猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ソーシャル・ネットワーク 【やってやる! この世の仕組みに 挑戦だ】

tag ヒューマン 青春 法廷

『ソーシャル・ネットワーク』 THE SOCIAL NETWORK
2010年・アメリカ
SNS最大手、Facebook創設を題材にしたITオタクの青春・友情・訴訟もの。

 監督はデヴィッド・フィンチャー。実話を基にしたサクセスストーリーであり、青春物語。これは、Facebookが受精し着床し分裂し、巨大な有機生命体に育つさまを描いている。人生の皮肉、悲哀、人の性(さが)、夢の実現・・・そんなものが描かれた映画。Facebookに興味がなくても、この人間ドラマは面白いから観たら良いよ!

映画タイトルには皮肉が込められていると思う。"social network"=社会的繋がり・社会のネットワーク。創設者のマーク・ザッカーバーグは、ネット上で社会的繋がりをシステム化した。でも現実に彼が求めたもの、だけどうまく入っていけないもの、それが社会のネットワーク。作ったものとは裏腹に、彼は社会から浮いている。映画のラストシーンがそれを如実に物語っていて、ユーモアたっぷりでありながら哀しい。自分もネットワークの一員になりたいのだ、と淡々とキーを押すのだ。
(ひいては私たち自身のディスコミュニケーションを皮肉っているともいえる)

 ベン・メズリックのノンフィクション小説『facebook』が原作。この本は、Facebook創設者マーク・ザッカーバーグ本人には取材拒否されたため、関係者―特にエドゥアルド・サヴェリンと双子のリンクルボス兄弟―に取材して書かれたもの。ザッカーバーグはこの映画を観て「事実に忠実なのは服装だけだけだね」と感想を言った。

ソーシャル・ネットワーク (デビッド・フィンチャー 監督) [DVD]ソーシャル・ネットワーク[DVD]
監督:デビッド・フィンチャー
出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、アーミー・ハマー、ルーニー・マーラ、ジャスティン・ティンバーレイク

友情、ビジネス、自己実現、孤独・・・。何かデカイことやって世の中変えてやる!そういう話です。キャストは若手実力派がそろい踏み。将来、幻の映画と言われるかもね。



 いやあ、良い映画だった!ヽ(´ー`)ノまず彼女(ルーニー・マーラ)と口論になるオープニング・シークエンスで、ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)の天才ぶりを見事に印象づける。天才の人は普通に会話できないからね。現実の彼がどうなのかは不明だけど、映画の中では天才型。凡人には理解できないし、ついていけない。

彼の天才ぶりは、訴訟沙汰になっても気にとめないあたりにも表れている。Facebookを成功させること、世界に広げること、それしか関心がないのだ。そして、天才の身近にいる人たちは傷つけられるのが宿命。天才に悪気はない。映画で描かれる彼は見事に典型的な天才!それはもう、仕方ないなって思うぐらい。

 主軸はザッカーバーグがFacebookを立ち上げ大きくしていくこと。そこにハンサムな双子兄弟や、彼女だったエリカのエピソードが深く関わる。でも何より、相棒として最初から一緒にやってきたエドゥアルド(アンドリュー・ガーフィールド)との関係のシフト、途中から参加したナップスター創設者ショーン・パーカー(ジャスティン・ティンバーレイク)への心酔。これが面白い。三角関係のようなハラハラ感がある。いや、ビジネスだけど。

特にショーン・パーカーへの心酔ぶりはわかりやすい。世界を変えられる、変えてみせる、と音楽業界に喧嘩をうって変革に成功していたショーン・パーカー。ザッカーバーグにしてみれば自分と同じ感覚を持ち、世の中の仕組みを変えてやりたい気持ちも一緒で、その上パーカーには実績があった。憧れるし、目標にもするし、崇拝すらするだろう。その気持ちは最終的にパーカーのヘマですーっと冷めるにしても。

 ところで本物のパーカーはこの映画を観て、自分とはまったく違う人物に感じたという。彼はシリコンバレーのITオタで、あんな派手な女性関係はありえないから。でもまあ、映画でのパーカーはカリスマ性があって魅力的で、そのくせどこか気弱なとこがあるリアルな人物だった。演じたジャスティンは元々歌い手さんで、それが音楽業界を凹ましてやったパーカーを演じているのも皮肉が効いている。ジャスティン、役者として評価されたので今後が楽しみですな。

 ザッカーバーグを金に汚いという人もいる。でもこの映画を観たら、そうは思えないはず。金よりも夢の実現に全力な姿が描かれているから。ヤフーやマイクロソフトに天文学的な値段でFacebookを売却することもできたのに、そうしなかった。それが、彼が単なる金の亡者ではない証拠(しかも稼ぎの半分を寄付にまわしているんだ、彼は)。社会を“見える化”すること、公正な世界を築くこと、ザッカーバーグはそんな理想を実現するために仕事をしている。

 ただ、映画の内容がすべて事実と思うのは間違っている。あくまでも実話を基に脚色した映画作品なのだから。現実との大きな違いの例をあげると。実際のザッカーバーグにはハーバード在学中から一緒の恋人プリシラ・チャンがいて、映画で描かれたようなエリカへの腹立ちやかすかな復讐心はあり得ないこと。映画がエリカに始まりエリカに終わるのは、まとまりがあってドラマ性があって素晴らしい。でもそれは事実ではない。
※追記:エリカは"自分を受け入れない社会"の象徴かな、と思います。冒頭で会話して拒絶され、中盤に和解しようと近づいて受け入れられず、最後には一方的に繋がりを求める。

 事実かどうかは置いといて、鶏のエピソードに大笑いしたよ!居心地の悪いユーモアがあちこちに散りばめられていて面白いんだ。ショーン・パーカーとの初会食シーンも、ザッカーバーグが1人だけ頷きまくってるのが妙に可笑しい。



 キャストについても言いたいことは多々あるものの、この2人にだけ触れておきたい。

 エドエゥアルド役のアンドリュー・ガーフィールドは新スパイダーマン・シリーズで主役を務める男!彼の繊細さ、翳りはとても魅力的。レッドフォード監督の『大いなる陰謀』でレッドフォードとサシで会話する学生役、『Dr.パルナサスの鏡』で道化役、3/26公開の『わたしを離さないで』と着々と良い俳優になってます。(『わたしを離さないで』の日本版予告編を観てはイケナイ!楽しみが減る!)

