猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

イクスピアリの音楽映画特集行ってきた

tag 音楽映画 ミュージカル

 舞浜サーバーの空は今日も青いです!シネマ・イクスピアリへと発進ニャ!10/8から29日まで開催中の音楽映画特集上映に行ってきたよ。観たのは『オペラ座の怪人』『シカゴ』

 オペラ座はやっぱり、オープニングでぶわ~っとシャンデリアが上がってオペラ座が色鮮やかに蘇るとこがね!感動です!これだよ、これ!これをもう一度、劇場で観て聴きたかったのさ!あと、この頃のジェリー(ファントム役)は眼光鋭くて素敵過ぎた(*´Д`*)。

『シカゴ』は何度観ても傑作!って、ブログに感想は書いてないのね私。そのうち書こうかな。ブラックユーモア、アイロニー、歌曲の素晴らしさ、キャストの最高さ、脚本の良さ、ミュージカルパートと現実パーツの交互カットも絶妙!

 さて。イクスピアリの音楽映画イベント「おすぎが恋したミュージックシネマ」に関しては以前のエントリを参照下さい。おすぎ嫌いでも大丈夫だよ。

はい!行ってきたらまた劇場装飾やってた!

シネマ入口におすぎのアーチ。
IMG_0993.jpg


アーチ裏側もきちんと作り込まれてる。
IMG_0991.jpg


アーチのパーツはこんな感じ。凝ってる!
IMG_0994.jpg


 もぎり辺りが華やかですよ。下のおすぎ人形は、もぎりテーブルにちょこんと乗ってました。よく出来てるねえ!ところで、一番上の写真のもぎりお姉さんをよく見ると肩に乗ってる。肩乗りおすぎ。可愛くも何ともないが。あ、肩に乗せてもぎっちゃうお姉さんはお茶目で可愛いと思います!

おすぎ人形。フエルティングで作ったのね。
2010-10-13 15.56.18


アーチの横にはよくわからないコーナーが。
IMG_0990.jpg


 アーチ横、通路の仕切りになってるところに、よくわかんないコーナーが設けてあったよ。花束とかキャンドルとか写真とか…誰か死んだの?メモリアルですか?…なんて思ったけど、んなこたぁない。写真をよく見ると本場ブロードウェイが映ってます。つまりこのコーナーって、ブロードウェイをイメージしてみたよ!ってことなんだろう。

アーチの向かいにはタワーが。
IMG_0995.jpg


映画パンフの表紙コピーみたいので出来てる模様。
IMG_0996.jpg


 イベント上映自体も嬉しいけど、こうやって劇場全体で雰囲気出して盛り上げてるのは楽しい!映画館て、日常からすぐそこにある非日常への入口だから。2時間の映画世界と、現実を繋ぐターミナル。お家でDVD・BDを観るのも便利で気楽で良いけれど、映画館に行くとまた違った楽しさがあるよ!

晴れたって雨だって、みんな、映画館に行こう!

でも、おすぎ人形はジグソーだと思う。
2010-10-13 15.56.26

にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
ジグソウ テーマ マスク SZ033 小道具ジグソウ テーマ マスク SZ033 小道具
コススター

毛玉内関連記事:

スポンサーサイト

PageTop

10月はイクスピアリで音楽映画特集上映!

tag 音楽映画 ミュージカル

 舞浜シャイニング・オーシャン・パンチでお馴染みの舞浜にありますシネマイクスピアリで、今日から特集上映が始まります。2010/10/8~29まで、題して『おすぎが恋したミュージックシネマ』だそうです。おすぎはシャイニング・オーシャン・パンチで退けといて、つまり音楽映画、ミュージカル映画の特集上映でございますよ。ヽ(´ー`)ノ

 期間中、17本の音楽映画を上映してます。もう遅くてアレですが、初日の10/8(金)夜は『白百合クラブ 東京へ行く』で、この日1回のみの上映。

鑑賞料は800円均一。大人も子どもも幼児も皆800円よ。

他、16作品は10/9(土)~10/17(日)までがミュージカル映画特集。『オペラ座の怪人』『NINE』『ヘアスプレー』『ドリームガールズ』『アクロス・ザ・ユニバース』『プロデューサーズ』『シカゴ』の7本を期間中4~7回ずつ上映。

10/18(月)~10/29(金)は音楽映画特集。『パイレーツ・ロック』『オーケストラ!』『ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢』『ヤング@ハート』『扉をたたく人』『コーラス』『永遠のマリア・カラス』『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』『戦場のピアニスト』の9本を期間中3回ずつくらい上映。

 詳しい上映スケジュールは下記サイトで確認してください。

 私、『シカゴ』『オペラ座の怪人』は映画館でまた観たかったのよねえ!特にオペラ座のあのオープニングの感動は映画館でしか味わえなかったから。DVDで観るとやっぱ音響がホラ。あ、なに、ホームシアターなら音響もバッチリ!ですって?ふん、ブルジョワが!

