猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2009年9月のまとめ

 9月が終わったということはですよ、今年も残すところ1/4ですよ。逆に言えば3/4が終わったんですよ。うわぁ!うっはぁ!早ッ!やあ今月は更新が滞りまくりました。母が上京したり、嵐の八ヶ岳登山行ったりですっかり疲れてしまったよ。

 それはさておき、映画映画!あ、10月9日(金)21時からシネマチャットいかがですか?考えてみたら連休の前なので、他に希望日があったら教えてください。って、誰のとこにもお伺いをたてずに勝手にここで急な告知をしていますが、ご参加くださる方お待ちしてます。お題はヴァンパイア映画!早くもロッカリアさんから参加表明いただきました!ありがとうございます!

 ええ、では今月のおすすめ映画のコーナー!

 書いた本数が少ないせいなのか、9月はちょっとハズレ気味でした。そろそろ秋も深まってきて自転車で映画館に行くのが寒いです。負けずに頑張って観に行くぞー!あと、GEOが12月末まで旧作レンタル100円均一なので、冒険的なマイナー映画をどんどん試したい所存。

 9月のまとめ。

新作映画7本、旧作映画3本、新作ニュース3本、映画雑談1本。合わせて14エントリでした。
にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーサイト

PageTop

ハロウィンのかぼちゃ提灯いろいろ

tag SF

 タイトル見て、映画関係ないじゃん!とか、頭がかぼちゃの怪人のことかしら?なんて思った方がいたら、それは思い違いです。某シミュレーションRPGの、相手のHPを半分にするパンプキン・ヘッドのことでもありません。それは…

キシャー!(゚Д゚)
pumpkin1

 こわいよぅ・゚・(ノД`;)・゚・プレデター型かぼちゃ提灯!10月末のハロウィン祭に向けて、アメリカでは様々なジャック・オ・ランタン(Jack-O-Lantern)が作られていますよ。他にも手の込んだSF映画オマージュ・ランタンが見れるので、下記リンクをチェック!

 画像を拝借してきたプレデターの他、スパイダーマン、デススター(スターウォーズ)、フランケンシュタイン…何かよくわからないけどSFチックなものたちのランタン化された画像があるよ。

 すげー!よくこんな細かく彫れるよね!小さいカボチャを買ってきて、何か彫ってみたい気持ちになるのでした。あ、自分、ぶきっちょだった。

 ちなみに、イギリス文化圏の30代以上の方々が「ハロウィンはアメリカ人の祭りだ」とイヤそうに吐き捨てていたのを今も忘れられないP(←私のハンドルだよ?)です。えー、まあ、今日はそんなとこで。
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:スパイダーマン3
           スターウォーズ
           プレデターX 【ただ呆然 何が何やら 混沌と】
           ダニエル・クレイグ型アイスキャンディ
PageTop

エミー・ロッサム主演のドラマ・コメディ映画"Dare"予告編

tag コメディ 青春 動画付き

 ハリウッド実写版ドラゴンボールでブルマを演じてしまったエミー・ロッサムちゃん。若い身空で極秘結婚したけれど離婚してバレちゃったりとかいろいろ大変な最近。『オペラ座の怪人』のときの初々しい美貌と歌唱力、瑞々しい存在感を活かせるような作品にどうも恵まれません。一時は歌手に専念してましたね。

 そんな中、2009年サンダンス映画祭で上映された本作。エミーが主演する"Dare"というドラマ・コメディ映画。タイトルになっているdareというのは“挑戦、大胆、肝試し”といった意味。動詞活用では“あえて(思い切って)~する”の意味。"How dare you!"なんて怒ると“どうして敢えてそんなことをするの!この私に向かって!”的なニュアンスになるお。

じゃあ、とりあえず予告編を観ておくんなまし~。地味ながら良さげです。舞台は高校生活!

"Dare"予告編


 良い子チャンのアレクサ(エミー)、その男友達で親友のベン、ちょいワルボーイのジョニー。この3人の奇妙な三角関係って感じでしょうな。そしてアレクサに演技指導している(?)人の役をアラン・カミングがやってますね。名のある俳優さんはエミーとカミングぐらいかー。日本公開はなさそうだけど、DVD出るかどうかも微妙ですか?観たいです観たいです! 

