猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

ネコを探して 【観ていこう 猫と人との 変遷を】

tag ドキュメンタリー アニメ 動画付き

『ネコを探して』 LA VOIE DU CHAT /英題: THE CAT WAY
2009年・フランス
2009年4月にフランスで放送されたTV映画。猫と人とのドキュメンタリ-。

 またしても本国でTV放送用に作られた映画が日本劇場公開の不思議。やっぱりなあ!見終わったあと、これはTVで良いタイプのドキュメンタリーだなあって思ったもの。お茶の間で誰かと一緒に話しながら観たい。

 原題は"猫の道"または"猫の足跡"。猫的方法、という意味での猫道(ねこどう)と、映画の軸となる黒猫の足跡を辿る意味が合わさってる。基本的にドキュメンタリーだけども、いくつものエピソードがある。そこで、小さな黒猫がいなくなったのを時空を越えて探す旅というフィクション部分を繋ぎに使っている。

 アニメがほんわか可愛くて、猫にまつわるアレコレを数珠つなぎにしたような構成はまあまあ面白かった。猫猫!って感じではなくて、猫と社会問題を絡めてきたり、今日的な猫の扱いを疑問視したり、思ったより堅い内容ですよ。

20100809_2516.jpg 画像がないので、
うちの黒猫がセミを仕留めたショットを。

⇒続きを読む!

スポンサーサイト



PageTop

HUBBLE 3D ―ハッブル宇宙望遠鏡― 【今ここで 体験できる 宇宙感】

tag ドキュメンタリー

『HUBBLE 3D -ハッブル宇宙望遠鏡-』 IMAX: Hubble 3D
2010年・カナダ
日本最後のIMAXフルスクリーンに浮かぶ45分間の宇宙体験。

 2009年5月に行われたスペース・ミッション、ハッブル宇宙望遠鏡(高度約600kmの大気圏外を周回)の修理&性能向上作業を最新のIMAX3Dカメラで撮影した映像!それと、ハッブルが捉えた宇宙を3D映像にコンバートしたものも素晴らしい浮遊感で再現されてます。

以前、これ観たい!ってエントリを書いたときに予告編など貼りましたので、そちらもどうぞ。
『HUBBLE 3D ―ハッブル宇宙望遠鏡―』が観たい!

 ハイ!これって大阪のサントリーミュージアム天保山でしか上映してないんですよね。しかもこの施設、今年いっぱいで終了。美術館ごとなくなっちゃうわけです。なんて勿体ない!こんな施設が東京にあったら、新プログラムが出るごとに観に行くのに!IMAX!(私は東京在住でごわす)

 それでだ。IMAXと言えば私も川崎の109に何度か足を運んでますが(この時この時など)、あれはデジタル上映用の小さめIMAXなわけですよ。んで、フィルム上映用のフルスクリーンIMAXとなると今や日本にここ1つきり!カーッ!絶滅危惧種!そして今年12/31絶滅確定!これは絶滅前に観ておかねばなるまいよ。

ってことで、行ってきたよ大阪。ヽ(´ー`)ノ
右側ガラスのとこがロビー、丸い部分が客席、左側にスクリーンがあります。
20100824_2646.jpg

 とにかくでっかい!劇場に入った瞬間に圧倒されるその迫力!もう川崎なんて目じゃないアルよ。コレに比べたらカスだもの。川崎の、ゆうに倍は大きいスクリーン、急斜度の客席、包み込まれる感覚。まさに映像を体験する、という経験。

 8月中は『シーモンスター3D』なんて魅力的なプログラムも上映してまして、時間さえ許せばコイツも観たかったのだけど残念でした。ハッブル上映前のショートで『シーモンスター3D』観て興奮して手を前に出して映像を掴もうとしたのは私です。子供にはシーモンスターの方が楽しいと思うよ!

