猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2009年8月のまとめ

今年、2/3オワタヽ(´ー`)ノよー!早いよね-!あとの1/3純粋なまま。いい加減にしてー。

 ええと、8月はチャット大会しました。ご参加の皆様ありがとございました。次回は10月の始め辺りとかいかがでしょうか?テーマは“秋の夜長のヴァンパイア映画”ですが。コメントしたことないお方でも遠慮せずにフラっとご参加くださいね。面白くなかったら黙って出て行けば良いのだから。

 次回に備えて一言。通常のヴァンパイアものとはちょっと違うけど、ジュード・ロウ主演の『クロコダイルの涙』は素敵映画だよ。美しく切ない話。

 あとは夏なので映画系のイベントに行ったりしました。淀川さん祭はもっとじっくり観ていたかったなぁと寝坊したことを悔やむのでした。もう一回行く予定でしたが体調崩したヽ(´ー`)ノ残念過ぎた。7月の分も含めてイベント系のエントリまとめ。

 今月も新作予告編など8本書いてた!なるべくtwitterで呟いて済ませようとしてるんですけどね。twitterでは新作製作情報や噂、予告編へのリンク、うちの猫の挙動、その他いろいろ呟いているのでフォローしてツッコミいれてください。

ブラウザfirefox使ってる人はTwitterfoxというアドオンを使うととっても便利快適。twitterの難点は携帯からメール投稿ができないってことかなぁ。携帯からの場合、サイトにアクセスして入力する形なので、私のようなパケ代気にする人には敷居が高いのさ。メール投稿できたら外出先からも呟けるのににゃぁ。

 じゃあ今月のおすすめ映画のコーナー!


 8月のまとめ。

新作映画8本、旧作映画8本(イベント上映含む)、新作ニュース8本、映画雑談1本。合わせて25エントリ+チャット1エントリでした。あら、なんか英語とかコネタとか全然書いてないわね。まあ仕方ないかー。今後ゾンビとヴァンパイア映画感想を強化していく予定。
にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーサイト

PageTop

HACHI 約束の犬 【会いたくて ただ会いたくて ここに来る】

tag ヒューマン

『HACHI 約束の犬』 Hachiko: A Dog's Story
2009年・アメリカ
渋谷に像のあるあのハチ公と上野先生の物語がハリウッドでリメイク。ラッセ・ハルストレム監督。

 観る前は舐めてた。正直舐めまくってたyo!それがどうだ。うまいこと喉元が熱くなってダダ泣きさせられたじゃないか・゚・(ノД`;)・゚・!邦画の『ハチ公物語』とは違う、アメリカンな犬と飼い主の絆が描かれるよ。

 約束の犬ってタイトルはどうだろう?ああ渋谷で会う約束するときに使うあの犬の像?みたいな。“約束に使われる犬”だな、それ。実際にハチ公で待ち合わせたことがありますが、人が多すぎました。それを見越して、ハチ公の尻尾で会いましょうと言っておいて良かったです。尻尾をつまむ私をすぐ見つけてくれました。

 アメリカでは2004年に子供向け書籍が2冊出版され、ハチの忠誠心が人気だそうです。忠誠とか忠義とかロイヤルティとかって言うと、なんだか殿と家来っぽいけどさ。そうじゃなくて、単純に“好き!”っていうストレートな気持ちと行動が良いんだよね。ハチ本人が実際どう感じていたかは知りようもないことですが、やっぱ好き!って気持ちで行動してたと思う。食べ物目当てで駅前に通ったって説もあるけど、食べ物だけなら他にもくれる人いたと思うから。
HACHI 約束の犬 [DVD]HACHI 約束の犬 [DVD]
リチャード・ギア
ジョーン・アレン

PageTop

洞窟ホラー『ディセント』続編"The Descent: Part 2"の予告編

tag ホラー パニック スプラッター 動画付き

 みんなが怖がった英国産洞窟ホラー『ディセント』~女って恐いよね~、の続編について。新しくインターナショナル予告編が出たので観てみると良いよ!でも以前に出たプロモ予告編のほうが長いし、新しい情報があるわけでもない感じっす。

"The Descent: Part 2" 予告編 (右下のWIDESCREENクリック推奨)


 前作のすぐあと、サラは半狂乱で1人洞窟から脱出した。コトを当局にうまく説明できず、友人たちを探しに再びあの地下へと下りることを余儀なくされた。レスキューチームと共に…。

 監督は、前作で編集を担当したジョン・ハリス。っていうか編集のキャリア10年で、今作が初監督となるわけです。前作の監督・脚本担当のニール・マーシャルは今回エグ・プロデューサーとして名を連ねていますが、あんまり関わってなさそう。キャスト蘭にはサラの他にもジュノの名前があります。うん、ジュノ生きてたね。

 ついでに以前貼ったプロモ予告編も貼っておくよ。

『ディセント2』プロモ予告編


 一般に劇場公開されるのはフランスが一番早い2009年10/14、ほかロシアで11/26、英国で12/4など。日本公開は未定です。っていうかないだろうね。来年DVDが出てくれれば良いですが。
追記>2009年11月7日より全国順次ロードショー、だそうです。渋谷シアターNでの上映が決定。
詳しくは公式サイトの劇場情報をチェック!今後、上映館増えるかもしれないしね。

THE DESCENT [DVD] まあ、P的には前作が面白かったので観たいです。

 でもさ、やっぱり前作のあのラストですべてが終わってるのよ、私の中ではさ。正直、続編があるなら全く別のチームがあの洞窟に下りていく話のほうが良かったよ。そこで前作での惨事を思わせるようなアイテムを散りばめていけば面白いと思うんだ。

 と、言ったところで仕方がない。あるモノで楽しまなきゃな。

にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:ディセント 【冒険は 安全第一 私怨ヌキ】
           ディセント2 【狭苦しい 地下世界でも 人間模様】
PageTop

30デイズ・ナイト 【明けない夜 素敵過ぎるぜ 保安官】

tag ホラー パニック サスペンス スプラッター ヴァンパイア

『30デイズ・ナイト』 30 DAYS OF NIGHT
2007年・アメリカ
スティーブ・ナイルズの同名ホラー・コミックを映画化。

 アラスカ北端の小さな町バロウは30日間太陽の昇らない極夜を迎えた。そこでヴァンパイアが跋扈ですよ!きゃー!と思ったけどさ。出てくるヴァンパイアが丸っきりモンスターでね。異形だし、品がないし、ミステリアスじゃないし。こんなヴァンパイア(´・д・`)ヤダい!綺麗なヴァンパイアが良いんだい!っつってもこれが本来のヴァンパイアなんじゃろね。

 実在のバロウでは30日極夜でなくて、冬期65日間太陽が水平線より上に完全には昇らず、夏期84日間は完全に沈まないそうです。冬の最低気温はマイナス20度を下回り、真夏の最高気温は45度を上回る!そんなとこでも人は住むってのが凄いなぁヽ(´ー`)ノと思いました。

