猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

エクスペリメント 【目に見える 神がいるなら 思考停止】

tag サスペンス ヒューマン

『エクスペリメント』 The Experiment
2010年・アメリカ
ドイツ映画『es エス』のリメイク。実際の心理学実験をモデルとする。

 1971年に行われたアイヒマン・テストの一種、ロールプレイングを用いた心理学実験―スタンフォード大学監獄実験を元ネタにした映画。14日間の予定が6日目で中止を余儀なくされた、実験の倫理問題を扱う際に必ず引き合いに出される悪名高い実験。心理学を勉強すると絶対に教科書に載ってますよ。

 実際のスタンフォード大学監獄実験については、オリジナルのドイツ映画『es [エス]』の感想エントリに書いたので省略。興味のある方は読んでみてください。

 さて本作。イライジャ・ウッドも出演予定だったんだけど、撮影2,3日で降板しちゃったそうです。そんなわけでエイドリアン・ブロディとフォレスト・ウィテカーの一騎打ち的様相。

 オリジナル版と概ね同じキャラクター配置&イベント発生。けど、このリメイク版では主題がどうも違う。善悪の判断基準を何に委ね、どう行動するか、という点を描いています。なので不条理ホラーな展開になってしまっている印象を受けました。私はオリジナル版の方が好きだぜ。
bannerSml.jpg
どんな映画?
 オリジナル版は、普通の人達が徐々に役割にはまり込んでエスカレートする話。なんと実験を行っていた側もハマッてしまったという実話のエピソードも盛り込んで、映画的脚色は施したものの大筋で事実に沿った内容でした。制服に服従する囚人チーム、与えられた権力を力一杯行使する看守チーム。普通の、その辺の、誰でもが、かかってしまう心理の恐ろしさ!

 で、このリメイク版は実話からちょっと離れたとこに存在している感。実験が始まると、実験者側が全く描かれず、その意図が不明。それが不気味さを醸し出し、狙いは何なのか、一体この光景を観ているのか、いないのかと被験者と一緒に不安な気持ちになります。この演出は、しかしながらラストにもやもや感を残すのみで、うまく働いていない気がしたな。これじゃ不条理ホラーじゃん!

 失敗の一因はフォレスト・ウィテカーがはまり過ぎたことにあると思う。看守チームに入るウィテカーは、手にした権力に酔い、箍が外れていく。その様子が、どう見てもサイコだ。あれー、この人は最初からソノ気があったんだー、やっべえ!としか思えないワケ。日常生活での鬱憤があったんじゃないか、家庭での抑圧された何かがあったんじゃないか。

 これ、そういう映画にしちゃダメだと思うんだ。ソノ気がない普通の人達が、異常な環境下で支配―服従の関係をエスカレートさせていく狂気が欲しいんだよ!人間心理の闇をエグらなきゃ!

bannerLrg.jpg


 でもね。このリメイク版で言いたいことは、そういうことじゃなかったっぽいんだ。被験者応募の面接テープが時折挟まれるのだけど、そこでは「神を信じるか?」「判断基準は何か?」といった問答が繰り広げられる。そう、善悪とか正誤の判断基準をどこに置くのか。そしてそれは絶対的に正しいのか。それがテーマになってますた。

 実験では赤いランプが神のような存在。点いたら実験は中止=間違い。点かなければ、それは正しいことをしている証拠。絶対の判断基準になってるわけだ。囚人チームに罰を与える、その罰はどんなものが適正か。罰を考え実行したのち、30分経っても赤ランプが点かなければ正しい判断と保証される。目に見えて自分の行いを判断してくれる赤ランプ!そして赤ランプへの依存が始まる。点かなければ、何をしても構わないのだ。責任転嫁ともいえるね。