ハッブル3Dは2010/10/31までの上映なので宇宙クラスタの方々はお見逃しなく!
HUBBLE 3D -ハッブル宇宙望遠鏡- (アイマックスシアター サントリーミュージアム天保山)
※ローソンで期間中ならいつでも観れる前売り券を買っておくと、大人1000円のところ900円になります

20100824_2652.jpg

PageTop

アンヴィル!夢を諦めきれない男たち 【友と夢 死ぬまでロックに 生きてやる】

tag ドキュメンタリー 音楽映画

『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』 ANVIL! THE STORY OF ANVIL
2008年・アメリカ
ロック・スターを夢見続ける50代オッサン・ロッカーのドキュメンタリー映画。

 1973年にバンド―アンヴィルを結成し、30年以上音楽活動を続ける男たち。1982年発表のアルバム『メタル・オン・メタル』はロック・ミュージシャンの間で評判になり、ガンズやメタリカ他数々のアーティストに影響を与えるものの、自分達は売れず。地元カナダでしがない仕事をしながら何とかバンド活動を続けている。キアヌ・リーヴスも彼らのファンだってお。

 アンヴィルの中心となるのはリップスとロブ(ロブ・ライナーって名前!監督じゃないよ)の二人。この二人の友情がね、泣かせるわけですよ!14歳の頃から生涯ロックするぜ!と誓い合った仲で、お互いにいろいろあるけど、お互いがいるからこそ続けられる。ロック・ミュージックのドキュメンタリーとしてだけでなく、共に夢を追う友情物語としても熱い!

すべてのロック好きが観て楽しめる。ロック好きじゃなくても、そこに人生を感じて感動しちゃうから観て!
アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~ [DVD]アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~ [DVD]
アンヴィル

PageTop

『HUBBLE 3D ―ハッブル宇宙望遠鏡―』が観たい!

tag ドキュメンタリー 動画付き


 アメリカで2010/3/19に公開された"IMAX Hubble 3D"が日本公開されるってんで興奮したのは一瞬のことだった、あの3月23日の夜・゚・(ノД`;)・゚・。邦題は『HUBBLE 3D ―ハッブル宇宙望遠鏡―』。絶賛上映中!

 ハッブルってでっかい宇宙望遠鏡のことですよ。この望遠鏡の修理ミッションをこなす宇宙飛行士たちをIMAX-3Dカメラで撮影したドキュメンタリーなのよ。超ソソルでしょ?しかもナレーションがレオナルド熊、じゃなくてディカプリオ刑事ですよ!

 なんで一瞬しか喜ばなかったかって?それはね。日本で唯一ホンモノのIMAXシアターのある大阪天保山サントリーミュージアムのみの上映だからです!私、東京に住んでますからね。大阪遠い。これ観るためだけに新幹線とかちょっと無理。そんなブルジョワじゃないもんね。ブルガリアヨーグルトぐらいだもんね。

 この悔しさを共有したくてヽ(´ー`)ノブログに書いたの。さあ、みんな観たくなぁれ!観たいけどちょっと無理って状況になぁあれ!あら、近所だから早速行ってみます!とかいうコメントいらないからね。く、悔しくなんか…(´・ω・`)あるネ。

"IMAX Hubble 3D"予告編(英語)



宇宙、熱いよなぁ!もう1つ、3分強のコマーシャルも貼っとく。これも英語。

Hubble 3D Trailer/Commercial


 さあ。行ける範囲の方々はどうぞ行ってきて!サントリーミュージアムの公式サイトに詳細が書いてあるから!

 2010/4/24(土)~8/31(火)10月31日(日)まで上映。基本毎週月曜は休映(上映日、時間など詳しくはサイトで確認してください)。上映時間は40分。 料金は大人1000円、高・大学生・シニア700円、小・中学生500円。チケットぴあやローソンで前売券買っておくと1割引です。
※5/5こどもの日は中学生以下無料です!

