猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

[リミット] 【埋められる 男も事件も 真実も】

tag パニック サスペンス 犯罪 戦争 ヒューマン

『[リミット]』 BURIED
2010年・スペイン=アメリカ=フランス
生き埋めにされた男のソリッド・シチュエーション・スリラー。

 サンダンス映画祭で絶賛され、速攻買い手がついたことで話題になりました。でもサンダンスの評価はちょっと普通の観客とはズレてるような気がします。常に低予算、斬新さ、社会派な内容の三点が評価されるみたいでねえ。

ってわけで先に書いちゃうと、期待したほどの面白さはなかった(´・ω・`)。アイデアや演技はとても素晴らしかったし、終わり方も良かったよ。そこそこに面白いし、『月に囚われた男』に似た風刺も詰まっててそれなり。

原題は“埋められた”でそのまんま。男が埋められるし、真実だって葬られる。

 主役、というかスクリーンに映るのはほぼ彼だけな、埋められた男ポールにライアン・レイノルズ!オラ、『ブレイド3』のハンニバル役で超惚れた!最近じゃ、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のウェイドって言った方が通じるんかね。サンドラ・ブロックとのロマコメ『あなたは私の婿になる』でもチャーミングさを遺憾なく発揮!そう、とにかく彼はチャーミングなのだよ。そりゃスカジョー(妻:スカーレット・ヨハンソン)も惚れるわい、と。来年はアメコミ原作のアクション大作『グリーン・ランタン』公開ですよ。要チェックや~。
[リミット] コレクターズ・エディション [Blu-ray][リミット] [Blu-ray]
コレクターズ・エディション
ライアン・レイノルズ

PageTop

裁判長!ここは懲役4年でどうすか 【言ってみりゃ これが本気の ヒューマン映画】

tag コメディ 法廷 ヒューマン

『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』
2010年・日本
北尾トロのエッセイを映画化した裁判エンタテインメント。

 東京ではヒューマントラストシネマ渋谷1館のみの上映。HT渋谷は水曜日が映画サービスデー!男女関係なく誰でも1000円で鑑賞できますよ。他、全国の公開劇場はコチラを参照してくださいな。

 というわけで、観てきたよ。客席はいっぱい、観てる間は笑いがいっぱい溢れて良い映画体験ができた!見知らぬ他の観客と、くすくすワハハと笑い合うのはやっぱり良いものだ。家でDVD観るのも良いけど、これぞ映画の醍醐味じゃないか!暗い映画館、客席の一体感、日常に一番近い非日常。

 主演はお笑いの人バナナマンの設楽統さん。名前、おさむって読むんですね。最近バラエティ番組見ないから、よく知らないんですけど。役者さんだって言われてもわからないくらいの素晴らしいコメディ演技!相方の日村さんもチラっと顔を出して笑わせてくれます。

裁判がテーマだからって構えずに、ひょっとこな笑いを期待して観に行くべし!お堅いはずの裁判官や弁護士、検察官の人間臭さが面白いよ。
裁判長!ここは懲役4年でどうすか―100の空論より一度のナマ傍聴裁判長!ここは懲役4年でどうすか―100の空論より一度のナマ傍聴
北尾 トロ

PageTop

クロッシング 【夜の街 貫く正義も 人それぞれ】

tag サスペンス 犯罪 アクション ヒューマン

『クロッシング』 BROOKLYN'S FINEST
2009年・アメリカ
アントワン・フクア監督が描く3人の警察の皮肉な運命。

 はい。先に言っておきたいことがある。この邦題はナイぜ!だって、こないだ同じタイトルの韓国映画が公開されてたよね?それに、この映画は何もクロス(交差)してないよね?もっと内容に沿った洒落た邦題が付けられないものかね。(´д`)

 そんな本作の原題は“ブルックリンの警察たち”。アメリカのスラングで"finest"は警察、警官(名詞・複数扱い)の意味。もともとは"fine"の最上級であり、最上等の、最高の、一流のって意味。そこに皮肉が込められている。命はって市民を守るはずの、警官。でも彼らは安月給(映画中で初任給が年収200万円以下と言及/舞台のニューヨークは物価が高いのでギリギリ生活)で、その為に悪徳警官になるヤツもいれば、自らの保身第一のヤツもいる。"finest"と呼ばれながら、実体は危険な激務に身を削るジリ貧生活者。