 映画の中では最後の太陽が沈んで30日間は闇に包まれる設定ですが、勿論実際はそんな極端なわけありません。日に日にに太陽が低くなり夜が長くなり、いよいよ水平線から完全に昇ってこなくなると極夜(polar night)の始まり。でも太陽の姿が見えなくなっても日中は薄ボンヤリ明るいのです。マジックアワーみたいに。で、冬至の日にはその日中の弱い光も3時間しか続かず、暗闇クライマックス。そこで半分折り返し地点となって、あとは逆に、日に日に太陽が高くなり徐々に昼が長くなる。だから明けて最初はチラっと顔を出してすぐ沈んでいくのだそうな。
30デイズ・ナイト [Blu-ray]30デイズ・ナイト [Blu-ray]
ジョシュ・ハートネット
メリッサ・ジョージ

PageTop

ゾンビ・コメディ映画"Zombieland"『ゾンビランド』予告編

tag コメディ ホラー ゾンビ 動画付き


 ゾンビ愛好家としては放とけない映画がございまして。今までもティーザー予告編が出てたりしましたが、今ひとつ面白味に欠けたものでした。ところが、今回出た予告編は非常に面白そう!なので観てみてね。主役はジェシー・アイゼンバーグウディ・ハレルソン、ゾンビ役でビル・マーレイも出るそうです。
※追記:日本公開が決定!ヽ(´ー`)ノ『ようこそゾンビランドへ』(仮題)2010年のいつか。
※2010/4/22追記:日本公開日決定! 7/24~日活配給で全国公開!ヽ(´ー`)ノ
  邦題は『ゾンビランド』に変更の様子。

日本公式サイト⇒『ゾンビランド』公式サイト

"Zombieland" 予告編


 最初のナレーションとこは、「私達の星はあらゆる問題を抱えてきた。汚染、人口増加…何より酷いのは…ゾンビだ。」とか言ってます。で花嫁ガブリ、な。そんなわけで、ゾンビがはびこって生存者がほとんどいなくなった世界が舞台です。

 主人公は「生き残るための47のルールを実践してきた」と言ってます。「ルールno.8ゾンビのアクティブなライフスタイルに合わせて、あなたもアクティブに!ルールno.37パンツは下げてもガードは怠るな!そしてルールno.1最高の相棒を見つけよう。」ピリン☆「名前は?」「トーラハシタラハシー」ピチャン☆

 で、生き残りが少ないから女にもてるっつってアビゲイル・ブレスリン(『リトル・ミス・サンシャイン』、『幸せの1ページ』『幸せのレシピ』など)とエマ・ストーンが道連れに。

 アメリカでは2009年10月9日、フランス・英国・スペインなどで11月、ロシア・ドイツなどで12月公開予定。日本公開は2010年のいつか。劇場公開してくれるとは嬉しい限り!単館系でないと良いのだけど。


2010/5/13追記:日本版予告編出た。
『ゾンビランド』予告編
2010/5/17追記:日本版予告編貼り付け。上のリンク先と同じものです。


あと生き残るための32のルールが明かされたよ。日本語。あれ?47じゃなくて32だった?(一つ目の予告編では確かに47のルールって言ってるのよね)
ゾンビから生き残るための32のルールって?(@nifty映画)
No.8は最高の相棒を見つけろ、だと思うよ。
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:
PageTop

ヴァンパイアvsゾンビ 【どこか目指し 何かのために 何かする】

tag ホラー スプラッター ロードムービー ゾンビ ヴァンパイア

『ヴァンパイアvsゾンビ』 Vampires vs. Zombies
2004年・アメリカ=カナダ
本国でも劇場公開されなかった激しくB級の意味不明映画。元ネタはレ=ファニュの『カーミラ』。

 DVDの音量レベルが小さすぎて困った。PCでMAXにしてもまだ小さいの。85分という短さなのに、もっと短くできたんじゃね?と思える凄いクオリティ。85分がこんなに長く感じるなんて!

 タイトルから、少数だけど強いヴァンパイア軍団と軍隊アリのようなゾンビ軍団の戦い、を期待したら全然違った。対決なんてしませんし。ゾンビ自体ちらっとしか出ませんし。驚愕のラストで、まあ、闘った?のかなぁ?いや、うん、闘ってはいない、ような…。パッケージにはヴァンパイアとゾンビの戦いで、どっちが勝っても人類危うし!みたいなこと書いてあったんだけどなぁ…。

 B級にはB級の楽しみ方がある。ツッコミどころ、笑いどころ、チープさを愛でるもの。お馬鹿な登場人物だってB級映画の可愛いところ。でもこれは、まったく笑えなかった。純粋に意味がわからないのだ。楽しみどころが一切ない。女優さんの容姿は普通だし、演技はイモだし、アクションはもったりだし。これほど酷いの、見たことないぜ。
ヴァンパイアVSゾンビ [DVD]ヴァンパイアVSゾンビ [DVD]
ボニー・ジルー
マリタナ・カールソン

PageTop

ディカプリオ主演"Inception"『インセプション』予告編

tag サスペンス ミステリ 動画付き SF アクション


 クリストファー・ノーラン監督(『ダークナイト』など)の新作"Inception"のティーザー予告編が出ましたよ!この映画、実はまだパリで撮影中だったりするらしい。とても短い映像ながら、大いにワクワクさせられますので必見!主演はレオナルド・ディカプリオ君だお。

"Inception" ティーザー予告編


 内容はあまり明らかにされていませんが、強請(ゆすり)スキャンダルに巻き込まれたCEOの心の中で起こるスリラー、とのこと。?(´・ω・`)?何のこっちゃよ。SFアクション・スリラーってことなので、まあよくわからんまま観るのが正しいのじゃろ。

 予告編はWBのロゴがカッコ良いよね。こういうの好き。『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のときもロゴがボタンで出来てたりした。作品ごとにカスタマイズされる配給会社や製作会社のロゴって嬉しい。

 音楽がドゥーン!ドゥーン!て何かこう焦るような圧されるような感じで良いすね。そしてレオ様の怪訝そうな表情と、無重力感漂う映像。これは面白そう!ドゥーン!"Your mind is the scene of the crime."って書いてあります。あなたの精神が、その犯罪現場。超謎。

 2010年7月16日全米公開予定。日本公開は早くて8月かね?遅くとも10月には、と思うんですけどどうでしょうか。って、来年の夏ってまだまだっすな(´・ω・`)待ち遠しい。→日本公開2010年7月に決定



※2009/8/27追記:この謎に満ちた映画の内容が一部明らかになりました。
以下ネタバレなしの概要を訳した!