 なお、この天保山サントリーミュージアム、今年2010年12月末をもって休館となります。今後のこの施設の活用方法は大阪市と協議中とのことで、現在日本唯一のホンモノIMAXシアターもなくなってしまいそうです。残念!むぅー。8月頃、滋賀の母のとこに行く予定だから、その帰りに観てこようか…。
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:
PageTop

キャピタリズム マネーは踊る 【マネーとは 寂しがりやと 見つけたり】

tag ドキュメンタリー 政治

『キャピタリズム マネーは踊る』 CAPITALISM: A LOVE STORY
2009年・アメリカ
突撃隊長マイケル・ムーアが送る、米国資本主義への痛烈な批判。

 まずわかっていて欲しいこと。ドキュメンタリーは、人の手が加わることによって事実ありのままとはいえない。例えば『アース』はエコ・ビジネス的な主張をするし、『The Cove』は科学的データの不十分なままイルカ保護布教活動をしている。人の手が加わる限り、そこには主義主張が存在するのだ。これは当たり前のことなので、本作も勿論マイケル・ムーアが言いたいことを主張するために編集された映画だよ。

 私はこの映画を観て良かったと思った。なぜなら『スペル』の婆さんの気持ちがわかったから!『スペル』では伝わってこなかった社会背景が、やっとこ垣間見れた感じ。これはぜひ、2本立てで観たいものです。DVD発売の際はぜひセットで!

 原題にはラブ・ストーリーとあります。ある愛の物語。それは本来、資本主義における金持ちのカネに対する愛の深さを皮肉ったタイトルだそうです。が、私にはマイケル・ムーアのアメリカに対する愛の物語に見えた。この人は愛国者だよね。アメリカよ、このままで良いのか?そう強く問題提起する姿に、最後は涙が出た。

 現在は東京のシャンテと大阪の梅田の2箇所でしか公開されていないけど。2010年1/10~全国に拡大公開されるので、お近くで上映していたら是非!

キャピタリズム~マネーは踊る プレミアム・エディション [DVD]キャピタリズム~マネーは踊る[DVD]
プレミアム・エディション
マイケル・ムーア

PageTop

マイケル・ジャクソン THIS IS IT 【ラストショー 取り組む姿が 心打つ】

tag ドキュメンタリー 音楽映画 動画付き

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』 THIS IS IT
2009年・アメリカ
今年6/25突然この世を後にした天才マイケル・ジャクソンの、幻のラスト・ツアーリハ風景。

 マイケルの前にマイケルはなく、マイケルのあとにマイケルはない。マイケル・ジャクソンこそはエンタテイナーの代名詞であり、ショーそのものである。

 2週間の期間限定上映ということで、スクリーンで観られるのは今だけってことになっている。限定商法は好きじゃないぞ。まあでもいろいろ大人の事情があるんだろう。ってことで早速初日に観に行ってきたよ。タイトルは“これこそ!”って意味と“これでお終い”って意味のダブル・ミーニング。死後、デモ・テープを元に新曲として発表された曲のタイトルでもある。
曲はコチラ⇒"This is it"公式(youtube)
※共作者であるポール・アンカの声明により、サファイアの"I never heard"として既発表曲であることが明らかに。

 アメリカ・カナダの火曜レイトショー上映、一晩で220万ドル(約2億2千万円)を稼いでしまった!観る前は、亡くなったMJをダシにした商売っぽくて微妙な気持ちでいたのだ。でも観たら、ラスト・ツアーにこれだけの準備をして全力でエンタテイメントなショーを完成させようとしていたその姿を観られるのは素晴らしいと感じた。この公演が実現しなかったことが、本当に残念でならない。

※11/2追記:
・5日間の世界興収は約100億円。うち、日本が約10億円(約9億3千万円)、北米で32億円。
・2週間限定の予定が、北米では3週間延長されました。日本では上映館の7割が、あと2週間(併せて4週間)の延長上映を決定。

※12/5追記:
2009/12/9より一部劇場にてアンコール上映決定。(´Д`)

公式発表(ソニーピクチャーズ)