 2005年に16分のショート・フィルム"Dare"を作ったアダム・サルキー監督と脚本のデヴィッド・ブラインド。本作はそのリメイク且つ長編化になるわけだ。ってことで長編映画デビューおめでとうございますお二人さま。

その元のショート・フィルムはコレです。
youtube⇒Dare -1
youtube⇒Dare -2

削除(´・ω・`)
参考⇒Dare by Adam Salky

 え?あ。そういうアレ?ゲイ映画でしたか。アレクサは最初ちょこっと出てくるだけだし、あとはほとんど若者2人の独壇場。なんつーか、もどかしさが、ジリジリする感じが切ない。ベンを演じるのはアダム・フレミング、ジョニーをマイケル・キャシディ。フレミングの方は長編リメイク版にもちょっと出演してるのらしいよ。

 元ショート・フィルムを観ると、今回の長編版のストーリーが単純な三角関係ではなさそう!とわかります。アレクサとジョニー、ベンとジョニーの二つの複雑な関係、そしてアレクサとベンの友情が見れそうです。ああ、これ観たいな。アメリカでの公開は11月13日、単館系です。
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:エミー・ロッサムの歌声
           オペラの怪人
           DRAGONBALL EVOLUTION 【やっつけで 大作映画 仕上げたり】
           "DRAGONBALL EVOLUTION"アメリカでの成績と続編の噂
           クライヴ・オーウェン主演作"The Boys Are Back"予告編
           ジム・キャリー&ユアン・マクレガーの『フィリップ、きみを愛してる!』予告編
           フィリップ、きみを愛してる! 【一途な愛 それでもビョーキは 治らない】
PageTop

ウルヴァリン:X-MEN ZERO 【狼と 鋼の骨と 再生力】

tag アクション SF

『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』 X-MEN ORIGINS: WOLVERINE
2009年・アメリカ
マーヴェル発のアメコミ映画X-MEN3部作のスピンオフ的オリジンもの。

 オリジン流行りでね、本当に。あ、弁当のことじゃないよ。この流れは『バットマン ビギンズ』からなのかな。人気シリーズを一回リセットして新技術バリバリ使った今風のものにしちゃおうぜ企画ドンドンドン(゚∀゚)パフパフパフ~!以降『007/カジノ・ロワイヤル』『アンダーワールド ビギンズ』『ターミネーター4』『スター・トレック』などなどオリジンものが雨後の筍状態。ま、親しみあるものだからつい観ちゃうんだけど。見事にハリウッドの戦略にのせられてる自分を愛しみたい。

 さて、ウルヴァリンが出来るまで。ざっくり言うと、壮大な兄弟喧嘩とそれを利用してミュータントへの復讐を遂げようとする軍人の物語かね。ネットで配信された冒頭7分間の映像はやっぱりカッコイイというか良く出来ていて、掴みはOK過ぎた。なんならそこんとこだけで満足しといても良かった。そんな私の詳らかな感想は後述。

 原題はね、逆なんだよね、順序が。"X-MEN ORIGINS: WOLVERINE"なんですけど。っていうか何で邦題は逆にしたの?これたぶん、X-MEN ORIGINSシリーズやるよ~!今回は手始めに皆大好きウルヴァリン!って意味なんだよね。それが証拠に次作"X-Men Origins: Deadpool"(仮題)(2011年全米公開予定)製作中ですし(現時点のタイトルは単に"Deadpool"となってるけんど、元々はそんな仮題でしたのよ)。そのデッドプールは本作でご活躍されたあのウェポンXⅠなので、その話も後述。

 今回は原作者スタン・リーのカメオ出演はありません。なぜなら撮影がオーストラリアだったから。リー爺さんはいつも、カメオやらない?って言われたくて撮影現場をウロウロしてるんだけど、今回は遠すぎた。
ウルヴァリン:X-MEN ZERO <2枚組特別編>〔初回生産限定:デジタル・コピー付〕  [DVD]ウルヴァリン:X-MEN ZERO[DVD]
<2枚組特別編>〔初回生産限定:デジタル・コピー付〕
ヒュー・ジャックマン
リーヴ・シュレイバー