 エリカ役のルーニー・マーラは、フィンチャーの次作『ミレニアム』3部作のハリウッド・リメイク版で主人公の1人リスベットを演じます。パンクな天才ハッカーですよ。今度は彼女が天才だ!
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
facebook映画の原作となった本。ザッカーバーグ本人に取材は出来なかった様子。
facebook
ベン・メズリック
フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)こちらの本はザッカーバーグに独占取材して書かれたもの。
フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)
デビッド・カークパトリック
ラス・ヴェガスをブッつぶせ!原作者メズリックは実話ベース映画『ラスベガスをぶっつぶせ』の原作者でもある!
ラス・ヴェガスをブッつぶせ!
ベン・メズリック

毛玉内関連記事:

スポンサーサイト

PageTop

蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH 【対話する キミも私も ここにいる】

tag アニメ SF アクション ヒューマン 青春 戦争

『蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH』
2010年・日本
2004年に放映されたTVアニメ『蒼穹のファフナー』の2年後を描く劇場版!

 2150年。平和の戻った竜宮島(たつみやじま)。そこに一隻の艦が突っ込んでくる。中で眠っていた存在とは…?TVシリーズが終わって、続きを待ち望んでいたファンにとって、この劇場版は素晴らしいプレゼント!観て良かった!逆にTV版を観たことない人が観てもさっぱり意味が分からないだろう。設定や今までのことの説明は一切ない。思い切って切り捨ててしまったのが、清々しいほどだ。

20110116_4147.jpg キャラデザは相変わらずですが、心なし頬の斜線が薄くなっているような気がします。主題歌は引き続きangelaさん。アキじゃない方。

映画館は東京ではシネマサンシャイン池袋オンリーです。略してシネサン。

 ファフナー・スタンプラリーやってたけど未完成。2カ所は無料、もう2カ所は店を有料利用/商品購入しないとスタンプ押せない。ズコー!



 脚本はTV版の後半を担当した冲方丁(うぶかたとう)さん。TVアニメ『ヒロイック・エイジ』や劇場アニメ『マルドゥック・スクランブル』の脚本書いてた方です。好きです。元々は作家さんですが、メディアによって書き分けるあたりが凄い。

 えー。TV版見てない方は容赦なく置いていきます。そういう映画です。っていうか、一本の映画、とはいえないのかもしれないね。だってファンへの贈り物だもん!ファフナーなんて知らないよ~って方にはまず前日譚である通称『右左』=『蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT』をどうぞ。コチラはTVスペシャルで1時間単発もの。鬱アニメだけどね。哀しくて切なくて胸が熱くなるんだ!

シネサン入口。大々的にフィーチャーされてます!デカイ!
IMG_0012.jpg

 さて本編。TV版終了時点の2年後を描いたものだけあって、各キャラクターが成長してる。各人の現在の状況をサラっと見せていく、その演出だけでニヤニヤもの!カノンだけが見た目大きく変わっているので、最初誰だかわからなかったわい。で、彼女たちが楽園で話し合ってる内容がU計画ってのが笑いどころ!

 竜宮島の外では人類軍がフェストゥムを核攻撃し、虐殺している。その炎の中、総士を守る一個のフェストゥム。焼き尽くされ、怒りに燃えるフェストゥム軍は人類軍の武器を真似して徹底抗戦。戦いは、終わらせる機会を失したまま憎しみが憎しみを呼ぶ泥沼になっていた。

 世界では戦争が続き、竜宮島には“客人”が現れる。人型のフェストゥム来主操(くるすみさお)はキリスト的存在。神の子であり神の遣いとしてやって来た。彼自身が痛みを覚え苦しみを背負って生きることで、フェストゥム軍にも人類軍にも竜宮島にも希望が生まれる。来主の目覚めのシーンは甲洋そっくり!そして乙姫を彷彿とさせる。

 カノンの機体がマーク・ドライツェン(13)と不吉な数字だったり、広登がゴウバインの仮面を付けて搭乗したり、L計画を持ち出したり、司令官の吐血とか、何かこう不穏なムードが漂いまくります。どうなるんだろう…と陰鬱な気持ちで観ていたよ。
20110116_4147.jpg

 初の第一世代同士による自然受胎で産まれた美羽。この子、時間経過を考えれば1歳半ぐらいだろうに、大きいしよく喋る。さすがフェストゥムの因子をナチュラルに持ってるだけのことはあるな!この子や甲洋や乙姫や紅音だった者、そして総士もちゃんと活躍を見せてくれる。胸熱!

 自分で選択すること、決めること。対話。母と娘。この世に生まれ、生きること。この星で生まれること。敵は自分の映し鏡でもあること。憎しみには憎しみしか返ってこないこと。相手を受容することの難しさと、それが出来たときに起きる変化。フェストゥムは生と死を受け入れ、母性を理解し始めた。私はここにいる、この星に生きる、そして死ぬ。新しい命に世界を託して。痛みに耐え、今を生きる歓びを知ることができた。未来は明るいはずだ。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
蒼穹のファフナーHEAVEN&EARTH イメージミニアルバム(DVD付)サントラはまた別にあるようですが。Shangri-La入り!
蒼穹のファフナーHEAVEN&EARTH イメージミニアルバム(DVD付)
angela
蒼穹主題歌はアンジェラさん!くっだっけ♪
蒼穹
angela
蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT 通常版 [DVD]こちらはTVアニメの前日譚です。ひたすら熱く哀しい。総士も出てくるよ。
蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT 通常版 [DVD]
宮野真守、甲斐田裕子 他
蒼穹のファフナー DVD-BOX【初回限定生産版】今やプレミア価格で20万近い高級品。TVアニメ全26話+右左+特典!
蒼穹のファフナー DVD-BOX【初回限定生産版】
真壁一騎:石井真、皆城総士:喜安浩平 他
【蒼穹のファフナーHEAVEN AND EARTH】蒼穹のファフナーHEAVEN AND EARTH 女子制服 サイズ:Ladies Mなんと!こんなのものまで売ってるのか!
蒼穹のファフナーHEAVEN AND EARTH 女子制服 サイズ:Ladies M

