオマージュを捧げた二本立てイベント・ムービー『グラインドハウス』の為に作られたフェイク予告編。それが、まさかの映画化ですよ。なにこの茶目っ気。

※『グラインドハウス』は映画『デス・プルーフ』『プラネット・テラー』の短い版二本立て。この2本の本編前に『マチェーテ』予告編が流れた。本編2本の間には3本のフェイク予告編が流れた。うちもう1本『感謝祭』(イーライ・ロス監督)も"Clown"のタイトルで映画化されるとのこと。

 映画『グラインドハウス』プロモーションの一環で、グラインドハウス予告編コンテストも開催。その優勝作であるフェイク予告編"Hobo With A Shotgun"(ジェイソン・アイズナー監督)もこの度めでたく本編が生まれました!主演はなんとルトガー・ハウアー!はうあ!\(´д`)ノ正義の爺さんが無茶苦茶やる話だよ。ついでだから、その予告編もぺたり。これは観たい!

"Hobo With A Shotgun"予告編 ※グロ注意!


 閑話休題。タイトルのマチェーテは、中南米で使われる大きめの鉈(なた)のこと。主人公の愛称であり、彼の武器であるよ。北米人が発音するとマシェッティと聞こえる。マーーシェッティー!!!『デスペラード』がお好きなら、きっと楽しめるはず。ようこそ、B級エログロバイオレンスの世界へ!
マチェーテ (ロバート・ロドリゲス 主演、イーサン・マニクイス 監督) [DVD]マチェーテ[DVD]
ロバート・ロドリゲス監督

PageTop

乱暴と待機 【その絆 誰にもわからぬ 色形】

tag コメディ ヒューマン 恋愛映画

『乱暴と待機』
2010年・日本
本谷有希子の舞台劇を映画化。ある意味ラブ・ファンタジー。

 あまり邦画を観ませんが、それは面白そうと思えるモノが少ないから。時折、コレは!と思うモノがあっても単館公開で遠かったりすると萎え~。そんな中、予告編を観て大変にソソラレ、公開劇場も何かのついでに行ける場所。ってことで観てきたお。

 何がポイントって、山田孝之くんですよ!そして変態じみた内容のコメディってんで、かなり前のめり。うん、実際面白かったよ。コメディ的に。登場人物4人に共感はまったくしない。主役2人の奇妙な絆や、一人になりたくない気持ちの強さが凡そ変態的過ぎて、イマを表しているとは言えないけれど。本当に面白かった!ラストもしっかり昇華するし。

 ただ、予告編で強調されていたほどのエロスはないのでご注意。
bnr_224x100_b.gif
PageTop

ナイト&デイ 【出会って 惹かれて 大混乱】

tag ラブコメ コメディ アクション 犯罪 動画付き

『ナイト&デイ』 KNIGHT AND DAY
2010年・アメリカ
トム・クルーズ×キャメロン・ディアス主演のロマコメ・アクション!

 トム様!ヽ(´ー`)ノトム様!面白かったよ!監督はアンジェリーナ・ジョリーを有名にした『17歳のカルテ』のジェームズ・マンゴールド。メグ・ライアン×ヒュー・ジャックマンのロマコメ『ニューヨークの恋人』も面白かったし、俳優をうまく使いこなせる良い監督ってイメージ。他、監督作に『3時10分、決断のとき』『アイデンティティー』『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』『コップランド』など。
 
 原題は"Wichita"ウィチタ(二人が出会う都市)改め"KNIGHT AND DAY"。騎士の方のナイトで、トム様のナイトっぷりとキーアイテムと或る名前を表す。じゃあキャメロン・ディアスの役に、何か対になる“デイ”なネタが仕込まれてるのかっていうと、それはない。本来は"night & day"(夜と昼)で正反対の人達を表す成句を使った洒落なので、住む世界の違う2人のことを表しているものと思われます。

 そんなディアスの役名はジューン・ヘイヴンス。6月・避難所。6月と言えば夏!日本は梅雨だけど。真夏の太陽のような存在感のジューンは、まさにdayかもしれない。ビューティフル・デイ!

『ザ・ツーリスト』を断ってコチラを選んだトム様に拍手したい。おかしなトムのミッション・インポッシブル。
ナイト&デイ (エキサイティング・バージョン)ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]ナイト&デイ [Blu-ray]
(エキサイティング・バージョン)
ブルーレイ&DVDセット
トム・クルーズ
キャメロン・ディアス 他

PageTop

サイモン・ペグ主演SFオタ・コメディ"Paul"予告編

tag SF コメディ 動画付き

ホット・ファズ~俺たちスーパーポリスメン!~ [DVD] 正しくはサイモン・ペグニック・フロストのバディ・コメディ。

 『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』『ショーン・オブ・ザ・デッド』の名コンビが主役です。ついでに脚本もこの二人が担当!

 この"Paul"、どんな映画かと言いますと。英国人コミックおたく親友2人組が、アメリカはサンディエゴで開催される憧れのコミック・コンベンション(通称コミコン)に聖地巡礼の旅に出る話。コミコン帰りにUFO関係の地を回ろうなんつってルンルン運転してたらば、エリア51から逃げてきたというエイリアン=ポールに遭遇!まあ、予告編を観てけっさい!



 相変わらずのラブラブなお二人(ペグ&フロスト)に、もうそれだけで笑っちゃいます。なんか最後の方はまんま逮捕されたリトル・グレイみたいになってるね。イキイキと、飄々とした二人がとっても楽しそうで、絶対面白いに違いないよ、これ!超観たい!

 監督はグレッグ・モトーラ。エイリアンのポールの声にセス・ローゲン、ほか共演にジェイソン・ベイトマンシガーニー・ウィーバーなど。

公式サイト⇒PAUL

 2011年2/18~英国公開、3/18~全米公開、4/14~ドイツ公開、6/3~ノルウェー公開。日本公開も是非お願いします!ここのところ、お馬鹿コメディも劇場公開してくれるようになってるから、期待しておこう。みんな、これは観たいよね!


2010/12/17追記:ポスター出たよ!
"Paul"ティーザー・ポスター1(未知との遭遇)
"Paul"ティーザー・ポスター2(可愛いエイリアン)


2010/12/18追記:インターナショナル版(UK版)予告編出た!



 ちょw宇宙人オモシロ過ぎる!鳥!なんで!


2011/1/7追記:劇場版新予告編出た!
 プレデターの真似wwとかw。どうしたって観たいな、この映画!日本公開強く希望!




2011/2/24追記:R指定版予告編出た!
 新しい映像いっぱい入ってるよ!主に下ネタが。ボールとかナッツはふぐりのことじゃよ。やはり鳥は食べるんだw



にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。