 これは夢についての映画である。ディカプリオ演じるコブは、人の夢に入り込む方法を設計する会社のCEOっぽい地位の人物。彼はまた犯罪者でもある。夢に入り込んで情報を入手したり植え付けたりする。

 コブのチームには、パリで学ぶ学生を演じるエレン・ペイジ(『JUNO/ジュノ』)、ジョセフ・ゴードン=レヴィット(『恋のからさわぎ』、『(500)日のサマー』)、トム・ハーディ『ロックンローラ』)がいる。ペイジの役割は夢の建築家みたいなもので、このチームが夢を造りだす。夢へは注射を打つことで入れる。この技術はスーツケース一つでで持ち運び可能。ゆえに、どこでも夢に入り込める。

 とある会社の社長に就任予定のビジネスマンにキリアン・マーフィー(『28日後…』、『バットッマン ビギンズ』)。コブは彼に“その会社を二つの小さな会社に分けるアイデア”を吹き込もうとする。

 もう1人のキーパーソン、コブを脅迫する人物に渡辺謙。コブの妻にマリオン・コティヤール(『TAXi』シリーズ、『エディット・ピアフ~愛の賛歌~』)。



※2009/10/22追記:ちょこっとだけマイケル・ケインも出演。



※2009/12/29追記:新しい予告編出たので追加!この前にフランス語ヴァージョンの予告編もあったんだけど、それは割愛してアメリカ版第2弾です。っていうか初めてのまともな予告編。

『インセプション』予告編

※HDはコチラから⇒Apple movie trailers "Inception"

 どぅーん…どぅーん…てやっぱカッコイイな!夢の中に入る話ってのは、なんとなく伝わってくる予告編ですね。まだまだよくわからん映像ですけども。レオ、渋いねー良いねー。0:50あたりのは渡辺謙かな。



※2010/1/13追記:日本語版予告編が出た!
『インセプション』予告編 (メディアプレイヤーなどで開いてね)
 内容は12/29追記分の予告編と同じです。
※2010/5/28追記:日本版予告編第2弾出た!
『インセプション』予告編第2弾
ん?「厳密には違法とはいえない」じゃないのかな…?


※2010/5/8追記:アメリカ版劇場フル予告編が出た!
インセプション予告編


 新しい映像てんこ盛り!キリアン・マーフィーとかマリオン・コティヤールもしっかり映ってます。いいないいな!どぅーん!どぅーん!


※2010/5/25追記:キャラクター・ポスター7枚出た!

 これは良い!青い背景の街並み。それぞれに冠された肩書き。the architect 建築家(エレン・ペイジ)、the forger 偽造者(トム・ハーディ)、the point man 先兵(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)、the shade 陰、幽霊(マリオン・コティヤール)、the tourist 観光客(渡辺謙)、the mark 標的(キリアン・マーフィー)、the extractor 引出す人(レオナルド・ディカプリオ)。


※2010/6/23追記:特別映像だ!ちょっ、最後、キスしとる!

にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:
PageTop

第1回:毛玉シネマチャット―真夏のゾンビ・チャット

tag ゾンビ

第1回:毛玉シネマチャット開催

8/22(土)21:00~力尽きるまでの出入り自由

テーマはゾンビ映画あれこれ。
元祖のロメロ作品から『ショーン・オブ・ザ・デッド』や『ゾンビーノ』といったコメディ。
邦画なら『東京ゾンビ』などなど。これがオススメ的ゾンビを肴に熱帯夜を涼しく乗り切ろう!

( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )終了( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )

2:00過ぎまで続いたよ-。ヽ(´ー`)ノ
ご参加ありがとございましたー!最大7人同時参加!

ゾンビ映画といえばのロメロから始まり、クソ映画紹介や割と良い映画紹介もありました。
『ウェイクアップ・デッドマン 奇跡の朝』はゾンビ映画に分類して良いのかにゃー的な話題もありつつ。
なぜか歯医者の話で盛り上がったりしたのち、話題はゾンビを超えてホラーやアクションにまで及びました。
新作30デイズ・ナイトはヴァンパイア映画なのに血を吸わないという情報もありました。ええ?
あと『ブレインデッド』DVDが現在アマゾンで58000円という事実。はよ再販しれ。

今回は下品さのないチャットでしたね。尿行ってくるとか言ってんの私だけだた。(´・ω・`)

次回のテーマはヴァンパイアにする予定です。またどうかご参加くださいな。

【参加者の皆様】 ヽ(´ー`)ノ
サイズ君(オイラ流日々道楽
tamoさん(よくコメントやメールフォームからのメール頂いてます。)
umetramanさん(映画偏り放題
炭酸さん(気抜けの炭酸飲料
にゃもさん(Heart Attack
kinoさん(映画通信みるみる
ロッカリアさん(ラジオ・ヒッチコック
あと私、猫の毛玉映画館のP 併せて8人でした。
にほんブログ村 映画ブログへ
PageTop

サンシャイン・クリーニング 【みじめだと 思われたくない みじめ気分】

tag ヒューマン コメディ

『サンシャイン・クリーニング』 SUNSHINE CLEANING
2008年・アメリカ
お金のために事件現場清掃を始めた姉妹のヒューマン・ドラマ。

 コメディってことになってるけど、コメディ分はほとんどなかったよ。大袈裟に感動させてやんよ!みたいな意気込みはなくて、じんわりくる系の家族ドラマです。こういう落ち着いた映画、良いね。派手な出来事はないけれど、徐々に変わっていく登場人物たちの心情にグっときた。
サンシャイン・クリーニング [DVD]サンシャイン・クリーニング [DVD]
エイミー・アダムス
エミリー・ブラント

PageTop

宇宙へ。 【未知のそら 何を求めて 飛ぶのだろ】

tag ドキュメンタリー 動画付き

『宇宙へ。』 ROCKET MEN
2009年・イギリス
BBCが送るドキュメンタリー。1958年設立NASA(アメリカ航空宇宙局)の宇宙へのチャレンジの軌跡。

 『宇宙へ。』と書いて、“そらへ”と読ませる。『地球へ…』と書いて“てらへ”と読ませたアレをどうしても思い出すよね。原題はロケットメン!で、なにかスーパーヒーローものみたいな響き。それは『ロケッティア』か。

 いやあ!良かった!じーんと熱く胸一杯になったお(`・ω・´)この壮大な人類の希望というかなんというか、ね!でも最後いきなりゴスペラーズの曲とかやめてください。ゴスペラーズが悪いわけじゃないけど、あの感動のあとに薄っぺらい歌流れても興ざめなのよ。普通にスコアだけで良いよ!

 あと大半はTVで充分な内容だったりした。この映画ねぇ、BBCがTV用に作ったものを編集したんだと思うの。だって、英語でこの映画の情報ないのよ。英米では劇場公開してないっぽいのよ。このリチャード・デイル監督は2008年のドキュメンタリーTV番組"When We Left Earth: The NASA Missions"シリーズの"Landing the Eagle"の監督であり2009年のドキュTV"NASA: Triumph and Tragedy"の製作もしているので、元はそこら辺かな。

とはいえ、2割ぐらいの映像はスクリーンで観る価値のある美しいものでした。満足です。だって鑑賞料500円だったし。
※8/21(金)・22(土)のみ鑑賞料500円均一!是非イケ!
宇宙へ。挑戦者たちの栄光と挫折 コレクターズ・エディション [DVD]宇宙へ。挑戦者たちの栄光と挫折[DVD]
コレクターズ・エディション
宮迫博之(日本語ナレーション)

PageTop

そんな彼なら捨てちゃえば? 【都合良く 解釈するのが オンナさが】

tag コメディ 恋愛映画 ラブコメ

『そんな彼なら捨てちゃえば?』 HE'S JUST NOT THAT INTO YOU
2009年・アメリカ=ドイツ=オランダ
原作は『恋愛修行』改め『そんな彼なら捨てちゃえば?』という自己啓発系恋愛本。