毛玉内関連記事:
PageTop

きみがくれた未来 【奇跡には 起きた理由が ちゃんとある】

tag ヒューマン 恋愛映画 青春 スポーツ

『きみがくれた未来』 CHARLIE ST. CLOUD
2010年・アメリカ=カナダ
人生は生ける者の為に。ザック・エフロン主演の喪失と再生のドラマ。

 原作はベン・シャーウッドの同名小説。将来有望な若者が突然の事故で人生が変わってしまう、という喪失と再生のヒューマンドラマ。

 原題は主人公の氏名チャーリー・セント=クラウド。それで邦題は何なの?“きみ”って誰を指してるの?最後までわからなかった。雰囲気だけで付けたっぽい邦題に戸惑いを隠せない。

 全体的にメロではあるけど、ストーリー自体がきちんと面白かったよ。テイストとしては『ラブリーボーン』の生者視点か。若者の再生ドラマとして良い出来なので、ザックのファンじゃなくても観てみたら良いと思います。
180_240.jpg

コトノハ
"You hurt because you're alive."
(痛いのは、生きてるからだよ)

 弟サムが兄チャーリーに言う台詞。心も体も、痛むのは生きてる証拠。そして、こう言う弟の心情が切ない。

どんな映画?
 小型ヨットの才能があって、レースではいつも優勝。その実績を買われて大学進学も決まった。そんな高校生チャーリー(ザック・エフロン)が、卒業パーティーの晩に事故に遭い、人生が大きく変わってしまう。

今回の画像はココここここのダウンロード画像。
wallpaper_1680x1024.jpg


 チャーリーは、チャーリーにしか見えない存在と会話する。それがとても曖昧で、今チャーリーが話しているのはこの世の者なのか死者なのか、判然としない。その描き方がストーリーとうまく合わさって成功している。映画では弟の存在がかなり確定的に描かれているのが残念だが、原作小説ではより曖昧な存在。チャーリーの頭の中の産物なのか、本当にそこに死者がいるのか明確にされていない。

弟と共にヨットレース!
Charlie_Cloud_1920x1200_06.jpg


 弟とキャッキャウフフで遊ぶ姿は微笑ましく、同時に切ない。あんなに切ない泥んこ遊びシーンは初めて観たわよ。でも時間は過ぎて、いい加減に前を向いて歩かなきゃいけなくなる。人生は生きている者の為にあるのだから。死者を忘れるのではなく、乗り越えるのでもなく、心に抱え込んで共に生きていかなくては。そこでキッカケとなるのがヨット乗りの女の子テス(アマンダ・クルー)。

アリッサ・ミラノ似、またはブリタニー・マーフィー似の彼女。
Charlie_Cloud_1920x1200_04.jpg


 若い頃のアリッサ・ミラノ、若しくはブリタニー・マーフィー似の健康的な女の子!彼女をとるか、弟をとるか。弟との守るべき約束。ゆえにどこへも行けないチャーリー。そして自分が生かされた理由。フラットラインから帰還した奇跡。

 チャーリーは、自分を助けた救命士フロリオ(レイ・リオッタ)の言葉に気づかされ、未来を生きる為の力をもらう。このレイ・リオッタ、出番は少ないがとにかく素晴らしい!チャーリーの肉体だけでなく、精神も救ったのは彼だと思う。邦題の指す“きみ”は彼以外に考えられない!もしくはチャーリー本人が“きみ”だな。

暗く沈み、哀しみに満ちた表情が胸に刺さる。
Charlie_Cloud_1920x1200_08.jpg


 『ラブリーボーン』では判りやすい生と死のあわいの世界が描かれた。でもコチラは現実と変わりない空間に、彼の夢想とも現実ともつかない精神世界が広がっている。たぶんフィジカルではない、心の中での出来事なのだと思う。

 序盤の交通事故について、「加害者が飲酒運転」という説明がサラっとされている。そこでお薦めの飲酒運転事故映画『ライセンス・トゥ・キル 殺しのライセンス』はいかがですか~?デンゼル・ワシントンも出てるよ。スパイ映画っぽい題名だけど、そのライセンスとは運転免許証なのだ。

弟かわゆす!
Charlie_Cloud_1920x1200_11.jpg


 映画全体的に音楽が安っぽかったのが残念ポイント。映像はキレイよ。ズームイン・ズームアウトや、浮遊感、ぐるりと回転する動き。カメラワークが素晴らしい。ストーリー的には中ダレするよ!するけどね!あの中ダレも振り返ってみれば必要だったのさ。まあそこは我慢して下さい。

 終盤の展開では、3日間放置されたアレがちょっと(´д`)えーってなった。原作では無理のない説明がされているので、映画版の説明不足ってことで。無粋でもちゃんと説明すべきだったと思うよ、こればっかしは。

 あと、墓石の拓本て本当に趣味の一ジャンルとして確立してるのかね!『小さな恋のメロディ』で知ったときは、現実感がなかったけども。この映画でも言及されてるし、考えてみたら日本でも狛犬の拓本とか趣味にしてる人がいるくらいだもんな。でも墓石は個人情報ダダ漏れな気がする。

 チャーリーの母親役でチラっとキム・ベイシンガーが出てるよ!これが『あの日、欲望の大地で』とか『8Mile』みたいな下流の貧しい母親像ドンピシャ。どことなく薄幸そうなのよね。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
きみがくれた未来 (角川文庫)原作本。
きみがくれた未来 (角川文庫)
ベン・シャーウッド
セブンティーン・アゲイン [Blu-ray]ザック・エフロン主演の良作コメディ!ギークな親友のキャラがとにかく凄い。
セブンティーン・アゲイン [Blu-ray]
ザック・エフロン、レスリー・マン 他
小さな恋のメロディ [DVD]墓地デートといえばコレよね。墓石の拓本て!本当にそんな趣味のジャンルがあるのか。
小さな恋のメロディ [DVD]
マーク・レスター、トレーシ-・ハイド 他