PageTop

ナイト ミュージアム2 【良い続編 スケールアップに 新キャラも】

tag ファンタジー コメディ

『ナイト ミュージアム2』 NIGHT AT THE MUSEUM: BATTLE OF THE SMITHSONIAN
2009年・アメリカ=カナダ
博物館は夜ひらく。ベン・スティラー主演ファミリー・コメディのヒット作続編。

 前作の、NYの小さな自然史博物館という舞台も良かったし、今回もちゃんと出てくるわけだが。スミソニアンは何と言っても世界最大!博物館と言うよりテーマパークみたいな規模だ。一度行ってみたい憧れの地!一日じゃ廻りきれないよなぁ~なんて、アメリカに行く予定もないのに困ってみる。映画でもたまに舞台になっていて、最近では『トランスフォーマー/リベンジ』に航空宇宙博物館が登場してました。

 ドガ、リヒテンシュタイン、ロダンなどのアート作品が展示されるスミソニアンのシーンは夢いっぱい!ほとんどが実際のスミソニアンには収蔵されていないものだけど、有名な絵画や彫刻が命を持って動くのはやっぱり楽しい。しかも今回は絵画の中に入っちゃったり!
ナイト ミュージアム2 (特別編) [DVD]ナイト ミュージアム2[DVD]
(特別編)
ベン・スティラー
ロビン・ウィリアムズ

PageTop

幸せはシャンソニア劇場から 【暗い時代 何はなくとも この絆】

tag ヒューマン 音楽映画

『幸せはシャンソニア劇場から』 FAUBOURG 36
2008年・フランス=ドイツ=チェコ
第二次大戦前のパリを舞台に繰り広げられる、友情とあらゆる愛の物語。

 原題は“下町1936年”の意味。1936年フランスのとある町で、不況から潰れた劇場を立て直そうと奮闘する失業者たちの物語。ところで英語タイトルが"Paris 36"なのですよ。舞台がパリの北部の下町なので、単にわかりやすくしたのかね。パリ~♪パリ~♪

 シャンソニア劇場を中心に、いろいろな愛の形が描かれてビターでほんわかな映画となっています。あと何と言っても歌が良いですよ。シャンソンなんでしょうか。歌うのは新人女優ノラ・アルネゼデールちゃん。何でも撮影当時19歳だって。わぁお!ゴージャス!
幸せはシャンソニア劇場から [DVD]幸せはシャンソニア劇場から [DVD]
ジェラール・ジュニョ
クロヴィス・コルニアック

PageTop

『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃』予告編第2弾

tag 動画付き ファンタジー

 児童向け現代のギリシャ神話ファンタジー『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃』映画化作品のちゃんとした予告編が出たよ!前回はティーザーだったので雰囲気しかわからなかったけども、今回は多少他の登場人物も観ることが出来ます。

※ティーザー予告編と原作本、キャストについてはコチラ。

"Percy jackson & the olympians: The lightning thief" 予告編#2

高画質のものはコチラ⇒予告編#2

 おお?一瞬だけ映る見返りロザリオ・ドーソン(ペルセポネー役)や、パーシーの相棒アナベス&サテュロスのグロバーの姿も!けど、グロバーが全然イメージと違います。もっと頼りなげで神経質そうな感じかと想像していたのになぁ。

 そうだ、前回ピアース・ブロスナンの役を間違えて書いてしまったので訂正します。渡し守のカロンではなく、セントール(ケンタウロス)のキロン(ケイロン)でした。そんなピアースの姿ももじゃっと映ってますね。

 この予告編の後半は前回のティーザーとほとんど同じではありますが、前半の映像はワクワクしますね。原作、読み途中なので、ああこれがアレかとか思いながら観てました。楽しみだな~ヽ(´ー`)ノ
追記:後日出た新予告編⇒『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』予告編第3弾
にほんブログ村 映画ブログへ
追記: 原作1巻の感想
 読み終わったーヽ(´ー`)ノ盗まれた雷撃!結論から言うと、小学生が楽しめるアドベンチャー・ミステリって感じ。ハリー・ポッターほど伏線バリバリではないので、大人が読むときの面白味に欠けるかな、と思った。ハリポタは本当に練られているのよね。パーシーは半ば辺りで大体仕掛けがわかっちゃったから、あとは確認作業的に読み進めたさ。