 怖いよね。この映画は、たまたま実験という環境下で赤ランプ(の向こうにいるはずの実験者)が判断基準になっているけれど。これと同じ事は幾らでも現実に溢れているじゃないか。ヒトラー、宗教、聖書、国家元首、政府、チームリーダー、会社、先生、或いは親。赤ランプの様子を窺うように、彼らの様子を窺っていないだろうか。彼らの判断に盲目的に従っていたら、SSの二の舞。火事になった教会に人々を閉じ込めておけと命令されたら、その通りにするのか。自分は悪くない、これは秩序を守る為だ、と。自分は正しいのだ、と。

 誰にでも起こりうることで、私だってどんなにキレイゴトを言ってみても、いざその場になってみなきゃどんな行動をするのかわからない。役割、集団、権威、制服、命令…。普段の自分なら決してしないことも、してしまう可能性はいつだってある。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
es[エス] [DVD]オリジナルのドイツ映画。これは面白いよ!
es[エス] [DVD]
モーリッツ・ブライプトロイ、クリスティアン・ベッケル 他
フルメタル・ジャケット [Blu-ray]この映画の鬼軍曹みたいって台詞があった。この映画も戦争という状況が人間を変えてしまう。
フルメタル・ジャケット [Blu-ray]
マシュー・モディーン、リー・アーメイ 他
若き勇者たち [DVD]彼女が父親に繰り返し見せられた映画として登場。これも非日常空間(戦争)でのサバイバル。
若き勇者たち [DVD]
パトリック・スウェイジ

毛玉内関連記事:

スポンサーサイト

PageTop

アメリア 永遠の翼 【共に飛ぶ 私が翼 あなた風】

tag ヒューマン 歴史 恋愛映画

『アメリア 永遠の翼』 AMELIA
2009年・アメリカ=カナダ
女性飛行家アメリア・イアハートの伝記。

 リンドバーグの大西洋単独無着陸飛行から間もなく。リンドバーグっつっても、今すぐ~キスミー~ウォウウォウ♪じゃない方ね。1928年、大西洋横断飛行を成功させた初の女性、アメリア・イアハート。女性の地位向上活動や、その後の更なる飛行チャレンジで全米を熱狂させた、文字通りに飛んでる女!

 アメリア・イアハートと言えば、博物館の展示たちが命を持って動き回るコメディ『ナイト ミュージアム2』にも出てきました。アチラではエイミー・アダムスがイキイキと演じていましたが、本作ではヒラリー・スワンクがなりきり演技!映画中に実物のアメリアの写真が出てくると、そのソックリさに驚きます。と、いうことはだ。マット・デイモン=アメリア・イアハートか。

 ここで描かれているのはアメリアの自由な精神と、彼女を支えた夫パットナムの深い愛。アメリアの過去や、パットナムの離婚した家庭、国内レースでの出遅れエピソードなどはバッサリ切り捨てて語りません。女性の社会進出を推進した、進歩的で愛すべきアメリアという人物像を知ることの出来る映画です。夫婦の愛情物語でもあるしね。
Amelia (Score)Amelia (Score)
Various Artists

コトノハ
"For me, anywhere you are."
(僕にとっては、キミのいるとこさ)

 「家に帰ろう」と言われて「家ってどこ?」と問うアメリアに、こう答える夫の素敵さよ!当時、こんな風に自由に夢を追い危険を冒す女性の帰りを待っている男性なんて、そうそういなかったことだろう。ただ無事を祈って待つことは辛いけれど、夫パットナムは全力でサポートして、帰りを待ってくれた。

演じるリチャード・ギアの包み込むような優しい表情が良いですぞ。とにかくギア様の深い愛情を湛えた男らしさ、懐の深さにカーッ!惚れるね!