毛玉内関連記事:
PageTop

キック・アス 【飛べずとも お前のケツは 蹴り飛ばす】

tag アクション コメディ 犯罪 スプラッター 青春

『キック・アス』 KICK-ASS
2010年・イギリス=アメリカ
マーク・ミラーのアメコミ原作。原作とは同時進行での製作。

 もうすぐ公開!キック・アス!ってことで、昨日試写会で観てきたよ。スーパーヒーローもの、アメコミものが好きなら苦しい程に楽しめること間違いなし。そういうのは別に好きじゃなくても、エグい映画が好きなら笑っちゃうはず。私はとても面白かったですよ。エグエグ・アクション・コメディ!原題は“超クール”みたいな意味。

 面白いんだけど、過激なものがあるので、東京では渋谷単館上映。上映館数が少ないのはまあ仕方ないかなあ。我らがシネマ・イクスピアリでは12/18~2週間限定上映するってポスター貼ってありましたよ1/15から2週間限定上映の模様。舞浜サーバー、万歳!ただ、キック・アス公式サイトの上映館情報ではイクスピアリでの上映1月からになってるのよさ、どうなってるのかね?
キック・アス 劇場情報

 素人スーパーヒーローの等身大の活躍に、ちょっと異常な親子とワルい親子が絡むコメディです。血しぶき散って、銃やバズーカどかんどかん。猫のMr.バイティーも可愛いよ!
Music from the Motion Pictureサントラ
Music from the Motion Picture
Henry Jackman、 他

コトノハ
"With no power, comes no responsibility."
(力がなければ、責任は伴わないのか)

 『スパイダーマン』で「大きな力には責任が伴う」って台詞があるので、それに対してのアンチテーゼ。力のない普通の人でも、出来ることはあるだろうと。ノブレス・オブリージュを一般化して、皆が自分に出来ることをやったら良いよね。

どんな映画?

今回の画像はコチラコチラから壁紙ダウンロード。
kickass_wall01_1680x1050.jpg


 正義感だけは人一倍強い非モテ系オタク高校生デイヴ(アーロン・ジョンソン)は、スーパーヒーローになろう!と決意。緑色のウェットスーツをたるたるに着込んでキックアスと名乗り地道なヒーロー活動をする。

キックアス。いつもボコボコにやられてますが。
KickAss_Wallpaper_1600.jpg


 そんな中、キックアスが出会うのは変な親子のヒーロー。その本物さ加減にドン引きするキックアス。父親はビッグ・ダディ(ニコラス・ケイジ)と名乗り、バットマンみたいなコスチュームをしている銃の名手。その11歳の娘(クロエ・モレッツ)はヒットガールと名乗り、めっぽう強い。

バットマンみたいなビッグ・ダディ。
BigDaddy_1600x1200.jpg


 ビッグ・ダディの過去バナはアメコミ仕立てで見せてくれます。こういうの、『REPO! レポ』でもあったな。この親子のやり過ぎ感、躊躇しない感がまさにアメコミの抱える闇の部分。正義とは何か、裁く権利があるのか、その行為は本当に正義か、自らの執念でしかないのではないか。

小さい女の子が品の悪い言葉遣いで暴れまくる!
HitGirl_1600x1200.jpg


 とにかくアメコミねた、映画ねたが沢山出てくるのが嬉しい。「俺、ウルヴァリンみたい!」とか「ジェイソン・ボーンみたいだ!」とか「市長に連絡して夜空にサインを照らすのね」(バットマン)とか「アグリー・ベティを全話見た」とか、「『スコット・ピルグリム』は読んでるわ」とか。『スコット・ピルグリム VS ザ・ワールド』もコミック原作で映画化(エドガー・ライト監督)されたけど、日本公開どうなっちゃったかなあ?今年中に日本公開予定だったのだけど。コチラのサイトで劇場公開を求める署名活動してますので、興味があったら見てくださいな。

 おっと横道それた!『キック・アス』はマーク・ミラーの書いた原作コミックの日本語版も出版されましたよ。映画版の製作当初はまだ話が終わってない段階だったので、原作と映画版では展開が違うとのこと。原作は更にエグいエピソードが盛り込まれているようですよ。

kickass_twitter_skin01.jpg


 キックアスのヒーロー仲間、レッド・ミスト(クリストファー・ミンツ=プラッセ)や、ヴィランに相当するマフィアのボス(マーク・ストロング)など個性的な面々に囲まれて、キックアスは割と普通の男の子に見えます。特にマーク・ストロングは天然禿げモードで容赦なく大人げなく全力でヒーローを潰しにかかるよ!良いよ!

レッド・ミストは英国の言い回し“激怒する、カッとする”の慣用句にちなんで。
RedMist_1600x1200.jpg


 マシュー・ヴォーン監督の奥様はクラウディア・シファー。ビッグ・ダディがキックアスの前に登場するシーンで、超特大版の広告を背に立っています。その広告が、クラウディア・シファー!愛ですね。良いですね。そしてアメコミといえばスタン・リー!スタン・リーと言えばカメオ出演!本作にもカメオ出演なさってます。どこにいるか探そうぜ!

 アメリカで大ヒットしたので当然の事ながら続編の予定がありますよ。タイトルは"Kick-Ass 2: Balls to the Wall"で2012年公開予定!サブタイトルは“全力で、全速力で”の意味のスラング。パイロット用語で、エンジン全開最高速度を出すときに球状のレバーを壁際いっぱいまで押すことから。続編にはヒット・ガール、クロエ・モレッツ続投とのこと。楽しみですな。
にほんブログ村 映画ブログへ
俳優は誰?
 ニコラス・ケイジのビッグ・ダディは良いよ!静かな狂気ですよ。そして真面目なユーモアもたたえていて最高!とりわけ「そんな高い武器を買う余裕はないだろう…」の件でワロタ。

 その娘ヒットガールを演じるクロエ・モレッツ(クロエ・グレース・モレッツ名義)も最高ですよ!キックアスよりバッドアス!バタフライナイフさばき、子どもらしい無邪気な笑顔で敵をなぎ倒すのが凄い。そんなクロエちゃん、『(500)日のサマー』で主人公のこまっしゃくれた妹役やってた子です。そしてスウェーデン吸血鬼もの『ぼくのエリ 200歳の少女』のハリウッド・リメイク版"Let me in"で吸血鬼アビーの役を演じてます。これ、すごく観たいの!予告編観たらめっちゃくちゃ楽しみになっちゃって、でも日本公開はあるのかしら。

kickass_wall02_1680x1050.jpg


 悪いボス、マーク・ストロング様は本当に相変わらずお素敵でした!『シャーロック・ホームズ』でも悪役、『ロックンローラ』では裏社会の大物、『ワールド・オブ・ライズ』のハニ・パシャと、何かこう一定のイメージが出来上がっちゃってる感はあるけどな。その存在感は場面をかっさらう勢いなのよね!