 3人の警官のそれぞれの末路。人生の皮肉。渋く、男臭く、哀愁たっぷりの映画。幾分長いなと感じたので、あと20分ぐらい短ければ良かったかなあと思いましたよ。

単館系なので観に行けないよ!って方は、12/4~17まで妙典(東西線)のワーナーマイカルでも上映するよ。近辺の方は是非!なんか市川妙典WMは、男臭い単館系映画を短期間だけ上映するのよね、よく。支配人の趣味かな?デニーロ好きですよね?最近、注目の映画館なのです。
クロッシング [Blu-ray]クロッシング [Blu-ray]
リチャード・ギア
ドン・チードル 他

PageTop

乱暴と待機 【その絆 誰にもわからぬ 色形】

tag コメディ ヒューマン 恋愛映画

『乱暴と待機』
2010年・日本
本谷有希子の舞台劇を映画化。ある意味ラブ・ファンタジー。

 あまり邦画を観ませんが、それは面白そうと思えるモノが少ないから。時折、コレは!と思うモノがあっても単館公開で遠かったりすると萎え~。そんな中、予告編を観て大変にソソラレ、公開劇場も何かのついでに行ける場所。ってことで観てきたお。

 何がポイントって、山田孝之くんですよ!そして変態じみた内容のコメディってんで、かなり前のめり。うん、実際面白かったよ。コメディ的に。登場人物4人に共感はまったくしない。主役2人の奇妙な絆や、一人になりたくない気持ちの強さが凡そ変態的過ぎて、イマを表しているとは言えないけれど。本当に面白かった!ラストもしっかり昇華するし。

 ただ、予告編で強調されていたほどのエロスはないのでご注意。
bnr_224x100_b.gif
PageTop

ピーター・ウィアー監督の脱出記"The Way Back"予告編

tag ヒューマン ロードムービー 動画付き

 ハリソン・フォード主演でアーミッシュの文化に触れた『刑事ジョン・ブック 目撃者』、ロビン・ウィリアムスが教師の死せる詩人の会『いまを生きる』、少年兵をまとめるラッセル・クロウが熱い『マスター・アンド・コマンダー』、アメリカ永住権を巡るロマンス『グリーン・カード』、作られた世界で暮らすジム・キャリーの『トゥルーマン・ショー』、ジャングル開拓もの『モスキート・コースト』…と、異文化との出会いを軸に名作を撮ってきたピーター・ウィアー監督の新作!

脱出記―シベリアからインドまで歩いた男たち (ヴィレッジブックス) スラヴォミール・ラウイッツの手記『脱出記―シベリアからインドまで歩いた男たち』を原作にしたサバイバルもの"The Way Back"です!カーッ!!燃えるね!

 1941年、第二次大戦のさなか、ポーランド陸軍騎兵隊中尉ラウイッツはスパイ容疑で逮捕される。無実なのに25年間の強制労働の判決を受けた彼は6人の仲間と脱走。シベリアの強制収容所から、モンゴル、ゴビ砂漠、チベット、ヒマラヤを越えてなんと4000マイル(約6,400km)を歩くのだ!インドまで徒歩の旅。

 出演はジム・スタージェス、コリン・ファレル、エド・ハリス、シアーシャ・ローナン、マーク・ストロングなど。これまた渋いキャストよねえ。もう、もの凄く観たいわ!予告編観てってくださいな。

"The Way Back"インターナショナル予告編


 砂漠、狼、川、雪とあらゆる苦難が立ちはだかる中、一行は進む。ウィアー監督らしく、アジアの異文化に触れる場面も描かれているね。狼のCGがちとショボいとはいえ、壮絶なサバイバルと、人と人との温かな触れあいが描かれていて超楽しみ!