 真っ先に言いたいこと。邦題、ちょっと、それ逆や!原題は“彼はあなたにソノ気がない”って意味だからね。なんで女性が上から目線の邦題になってんのか、と。彼の行動をいちいち深読みして、あたしのこと好きなのね!と思い込む女性たちを戒めるタイトルのはずなのに。なんでwつwよwきwザ・強気ヽ(´ー`)ノ

 気を取り直しまして。もっとコメディコメディしてるのかと思いきや、意外に落ち着いた感じでした。冒頭の、女の子はこうやって勘違いちゃんに育つ的エピソードが最高!あるある!それはナイよな!と笑っちゃうこと必至。

 アンサンブル・キャストなので話があっちこっちいくけど、キャラクターの特徴が明確なのでわかりやすいよ。群像モノはそれぞれのキャラクターの芯の部分というか、それぞれの価値観の違いが面白いもの。この映画はその点間違いない。様々な考え方、恋愛・結婚への向き合い方が描かれている!『ラブ・アクチュアリー』よりもシニカルで、『それでも恋するバルセロナ』よりもロマンチックな優しさ。この2作品の中間的位置づけ、と思うよ。
そんな彼なら捨てちゃえば? [DVD]そんな彼なら捨てちゃえば? [DVD]
スカーレット・ヨハンソン
ジェニファー・アニストン

PageTop

サマーウォーズ 【団結だ ここから世界を 守るのだ】

tag ヒューマン パニック 犯罪 青春 アニメ 動画付き

『サマーウォーズ』
2009年・日本
アニメ映画『時をかける少女』の細田守監督の新作。

 全体的にジブリっぽい。絵柄も声優も。一般的若者向けジブリ、て感じ。

 (´・ω・`)アニメ映画に求めるものが違った。私はSF要素やファンタジー要素や美しい映像を求めていたのだなぁ、と己を知った今回。つまり、そういったものはこの映画にはなかったのです。だからちょっと私はあんまり。とはいえ、普通に青春アニメ映画が好きならオススメです。涙あり、笑いありで。

 時代設定は2010年の夏らしいです。まあいわゆる現代だよね。高校2年生のケンジは、憧れのナツキ先輩に頼まれて一緒に田舎に旅行します。そこは長野の山の方で、ナツキのひい婆ちゃんの大きな古いお屋敷。ひい婆ちゃんの90歳の誕生日の為に一族大集合!ナツキはケンジのことを婚約者だと嘘の紹介をする。
サマーウォーズ [DVD]サマーウォーズ [DVD]
神木隆之介
桜庭 ななみ

PageTop

『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』本編の冒頭7分映像公開

tag SF アクション ファンタジー 動画付き


 Yahoo!映画にて『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』の本編映像、冒頭の7分を公開しているよ。そういえば『サマーウォーズ』も公式サイトで本編映像の冒頭5分を公開していますね。今後のトレンドかもよ!さあ、では観てみましょう。
本編7分映像⇒Yahoo!映画―ウルヴァリン:X-MEN ZERO ※配信終了のようです。
※リンク先の写真の右にある“本編冒頭映像7分を配信中”の文をクリック→メディアプレイヤーなどのプログラムで開くと動画が見れます

 最初の30秒はロゴ映像ね。続いて子供時代のウルヴァリンとセイバートゥース兄弟の悲しいエピソード。それから大人になっていろんな戦争に行ってるシーンが続く。たぶん南北戦争からベトナム戦争まで。次第に凶暴さを増していく兄セイバートゥースを抑えようとするウルヴァリン。そんな感じの映像でした。

ニューヨークの恋人 [DVD] 注目はもちろん野獣のような兄貴を演じるリーヴ・シュライバータン。ナオミ・ワッツの旦那だなんて呼ばないで!昔から良い俳優さんなんですよぅ。

 ウルヴァリン役のヒュー・ジャックマンとは『ニューヨークの恋人』で共演してますのよ。メグ・ライアンが可愛かった最後の映画としても必見の映画ね。

 そういえば、X-MENの1作目でウルヴァリンを付け狙ってたのがセイバートゥースでした。リーヴ様とは似ても似つかぬ鈍臭い感じのキャラでしたけども。1作目ではその辺の兄弟設定についてなんも言及なしだった記憶。マニア向けサービスのつもりだったのかにゃあ。

 『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』は2009年9/11公開予定。もうすぐだね!もうすぐ会えるんだね!リーヴ!…そして続編の製作ももう動き出してるよ。脚本は『ユージュアル・サスペクツ』のクリストファー・マッカリーさんで、2011年公開予定。
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:
PageTop

ランド・オブ・ザ・デッド 【立ち上がれ 怒りを持って 反撃だ】

tag ホラー パニック サスペンス スプラッター ゾンビ

『ランド・オブ・ザ・デッド』 LAND OF THE DEAD
2005年・カナダ=フランス=アメリカ
ジョージ・A・ロメロ監督ゾンビ新三部作の始まり。

 レンタルして見始めたら、あ、コレ観たわとすぐに思い出した。もうどれを観たんだったかパッケージやタイトルや粗筋だけじゃ思い出せない。それがゾンビ映画というジャンルの宿命なのか?単に忘れっぽい自分のせいなのか?いや、答えてくれなくて良いです。

 人間性に回帰するゾンビたちと、人間性を失っていく人間たちの対比。安穏と搾取する富裕層と、搾取に反旗を翻す貧困層の対比。変化の風を感じて対処しようとする主人公と、変化を感じ取れず体制を維持することしか頭にない町のドンの対比。あらゆる対比が素晴らしい、テーマ性のあるゾンビ映画。

 只今、次作『サバイバル・オブ・ザ・デッド(原題)』が公開を控えてまっす。ゾンビになった家族や仲間を治す方法はあるのか?みたいな展開とのこと。このサバイバルで新三部作が終わってしまうわけですが、ゾンビ、もっとやって欲しいですね。次回監督作は2010年公開予定の"Solitary isle"。鈴木光司の『仄暗い水の底から』のに収録されている短篇『孤島』を映画化したものらしいよ。
ランド・オブ・ザ・デッド ディレクターズ・カット 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]ランド・オブ・ザ・デッド
ディレクターズ・カット[DVD]

ジョン・レグイザモ
ユージン・クラーク

PageTop

ポール・ベタニー主演"Legion"『レギオン』予告編

tag ホラー ファンタジー パニック 動画付き


 ポール・ベタニー(『ダ・ヴィンチ・コード』のシラス)が大天使ミカエルを演じるオカルト・ホラー映画"Legion"の予告編が出ましたよ。R指定なのでご注意を!

"Legion"R指定予告編


>追加"Legion" 一般向け予告編


 なんかB級ホラーじゃない?ちょっと予想と違ってた。でもこれはこれで面白そうかな。デニス・クエイド(メグ・ライアンの元夫)出てるし!いいオッサンになったよね、デニス。

 タイトルのレギオンは部隊とか軍団の意味で、予告編でも天使の軍団が写ってますね。その内容は、人類への信頼を失った天使たちが軍団で地上に攻めてくるというもの。アポカリプスつまり黙示録ものですよ。人類の希望は、大天使ミカエルと、田舎の食堂に集まった人々に託された。でもって、そこのウェイトレスが妊婦さんでしてね。お腹の子はメシアってわけ。飯屋のメシアですよ!メシヤノメシア!

