猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

きみがくれた未来 【奇跡には 起きた理由が ちゃんとある】

tag ヒューマン 恋愛映画 青春 スポーツ

『きみがくれた未来』 CHARLIE ST. CLOUD
2010年・アメリカ=カナダ
人生は生ける者の為に。ザック・エフロン主演の喪失と再生のドラマ。

 原作はベン・シャーウッドの同名小説。将来有望な若者が突然の事故で人生が変わってしまう、という喪失と再生のヒューマンドラマ。

 原題は主人公の氏名チャーリー・セント=クラウド。それで邦題は何なの?“きみ”って誰を指してるの?最後までわからなかった。雰囲気だけで付けたっぽい邦題に戸惑いを隠せない。

 全体的にメロではあるけど、ストーリー自体がきちんと面白かったよ。テイストとしては『ラブリーボーン』の生者視点か。若者の再生ドラマとして良い出来なので、ザックのファンじゃなくても観てみたら良いと思います。
180_240.jpg

コトノハ
"You hurt because you're alive."
(痛いのは、生きてるからだよ)

 弟サムが兄チャーリーに言う台詞。心も体も、痛むのは生きてる証拠。そして、こう言う弟の心情が切ない。

どんな映画?
 小型ヨットの才能があって、レースではいつも優勝。その実績を買われて大学進学も決まった。そんな高校生チャーリー(ザック・エフロン)が、卒業パーティーの晩に事故に遭い、人生が大きく変わってしまう。

今回の画像はココここここのダウンロード画像。
wallpaper_1680x1024.jpg


 チャーリーは、チャーリーにしか見えない存在と会話する。それがとても曖昧で、今チャーリーが話しているのはこの世の者なのか死者なのか、判然としない。その描き方がストーリーとうまく合わさって成功している。映画では弟の存在がかなり確定的に描かれているのが残念だが、原作小説ではより曖昧な存在。チャーリーの頭の中の産物なのか、本当にそこに死者がいるのか明確にされていない。

弟と共にヨットレース!
Charlie_Cloud_1920x1200_06.jpg


 弟とキャッキャウフフで遊ぶ姿は微笑ましく、同時に切ない。あんなに切ない泥んこ遊びシーンは初めて観たわよ。でも時間は過ぎて、いい加減に前を向いて歩かなきゃいけなくなる。人生は生きている者の為にあるのだから。死者を忘れるのではなく、乗り越えるのでもなく、心に抱え込んで共に生きていかなくては。そこでキッカケとなるのがヨット乗りの女の子テス(アマンダ・クルー)。

アリッサ・ミラノ似、またはブリタニー・マーフィー似の彼女。
Charlie_Cloud_1920x1200_04.jpg


 若い頃のアリッサ・ミラノ、若しくはブリタニー・マーフィー似の健康的な女の子!彼女をとるか、弟をとるか。弟との守るべき約束。ゆえにどこへも行けないチャーリー。そして自分が生かされた理由。フラットラインから帰還した奇跡。

 チャーリーは、自分を助けた救命士フロリオ(レイ・リオッタ)の言葉に気づかされ、未来を生きる為の力をもらう。このレイ・リオッタ、出番は少ないがとにかく素晴らしい!チャーリーの肉体だけでなく、精神も救ったのは彼だと思う。邦題の指す“きみ”は彼以外に考えられない!もしくはチャーリー本人が“きみ”だな。

暗く沈み、哀しみに満ちた表情が胸に刺さる。
Charlie_Cloud_1920x1200_08.jpg


 『ラブリーボーン』では判りやすい生と死のあわいの世界が描かれた。でもコチラは現実と変わりない空間に、彼の夢想とも現実ともつかない精神世界が広がっている。たぶんフィジカルではない、心の中での出来事なのだと思う。

 序盤の交通事故について、「加害者が飲酒運転」という説明がサラっとされている。そこでお薦めの飲酒運転事故映画『ライセンス・トゥ・キル 殺しのライセンス』はいかがですか~?デンゼル・ワシントンも出てるよ。スパイ映画っぽい題名だけど、そのライセンスとは運転免許証なのだ。