 私は最寄りの映画館の初回19時の回を観る予定で昼過ぎにチケット売り場に行った。したら前から3列目まで埋まってしまった後だった。せっかくなので快適な位置で観たい。2館上映だったので19:20の回に変更。コチラの方が大きな劇場だった。それでも後ろの方は既に完売していたが、私は前寄りが好みなので問題のない位置を確保できた。(数時間でも結構違うものなので、行くと決めたらネットで映画館に席予約したほうが良いですよ)

 19時過ぎ、コリドールは入場待ちの人達で溢れていた。30代~40代男女というドンピシャ・ゾーンが多いけれど、高校生や20代の若い子たちも目についた。50がらみのオジサンもいれば、小さな子を連れた家族もいた。私みたいに一人で来ている30代女性もたくさんいた。19時の回は完売していたし、この19:20の回もほぼ完売状態だろう。劇場がこんなに観客でひしめく姿は、久しぶり。みんな夢中でスクリーンを見つめた夜だった。
マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]マイケル・ジャクソン THIS IS IT
デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)[DVD]

マイケル・ジャクソン

PageTop

マイケル・ジャクソン"This is it"映画の予告編

tag 動画付き 音楽映画 ドキュメンタリー

 6月25日に亡くなった偉大なアーティスト、新世界の神、マイケル・ジャクソン。最後に行うはずだったツアー"This is it"のリハーサル風景や舞台裏の様子を編集した映画が公開されます。邦題は『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』となっております。(クリックで公式サイトに飛ぶよ)

 全世界同時公開とのことで、日本でも10月28日(水)から公開されます。が、2週間限定だそうですよ。もちっと上映期間延ばしても良いんじゃないの?(´・ω・`)みんな!見逃さないように、デスクトップにメモっておこうぜ!
(※後日鑑賞後の感想⇒マイケル・ジャクソン THIS IS IT 【ラストショー 取り組む姿が 心打つ】

 ポスターは公式サイトにもデザインされてますが、予告編はまだのようです。一足お先に観てみましょう。約2分半あります。音楽の繋ぎが素晴らしい、なかなか素敵な映像ですよ。

Michael Jackson's This Is It in HD


 新世界の神がやろうとしたステージ。魅せることの、エンターテイメントの天才が全てを賭けてやろうとしたステージ。それがどんなものだったのか。知りたいです!ちなみに一時期トレードマークだった右腕の腕章は付けてないですね。

 上映館はまだよくわかりませんが、丸ピカ系列で上映されるようです。行きつけのイクスピアリで上映してくんないかにゃー。
追記>イクスピアリでの上映決定してた。ヽ(´ー`)ノ

 9/14にパトリック・スウェイジが57歳で亡くなりました。この20ヶ月の間ずっと膵臓がんで闘病生活してましたので、ついに…!という感じです。『ゴースト ニューヨークの幻』、『ダーティー・ダンシング』などなどで素敵な身のこなしを魅せてくれた俳優でしたよね。MJだけでなく、自分の青春を彩ったスターたちが本当に星になってしまうのは、とても寂しいものです。
にほんブログ村 映画ブログへ

毛玉内関連記事:マイケル・ジャクソン THIS IS IT 【ラストショー 取り組む姿が 心打つ】
           ムーンウォーカー 【PVの すごく長いの これはそう】
PageTop

ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密 【ただ生きる 命が宿る 湖に】

tag ドキュメンタリー

『ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密』 THE CRIMSON WING:MYSTERY OF THE FLAMINGOS
2008年・アメリカ=イギリス
フラミンゴと、彼らが生きるナトロン湖に焦点をあてたドキュメンタリー映画。79分。

 今も昔もノリにノッているディズニーがこの度新しく始めたネイチャー系ドキュ映画レーベル。ディズニーネイチャー。ディズニー姉ちゃんじゃないよ。ターミ姉ちゃんとかでもないから。まずは第一弾としてタンザニア北部にある強アルカリ塩湖、ナトロン湖を舞台にフラミンゴの生態を追う本作。たぶんコフラミンゴのほう。

 この新レーベル、わくわくするよ!次作は『ネイキッド・ビューティー(原題)』で蜂・蝶・ハミングバードといった花粉を運ぶ生きもの。その次は『ビッグ・キャッツ(原題)』でケニアに住むアフリカン・キャットの家族の物語。その次は『チンパンジー(原題)』で熱帯雨林に住むチンパンジーの生態を追ったもの。ヽ(´ー`)ノどれも楽しみ過ぎて困る~!