 会話もアメリカっ子らしいストレートな憎まれ口が多く、ハリポタの英国的遠回しな嫌みのほうが私は好きだな。あとはチーズバ―ガーだのチェリーコークだのととってもアメリカンな食べ物描写とか。良くも悪くもパーシーはアメリカ的、ハリポタは英国的。

 とはいえ、ギリシャ神話好きなら読むのが楽しいはず!ハデス、ゼウス、ポセイドン、アレス、デュオニソスといった12神たちや、セントール、サテュロス、カロン、ケルベロス、メデューサなどなどの登場人物。神々の食べ物ネクタルや三叉の矛などのお馴染みアイテムが現代西洋文明に蘇るのはワクワクするよ。

 ひとつだけ気になったのは、ゲイブのオチ。えー(´Д`)えーそれでいいのー?とか思った。ゲイブはそこまでされるほど悪いことしたかな?他の解決法があるでしょう?まああれか、ギリシャ神話ってこんな感じだよな、と思えば別に良いか。にしても、このオチは映画でも使われるのだろうか…?

毛玉内関連記事:パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 【現代の ギリシャの神々 何しとう】
           『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃』予告編第一弾
           『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』予告編第3弾
           ダレン・シャン映画化"The Vampire's Assistant"予告編
           『アリス・イン・ワンダーランド』ティーザー予告編
           ハリー・ポッターと謎のプリンス(IMAX3D版・字幕)【愛と笑い 暗い時代に 希望灯す】
PageTop

96時間 【父ちゃんは お前のためなら 闘うぜ】

tag アクション サスペンス 犯罪

『96時間』 TAKEN
2008年・フランス
リュック・ベッソン製作のアクション映画。親父の愛がパリを爆走する。

 やあ面白かった!これは爽快です。シュワちゃんがアリッサ・ミラノを救出する『コマンドー』みたいで。これは都会のコマンドー!涙目で娘救出に猛進する親父がリーアム・ニーソンてのも渋くて良いです。

 邦題は、誘拐されてから96時間経つと消息不明のまま奪還できる見込みがないことを指しています。96時間、つまり丸4日で足取りがつかめなくなっちゃうよ、経験則的に、と。この邦題、私は好きです。直訳して“誘拐”とか“攫われて”とかだったらダッサダサだもんな。ただ、96時間という概念上のタイムリミットが父さんを無茶な手段に走らせてはいるものの、それほどの緊迫感はない感じでした。

 映画界はU2が大好きだね。よくハリウッド映画でU2とかボノに言及してるときがある。それも本筋とまったく無関係なところで、さらっとボノがどーたらとかいう台詞が出てきたりな。でもって、このフランス映画でもU2が出てくるよ。娘がパリに行きたい理由。それはU2のヨーロッパツアーの追っかけのため…。
96時間 [Blu-ray]96時間 [Blu-ray]
リーアム・ニーソン
ファムケ・ヤンセン 他

PageTop

ゲド/戦いのはじまり 【ゲド戦記 映像化するの やっぱ無理】

tag ファンタジー

『ゲド/戦いのはじまり』 EARTHSEA
2004年・アメリカ=カナダ
ル=グウィンの『ゲド戦記』シリーズを実写映画化。172分のTV映画。

 ル=グウィン女史は映像化に恵まれないお方だ。というか、壮大にして深遠に過ぎて2,3時間の枠で収まる世界ではないのだ。竜と魔法使いと人間が共に住む世界アースシーを描いた原作物語は、全6巻。さまざまな登場人物が出てきて、自然への畏怖、自然界のバランス(均衡)、宗教、アンビバレンツ、自己形成、死、女の生き方、虐待、変化する世界といった、実に多岐にわたるテーマが詰め込まれている。