 ちらっとガブリエルなんかも出てミカエルと闘ってるのが面白いです。あと、天使なのに銃や刃物が武器なんですのね。なんかこう、超自然的なパワーとかでバリバリやれば良いんじゃねぇ?

 アメリカで2010年1月22日公開。英国、フランス、ドイツ、ロシア、ブラジルで3月公開。日本での公開は未定です。(´・ω・`)2010年夏予定、らしいよ!

 ちなみに、この監督スコット・スチュワートと主演ポール・ベタニーは次回作"Priest"でもタッグを組むよ!次回作はヴァンパイア・スリラーですって。あら、それ観たいわ!こちらの日本公開予定は2010年秋だそうよ。残るはベタニーがダーウィンを演じた"Creation"ですね。やらないかな?

2010/2/10追記:
 ヴァンパイア・スリラー"Priest"は、なんと3Dにするそうです。てことで公開予定日が延期され、アメリカで2011年1/14予定。日本公開も遅れますニャ。


2010/4/5追記:
5/22~新宿バルト9などで公開!邦題は『レギオン』
公式サイト⇒『レギオン』日本公式サイト (日本版予告編あるよ)

『レギオン』日本版予告編

にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:
PageTop

花咲ける騎士道 【愛すべき 魅力溢れる ファンファンを】

tag コメディ アクション コスチューム ラブコメ 戦争

『花咲ける騎士道』 FANFAN LA TULIPE
1952年・イタリア=フランス
フランス語の白黒映画。恋と戦争とアドベンチャー。

 大崎のイベントで観てきました。DVD上映だけど、モニターではなくスクリーンに映しての上映で雰囲気バッチリ。映画が終わると、慎ましやかな拍手が起こりました。

 フィギュアスケートのキャンデロロが好きです。三銃士踊ったよね、あれ痺れた!で、同じ系統で好きなのが本作の主演俳優さま。なんといってもジェラール・フィリップの美貌に釘付け。終盤の剣戟シーンなんか本当素敵!この映画の7年後、'59年に36歳の若さで亡くなったのは本当に惜しいことです。ガンなんかなくなれば良いのに!

 内容はドタバタなロマンティック・コメディで、ラヴコメってこうでなくっちゃ!的な楽しくて洒脱なもの。古い映画だけど、好きなのよね。白黒に抵抗がなければ観てみると良いです。

 2003年にフランスがヴァンサン・ペレーズペネロペ・クルス主演でリメイク版を作りました。そのリメイク版は観てないけれど評判はかなり悪いので、オリジナルが素敵過ぎたってとこでしょうね。

 原題は“チューリップのファンファン”。主人公ファンファンが王女を救出した際、お付きのポンパドール夫人に賜ったのがチューリップを模ったブローチ。なのでファンファン・ラ・チューリップ。演じたジェラール・フィリップはその後ファンファンと愛称が付いたぐらいの代表作。ちなみにマドラス・モデーロなダンディ岡田真澄さんがファンファンと呼ばれていたのは和製フィリップな意味でした。
花咲ける騎士道 [DVD]花咲ける騎士道 [DVD]
ジェラール・フィリップ
ジーナ・ロロブリジーダ

PageTop

オープン・ウォーター2 【登りたい 梯子ないから 登れない】

tag パニック サスペンス スポーツ 動画付き

『オープン・ウォーター2』 Open Water 2: Adrift
2006年・ドイツ
『オープン・ウォーター』の続編と銘打っている全くの別作品。

 制作されたのは『オープン・ウォーター』よりも先だったという、ドイツ映画。でも英語作品だよ。外洋を舞台にしたサバイバル・パニック・サスペンスってとこが共通要素。結論から言うと、前作の方が断然怖くて面白かったな。今作は怖いと言うより苛々させられる。

 原題は“漂流”。実際の出来事に基づいた話、と最初に書かれているけど、具体的にどの事故/事件をモデルにしたかは不明。っていうか、たぶん嘘。欺瞞。前作はハッキリとどの事件かわかってたからこその怖さもあった。今回のはフィクションなのに、ありそうな事故だからってことでトゥルー・ストーリーと謳っているだけな気がする。
オープン・ウォーター2 [DVD]オープン・ウォーター2 [DVD]
スーザン・メイ・プラット
リチャード・スパイト・ジュニア

PageTop

淀川長治 映画の祭典 in ゲートシティ大崎

 はーい!ヽ(´ー`)ノ行ってきたよー!大崎ってどこだよー?品川の向こうだよー!向こうってどっちだよー?ってなわけで、我が家から大凡1時間かかりました。朝は激しすぎる雨と、前日の自転車で遠出した疲労で昏々と眠り続けてまして、ハッと起きたのが13時過ぎ。慌てて招待状を印刷して、電車の時間調べて、シャワーして、出かけたさ。

 このイベントについては7月に詳しく書いたので、詳細は省きます。開催期間は8/8(土)~8/16(日)の9日間。場所はJR各線の大崎駅(東京駅から乗車時間11分)、南口改札出て左にあるゲートシティ大崎の地下1階ゲートシティホール。一切無料です。

osaki01

osaki02(←小さい画像はクリックで拡大します)

 まず入って左手に【淀川長治 映画の部屋】のコーナー。『日曜洋画劇場』の台本、直筆原稿、雑誌『映画の友』などの資料展示です。すべてガラスケースの中に入っているので、手にとって見ることはできません。

osaki03 こんな感じです。クリック拡大して見ても文字は読めませんが。

 原稿と言うよりもメモのように、当時の監督の年齢や他の監督との関係、家族構成や来歴が詳細にメモされていました。こういう知識を基礎として、映画に込められた意味を汲み取る手がかりとしたのでしょう。評論家というのは、こういうものですよね!

 私には評論なんぞ出来ませんや。このブログが映画感想ブログであって、映画評論ブログと名乗らないのにはそういった背景があったりします。

 映画の部屋にもレトロな映画ポスターが飾ってありましたが、受付を過ぎて奥に広がる廊下にはズラーっとポスターが並んでいました。これは素敵ですよ!イーゼルに1枚1枚額に入れて飾ってあり、淀川さんが映画解説したときの言葉が書き出して貼ってありました。

osaki04 osaki05

osaki06 『裸足の伯爵夫人』(1954年作品)のイーゼルに貼ってあった解説には。

 “昔、昔その昔、テレビ朝日がまだNETの時に、「淀川さん、今度劇場映画を放送する」と言った。「何やるの」と言ったら、「裸足の伯爵夫人」をやると言う。「淀川さん、これ好き?」…「好きどころか見事な映画だよ」「それなら解説してください」…「一回だけなら」
これが30年以上続いたの。という訳で、この映画が私の運命決めたの。憎らしい映画ね。”