 とにかく、映画は映画館で観たいものなのよ。しかも1本800円なら超お得よ!『プロデューサーズ』や『ドリームガールズ』、『パイレーツ・ロック』に『ヘドウィグ~』あたりをお薦めしとく!私は未見の『オーケストラ!』と『扉をたたく人』を観に行く予定。

 こういう特集上映でのリバイバル、じゃんじゃん企画遂行してほしいものなのだわ!シネコンは8つとか10個とかスクリーンあるんだから、そのうちの一つぐらいリバイバル上映にあてても罰は当たらないと思うの。みんな、10月は舞浜サーバーに集まれ!

カミナギ、舞浜の空は青いか?
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:
PageTop

NINE 【監督と スターが織りなす 夢世界】

tag ミュージカル ヒューマン

『NINE』 NINE
2009年・アメリカ=イタリア
フェデリコ・フェリーニの『8 1/2』を下敷きにしたミュージカルの映画化。

 アーサー・コピットがフェリーニの映画『8 1/2』(はっかにぶんのいち)(1963年)を舞台脚本化し、1982年にブロードウェイ・ミュージカル『NINE』が上演された。それを更にアンソニー・ミンゲラが映画脚本化し、『シカゴ』のロブ・マーシャル監督が撮ったのがこの映画『NINE』。この経緯は『リトルショップ・オブ・ホラーズ』みたいなことになってますな。

 主人公グイド・コンティーンニ監督の9作目の映画製作を描いた映画、という意味でタイトルはNINE(9)となってます。あと、元ネタであるフェリーニのセルフ・パロディなコメディ(ミュージカル映画ではない)『8 1/2』がフェリーニ監督の8と1/2本目の映画だから、それにミュージカル要素を加えたことによって+1/2とみなしてのNINEでもある。なぜフェリーニにとって8と1/2本目だったかというと、長編6本(『白い酋長』『甘い生活』『カビリアの夜』『崖』『道』『青春群像』)に加えて、短編2本(『ボッカチオ'70』収録、『街の恋』収録)+共同1本(『寄席の脚光』)を各1/2本とし6+1 1/2本=7 1/2本を監督とした実績があったから。

 フェリーニ版もマーシャル版も主要登場人物は大体一緒。本作は大筋ではフェリーニ版と同じ内容・テーマでありつつ、ミュージカル版の煌びやかさを付加、フェリーニのカリスマと芸術性を差し引いたエンタテイメントとなってます。

 好き嫌いは分かれると思うけど、私はこれ大好き!曲も、豪華出演陣も、美術も、映像も、幻想的な語り口も、スランプに陥る男の悲哀と可笑しみも、ラストの一体感とカタルシスも。ザッツ・エンタテインメント!私はフェリーニ版よりもコチラの方が断然好みですよ(比べること自体間違ってるぞ、自分)。DVD発売が待ち遠しいのでありますよ。あ、BDにしようかな。BDソフトってまだ高いイメージ。
NINE Blu-rayNINE Blu-ray
ダニエル・デイ=ルイス
マリオン・コティヤール

PageTop

ティム・バートンのナイトメアー・ビフォア・クリスマス/ディズニー・デジタル3-D 【忘れじの ウキウキするよな クリスマス】

tag ファンタジー アニメ ミュージカル

『ティム・バートンのナイトメアー・ビフォア・クリスマス/ディズニー・デジタル3-D』
Tim Burton's THE NIGHTMARE BEFORE CHRISTMAS IN DISNEY DIGITAL 3-D
2006年・アメリカ
1993年の『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』を3Dに変換したもの。

 タイトル、長いよ!“ティム・バートンの”って付いてるけどバートンは原案ポエム&製作担当でして、監督はヘンリー・セリックでした。勿論バートンは監督もやりたかったらしいんだけど、当時は『バットマン リターンズ』で忙しかった為に諦めたそうですよ。

 さて、ここのとこ10月になるとリバイバル上映がされる本作です。3D(RealD方式)、吹替版を観てきましたよ。3Dなんだけど、旧作だからか1500円でした(子供は1000円)。勿論、割引は一切お断り方式。どうもRealDの3Dメガネはかけ心地が悪いのがアレ。度々、グイっとメガネを顔に押しつけないと鼻あてあたりが視界に入って邪魔なのよね。こういうのは個人差があるんでしょうけれど。

 ちなみに3D予告編が観れて楽しかったですよ!特に『アリス・イン・ワンダーランド』ね!俄然3Dで観たくなったよ!周りの人も同じ気持ちだったらしく、終了後「アリス、みたーい!」って声がちらほら。ああでも、IMAXの3Dで観たいな、本当のとこ。IMAXだと視界いっぱいに立体的に広がるから迫力が全然違うんだもんさ。近所にできないかなぁ。
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス [DVD]ナイトメアー・ビフォア・クリスマス [DVD]
ダニー・エルフマン
クリス・サランドン