どんな映画?
 映画はアメリアが、編集者パットナムのもとに呼ばれて訪問するところから描く。大西洋横断をやる気はあるか?その体験記を出版すればパットナムは儲かる。かくして、パットナムはアメリアの後見人としてパトロン探し、資金調達、広報活動に勤しむことになる。アメリアが翼なら、パットナムは彼女を飛ばす風といったところ。

 映画は単に時間軸に沿って人生を追いかけるのではなく、アメリアの最大の挑戦―赤道上世界一周飛行の開始から終了までを縦軸として、そこに至るまでの過去をミルフィーユ状に挟み込む構造になっています。世界一周に使われた機体は銀色のロッキード・エレクトラ。場面転換して機体が銀色なら、それは世界一周飛行の描写です。(それまでは赤、オレンジの機体)

 飛行そのものよりも、アメリアとパットナムの夫婦の在り方が面白く素敵だった。自由なアメリア、尽くすパットナム。そしてアメリアの新たな恋。空を飛ぶ者同士で気の合うヴィダル(ユアン・マクレガー)に惹かれるのも理解できる。まあでも、パットナム可哀相。耐えるパットナムがまた素敵。とはいえ、アメリアとパットナムの信頼関係が建て直されたとき、ヴィダルに対してのアメリアの態度にちょっとムカっときた。

 金策や離陸失敗、ヴィダルとのロマンスなど、輝かしくない面もしっかり描いてくれたのはとても良かった。弱気になるアメリア、理解して励ます夫。アメリア人気を高めるために裏であれこれ画策する夫の姿とか、いやらしくて泣ける。それでも、どんな事があっても力強く前進して、飛ぶことを楽しむアメリアは清々しい。

 冒険前の別れ際に夫が必ず言う"See you"(じゃあまた)の言葉も重たくて。帰ってこいよ、ええいつだって、なんて短い会話もまたジーンとくる!飛び立つアメリア、見送るパットナム。いろいろあったけど、素敵な夫婦になったじゃないか。2人の関係性の変化もまた映画の見所。史実ベースなだけに結末が既にわかっている分、一層切なさが増すというもの。(知らない人のためにココでは詳述を控えます)

 女性の社会進出、資金集めでCMに出たりブランドを作ったり、といったとこが『プリティ・リーグ』を思い出した。アチラは戦争で選手がいなくなったから女子でプロ野球やる話なんだけど、すごく面白いからお薦め!

 飛行士仲間としてクリストファー・エクルストンやアリスのミア・ワシコウスカもちょっとずつだけど出てるよ!ミアは『ジェーン・エア』の映画化で主演する次作が超楽しみ。

《アメリア・イアハート参考サイト》
かなり詳しい⇒wikipedia ―アメリア・イアハート
映画の後の足跡を辿る⇒アメリア・イアハートを探して!
英文公式サイト⇒The Official Website of Amelia Earhart

にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
ラスト・フライトどうも絶版の様子。最後の飛行記録を夫がまとめた本。
ラスト・フライト
アメリア イヤハート
アメリア・イヤハート―それでも空を飛びたかった女性 (愛と勇気をあたえた人びと)伝記本。
アメリア・イヤハート―それでも空を飛びたかった女性 (愛と勇気をあたえた人びと)
リチャード テームズ
Amelia Earhart: The Final Flight [VHS] [Import]ダイアン・キートンがアメリアを演じた映画も。日本ではVHSのみ、廃盤『ラストフライト』。
Amelia Earhart: The Final Flight [VHS] [Import]
Diane Keaton、Rutger Hauer 他
ナイト ミュージアム2 [Blu-ray]博物館で蘇った、エイミー・アダムス演じるアメリア。大いに飛んでます。
ナイト ミュージアム2 [Blu-ray]
ベン・スティラー、ロビン・ウィリアムズ 他

毛玉内関連記事:
PageTop

エクスペンダブルズ 【老いてなお アクションスターに そそぐ愛】

tag アクション 犯罪 動画付き

『エクスペンダブルズ』 THE EXPENDABLES
2010年・アメリカ
シルベスター・スタローン監督の'80年代アクション映画レトロスペクティヴ。

 イベント・ムービーと言われてますが、その通り。アクション映画界のイベントとして、気楽に楽しみましょう。コレ一本で映画としての面白さがあるか、と言うと難しいものがある。でも、アクション・スター揃い踏みで、'80年代アクション・ムービー黄金期そのものを表したこの雰囲気は、まさにトリビュート!懐古!レトロスペクティヴ!

 youtubeでの宣伝が凄く面白かったのでリンク貼るます。埋め込み不可だったから。是非観てね。英語わかんなくても大丈夫!画面右側にご注目~!