弟かわゆす!
Charlie_Cloud_1920x1200_11.jpg


 映画全体的に音楽が安っぽかったのが残念ポイント。映像はキレイよ。ズームイン・ズームアウトや、浮遊感、ぐるりと回転する動き。カメラワークが素晴らしい。ストーリー的には中ダレするよ!するけどね!あの中ダレも振り返ってみれば必要だったのさ。まあそこは我慢して下さい。

 終盤の展開では、3日間放置されたアレがちょっと(´д`)えーってなった。原作では無理のない説明がされているので、映画版の説明不足ってことで。無粋でもちゃんと説明すべきだったと思うよ、こればっかしは。

 あと、墓石の拓本て本当に趣味の一ジャンルとして確立してるのかね!『小さな恋のメロディ』で知ったときは、現実感がなかったけども。この映画でも言及されてるし、考えてみたら日本でも狛犬の拓本とか趣味にしてる人がいるくらいだもんな。でも墓石は個人情報ダダ漏れな気がする。

 チャーリーの母親役でチラっとキム・ベイシンガーが出てるよ!これが『あの日、欲望の大地で』とか『8Mile』みたいな下流の貧しい母親像ドンピシャ。どことなく薄幸そうなのよね。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
きみがくれた未来 (角川文庫)原作本。
きみがくれた未来 (角川文庫)
ベン・シャーウッド
セブンティーン・アゲイン [Blu-ray]ザック・エフロン主演の良作コメディ!ギークな親友のキャラがとにかく凄い。
セブンティーン・アゲイン [Blu-ray]
ザック・エフロン、レスリー・マン 他
小さな恋のメロディ [DVD]墓地デートといえばコレよね。墓石の拓本て!本当にそんな趣味のジャンルがあるのか。
小さな恋のメロディ [DVD]
マーク・レスター、トレーシ-・ハイド 他

毛玉内関連記事:

スポンサーサイト

PageTop

ベスト・キッド 【闘って ねだるな勝ち取れ 人生を】

tag アクション 青春 スポーツ ヒューマン コメディ

『ベスト・キッド』 THE KARATE KID
2010年・アメリカ=中国
1984年の爽やか青春カラテ映画をリメイク。

 製作にウィル・スミス夫妻が名を連ね、主演は息子ジェイデン・スミス君。という、これが本当のファミリー映画!エンドロールには撮影風景のスチルが飾られ、スミス夫妻もそこに登場。流れるエンディング曲はジャスティン・ビーバーfeat.ジェイデン・スミス。そういやパパ・スミスも元々ラッパーでしたっけ、とジェイデン君のラップを聞きながら思い出したのでした。

 そんな本格ファミリー映画。これがオリジナルを超えた面白さに出来上がるとは、誰が予想しただろうか!いや、マジで!オリジナルのストーリー展開そのままなのに、師弟関係や舞台が全然違うんだよ。これぞ良きリメイクですな!

 ところで原題はカラテ・キッド。もうこれカラテじゃないんだけどね。空手からカンフーに変わりましたから。タイトルの形骸化。今回の舞台は中国だよ。太極拳(Taichi)も観られるよ。

 監督は超面白かったコメディ『ジュエルに気をつけろ!』のハラルド・ズワルト。ジュエルのときみたいに、しっかり伏線はったオモシロが堪らない!
ベスト・キッド ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]ベスト・キッド [Blu-ray]
ブルーレイ&DVDセット
ジェイデン・スミス
ジャッキー・チェン 他

PageTop

ダニー・ボイル監督新作クライミング事故映画『127時間』"127 hours"予告編

tag 動画付き スポーツ 青春 アクション ヒューマン

 『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督新作、ティーザー予告編が出た!実際にあったキャニオニアリング(峡谷探索)中の事故からのサバイバルを描いたもの。山登りやクライミングやる人には是非お勧めしておきたい映画。

 登山家アーロン・ラルストン(27歳)は、一人ユタ州のブルージョンキャニオンを歩いていた。けれど、ちょっとしたことから岩が落ち、右手がその岩と岩壁に挟まれ身動きができなくなった、というもの。水も食糧もあまりない、普段なら行き先を友人に残すのに今回だけは誰にも言わずに来た、夜の峡谷は寒い。じっと動けないサバイバルな6日間。

 主演はジェームズ・フランコ『スパイダーマン』シリーズのピーターの親友ハリー・オズボーン役や『ミルク』のショーン・ペンの恋人役など良い俳優さん且つ、甘いマスク!