 アメリカでは12月後半に単館ロードショー。のち、2011/1/21から拡大公開予定とのこと。さて、日本公開はあるだろうか?あって欲しい!なかったら本当残念過ぎる!
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:
PageTop

メッセージ そして、愛が残る 【避けられぬ その瞬間まで 何思う】

tag ヒューマン ファンタジー

『メッセージ そして、愛が残る』 Et après /英題:AFTERWARDS
2008年・ドイツ=フランス=カナダ
ギヨーム・ミュッソのフランス・ベストセラー小説を映画化。

 フランスでベストセラーとなった同名小説を映画化したものだけど、使用言語はほぼ英語。舞台がアメリカだからね。たまに主人公とその元妻がフランス語を話す程度なので、フランス映画って雰囲気はないよ!話のテンポもフランス映画っぽくないよ!だからフランス映画が苦手なみんなも大丈夫!

 そして邦題が甘ったるい。原題は"それから"って夏目漱石みたいだな。"その後…、それから…、そして…"そんな意味です。邦題や予告編で、夫婦愛再建のロマンス映画なの?と思っていたけど、違ったよ!もっと大きな、スピリチュアル系、スーパーナチュラル系のしみじみヒューマン・ドラマでしたのよ!良かった!とても良かった!あ、でも夫婦愛再建ものでもあるよ、主軸じゃないけど。

 とにかくマルコヴィッチだし、映像も音楽もとても美しいし、何度も驚かされて座席でビクゥ!っとなったし、テンポも良かった。ジョン・マルコヴィッチが、人の死を前もって知ることの出来る不思議なケイ医師の役で素晴らしい演技を披露してるよ。哀しみと諦めの入り交じった表情が、瞳が、ミステリアスです。

 内容をあまり知らずに観た方がグイグイ引き込まれる展開なので、恋愛映画じゃないよってことだけ踏まえてどうぞ観てきてくださいな。
メッセージ そして、愛が残る (小学館文庫)メッセージ そして、愛が残る
(小学館文庫)
ギヨーム・ミュッソ

PageTop

終着駅―トルストイ最後の旅― 【愛の果て 辿り着くのも やはり愛】

tag ヒューマン コスチューム 歴史 恋愛映画

『終着駅―トルストイ最後の旅―』 THE LAST STATION
2009年・ドイツ=ロシア=イギリス
ロシアの文豪トルストイの最晩年、争いに満ちた愛のドラマを描く。

 トルストイ、というと堅苦しいイメージですよね。著作も堅苦しいですしね。でも、この映画は全然堅苦しくないので大丈夫!トルストイなんか読んだこともないって人でも素直に観ることのできる、愛と葛藤のドラマ。爺ちゃん萌えなら絶対観るべし!

 原作はジェイ・パリーニの『終着駅 トルストイの死の謎』改め『終着駅-トルストイ最後の旅-』。原作にかなりの程度脚色を施したようですが、原作者は真髄をきちんと描けていて素晴らしいと評したとのこと。舞台はロシアだけど使用言語は英語になってます。ロシアンティーが出てくるのでかろうじてロシアっぽい雰囲気。

 いやあ久々にラスト辺りで延々泣いた。観るときはハンカチ2枚とポケットティッシュが必要ですよ。主にトルストイ(クリストファー・プラマー)と、世界三大悪妻の1人と呼ばれた妻ソフィヤ(ヘレン・ミレン)との愛と確執を描いています。老夫婦の複雑な関係。そしてトルストイの信奉者、弟子達の思惑。それを新しく入った純粋な秘書ワレンチン(ジェームズ・マカヴォイ)の目を通して描きます。

 ちなみにロシア的な綴りはLev Tolstoy、英語圏ではなぜかLeo Tolstoyになります。日本語ではレフ・トルストイ。あれだね、日本でもカナ表記にする際、実際の発音とかけ離れることがあるけど、そういう感じかね。
終着駅 トルストイ最後の旅 [DVD]終着駅 トルストイ最後の旅 [DVD]
ヘレン・ミレン
クリストファー・プラマー 他

PageTop

ベスト・キッド 【闘って ねだるな勝ち取れ 人生を】

tag アクション 青春 スポーツ ヒューマン コメディ

『ベスト・キッド』 THE KARATE KID
2010年・アメリカ=中国
1984年の爽やか青春カラテ映画をリメイク。

 製作にウィル・スミス夫妻が名を連ね、主演は息子ジェイデン・スミス君。という、これが本当のファミリー映画!エンドロールには撮影風景のスチルが飾られ、スミス夫妻もそこに登場。流れるエンディング曲はジャスティン・ビーバーfeat.ジェイデン・スミス。そういやパパ・スミスも元々ラッパーでしたっけ、とジェイデン君のラップを聞きながら思い出したのでした。

 そんな本格ファミリー映画。これがオリジナルを超えた面白さに出来上がるとは、誰が予想しただろうか!いや、マジで!オリジナルのストーリー展開そのままなのに、師弟関係や舞台が全然違うんだよ。これぞ良きリメイクですな!