 アメリカでは、この映画のメイキングを90分のドキュメンタリー"Inferno: The making of 'The Expendables'"として2010年8月にTV放送したとのこと。そちらも監督はスタローン(以下スライ)。そして本作が興行的成功を収めたので、続編の製作も決定!って、続編かー。イベント・ムービーに続編はいらないような気もする。
エクスペンダブルズ [Blu-ray]エクスペンダブルズ [Blu-ray]
シルベスター・スタローン
ジェイソン・ステイサム 他

PageTop

大奥 【江戸の世の 女社会で 生きる道】

tag コスチューム 歴史 SF

『大奥』
2010年・日本
よしながふみの漫画『大奥』1巻を映画化。

 もうひとつの歴史ってことでSFジャンルと言っても良いと思います。原作漫画は現在6巻まで出ていて、歴代将軍の人生を描いているようです。未読。webで試し読みしてみたら、原作は面白そう!史実をうまく取り入れてフェイク歴史物に纏めている様子で、2巻以降のほうが(パラレル時代劇としての)SF的面白さがあるみたい。

 男だけが罹る赤面疱瘡という病気が流行り、男女比が1:4となった時代を描いています。男は大事にされ、労働は女が担当。家督も女、将軍も女。そんな逆転世界。だけど、結局現実とそう変わらないのよね。現実で女がやらされていたことを男がやっているだけで。

 映画の見所は衣装や美術!豪華な格子天井や煌びやかな襖、建具が本当に素晴らしい!京都、西本願寺にて一般には非公開の渡り廊下で撮影してたりするので、そういう本物の舞台もまた素晴らしい。古い日本の建物や襖絵などがお好きなら、そこだけは確実に楽しめますよ!
大奥 <男女逆転>通常版Blu-ray大奥 <男女逆転>通常版Blu-ray
二宮和也
柴咲コウ 他

PageTop

悪人 【ある視点 被害者加害者 その家族】

tag 犯罪 ミステリ ヒューマン

『悪人』
2010年・日本
吉田修一のベストセラー小説を『フラガール』の李相日監督で映画化。

 この映画のキーワードとして真っ先に思いつくもの、それは“閉塞感”。本来なら希望や明るい未来を思わせるような“海”や“灯台”“日の出”までが全て、行き詰まりを表すように描かれていた。それがとても印象的。

 暗く、ずっしりと重くのしかかるラスト。弱ってるときに観たら危険な類の映画。現代の社会問題を描きながら、それに対するあらゆる視点を提示する。結局、人の心を劇的に変えたり、行動させたりするのは、愛情なんだよな。

運命は思いがけずいたずらに動いてく
愛だけがすべてを変える力を持てるのに

("My trial" song by 浜田麻里/IN THE PRECIOUS AGE収録)

 私の中で最高の爽やかボーイ妻夫木聡が、伏し目がちで不器用で陰気な男を演じている。孤独な女を演じる深津絵里も勿論良かったけど、それ以上にブッキーが凄かったよ!あと被害者を演じる満島ひかり、その父親柄本明も素晴らしかった!まったく同情できない被害者をあれだけカンに障るように演じられるって凄いと思うんだ。
悪人 (特典DVD付2枚組) [Blu-ray]悪人[Blu-ray]
(特典DVD付2枚組)
妻夫木 聡
深津絵里 他