 さて、フラミンゴ。あのね、ごめんね、中盤で眠りそうになった。やっぱ動物ドキュメンタリーはさ、家族や友達と「うわぁー」とか「へぇ~」とか言いながら観るのが楽しいな。一人で映画館で観てもイマイチな楽しさ。いや、目の前に広がるナトロン湖やフラミンゴの群れは素晴らしくて、これぞ映画体験!なんだけどね。
『ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密』『ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密』
ザ・シネマティック・オーケストラ
ルー・ローズ

PageTop

宇宙へ。 【未知のそら 何を求めて 飛ぶのだろ】

tag ドキュメンタリー 動画付き

『宇宙へ。』 ROCKET MEN
2009年・イギリス
BBCが送るドキュメンタリー。1958年設立NASA(アメリカ航空宇宙局)の宇宙へのチャレンジの軌跡。

 『宇宙へ。』と書いて、“そらへ”と読ませる。『地球へ…』と書いて“てらへ”と読ませたアレをどうしても思い出すよね。原題はロケットメン!で、なにかスーパーヒーローものみたいな響き。それは『ロケッティア』か。

 いやあ!良かった!じーんと熱く胸一杯になったお(`・ω・´)この壮大な人類の希望というかなんというか、ね!でも最後いきなりゴスペラーズの曲とかやめてください。ゴスペラーズが悪いわけじゃないけど、あの感動のあとに薄っぺらい歌流れても興ざめなのよ。普通にスコアだけで良いよ!

 あと大半はTVで充分な内容だったりした。この映画ねぇ、BBCがTV用に作ったものを編集したんだと思うの。だって、英語でこの映画の情報ないのよ。英米では劇場公開してないっぽいのよ。このリチャード・デイル監督は2008年のドキュメンタリーTV番組"When We Left Earth: The NASA Missions"シリーズの"Landing the Eagle"の監督であり2009年のドキュTV"NASA: Triumph and Tragedy"の製作もしているので、元はそこら辺かな。

とはいえ、2割ぐらいの映像はスクリーンで観る価値のある美しいものでした。満足です。だって鑑賞料500円だったし。
※8/21(金)・22(土)のみ鑑賞料500円均一!是非イケ!
宇宙へ。挑戦者たちの栄光と挫折 コレクターズ・エディション [DVD]宇宙へ。挑戦者たちの栄光と挫折[DVD]
コレクターズ・エディション
宮迫博之(日本語ナレーション)

PageTop

モーニング・ライト 【この先も 自信を持って 生きられる】

tag ドキュメンタリー 青春 スポーツ

『モーニング・ライト』 MORNING LIGHT
2008年・アメリカ
ディズニーが送る2007年7月のヨットレース・ドキュメンタリー。

 トランスパシフィック・ヨットレースは、ロサンゼルス―ロングビーチから10日以上をかけてハワイはオアフ島のダイアモンドヘッドまで、4,120kmの外洋を走る過酷なヨットレース。そのレースに、外洋でのヨット経験のない若者たち15人を参加させる。そんなヨット大好きロイ・E・ディズニー(現在79歳)の趣味映画。

 タイトルのモーニング・ライトはヨットの名前で、ロイ爺さんが所有しているものらしい。ちなみにロイ爺さんは16回もトランスパックに出場している海の男!
Morning Light (Ws Dub Sub Ac3 Dol Dts) [Blu-ray] [Import]Morning Light
[Blu-ray] [Import]

Patrick Warburton
Chris Branning

PageTop