 あ。主演のアーロン・ジョンソン君はジョン・レノンの若かりし頃を描いた青春映画『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』に主演。ええ、レノンの役で。

関連作品のようなもの
キック・アス (ShoPro Books)原作コミックは、違う展開を見せる。日本語版の単行本!
キック・アス (ShoPro Books)
マーク・ミラー
バットマン [DVD]ジョーカーの台詞が引用されてたり。バットマンねた結構あります。
バットマン [DVD]
マイケル・キートン、ジャック・ニコルソン 他
ウルヴァリン:X-MEN ZERO [Blu-ray]俺、ウルヴァリンみたい!って。
ウルヴァリン:X-MEN ZERO [Blu-ray]
ヒュー・ジャックマン、リーヴ・シュレイバー 他
シン・シティ [Blu-ray]『サンセット大通り』、『アメリカン・ビューティー』と並んで語り部が死んだ映画としてあげられる。
シン・シティ [Blu-ray]
ブルース・ウィリス、ミッキー・ローク 他
28日後… [Blu-ray]ビッグ・ダディの襲撃ビデオを見るシーンでテーマ曲が流れる。
28日後… [Blu-ray]
キリアン・マーフィ、ナオミ・ハリス 他
カラテ愚連隊 [DVD]ジョン・ウーの初長編映画は?とビッグ・ダディが質問する。
カラテ愚連隊 [DVD]
ユー・ヤン、ティエン・ニー 他

毛玉内関連記事:
PageTop

ノルウェイの森 【死と生と 光と闇と 愛と性】

tag ヒューマン 恋愛映画 青春

『ノルウェイの森』 NORWEGIAN WOOD
2010年・日本
村上春樹の1987年のベストセラーをトラン・アン・ユン監督が映画化。

 ノルウェイの森…と聞いて初めに思い浮かぶのはノルウェイジャン・フォレスト・キャット!村上春樹と角川春樹と村上龍の中で誰が好きかといえば角川春樹!この、時代を作った小説に、私は何の思い入れもない。

 私が中学生の頃にこの本が出版され、ベストセラーになった。本屋に行けば平積みで、クリスマスみたいな赤と緑の表紙が並んでいた。周りは熱狂していた。その頃の私は、シドニィ・シェルダンや氷室冴子にハマっていて村上春樹は読まなかった。大体、『ノルウェイの森』は官能小説だって言われてて、まだエロを受け付けてなかった純真な私には穢れた書物だったのだ。寝転がって炭酸を飲みながら、そんな穢れた本は読めない。

 というわけで、原作未読のまま今日に至り、そのまま映画を観てきましたよ!12/11からの公開なので、文芸映画好き、原作好き、雰囲気映画好き、マツケン好き、玉山鉄二好きは観に行くべし!ただし、エンタテインメントではないので注意。これは、生と死と性を描いた2時間超の詩の一篇。

 タイトルはビートルズの曲"NORWEGIAN WOOD"から。映画全体に流れる雰囲気が、雪に閉ざされた寒々とした常緑樹の森って感じだったので、そんな意味もあるのかな。迷い込んだけど森から出て春を迎える人もいれば、そのまま凍り付いて戻れなくなる人もいる。
ノルウェイの森 (松山ケンイチ 出演) [DVD]ノルウェイの森[DVD]
松山ケンイチ

どんな映画?
 高校時代に親友キズキ(高良健吾)が自殺し、心に傷を負ったワタナベ(松山ケンイチ)。彼は東京の大学に進む。キズキの幼馴染み兼恋人だった直子(菊地凛子)もまた深く傷つき。二人は偶然、東京で再会する。

バイバイ、ママ [DVD] キズキとの3人の高校時代の描写から映画は始まる。仲の良いカップルと、その親友。キズキがなぜ自殺したのかもわからない。17歳で、何を思ったのか。または、理由なんてなかったのか。置いていかれる恋人・直子のことを少しでも考えたのだろうか。この自殺シーンは、ケヴィン・ベーコン監督作『バイバイ、ママ』(左画像)を思い起こした。

 そして東京。1969年。大学内では学生運動が盛んで、ワタナベのルームメイトもまたのめり込んでいた(ここにも死の影が散りばめてある)。ワタナベはそれを横目でチラと観るだけで、そこに何の意味も見いだせない。一人読書に耽る。それはたぶん、答えを探していたんだろう。キズキの死を受け止めるための答えを。

 ワタナベと直子の恋は痛々しく、彼らを繋ぐのは死んだキズキの存在。キズキの話はしなくても、二人の間にはいつも横たわっていただろう。直子は20歳の誕生日にワタナベと寝たことをキッカケに、どんどん精神のバランスを欠いていく。ワタナベの前から姿を消し、療養に行ってしまう。ワタナベにとって、直子はとんだ地雷女じゃないか!