PageTop

エアベンダー (2D/字幕版) 【覚醒せよ 少年のとき 終わるとも】

tag ファンタジー アクション コスチューム 戦争 動画付き

『エアベンダー』 THE LAST AIRBENDER
2010年・アメリカ
アメリカのTVアニメ『アバター 伝説の少年アン』をシャマランが実写映画化。

 原作はアメリカで人気のアニメで、その原題は"Avatar: The Last Airbender"。元々この映画もそれと同じタイトルにする予定だったけど、キャメロン監督が先に『アバター』を登録しちゃったので残念でした。“アバター”の部分だけ落として"The Last Airbender"になったのでした。邦題は更に削ぎ落として『エアベンダー』となり、原作アニメとの関連がひと目ではわからない仕掛けになってしもうた。

 avatarとは、今日ネット用語では“ネット上で自分を表すアイコン”の意味で使われています。が、元々は“神の化身、化身、権化、具現”といったような意味。日本じゃ、昔の天皇はアバター的存在だったわね。この映画では世の均衡と調和を保つ唯一の存在が“アバター”と呼ばれています。

 映画は3D版も上映していたけど、私は2D字幕版での鑑賞。だってどうせコンバート(後から変換)じゃろ。3Dカメラで撮ったモノなら3D上映で観たいけどさ。んで結論。ちゃんと面白いファンタジー映画になってたよ。注意が必要なのは、この映画は3部作の1作目だってこと。物語は始まったばかりなのよ!無事にあと2作、作れますように。
エアベンダー [DVD]エアベンダー [DVD]

PageTop

アデル/ファラオと復活の秘薬 【愛すべき アデルを巡る ゆるコメディ】

tag コメディ ファンタジー コスチューム

『アデル/ファラオと復活の秘薬』 LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC
2010年・フランス
ジャック・タルディの漫画をリュック・ベッソンが映画化。

 舞台は1911年パリ。冒険ジャーナリストのアデル・ブラン=セック(ルイーズ・ブルゴワン)は、病気の妹のためにラムセスⅡ世の侍医をミイラから蘇らせようとする。

 フレンチ・コメディがお好きなら楽しめましょうぞ。『おかしなおかしな訪問者』とか『ビジター』とか『コルシカン・ファイル』とか(ここまで全てジャン・レノ&クラヴィエ)。そんなユルくて不条理でシュールでトンチンカンないかにもフランスなコメディに耐性があればね。

 予告編では女性版インディ・ジョーンズみたいな冒険アドベンチャーなのかと思ってたけど、冒険部分は序盤の少しだけ。映画の9割はパリが舞台だし、ゆるゆるお馬鹿コメディなので、全然インディアナ先生っぽくはない。ねえ、どうしてこういう勘違いさせるような予告編と宣伝で観客を騙すの?
アデル/ファラオと復活の秘薬 ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]アデル/ファラオと復活の秘薬
ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

ルイーズ・ブルゴワン
マチュー・アマルリック 他

PageTop

インセプション 【夢の奥 愛の行く末 手放して】

tag SF サスペンス アクション ヒューマン ミステリ 動画付き

『インセプション』 Inception
2010年・アメリカ=イギリス
クリストファー・ノーラン脚本・監督によるミステリ・サスペンス。

 この映画を観てからどうにも感想を書けずにいました。まとまらない。何をどう書いて良いかわからない。とにかくこの“夢の共有”の世界観が完成されていて凄い!そういう意味で『マトリックス』に並ぶ世界観映画かな、と。あと佐々木淳子のSF漫画『ダークグリーン』が好きならハマルかも。夢の共有とか、潜在意識の具象化とか、意識の植え付けとか似てる。

 設定やディテールにこだわった、言ってみれば監督の自己満足映画なんだけど。美しくダイナミックな映像と、絆や愛を描いたストーリー、印象的な音楽でエンタメ性も充分にある。ただエンタメとしては『ダークナイト』の方が上かなって思う。あれはジョーカーが良いヌケになっていて、シリアスさとのバランスが取れていたから。『インセプション』にはほとんどヌケがないので緊張感が持続して疲れてしまう。まあ、それだけ没頭できる映画だってことだけど。難しいことは全然なくて、ストーリーはちゃんと説明もあるしわかりやすく作られているので安心してね。