 ところで原題はカラテ・キッド。もうこれカラテじゃないんだけどね。空手からカンフーに変わりましたから。タイトルの形骸化。今回の舞台は中国だよ。太極拳(Taichi)も観られるよ。

 監督は超面白かったコメディ『ジュエルに気をつけろ!』のハラルド・ズワルト。ジュエルのときみたいに、しっかり伏線はったオモシロが堪らない!
ベスト・キッド ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]ベスト・キッド [Blu-ray]
ブルーレイ&DVDセット
ジェイデン・スミス
ジャッキー・チェン 他

PageTop

食べて、祈って、恋をして 【変えたくて 旅に出たって 変わらない】

tag ヒューマン 恋愛映画 ロードムービー

『食べて、祈って、恋をして』 EAT PRAY LOVE
2010年・アメリカ
作家エリザベス・ギルバートの自伝的ベストセラー小説を映画化。

 原作本は読んでないし、よっぽどじゃなきゃ読む予定もありませんよ。この映画も観るのやめようかな~と思ってたほど。だって、アラフォー(35歳の設定だけど)にもなって自分探しの旅って…と思うわけですよ。まあ、私も20代半ばで似たような旅に出ましたけどもさ。

 で、結局ジュリア・ロバーツ主演だし、ジェームズ・フランコやハビエル・バルデムが出演してるのに惹かれて、観てきたわけだよ。したっけ、自分探しっていうよりはアレだ。インドとかヨガとか精神世界みたいな、過充電系女子(女子?)。一度何もかも捨てて、人生建て直すぞ!ってプイっと1年間の旅に出る。イタリア、インド、バリへと。

 軽くて、お洒落で、まあなんつーか、スイーツ系映画として良いんじゃないでしょうか。私はあんまり楽しめなかったけれど。あと字幕がなっちだったのもマイナス・ポイント。

 同じ離婚した中年女性の生き直し映画なら断然ホリー・ハンター主演の『マンハッタンで抱きしめて』をお勧めする!邦題がバカっぽいけど、全然そういうんじゃないから!
食べて、祈って、恋をして [Blu-ray]食べて、祈って、恋をして [Blu-ray]
ジュリア・ロバーツ
ハビエル・バルデム 他

PageTop

悪人 【ある視点 被害者加害者 その家族】

tag 犯罪 ミステリ ヒューマン

『悪人』
2010年・日本
吉田修一のベストセラー小説を『フラガール』の李相日監督で映画化。

 この映画のキーワードとして真っ先に思いつくもの、それは“閉塞感”。本来なら希望や明るい未来を思わせるような“海”や“灯台”“日の出”までが全て、行き詰まりを表すように描かれていた。それがとても印象的。

 暗く、ずっしりと重くのしかかるラスト。弱ってるときに観たら危険な類の映画。現代の社会問題を描きながら、それに対するあらゆる視点を提示する。結局、人の心を劇的に変えたり、行動させたりするのは、愛情なんだよな。

運命は思いがけずいたずらに動いてく
愛だけがすべてを変える力を持てるのに

("My trial" song by 浜田麻里/IN THE PRECIOUS AGE収録)

 私の中で最高の爽やかボーイ妻夫木聡が、伏し目がちで不器用で陰気な男を演じている。孤独な女を演じる深津絵里も勿論良かったけど、それ以上にブッキーが凄かったよ!あと被害者を演じる満島ひかり、その父親柄本明も素晴らしかった!まったく同情できない被害者をあれだけカンに障るように演じられるって凄いと思うんだ。
悪人 (特典DVD付2枚組) [Blu-ray]悪人[Blu-ray]
(特典DVD付2枚組)
妻夫木 聡
深津絵里 他

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。