PageTop

モンティ・パイソン/人生狂騒曲 【笑い死に 地に足付いた 風刺コメディ】

tag コメディ スプラッター 音楽映画 ミュージカル

『モンティ・パイソン/人生狂騒曲』 MONTY PYTHON'S THE MEANING OF LIFE
1983年・イギリス
英国コメディ軍団モンティ・パイソンの最後の映画。

 最高。最高傑作。元はモンティ・パイソンのfish filmと呼んでいたらしい。もちろん魚たちが出てくるからってこともあるけどダブル・ミーニング。Fish storyというと胡散臭い話、大げさなホラ話という意味がある(映画『ビッグ・フィッシュ』がまさにソレ)。トリプル・ミーニングとして女性器(女性)を指したりもするfish。魚臭いからだってさ。この映画、全部当てはまっていると思った。

 で、タイトルは結局違うことになったけど原題はそのものズバリな“人生の意味”。42ではない(「人生、宇宙、すべての答え」をグーグルに聞くと答えてくれる)。映画の縦軸として、誕生から死までのライフ・ステージ別にショートストーリー(コント)が組まれているよ。
モンティ・パイソン 人生狂騒曲 スペシャル・エディション [DVD]モンティ・パイソン
人生狂騒曲 [DVD]

スペシャル・エディション
ジョン・クリーズ
エリック・アイドル

PageTop

リトルショップ・オブ・ホラーズ 【貪欲な 怪奇植物 歌い踊る】

tag コメディ ホラー 恋愛映画 犯罪 スプラッター ミュージカル

『リトルショップ・オブ・ホラーズ』 LITTLE SHOP OF HORRORS
1986年・アメリカ
1960年のロジャー・コーマン監督映画を1982年にミュージカル舞台化したもの、を映画化。

 元々のロジャー・コーマン版は非ミュージカルのBホラー・ムービー。ヒットしたその映画をミュージカルに仕立てたものがこれまた大ヒット。というわけで、今度はそのミュージカルを映画化しちゃいました、というのが本作。なんや、ややこしいの。

でもって、先月のニュースではロジャー・コーマン版のリメイクが決まったとか!
こちらのリメイク作品はよりダークなホラーになるとのことで、順調に制作されれば2011年公開予定ですって。
リトルショップ・オブ・ホラーズ 特別版 [DVD]リトルショップ・オブ・ホラーズ
特別版 [DVD]

リック・モラニス;
エレン・グリーン

PageTop

ロシュフォールの恋人たち 【すれ違い 巡り巡って 巡り会い】

tag コメディ 恋愛映画 ミュージカル ラブコメ

『ロシュフォールの恋人たち』 LES DEMOISELLES DE ROCHEFORT
1966年・フランス
ジャック・ドゥミ監督×カトリーヌ・ドヌーヴ主演のミュージカル。

 またもやデジタル・リマスター版をDLP上映の劇場で観てきました。映像は『シェルブールの雨傘』よりも自然な色合いで、鮮明に仕上がっていました。時折色調が一瞬チカっと変わるのは仕方ないかなぁ。映像は花丸なのだけど、残念なのは音響なんです。華やかで陽気なジャズ・ミュージックが多いこの作品。それだけに、劇場ではどうにもモノラルのコジンマリ感でノリきれない。家で観る分には、そこは気にならないのかもしれないです。

 さて、原題は“ロシュフォールの娘さんたち”。美しい田舎町ロシュフォールを舞台に、双子の姉妹が恋に人生に明るく行動する映画です。その双子姉妹を実の姉妹であるカトリーヌ・ドヌーヴとフランソワーズ・ドルレアックが演じました。姉のドルレアックは本作公開まもなくの1967年、25歳の若さで交通事故死してしまった。

 ところで、エンドロールの青い画面が途中で終わってしまって、真っ暗なスクリーンにテーマ曲だけが延々流れていたのは仕様ですか?落ち着かなかったので、あれはどうにかして欲しいです。それともたまたまの映写ミス?
ロシュフォールの恋人たち デジタルリマスター版(2枚組) [DVD]ロシュフォールの恋人たち
デジタルリマスター版(2枚組) [DVD]

カトリーヌ・ドヌーヴ;
フランソワーズ・ドルレアック

PageTop

シェルブールの雨傘 【すれ違い 愛の残り香 雪に消え】

tag 恋愛映画 青春 ミュージカル

『シェルブールの雨傘』 LES PARAPLUIES DE CHERBOURG
1964年・フランス=西独
戦争に引き裂かれる若い恋人達を描いた、アンニュイなミュージカル。

 戦争に引き裂かれる愛と言えば『ひまわり』『哀愁』『はいからさんが通る』など枚挙にいとまがない。そんな中、名作として語り継がれる本作がデジタル・リマスター版として蘇った!