 直子への思いを抱えつつ、大学で出会った生命力に溢れた女性・緑(水原希子)にも惹かれるワタナベ。直子とは、あらゆる意味で対照的な緑。直子は死、病、過去、闇、哀しみ、愛への疑問、不安、内向き、ミステリアスといった言葉で語られるとしたら。緑は生、健康、未来、光、喜び、愛を肯定、安らぎ、外向き、明け透けといったところ。直子は死に取り憑かれているが、緑は命そのもの。そう、ちょうど5月の新緑のようにね。

 直子も緑も、大事な人を亡くしたという点は共通してる。直子はそれを受け容れられず、緑は受け容れた。もちろん、17歳で自殺されてしまったのを受け容れるのは相当にキツいことで、比べるのはフェアじゃないけど。自殺が罪なのは、遺された者が苦しむからだよ。

 全編死の影に包まれ、でもそこでもがくワタナベを通して生きる希望、生き続けることを選んだ人間の強さが感じられる。大したストーリーでもないのに、ミニマルな世界なのに、この映画には感情の振り切れるサマがありありと描かれている。言っちゃなんだが“雰囲気映画”なのに、心の奥を揺すぶるものがある。映画は総合芸術。本作は、映像や音使いや俳優の演技すべて合わせたときに最大限強い力が発揮される、そんな映画だった。AKB48が一人一人でで見ると大したことないのに集団で動いてると可愛く見えるのと一緒か。あ、誰か敵に回した?

 明るくイキイキした緑色の映像、一面の雪、ふわりと舐める山脈、草原をわたる風の音、降りしきる雨音。すべてが美しい(撮影はリー・ピンビン!)。ライティングもとても美しく、暗がりでの青みを帯びた映像は艶めかしい。光り輝く木々、陰のかかる表情。室内の暗さ。この陰影は素晴らしい!流れる弦楽器の音もまた哀しい。

 ワタナベの先輩永沢(高貴な魂を持った俗物)役に玉山鉄二。その恋人ハツミ役に初音映莉子。サイドストーリー的に語られるこの二人の関係もまた哀しい。ハツミがワタナベを詰問するシーンは凄かった!ワタナベに向けて永沢への疑問を口にしているのだ。愛は人を生かし、愛は人を殺す。愛のために生きるのか、愛のために死ぬのか。

ベロニカは死ぬことにした [DVD] 直子の心の病や、療養所の描写を観ると、どこかパウロ・コエーリョの『ベロニカは死ぬことにした』を思い起こした。あれも、生と死、愛と性を描いていたな。映画版(左画像)はなぜか日本映画で、主演は真木よう子!おっぱい!映画版の雰囲気はこの『ノルウェイの森』に似て“雰囲気映画”になってたよ。

 ところで、2回出てくる、部屋でチープなプラスチックのミニテーブルに食べ物を置いて床に座って食べるシーンはベトナムっぽかった。これは監督がベトナム系だからなのかな。特に緑の家で食べるシーンは、家屋や景色の雰囲気も含めてベトナムっぽかったぞ。

 小説の台詞をそのまま台本にしたような台詞はちょっと上滑りしてたけど、それもこの映画の味なのかもしれない。で、官能小説って言われてたのは、あながち間違っちゃないな、と納得したりもした。すぐに「やった、やらない」とか言い出すし。やたらに性が人生問題に絡んでくるのが、私にはしっくりこなかった。愛と性は切り離せないとはいえ、そこまで?って思いでいっぱい。

 いやあ、それにしても松山ケンイチ凄いな。感情抑制から終盤にバツンと弾けて、そこからまた空虚に戻り、愛の渇望へと走るあたり。直子の存在のお陰で、ワタナベはキズキの死を乗り越え。緑の存在のお陰で、生きることを選べた。緑の強さって、一体どこからくるんだろう?自らが強くあることで、他人をも強くする。それは素晴らしいことだ。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
ノルウェイの森 上 (講談社文庫)官能小説と言われて、手に取ることもなかった原作。
ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
村上 春樹
ノルウェイの森 下 (講談社文庫)表紙は赤と緑で、正反対の色を表す。危険な赤、安らぎの緑。
ノルウェイの森 下 (講談社文庫)
村上 春樹
ノルウェイの森 公式ガイドブック (1週間MOOK)ガイドブックまで出たぞ!
ノルウェイの森 公式ガイドブック (1週間MOOK)
アミューズメント出版部
ノルウェイの森 オリジナル・サウンドトラックレディオヘッドのギタリスト、グリーンウッドが音楽担当!
ノルウェイの森 オリジナル・サウンドトラック
サントラ、カン 他
The Beatles 1962-1966映画にも出てくる「ノルウェイの森」"NORWEGIAN WOOD"を収録。
The Beatles 1962-1966
ザ・ビートルズ

毛玉内関連記事:
PageTop

リトル・ランボーズ 【共に観る 父を知らない 子らの夢】

tag ヒューマン コメディ 青春

『リトル・ランボーズ』 SON OF RAMBOW
2007年・イギリス=フランス=ドイツ
『ランボー』を観て映画作りを始める子ども達の友情。

 舞台は1982年英国郊外。主人公は11歳の少年ウィルとリー・カーターの二人。『ランボー』を映画泥棒したカーターと、ひょんなことから彼の家で『ランボー』を観たウィル。一緒に映画を作って育まれる絆。ランボーへの憧れは、彼らに欠けた父への憧憬。

 スタローンの『ランボー』を観ておく必要はまったくない!少年達がジャングルでサバイバルするような映画でもない!子供の友情物語をユーモアたっぷりに描いたもの。たくさん笑って、なぜだか涙も出ちゃうような、そんな素敵な映画です。

 エンディング・クレジットが流れる中、ウィルとカーターの短い会話が声だけ挟まれます。これもまたキュート!本編が終わってもすぐに席を立っちゃダメよ。ジュヴナイルものの傑作といって過言でないよ!
Son of RambowSon of Rambow
Various Artists

コトノハ
"Good morning, Lee Carter. I'm here to help you!"
(おはようございます、リー・カーター!お手伝いに来ました!)