 いくつかポスターの写真を。レトロな色調と、説明文。総天然色って書かれていたりして愛しい。いろいろ映り込んじゃってるのはゴメンナサイね。実物はもっと綺麗です。

osaki07 osaki08 osaki09
osaki10 osaki11
『シェルブールの雨傘』、『2001年宇宙の旅』、『虹を掴む男』、『美女と野獣』、『情婦』、『めまい』、『乙女の湖』。

osaki12 『失われた週末』の淀川さんメモが面白かった!なんという大人の事情!実際、こういう話はたくさんあるだろうな、テレビの世界には。

 “この作品、面白かったというよりも、コワかったねぇ。ビリー・ワイルダーがまだそれほど知られていなかった頃の監督作品ですけれど、これでいっぺんに有名になったんですね。

これを「日曜洋画劇場」でやって下さいと言っても一回もやってくれませんでした。この名作がどうしてテレビに出ないかわかりますか?これはアルコール中毒の話なんで、サントリーというスポンサーが困るんですね。”

osaki13 もう一つ面白かった淀川さんメモは『太陽がいっぱい』。リメイク作品『リプリー』も良かったですが、オリジナルはアロン・ドロンを観るだけでも価値がある作品。これは淀川さんならではの解説じゃないかなぁ。私も舌なめずりして楽しむことにします。

osaki14 “これはスリラーじゃない。ホモセクシャルの映画ですよ。ヨットの上でドロンがロネを殺す。これは男同士の最高のラブシーン。ラストで船が港に着いて死体がついてきた。ロネの手とワインを飲むドロンの手。これは愛の握手。二人は心中したのね。クレマンの見事な演出。こうした映画を舌なめずりして見られるようになったら最高ですよ”

 あと開場でやっているのは、上映会。一番大きな400人収容のホールでは淀川長治名画劇場として1日3本を日替わりDVD上映。DVDだけども、ちゃんとスクリーンに映して観るタイプ。普通の映画館よりは小さいけれどやっぱり皆でスクリーンを観るのは素敵な経験。

 私が観てきたのはジェラール・フィリップが美しい『花咲ける騎士道』。空席が目立つというか、スカスカというか、人が少なかったので残念でした。あと、淀川さんの前説付きっていうのを楽しみにしてたのに、この作品には付いていませんでした(´・ω・`)残念!前説付きのものもあるとのことなので、そこは運。

 イベント期間中毎日12:30/15:30/18:30の3回、それぞれ違う作品を上映するので、詳しくはプログラムを確認してね。入場は先着100名様って書いてあるけど、今日行った感じだと直前でも大丈夫そうでした。観たい映画があったら、行ってみてね。
プログラム⇒上映作品紹介
(左から12:30/15:30/18:30の順で並んでます)

 あと小さなホールが2つありまして。1つは新作映画の予告編が流れてる部屋。もう一つが淀川さんが喋る秘蔵VTRをスクリーンに映して公開してます。1番組が約40分ほどで、「淀川長治世界クラシック名画劇場」、「淀川長治が選ぶ名女優・名作映画」、「淀川長治のおしゃべり映画祭」、「淀川長治が選ぶ名男優・名作映画」の4番組。一日に各2回ずつ上映です。時間があれば全部観たかったんだけど、少しだけ観て帰りました。この映像の元はTV放送だったり、講演会の様子だったりするそうです。

 淀川さんが亡くなってから10年と9ヶ月。あと3ヶ月ほど、11月11日で11年経ってしまいます。こうして生誕100周年をお祝いされて、皆に愛される淀川さんは本当に希有なお方。人生を映画に捧げた、愛と情熱と辛口の人。今回、こんな素敵なイベントを開催してくれて本当にありがとうございました、中の方々!
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:無料で楽しむ夏の映画イベントin恵比寿/大崎
           花咲ける騎士道 【愛すべき 魅力溢れる ファンファンを】
           恋愛睡眠のすすめ 【混乱の 頭の中の 孤独感】
           シェルブールの雨傘 【すれ違い 愛の残り香 雪に消え】
PageTop

ロンギヌスの槍を追え! 【宿命の 槍の持ち主 巡る謎】

tag アクション ファンタジー 歴史 サスペンス ミステリ

『ロンギヌスの槍を追え!』 La lance de la destinée
2007年・フランス=ドイツ=ベルギー
TV映画シリーズ。フランスの考古学アドベンチャー。

 タイトルも説明書きもパッケージも『インディ・ジョーンズ』系の考古学アドベンチャーを彷彿とさせて、非常に面白そうに見えます。死海文書だのロンギヌスだのってキリスト教用語もかなりソソル!これは期待しちゃった私を誰も責められないはずだ。だから、至急皆に知らせなければ!この映画の酷さを!

 オリジナルはフランス語のはずなんだけど、レンタルしたDVDはなんと!オリジナル音声=英語だった!これは酷い。日本語吹替か、英語吹替の二択だよ。どうせ字幕ならフランス語が聴きたかったのに!どんな大人の都合でしょうか。それだけでも割と憤ってます。

 『Ep.1 死海文書の預言』/『Ep.2 選ばれし者』の2つで一作品。てことになってるけど、フランスでは1エピソードあたり52分を6エピソード、合わせて312分放映。このDVDはエピソード1が86分、2も86分で合わせて172分。残りの140分はどこへいったよ?チーズはどこへ消えた?

 さあ、ここで警告しておく!そんなわけで元のTV版からかなりカットされていると!そしてそのせいでシーンが急に飛んだり、意味がわからない部分があると!はっきりいって観なきゃ良かった、と!『インディ・ジョーンズ』『ダ・ヴィンチ・コード』を足して256倍希釈したような映画。くっそぅ、うまく擬態したな!まんまと騙されたわ!
ロンギヌスの槍を追え!【完全版】 [DVD]ロンギヌスの槍を追え!【完全版】 [DVD]
ヘレナ・スーザレット; ジャック・ペラン

PageTop

ボルト (3D版・吹替) 【特別な 力はなくても この思い】

tag コメディ ファンタジー アニメ

『ボルト』 BOLT
2008年・アメリカ
ディズニー×ピクサー合併第一弾のアドベンチャー・アニメ。

 豪華声優な字幕版を観たかった。スター犬のボルトにジョン・トラボルタ、その飼い主役の少女ペニーにマイリー・サイラス(ハンナ・モンタナ)、悪の組織のボスにマルコム・マクダウェル(『時計仕掛けのオレンジ』)。わぁ声を聴きたい!

 でも3D上映は吹替版のみでした(今回の目的はReal D方式の体験)。吹替版も良かったよ。ボルトに佐々木蔵之介、猫のミトンズに江角マキコ、ハムスターのライノにきゃい~んの天野。問題なし!ただ、挿入歌やエンドロール2曲目の歌が、なにやら日本の歌に差し替えられていてね。そんなに違和感はなかったですけど、やっぱりオリジナルが聴きたかったです。

 前座の短篇アニメは『カーズ』の世界のお話で『メーターの東京レース』"Tokyo Mater"(7分)でした。『スピード・レーサー』『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』を併せたようなノリ。ネオンや看板に日本語が使われ、「ハリーハウゼン」(レイ・ハリーハウゼンのこと)とか「ピクサー」とか書いてあったよ。あと青い車体に「トマト」って書いてあった。謎過ぎた。ごめん、特に面白くなかった。
ボルト [DVD]ボルト [DVD]
ディズニー