"127 hours"ティーザー予告編


アーロン・ラルストン 奇跡の6日間 実際の事故を映画にするということで、登山家アーロン・ラルストン本人の書いた本『アーロン・ラルストン 奇跡の6日間』が原作。事故にあった現場の写真まで載っていて、凄い臨場感溢れる体験記となってます。読み物としても面白く、前向きで冷静で最後まで諦めない姿勢に感嘆するばかり。

 6日間を峡谷の底で身動きできずにいて、水が底をつき尿を飲むしかなくなるとか、挟まれた右手をどうするかとか、寒さをどうやって凌ぐかとか…。そんな話です。

 予告編ではどうも必要以上にアーロンがちゃらく描かれているような気がしますが、どうなんでしょうか。きちんと経験を積んだ真面目なクライマーなんですけどね。今から非常に楽しみな映画でございます。

 アメリカでは2010/11/5~単館系で上映。日本公開は未定。どうでしょうね…?山ブームとか山ガールとかに乗っかってですねえ、ここは是非とも派手に日本全国ロードショーしていただきたく!また情報が入ったら追記します。



※2010/10/8:予告編第2弾きた!
 前半のワイルドで陽気なアーロン、後半の憔悴するアーロンの対比がすごい。やはりアーロンを些かワイルド・クレイジーに描きすぎのきらいはあるなあ。でもとても楽しみ!

"127 hours"予告編第2弾



※2011/1/25:日本公開は6月に決定!!シャンテ等で。

※2011/2/27:日本版予告編きた!
 上の第2弾と同じ雰囲気で、ちょっと編集が違うバージョン。私は上のヤツが好きだなあ、最後の方とか。


にほんブログ村 映画ブログへ


オマケ:ジェームズ・フランコはこんな人。

グッチの香水CMメイキング映像(フェイク)『グッチと言えなくて』

「グッキじゃなくてグッチです、フランコさん」
「本気か?だって綴りから考えてグッキだろ」
「いえ、絶対にグッチですから」
「わかったわかった、ぐっちね」

「グッチbyガッキ」
「ちょ!グッチですってば!」

毛玉内関連記事:
PageTop

ローラーガールズ・ダイアリー 【二度とない この青春は 譲れない】

tag 青春 スポーツ コメディ ヒューマン

『ローラーガールズ・ダイアリー』 WHIP IT
2009年・アメリカ
元ローラーダービー選手ショーナ・クロスの小説をドリュー・バリモアが映画化。

 凄いよ!初監督でこんな完璧な映画作っちゃって大丈夫だろうか?と妙な心配をしちゃうくらい。さすがに子供の頃から映画界にいるだけあって、映画的喜びが詰まったエンタテイメントになってる!軸のぶれない描き方、間の取り方、コメディ・センス、脇のキャラの作り込みも素晴らしい。丁寧なエピソードの積み重ね、それが結集する終盤の試合の高揚感に夢中になった!

 原題"WHIP IT"は馬に鞭打って速度をあげるイメージの、ローラー・ダービーの技Whipから。チームメイトがジャマー(得点を入れる選手で交代制。ヘルメットに星のマークを付ける)の腕や手を掴んで勢いを付け前に送り出すことで劇的に加速する。なるほど、仲間達に後押しされて前進するってのはこの映画に相応しい題名。ダービーだけでなく、人生は周りの友人家族に支えられ後押しされて前に進めるのだから。Whipには励ますとか元気づけるって意味もあるよ。

 原作者ショーナ・クロスは元ロサンジェルス・ダービー・ドールズ(バービードール=バービー人形みたい!)の選手で、ダービーネームはマギー・メイヘム。映画の中でもチームリーダーがこの名前ですよ。メイヘムMayhemは乱暴者、暴力の意味。元ネタはロッド・スチュワートの曲“マギー・メイ”と思われる。