 張り切って、映画のコスチュームを着てカーターの家の玄関に現れたウィルの台詞。躾けの良い子なので、言葉使いもとても良い。ウィルの俗世間離れしたイノセントが、ズレてて可笑しい&可愛い!抑圧されてきた子が初めて映画を観てヽ(´ー`)ノハジけちゃった感が、喜びが迸る様子を見ていると楽しい。

どんな映画?
 '80年代の英国!この雰囲気だけで素敵ですが、一貫して子どもの目線で描かれているところが素晴らしい。想像の世界はもちろん、二人の家庭の問題もあくまで子どもらしい理解でさらっと描かれている。そこが、深刻にならず笑って観れて、だけど心を揺する所以なのかも。

本家公式サイト日本公式サイトの壁紙ダウンロード画像を使用。
LR_01_1280x1024.jpg


 ウィルは厳しく世俗の娯楽を禁じられている教会に所属し、TVも映画もポップスもダンスも禁じられている。学校の授業でTVを観るときは廊下に出て待っていなきゃならない。リー・カーターに出会ったのも、一人廊下でTVが終わるのを待っている時だった。カーターは先生達が頭を抱える問題児!このミスマッチな少年コンビが面白い。

 ウィルの家庭が信仰しているプリマス同胞派(キリスト集会)は、英国で起こった宗教運動で牧師や聖職者を置かずに教会活動をするもの、だそうな。プリマスはこの運動が発展した土地の名前。映画で描かれたように、世俗的な娯楽を禁止し慎ましく暮らす人々。そんな同胞派の中でもいろいろ分派があり、集会によっても規範が違うようです。中にはインターネットの使用を禁じる閉鎖的な分派もあるそうな。

SOR_04_1280x1024.jpg


 この二人の他に、ちょうどフランスからの交換留学生が来ていて、そのいつもとは違う興奮も描かれている。真面目で地味なフランス生徒が次々バスから降りてくる。でも最後に衝撃的な生徒ディディエが姿を見せる。英国の生徒達はみんな彼に夢中になる!

 ディディエのエピソードが二人の映画作りに絡んできて、話は転機を迎える。ウィルは最初、悪たれのカーターに刺激を受け、ワイルドに子どもらしく遊び、悪い事を無邪気に真似していた。次にはディディエの大人っぽいパンクな遊びを覚える。ディディエのお気に入りのウィルは、ディディエの子分達の尊敬も受けられる。対して、カーターは相変わらず悪ガキのハミダシ者扱い。生じる亀裂。

LR_04_1280x1024.jpg


 イングランドでは義務教育が16歳まで。そのあと大学受験に必要な勉強をするシックスス・フォームなる段階がある。映画に出てきた上級生用のコモン・ルームは、シックスス・フォームの生徒専用。授業がないときなどココで過ごすんだそうだ。詳しくは下記リンク【イングランドの教育制度】の項を参照。
イギリスの教育 (Wikipediaより)

 ウィルを演じた子はフレッシュでイノセントで天然ぽさが凄く良かった!カーターを演じた子も本当に役にピッタリの悪タレ顔で、仕草も悪ガキで素晴らしかった!カーターの家の家業が老人ホームで、その利用者である老人との触れあいが少し描かれる。これもまた、あくまで子ども目線なので重くならない。そう、子どもの頃は世界がこんな風に見えていたなあって、胸がいっぱいになるような描き方なの。

SOR_02_1280x1024.jpg


 ユーモア分で一番笑ったのが、カーターが自分にケチャップを塗りたくって、牛に「いつか付けられるよ」と毒づくとこ。子どもらしいよね!あと、香り付き消しゴム懐かしス!私もちょっと集めたなあ!板チョコとかソフトクリームとかの。美味しい匂い、するのよね。

LR_03_1280x1024.jpg


 この映画、もうラストの凄い凄さは本当に凄かった!なんてことない演出なのに、みんな笑顔なのに、観てるこっちは涙が出ちゃうんだ。兄弟がいる人には特にグッとくるかも。ちなみに、どこかに英国の監督エドガー・ライトがカメオ出演している模様。チラっと出てくる先生役とか。

 終盤、帰りのバスに乗るディディエの表情が良い。英国の子ども達には彼の存在が非日常だったわけで、熱病のように浮かれてたんだろうな。子どもって、そういうものだよね。一方、彼の存在が日常であるフランスの生徒達にとっては、彼は変人・負け犬的存在なのだろうね。ディディエの顔に広がる哀しみと寂しさが味わい深く、この映画にピリリとスパイスを加えていましたよ。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
ランボー [Blu-ray]夢中になるよね!カッコイイ闘う男に!
ランボー [Blu-ray]
シルヴェスター・スタローン、リチャード・クレンナ 他
アウトサイダー [DVD]交換留学生ディディエがパトリック・スウェイジの真似をする。
アウトサイダー [DVD]
C・トーマス・ハウエル、マット・ディロン 他
Yentl (1983 Film)ラスト、カーターが行く映画館で上映されている映画『愛のイエントル』。これはサントラ。
Yentl (1983 Film)
Michel Legrand
ニュー・シネマ・パラダイス [Blu-ray]どことなく似た雰囲気の映画。
ニュー・シネマ・パラダイス [Blu-ray]
フィリップ・ノワレ、サルヴァトーレ・カシオ 他

毛玉内関連記事:
PageTop

ベスト・キッド 【闘って ねだるな勝ち取れ 人生を】

tag アクション 青春 スポーツ ヒューマン コメディ

『ベスト・キッド』 THE KARATE KID
2010年・アメリカ=中国
1984年の爽やか青春カラテ映画をリメイク。

 製作にウィル・スミス夫妻が名を連ね、主演は息子ジェイデン・スミス君。という、これが本当のファミリー映画!エンドロールには撮影風景のスチルが飾られ、スミス夫妻もそこに登場。流れるエンディング曲はジャスティン・ビーバーfeat.ジェイデン・スミス。そういやパパ・スミスも元々ラッパーでしたっけ、とジェイデン君のラップを聞きながら思い出したのでした。

 そんな本格ファミリー映画。これがオリジナルを超えた面白さに出来上がるとは、誰が予想しただろうか!いや、マジで!オリジナルのストーリー展開そのままなのに、師弟関係や舞台が全然違うんだよ。これぞ良きリメイクですな!