PageTop

クライヴ・オーウェン主演作"The Boys Are Back"予告編

tag ヒューマン 動画付き

 予告編3連続ですなぁ。twitterのほうでも予告編とかいろいろ情報呟いてまして、大概ソッチで済ましてる最近ですが。でもコレはぜひ!と思ったので、みんな見てくれよな!アクション映画づいていたクライヴ・オーウェンが久々にドラマ作品ということで、嬉しい限りですよ。まずはご覧あれー。

"The Boys Are Back"予告編


The Boys are Back in Town 原作は英国のスポーツ記者サイモン・カーの自伝的小説"The boys are back in town"

 有能なスポーツ記者が突然妻に先立たれ、5歳の息子と共になんとか生きていく話。そこに、前妻との子である11歳の息子もやってきて、父1人息子2人生活が始まる。父さん、大変だよな!まいにち父さんだ。

 英国映画『ラブ・アクチュアリー』でリアム・ニーソンが演じた“遺された父子”エピソードみたいですね。それにしてもクライヴの笑顔が素敵だなぁ、観たいなぁ。

 製作国は英国とオートラリア。地味なヒューマン・ドラマって感じだけど、こういうの好きさ。子供たちが良い子っぽくてなんか素敵だし。上の子ハリーはちょっとルパート・グリント(ハリポタ映画のロン)に似た感じですね。

 トロント映画祭に出品したのち、2009年9月25日よりアメリカで限定公開。たぶんNY、LAのみかなぁ。あと撮影が行われたオーストラリアで2009年11月12日より公開。さて、クライヴ以外に名のある俳優は出てないし、日本には上陸しなさそうな雰囲気。こういう明るくてホロリとくるドラマ、日本ではヒットしそうだけどなぁ。せめてDVDは出してください!マイメロの、お願い♪
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:エリザベス ゴールデン・エイジ
           クローサー
           ザ・バンク 堕ちた巨像【崩せるか 世界操る 金のパワー】
           デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~ 【アイツには 出し抜かれるな 情報戦】
           幸せのレシピ
           リリィ、はちみつ色の秘密 【愛求め 忘れがたきは 少女の日】
           エミー・ロッサム主演のドラマコメディ映画"Dare"予告編
PageTop

ダレン・シャン映画化"The Vampire's Assistant"予告編

tag ホラー ファンタジー ヴァンパイア 動画付き


 ダレン・シャン 1 (小学館ファンタジー文庫) 少年ヴァンパアイもの小説『ダレン・シャン』シリーズが映画化されまして。なにやら日本では少年漫画にもなっておるけど私はソレ読んでないにゃ。例によって原書しか読んでないので、邦訳版を知らない。ので、表記の違いがあったらゴメンナサイ。

 その原作は、ハリ・ポタよりも凄惨でダークで奇妙。全12巻で完結のヴァンパイア・ファンタジーでね。戦いあり、友情あり、師弟の愛と憎しみあり、成長あり、ちょこっとロマンスありでラストにはいろいろ繋がる感じの面白さ。

 このたび、やっとこその映画化作品の予告編が出ましたよ。いやぁ、長かった!もうポシャったのかと思ってた。元々は"Cirque du Freak"ってタイトルで原作1巻と同じタイトルだったんですが、先頃"The Vampire's Assistant"(原作2巻のタイトル)に変更されました。えーと、元の方が良いですね。でも無事こうやって予告編を観られると嬉しいです。では早速。
追記:タイトルが先頃再度変更され"Cirque du Freak: The Vampire's Assistant"に。

"The Vampire's Assistant"予告編


 なんかCGやメイクがお粗末ですね。予算がなかったのかね?映画は原作の1巻~3巻までのお話らしいです。この作品がうまくいけば4部作としてやっていく算段。さて、どうか。そりゃどうせなら話の最後まで映画化してもらいたいわ。

 キャストは結構渋い。主役のダレン・シャンはTVドラマ出身のクリス・マソグリア、ダレンの親友スティーヴにジョシュ・ハッチャーソン。ヴァンパイアのMr.クレプスリーにジョン・C・ライリーってのがちょっとイメージ違いすぎでガッカリ。もっと痩身でダンディな雰囲気かと…。続いて、サーカスのメンバー。Mr.トールに渡辺謙、髭女マダム・トルスカにサルマ・ハエック。クレプスリーの戦友ガヴナー・パールにウィレム・デフォー。って、デフォー、また吸血鬼。っていうか、デフォーがクレプスリーだったら良かったのに!

 でもってダレンと友達になるサムと、エコフレンドリーなR.V.の名前がないです。映画用にエピソードをまるっとカットかしら?あれってとても大事なとこだと思うんですけど。ダレンが自分を受け容れる瞬間ですからにゃー。R.V.はあとで出てくるトリッキーな人物だし。まあ、仕方ないか。(´・ω・`)デビーの名前もないですぅ。

 アメリカ・英国・ロシアその他の国で2009年10月22公開予定。日本でもきっと劇場公開してくれると思うよ。だってケンが出てるし。どうだろう。この映画ね、コケそうで心配なんですよ、正直言って。原作は大好きなんだけども。

追記:日本公開は2010年3/19に決定!邦題は『ダレン・シャン』
こちら公式サイト⇒『ダレン・シャン』(日本語の予告編も観れます。音楽ダサ過ぎ!)
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:吸血鬼映画"Daybreakers"予告編
           トワイライト~初恋~ 【冷えた肌 霧と雨とに 包まれて】
           アンダーワールド ビギンズ 【許されぬ 恋路の果ての 始まりの】
           吸血鬼モノ新作映画
           顔に似合わず良い歌声
           『魔法使いの弟子』"Sorcerer's Apprentice"予告編
           『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃』予告編第2弾
           『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』予告編第3弾
           パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 【現代の ギリシャの神々 何しとう】
PageTop

『ラブリーボーン』"The Lovely Bones"予告編

tag ヒューマン ファンタジー 犯罪 青春 ミステリ 動画付き


 ピーター・ジャクソン監督の新作『ラブリーボーン』の予告編が出ました。って、さっきLife on Marsさんのとこで知った。ので、今日一日ダルダル星人だった私もようやくやる気を起こしてサイト巡りして情報ゲットしてきたお。暑い、眠い、体が動かない。リビング・デッドかってくらいダメになってます。

 公式サイトに行けば大きくて軽めの予告編が勝手に始まって観られるのでオススメ。
公式サイト⇒"The Lovely Bones"

『ラブリーボーン』"The Lovely Bones"予告編


ラブリー・ボーン この映画の原作はアリス・シーボルドの『ラブリー・ボーン』

 14歳の少女スージーが殺されるところから話が始まります。スージーは天国から、残された家族や友人を見守ります。

 予告編からは、かなり原作の描写に忠実な姿勢が窺えます。出てくる小物、キーアイテム、登場人物の容姿などソノマンマ。これはかなり嬉しいです。そして天国の映像すごいね!彩度高くて非現実感バリバリ!これは原作を読んで想像する世界を遙かに超えた、映画ならではの表現。

 出演は、スージーの父親にマーク・ウォールバーグ。母親にレイチェル・ワイズ(予告編だと前髪が短くて美人度下がってる)。祖母にスーザン・サランドン(めっちゃピッタリ!)。近所のキモおやじにスタンリー・トゥッチ。実力派の方々が揃ってますね!個人的にはサランドンとレイチェルに超期待してマッスル。