 17歳の少女の青春とアイデンティティ確立、家族への理解、ある喪失。と言うと、どうもこないだ観た英国文系少女の苦い青春を描いた『17歳の肖像』とイメージが重なる。併せて観るとそれぞれ、米国と英国、現代と60年代初頭、体育会系と文系、ピュアとスノッブ、等身大と背伸び…そんな違いがあって面白い。私はこの『ローラーガールズ・ダイアリー』の方が好き!
ローラーガールズ・ダイアリー [DVD]ローラーガールズ・ダイアリー [DVD]
ドリュー・バリモア
エレン・ペイジ

PageTop

アイガー北壁 【人と人 ザイルに繋ぐ 命の灯】

tag スポーツ ヒューマン 歴史 青春

『アイガー北壁』 NORDWAND
2008年・ドイツ=オーストリア=スイス
1920~30年代に次々と登攀された中でも唯一残された難所アイガー北壁に挑む登山家の実話を元にした映画。

アイガー炊飯ジャー♪たっきったてっ♪ヽ(´ー`)ノ

 はい。1936年、スイスの凍り付く夏。まだ誰も登攀したことのないアイガー北壁に挑む男達と、それを見学するキッチュな記者や金持ち観光客。そして起こる悲劇。

 原題はドイツ語で“北壁”のこと。英語では"north face"になります。

 北壁といえばThe North Face(ノースフェイス)という少々お高いアウトドアブランドがあります。その社名の由来はまさに北壁なのですな。アルプス3大北壁であるグランドジョラスのウォーカー側稜、マッターホルン北壁、そしてこのアイガー北壁が登攀困難のシンボルなので、そこから社名をThe North Faceとしたとのことですよ。困難にチャレンジすべし!ってことですかね。

 監督インタビューや登山用語解説、歴史的背景などは公式ページに詳しいので一度読むと良いと思います。ただ、実際に起こったことを元にしているのでネタバレ上等だから、ストーリーを知りたくない人は読んじゃダメ!一方、私の感想文はそんなにネタバレないのでどうぞ読んでいってくださいな。

アイガー北壁 [DVD]アイガー北壁 [DVD]
ベンノ・フュルマン ほか

PageTop

しあわせの隠れ場所 【すぐそこの 見えずにいたもの 見えた時】

tag ヒューマン スポーツ

『しあわせの隠れ場所』 THE BLIND SIDE
2009年・アメリカ
アメフトのスター選手マイケル・オアーの実話を映画化したヒューマン・ドラマ。

 原作はマイケル・ルイスの書いたノンフィクション『ブラインド・サイド アメフトがもたらした奇蹟』。アメフトとラグビーの違いは、怒り肩かそうでないか。で、いいですかね。

 オアーの後見人リー・アン・トゥーイーを演じた主役のサンドラ・ブロックがアカデミー&ゴールデン・グローヴ賞受賞。サンドラはコメディが得意分野ではあるけど、『完全犯罪クラブ』『シャッフル』などシリアス演技も素晴らしい演技派なので、今回の受賞は嬉しいです。作品に恵まれなかったものね、今まで。と思いつつも、キャメロン・ディアスもこの役に合いそうだなぁと妄想してたよ。

 原題は“死角、弱点、すき”の意。アメフトの花形であるクォーターバック(オフェンス)の死角を守ってチームを勝利に導く、縁の下の力持ちなポジション(レフト・タックル)をオアー選手は務めています。そんなアメフト的意味合いと共に、人々が互いに助け合って死角を守り合って生きている、って意味も感じます。社会の、家族の、生徒の、本人には見えてないものを気づかせたり助けたり。

 邦題は、日常に当然のように存在する幸せを自覚し感謝するって意味では合ってるかな。ただ、ちょっと年齢層高めの女性向けっぽ過ぎるような気もする。観る人の性別年代を問わない内容なのに勿体ないな、と思いましたよ。

しあわせの隠れ場所 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)しあわせの隠れ場所
Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
サンドラ・ブロック
ティム・マッグロウ

PageTop

インビクタス/負けざる者たち 【復讐は 何も産まぬが 赦しこそ】

tag ヒューマン スポーツ 政治 歴史 動画付き

『インビクタス/負けざる者たち』 INVICTUS
2009年・アメリカ
南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ元大統領伝記映画。