 タイトルのインセプションとは“植え付け”の意味(追記:元々の単語的意味は“発端、原点”だけど、映画中では別の含みを持たせている)。映画の中で軸になる事柄。それでいて、映画それ自体が私達観客に対するインセプションとなっている。詳しくは書かないよ!私はこの映画をずっと楽しみにしていて、できるだけ情報をシャットアウトしてきたし、前情報が少なければ少ないほど面白いと思うから。だからここから先は、観た人だけに読んで欲しい。

2010/8/12追記:思ったけど、ノーラン作品とシェイクスピア文学は似てる。雰囲気もだけど。大衆娯楽として作っているのに小難しく捉えられがちなとこもソックリ。
インセプション Blu-ray & DVDセット プレミアムBOX (初回限定生産)インセプション
Blu-ray & DVDセット
プレミアムBOX(初回限定生産)

レオナルド・ディカプリオ
渡辺謙

PageTop

アンヴィル!夢を諦めきれない男たち 【友と夢 死ぬまでロックに 生きてやる】

tag ドキュメンタリー 音楽映画

『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』 ANVIL! THE STORY OF ANVIL
2008年・アメリカ
ロック・スターを夢見続ける50代オッサン・ロッカーのドキュメンタリー映画。

 1973年にバンド―アンヴィルを結成し、30年以上音楽活動を続ける男たち。1982年発表のアルバム『メタル・オン・メタル』はロック・ミュージシャンの間で評判になり、ガンズやメタリカ他数々のアーティストに影響を与えるものの、自分達は売れず。地元カナダでしがない仕事をしながら何とかバンド活動を続けている。キアヌ・リーヴスも彼らのファンだってお。

 アンヴィルの中心となるのはリップスとロブ(ロブ・ライナーって名前!監督じゃないよ)の二人。この二人の友情がね、泣かせるわけですよ!14歳の頃から生涯ロックするぜ!と誓い合った仲で、お互いにいろいろあるけど、お互いがいるからこそ続けられる。ロック・ミュージックのドキュメンタリーとしてだけでなく、共に夢を追う友情物語としても熱い!

すべてのロック好きが観て楽しめる。ロック好きじゃなくても、そこに人生を感じて感動しちゃうから観て!
アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~ [DVD]アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~ [DVD]
アンヴィル

PageTop

アイアンマン2 【ここにいた 100%の ヒーローが】

tag アクション 動画付き

『アイアンマン2』 IRON MAN 2
2010年・アメリカ
自作パワードスーツで闘うCEO、アイアンマンの続編。

 前作より2年。映画内時間では冒頭部をのぞいて半年後。前作は、アイアンマンが出来るまで的楽しさとか、シンプルなストーリー運びでとても良かったよな!あのラストのCEOのオレ宣言も素敵過ぎて盛り上がったものね、気持ちが。

 んでまあ、2作目ですよ。うん、楽しかったよ!コメディかってくらい面白かった。ただ、いろいろてんこ盛り過ぎたね。それと、せっかくの一流俳優陣がみんな主役に飲み込まれてしまって陰薄くなってたの残念。例外はシールド長官様。サミュエル・L・ジャクソンだけはダウニーJR.にのまれず、短い出番を印象深く演じられました。パチパチパチ!

 ちなみに監督のジョン・ファヴローは出演もしてます。結構目立つハッピー・ホーガン役。なんか良い人そうだよね。

 本編前に『スーパー8』のティーザー予告編がありましたよ、そういえば。J・J・エイブラムス監督・脚本の謎いっぱいの新作で、スピルバーグも製作に参加してるとか。2011年夏、全米公開だって。どうもエリア51ものっぽい。
※動画⇒『スーパー8』特報
アイアンマン2  ブルーレイ&DVDセットアイアンマン2
ブルーレイ&DVDセット
ロバート・ダウニー・Jr.
グウィネス・パルトロウ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。