 ところで原題はカラテ・キッド。もうこれカラテじゃないんだけどね。空手からカンフーに変わりましたから。タイトルの形骸化。今回の舞台は中国だよ。太極拳(Taichi)も観られるよ。

 監督は超面白かったコメディ『ジュエルに気をつけろ!』のハラルド・ズワルト。ジュエルのときみたいに、しっかり伏線はったオモシロが堪らない!
ベスト・キッド ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]ベスト・キッド [Blu-ray]
ブルーレイ&DVDセット
ジェイデン・スミス
ジャッキー・チェン 他

PageTop

魔法使いの弟子 【マーリンの 後継者として 励みます】

tag アクション ファンタジー コメディ 青春 動画付き

『魔法使いの弟子』 THE SORCERER'S APPRENTICE
2010年・アメリカ
ミッキー・アニメ『ファンタジア』のエピソードをモチーフとしたファンタジー映画。

 ドイツの詩人ゲーテが書いた1797年の詩『魔法使いの弟子』が元ネタ。詩は現在パブリック・ドメインになっているのでネット上で読むことができます。まともな邦訳は見つからなかったので英訳版だけリンク!
英訳版⇒THE SORCERER'S APPRENTICE /Johann Wolfgang von Goethe

 この詩を元に音楽にしたのがフランスのポール・デュカスさん。交響詩『魔法使いの弟子』(1897年)なるクラシックを残しています。

 そしてウォルト・ディズニーが作ったクラシック音楽とミッキーアニメの融合という斬新な映画『ファンタジア』(1940年)。音楽にのせて描かれる8つの短編アニメのうち3番目がこのデュカスの『魔法使いの弟子』。今回のジェリー・ブラッカイマー製作版は、このエピソードを使って新しいファンタジー映画を作ったもの。舞台は現代ニューヨーク。
魔法使いの弟子 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]魔法使いの弟子 [Blu-ray]
ブルーレイ+DVDセット
ニコラス・ケイジ
ジェイ・バルチェル 他

PageTop

ジェニファーズ・ボディ 【思春期の 幼馴染みの 愛憎劇】

tag ホラー スプラッター コメディ 青春 動画付き

『ジェニファーズ・ボディ』 JENNIFER'S BODY
2009年・アメリカ
『JUNO/ジュノ』のディアブロ・コディ脚本による青春ガールズ・ホラー。

 ティーンズ・オカルト・ホラーというのか、音楽や映画ネタをふんだんに盛り込んだ青春ガールズ・ホラーというのか。ともかくコメディ・タッチなことは確か。会話が掛け違えてたり、台詞が妙に場違いだったり、単にビジュアルが可笑しかったりで面白いよ。

 タイトルは“ジェニファーの体(肉体、遺体)”。悪魔憑きになっちゃう女の子の名前がジェニファーです。コートニー・ラヴ(ニルヴァーナのボーカル=カート・コバーンの妻)率いるパンクバンドHoleが同名の曲を歌っていましたので、たぶんそこから付けたタイトルなんでしょう。

"JENNIFER'S BODY" / Hole

ジェニファーズ・ボディ (完全版) [Blu-ray]ジェニファーズ・ボディ[Blu-ray]
(完全版)
ミーガン・フォックス
アマンダ・セイフライド

PageTop

ダニー・ボイル監督新作クライミング事故映画『127時間』"127 hours"予告編

tag 動画付き スポーツ 青春 アクション ヒューマン

 『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督新作、ティーザー予告編が出た!実際にあったキャニオニアリング(峡谷探索)中の事故からのサバイバルを描いたもの。山登りやクライミングやる人には是非お勧めしておきたい映画。

 登山家アーロン・ラルストン(27歳)は、一人ユタ州のブルージョンキャニオンを歩いていた。けれど、ちょっとしたことから岩が落ち、右手がその岩と岩壁に挟まれ身動きができなくなった、というもの。水も食糧もあまりない、普段なら行き先を友人に残すのに今回だけは誰にも言わずに来た、夜の峡谷は寒い。じっと動けないサバイバルな6日間。

 主演はジェームズ・フランコ『スパイダーマン』シリーズのピーターの親友ハリー・オズボーン役や『ミルク』のショーン・ペンの恋人役など良い俳優さん且つ、甘いマスク!

"127 hours"ティーザー予告編


アーロン・ラルストン 奇跡の6日間 実際の事故を映画にするということで、登山家アーロン・ラルストン本人の書いた本『アーロン・ラルストン 奇跡の6日間』が原作。事故にあった現場の写真まで載っていて、凄い臨場感溢れる体験記となってます。読み物としても面白く、前向きで冷静で最後まで諦めない姿勢に感嘆するばかり。

 6日間を峡谷の底で身動きできずにいて、水が底をつき尿を飲むしかなくなるとか、挟まれた右手をどうするかとか、寒さをどうやって凌ぐかとか…。そんな話です。

 予告編ではどうも必要以上にアーロンがちゃらく描かれているような気がしますが、どうなんでしょうか。きちんと経験を積んだ真面目なクライマーなんですけどね。今から非常に楽しみな映画でございます。

 アメリカでは2010/11/5~単館系で上映。日本公開は未定。どうでしょうね…?山ブームとか山ガールとかに乗っかってですねえ、ここは是非とも派手に日本全国ロードショーしていただきたく!また情報が入ったら追記します。



※2010/10/8:予告編第2弾きた!
 前半のワイルドで陽気なアーロン、後半の憔悴するアーロンの対比がすごい。やはりアーロンを些かワイルド・クレイジーに描きすぎのきらいはあるなあ。でもとても楽しみ!

"127 hours"予告編第2弾



※2011/1/25:日本公開は6月に決定!!シャンテ等で。

※2011/2/27:日本版予告編きた!
 上の第2弾と同じ雰囲気で、ちょっと編集が違うバージョン。私は上のヤツが好きだなあ、最後の方とか。


にほんブログ村 映画ブログへ


オマケ:ジェームズ・フランコはこんな人。

グッチの香水CMメイキング映像(フェイク)『グッチと言えなくて』

「グッキじゃなくてグッチです、フランコさん」
「本気か?だって綴りから考えてグッキだろ」
「いえ、絶対にグッチですから」
「わかったわかった、ぐっちね」

「グッチbyガッキ」
「ちょ!グッチですってば!」

毛玉内関連記事:
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。