 マンデラさんといえば名高き反アパルトヘイト(人種隔離政策)の騎士。マンデラさんについて映画を作ろうとしたら、何時間あっても足りないような生ける伝説。それをクリント・イーストウッドはうまく纏めた!といっても原作本はあるんです。ジャーナリストのジョン・カーリンがマンデラさんの全面的協力を受けて書き上げたノンフィクション『インビクタス~負けざる者たち』(原題"Playing the Enemy: Nelson Mandela and the Game That Made a Nation")がソレ。

 映画は1995年のラグビー・ワールドカップを巡るマンデラさんの暗躍にフォーカスをあて、枝葉は思い切って削ぎ落としたシンプルなドラマとなっています。

 オラ、ラグビーとアメフトの違いわっかんねぇな!と悟空が言ったかどうかはわかりませんが、私は違いのわからない女。知らなくても映画は楽しめます。ニュージーランドに住んだことあるからオールブラックス(世界的に人気のあるニュージーランドの最強ラグビーチーム)はよく存じ上げておりますよ。カマテカマテ!(ka mate=死)カオラカオラ!(ka ora=生)

 タイトルは"invincible"(=無敵の、揺るぎない)のラテン語形。映画で描かれるとおり、19世紀英国の詩人ウィリアム・アーネスト・ヘンリーの短い詩の題。詩人ヘンリーは12歳の頃病魔に冒され左足の膝下を切断する悲劇にあいました。子供が片足を無くし、皆と遊べなくなるのはどれほどの孤独だったろう。

※詩"Invictus"原文はコチラ⇒Invictus (ポエムハンター)

 当ブログでも『チェンジリング』『グラン・トリノ』『ミリオンダラー・ベイビー』と書いてきたイーストウッド監督作。どこか冷徹なカメラワークと、語りすぎない演出と、言いたいこと以外には重きを置かないシンプルさが好きです。毎回違ったテーマ(信念、贖罪と救済、尊厳死など)をグサリと抉るように描くスタイルも好きです。次回作はマット・デイモン主演のスーパーナチュラル・スリラー"Hereafter"2010年12月に米国公開予定!何でも死者とコミュニケーションできる男の話らしいよ。
インビクタス / 負けざる者たち ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]インビクタス / 負けざる者たち[Blu-ray]
ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)
モーガン・フリーマン
マット・デイモン

PageTop

スキーリフト置き去りホラー"Frozen"『フローズン』予告編

tag 動画付き ホラー サスペンス スポーツ

 年末新作映画スペシャル第2弾!は、ホラーですよ。ホラーと言っても、クリーチャーとか殺人鬼とかは出てこない。スキーリフトに乗っていたら、リフトが上空で停止してそのまま営業終了しちゃった!どうしよう!というサバイバル・ホラーです。予告編をどんぞ!

"Frozen"予告編


 うはー!暗いよー高いよー恐いよー寒いよー!ですな。忘れ去られて放置プレイってとこは、雪山と海の違いはあれど『オープン・ウォーター』ですね。でもコッチは実際にあった事故を元にした話…ではなく、完全フィクションね。こんなことも起こり得るよねぇ~って感じの映画とのこと。そういう意味では、梯子出し忘れて大海で途方に暮れるバカ者達の映画『オープン・ウォーター2』っぽいです。

 雪山サバイバルってだけで観たくなります。リフトからどうやって地上に降りるのか?降りてからどの位歩いたところに避難小屋なり建物があるのか?想像すると超怖いですね!っていうか狼がうろついてるよ。上に居続けたら凍え死ぬし、下に降りたら狼の餌食。前門の狼、後門の虎ってヤツですか。

 アメリカでは2010年2/5公開。その前に1月のサンダンス映画祭でのミッドナイト上映が決まっているそうですよ。主演は『X-men』シリーズのアイスマン、ショーン・アシュモア。この人は『ゲド/戦いのはじまり』でゲドの役を演ってたりもした。この映画、日本公開はあるのでしょうか?角川さん、お願いします!