 監督のピーター・ジャクソンといえば、今や指輪物語三部作で有名です。が、この人は元々ゲチョグロ・ホラー・コメディ作ってたニュージーランド人。世紀の傑作スプラッター・コメディ『ブレインデッド』(今、DVDが58,000円・゚・(ノД`;)・゚・)のあとに作った『乙女の祈り』は実際の事件に基づいて作られた、少女達の愛と殺人を描いたもの。これも傑作でした。少女時代のケイト・ウィンスレットがまた素晴らしくて。で、今回の『ラブリー・ボーン』も『乙女の祈り』系統なんだろうな、とジャクソンが監督することに納得なのです。
 
 『ラブリー・ボーン』は2010年1月29日、日本公開予定!ってココに書いてあるよ。とっても楽しみです!
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:猫の毛玉:『ラブリー・ボーン』読んだ。
           『Dr.パルナサスの鏡』“The Imaginarium of Doctor Parnassus"米版の予告編
           私の中のあなた 【病人を 支える家族の 思い思い】
           エターナル・サンシャイン
           "District 9"ティーザー予告公開
           Re:DIAL /リダイアル 【あんた誰? なんで私に かけてくる?】
           NOEL ノエル 【この日なら 解放される 鎖から】
PageTop

ダイアリー・オブ・ザ・デッド 【問われるは メディアの欺瞞と リテラシー】

tag ホラー パニック スプラッター 青春 ゾンビ

『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』 Diary of the Dead
2007年・アメリカ
元祖ジョージ・A・ロメロ監督のゾンビ・サバイバル・ホラー。

ゾンビ増強計画ヽ(´ー`)ノ

 全編、手持ちのビデオカメラで撮影された今流行のP.O.V!『REC/レック』では臨場感を煽るために使われ、確かにものすごい驚き怖い映像になっていた。『クローバーフィールド/HAKAISHA』では臨場感とわけのわからなさの演出のためと、テープの下に残った平和な映像とのリンクなんて小憎い見せ方までして巧かったっすね。

じゃあこの映画はどうかというと、カメラを通して観ることで撮影者と鑑賞者が剥離した傍観者になることや、虚報を流すメディアに対向するため真実を残す意志の表明、そして観る側のリテラシーを問題にするのに効果的に使われている。
ダイアリー・オブ・ザ・デッド プレミアム・エディション [DVD]ダイアリー・オブ・ザ・デッド [DVD]
ミシェル・モーガン
ジョシュ・クローズ

PageTop

P2 【壊れてく ついさっきまでの 日常が】

tag サスペンス ホラー 犯罪 動画付き パニック スプラッター

『P2』 P2
2007年・アメリカ
地下2階駐車場で繰り広げられる恐怖。

(゚Д゚;)こわいな!設定が身近なだけに!

 夏だからホラー!とはいえ、この映画の舞台はクリスマス・イヴで真冬です。きっとキミは来ない~ひとりきりのクリスマス・イヴ♪んんん~♪凄惨night!ゴーリーnight!(ゴーリー=gory:血みどろの)って歌いながら観ましょう。ちらほらリアルじゃない描写もありますが、そこは気にせずに。日常のすぐ隣の恐怖、やっぱり怖いよ。

 タイトルは地下2階駐車場のこと。Pはパーキングね。私のハンドルもPですが、駐車場とは何の関係もございません。私事は置いといて、クリスマス・イヴに残業で一人になっちまった美人ちゃんが、駐車場に閉じ込められてしまうお話だよ。
P2 [DVD]P2 [DVD]
レイチェル・ニコルズ
ウェス・ベントリー

PageTop

ハリー・ポッターと謎のプリンス(IMAX3D版・字幕)【愛と笑い 暗い時代に 希望灯す】

tag ファンタジー 青春 ミステリ

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 HARRY POTTER AND THE HALF-BLOOD PRINCE
2008年・イギリス=アメリカ
J.K.ローリング原作のハリー・ポッターシリーズ第6弾。公開5日で世界興収2億ドル!

 はい!109川崎まで3Dを観に行ったよ!2,200円!でもねでもね、3D映像は最初の12分オンリー。でもって、どうやらレンズの2つ付いたIMAX3D専用カメラで撮影されたものではない様子。2D映像をIMAXの3Dコンバータで変換したもの、みたいよ。ジェームズ・キャメロンもこの技術を使って『タイタニック』全編3Dにしたい!って言ってましたね。
参考⇒IMAX 3D-30カメラ(画像)(gizmodo.comより)
参考⇒IMAX社長が語る「IMAXデジタルシアター」の魅力(マイコミジャーナルより)

 ちなみにIMAXデジタル映写機は2台を同時稼働するのがデフォルト。2Dのときは大画面に解像度の高い映像を映写するため。3Dのときは右目用映像と左目用映像をそれぞれスクリーンに映写し、明るい立体感を実現するため。他の3Dシステム(ドルビーなど)では、1台の映写機で右目用コマと左目用コマを交互にバンバン映写していくもの。

 映画自体は、原作からかなり枝葉を切り落としてシンプルにした感じ。だからお気に入りのシーンがなかったりもするんだけど、まあ2時間半によく収めました!と言いたい。ヴォルデモートの過去、校長先生の戦い、スネイプ先生の行動あたりがキモで、暗くて怖くてユーモアもあって面白かったよ。

 それじゃ、今回のエントリはまずIMAX3Dについて、次にハリー・ポッターの映画感想って感じで進みます。長くなるお。

ハリー・ポッターと謎のプリンス 特別版(2枚組) [DVD]ハリー・ポッターと謎のプリンス[DVD]
特別版(2枚組)
ダニエル・ラドクリフ
エマ・ワトソン

PageTop

地上5センチの恋心 【ありのままを 受け容れることが ハッピネス】

tag コメディ 恋愛映画

『地上5センチの恋心』 ODETTE TOULEMONDE
2006年・フランス=ベルギー
明るくハッピーで少し哀しい、中年の恋愛物語。

 恵比寿の野外映画で観てきたよ。あそこ、ちょうど風の通り道になっていて少し寒かったので、これから行く人は上着とか薄手のショールとか持って行くと良いです。今回は席には座らず、観覧席ロープのすぐ真横に山用座布団で陣取って観てきた。ちょっとお尻が痛くなったよ。

 原題はヒロインの名前、オデット・トゥールモンド。ゲイの息子と、求職中の娘と、娘のロクデナシ彼氏と4人で暮らすオデット(カトリーヌ・フロ)。愛する夫に先立たれ、一人で二人の子供を育てるためにデパートで働き、夜は羽根飾りを作る内職。辛いこともあるけれど、なんとか楽しく毎日を過ごす。そんなオデットの心の支えはバルタザール・バルザンの書く小説。

 いやあ。面白かったよ。アメリカのコメディみたいなドタバタではなくて、もっと静かな笑い。台詞も面白くて、マザー・テレサについて「顔は酷いけど心の美しい人よ」なんて言う。
地上5センチの恋心 [DVD]地上5センチの恋心 [DVD]
カトリーヌ・フロ
アルベール・デュポンテル

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。