 今回観たのは、デジタル・リマスター版をDLP上映の劇場(イクスピアリ)で。渋谷での上映のときと違ってイクスピアリでは割引適用されたので、水曜レディースデイやレイトショー割引で観れるのが嬉しかった。でも1週間しか上映してなくて、もう終わっちゃった。今は『ロシュフォールの恋人たち』をこれまた1週間の限定上映してます。
シェルブールの雨傘 デジタルリマスター版(2枚組) [DVD]シェルブールの雨傘
デジタルリマスター版(2枚組) [DVD]

カトリーヌ・ドヌーヴ
ニーノ・カステルヌオーヴォ

PageTop

REPO! レポ 【決めるのは 持って生まれた ものじゃない】

tag ミュージカル ホラー ファンタジー SF スプラッター 動画付き

『REPO! レポ』 REPO! THE GENETIC OPERA
2008年・アメリカ
2002年より上演されているオペラ風演劇を映画化。2006年に10分間のショート・フィルム(予告編)が作られ、本作では98分の長編ロック・ミュージカルとなった。(オリジナル・カットは150分)

 ようこそ、ゴシック・ロック・オペラの世界へ!舞台は2056年、内蔵不全の奇病が流行しパニックだった世界を救った臓器移植会社ジーンCo.が牛耳る退廃的な時代。

 原題にある"GENETIC"は“遺伝子の、遺伝的、発生に関わる”といった意味。ジーンCo.の催すTVショーが、この"THE GENETIC OPERA"というタイトル。ジーンCo.はGeneCoで、geneは遺伝子。流行の奇病と遺伝子は関係ないように思うんだけど、映画のテーマとは大いに関わっている。

ついでにRepoは支払いが滞ったときに回収する商品や資産。その回収人がレポマンと呼ばれる。本当はリーポゥって発音するんだけどね。
repo
PageTop

『オペラ座の怪人』日本語吹替版の劇場公開

tag コスチューム 恋愛映画 ミュージカル

( ゚д゚ )

 俄には信じがたい、この世のものとも思えない、そんな経験はありますか?今日、このニュースを読んで、一瞬タマシイ抜けたわ。

 日本語吹替版はDVD にも収録されていないため、今回の劇場公開のために新たに制作されるわけだ。もう、想像もつかないや。

 キャストは決定に近づいている段階で、ファントムを“ある人気実力派俳優”、クリスティーヌを“新人女優”が吹き替えるという。おまけに、ファントムとクリスティーヌの10年後を描く続編の新作ミュージカル映像も一緒に公開するとのこと。ということは、ミュージカルが今年10月開幕だからして、この企画の劇場公開は11月とか年末になりそうですね。

 日本語で楽しみたければ劇団四季のミュージカルを観れば良いと思うの。てゆうか、それを撮影して劇場で流すとか。うーん、この企画はもうキャスト次第ですよね。誰が歌うのか?ファントムは唐沢寿明あたりかなぁ? ジャニーズだったらどうしよう。歌詞はどうなるんだろか?ああ不安しか感じない。

 しかしですね。ヒット作の劇場での二次利用って、今の流れなんですかね。『マンマ・ミーア』の歌詞字幕付き上映とか、『赤い風船』『シェルブールの雨傘』のデジタル・リマスター版公開とか。こういう映画館に人を呼ぼうって動きは大歓迎なんです。でも、鑑賞料金はもうちょっと考えてほしい。旧作なら安くしてほしいのが人情です。勿論、まんま旧作ではなく付加価値が付いてるのはわかりますけどね。1800円は高杉晋作です。

(シェルブールなんか一切割引ナシだったから観に行かなかった。今度イクスピアリに来るんですが、料金はまだわかりません。1800円だったら観ないよ。各種割引サービスが生きるのなら観るさ。)


※2010/11/03追記:この話は映画館での公開ナシ!
映画『オペラ座の怪人』、劇団四季の吹き替えで金曜ロードショーにて放送決定!
(シネマトゥデイより)

 なーんだ(´・ω・`)。最初このエントリ書いてから全然話を聞かなかったから、どうなってるのかと思ったら。結局、吹替は劇団四季。TV放映。やっぱり当初の企画だと色々無理があったのかねえ。とんだ肩すかしでござったな。でもまあ、2010/12/17放映!観ようず。
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:オペラ座の怪人
           エミー・ロッサムの歌声
           『マンマ・ミーア!』に英語歌詞付きカラオケ・バージョン
           顔に似合わず良い歌声
           赤い風船
           ロシュフォールの恋人たち 【すれ違い 巡り巡って 巡り会い】
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。