2010/5/24追記:今夏、日本公開決定!邦題は『フローズン』。
『フローズン』 (eiga.com)
2010/5/31追記:日本公式サイトオープン。
『フローズン』公式サイト
2010/6/22追記:日本公開日は2010/8/7に決定!
上映館情報はコチラ⇒『フローズン』上映館
東京は渋谷シネクイントですって。渋谷か~(´・ω・`)

2010/6/24追記:日本版予告編。ちょw音楽w




 ついでの話。『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督の次作が凄いんですよ。タイトルは"127 Hours"で、27歳の登山家アーロン・ラルストンのお話。実話を基にしたもので、つまり右手を岩に挟まれて身動きとれなくなった状態が127時間続いたっつー話。にっちもさっちも右手に血が通わなくなって、自ら腕を切り落とす決意をするという壮絶なもの。事実は小説や映画より恐ろしいのだ!こちらの映画の続報は、入り次第またtwitterするかブログ書くかすると思います。
※1/7追記:ダニー・ボイルの"127 hours"、主演はジェームズ・フランコ!3月からユタで撮影に入るそうです。
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:オープン・ウォーター
           オープン・ウォーター2 【登りたい 梯子ないから 登れない】
           P2 【壊れてく ついさっきまでの 日常が】
           ディセント 【冒険は 安全第一 私怨ヌキ】
           ゲド/戦いのはじまり 【ゲド戦記 映像化するの やっぱ無理】
PageTop

サバイバル・フィールド 【悦楽に 息を潜めて ただ見やる】

tag ホラー アクション サスペンス スポーツ 戦争

『サバイバル・フィールド』 PAINTBALL
2009年・スペイン
サバイバル・ゲームに殺人鬼現る。参加者達を次々に仕留めるスポーツ・ホラー。

 スパニッシュ・ホラーと言えば今や『REC/レック』シリーズですね。3作目の製作が決まったとかで、どうも調子に乗ってるようです。あ、いや、今回の映画はスパニッシュ・ホラーと言っても使用言語が英語で、ペイントボールのヨーロッパ大会的なホラーです。

 私はスポーツ・ホラーというジャンルを応援してます。洞窟探検ホラー『ディセント』もクライミング的要素満載で楽しかったしね!マウンテンバイク山火事B級映画『ファイヤーズ・ピーク』は話がイマイチながらスポーツ・ホラー全開でちょっと面白かったし。どんどん出てこいスポーツ・ホラー!

 しかしそんな期待とは裏腹に、ガッカリ映画なのでした。途中まではなかなか面白いんだけどねぇ…。サバゲー好きな人以外は、観ても面白くないというか立腹すらするかもしれないレベル。サバゲー好きでも「面白かった~」とはならないこと請け合い。

 トライベッカ映画祭で上映された後、本国スペインでロードショー。なぜか日本でも公開。他の国では配給決まらずで未公開のままだそうな。日本の配給会社は何を思ってこの映画を買ったのかしら。他に上映すべき映画は山ほどあるでしょうに!"Mega Shark vs. Giant Octopus"とか!
サバイバル・フィールド [DVD]サバイバル・フィールド [DVD]
ブレンダン・マッキー
ジェニファー・マター

PageTop

オープン・ウォーター2 【登りたい 梯子ないから 登れない】

tag パニック サスペンス スポーツ 動画付き

『オープン・ウォーター2』 Open Water 2: Adrift
2006年・ドイツ
『オープン・ウォーター』の続編と銘打っている全くの別作品。

 制作されたのは『オープン・ウォーター』よりも先だったという、ドイツ映画。でも英語作品だよ。外洋を舞台にしたサバイバル・パニック・サスペンスってとこが共通要素。結論から言うと、前作の方が断然怖くて面白かったな。今作は怖いと言うより苛々させられる。

 原題は“漂流”。実際の出来事に基づいた話、と最初に書かれているけど、具体的にどの事故/事件をモデルにしたかは不明。っていうか、たぶん嘘。欺瞞。前作はハッキリとどの事件かわかってたからこその怖さもあった。今回のはフィクションなのに、ありそうな事故だからってことでトゥルー・ストーリーと謳っているだけな気がする。
オープン・ウォーター2 [DVD]オープン・ウォーター2 [DVD]
スーザン・メイ・プラット
リチャード・スパイト・ジュニア

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。