 ジブリの日本アニメ版は、3巻のゲドとアレンの旅を軸に1巻(影に追われる)と4巻(龍人テルーの存在)のエピソードをアレンジして取り入れたものでした。こちらのアメリカ=カナダTV版は1巻のゲドの影との戦いを軸に、2巻のカルカド帝国の神殿の話を大幅に(ほぼ跡形もなく)改変して混ぜ入れたもの。

 私はジブリのほうが好きです。原作の美味しいとこつまみ食いではあったし、中盤のテルーの歌以降が唐突すぎて破綻しているけれども、それなりに“世界の均衡”のテーマは描けていた。何よりテルーの歌が素晴らしかったよね(原作のテルーはもっと醜くただれた顔だし、ノドも潰されていたけど)。こちらTV版は原作の世界観や名称を使った、まったくの別物語となっていますよ。
ゲド~戦いのはじまり~ [DVD]ゲド 戦いのはじまり [DVD]
ショーン・アシュモア
ダニー・グローヴァー

PageTop

マイケル・ジャクソン"This is it"映画の予告編

tag 動画付き 音楽映画 ドキュメンタリー

 6月25日に亡くなった偉大なアーティスト、新世界の神、マイケル・ジャクソン。最後に行うはずだったツアー"This is it"のリハーサル風景や舞台裏の様子を編集した映画が公開されます。邦題は『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』となっております。(クリックで公式サイトに飛ぶよ)

 全世界同時公開とのことで、日本でも10月28日(水)から公開されます。が、2週間限定だそうですよ。もちっと上映期間延ばしても良いんじゃないの?(´・ω・`)みんな!見逃さないように、デスクトップにメモっておこうぜ!
(※後日鑑賞後の感想⇒マイケル・ジャクソン THIS IS IT 【ラストショー 取り組む姿が 心打つ】

 ポスターは公式サイトにもデザインされてますが、予告編はまだのようです。一足お先に観てみましょう。約2分半あります。音楽の繋ぎが素晴らしい、なかなか素敵な映像ですよ。

Michael Jackson's This Is It in HD


 新世界の神がやろうとしたステージ。魅せることの、エンターテイメントの天才が全てを賭けてやろうとしたステージ。それがどんなものだったのか。知りたいです!ちなみに一時期トレードマークだった右腕の腕章は付けてないですね。

 上映館はまだよくわかりませんが、丸ピカ系列で上映されるようです。行きつけのイクスピアリで上映してくんないかにゃー。
追記>イクスピアリでの上映決定してた。ヽ(´ー`)ノ

 9/14にパトリック・スウェイジが57歳で亡くなりました。この20ヶ月の間ずっと膵臓がんで闘病生活してましたので、ついに…!という感じです。『ゴースト ニューヨークの幻』、『ダーティー・ダンシング』などなどで素敵な身のこなしを魅せてくれた俳優でしたよね。MJだけでなく、自分の青春を彩ったスターたちが本当に星になってしまうのは、とても寂しいものです。
にほんブログ村 映画ブログへ

毛玉内関連記事:マイケル・ジャクソン THIS IS IT 【ラストショー 取り組む姿が 心打つ】
           ムーンウォーカー 【PVの すごく長いの これはそう】
PageTop

ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密 【ただ生きる 命が宿る 湖に】

tag ドキュメンタリー

『ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密』 THE CRIMSON WING:MYSTERY OF THE FLAMINGOS
2008年・アメリカ=イギリス
フラミンゴと、彼らが生きるナトロン湖に焦点をあてたドキュメンタリー映画。79分。

 今も昔もノリにノッているディズニーがこの度新しく始めたネイチャー系ドキュ映画レーベル。ディズニーネイチャー。ディズニー姉ちゃんじゃないよ。ターミ姉ちゃんとかでもないから。まずは第一弾としてタンザニア北部にある強アルカリ塩湖、ナトロン湖を舞台にフラミンゴの生態を追う本作。たぶんコフラミンゴのほう。

 この新レーベル、わくわくするよ!次作は『ネイキッド・ビューティー(原題)』で蜂・蝶・ハミングバードといった花粉を運ぶ生きもの。その次は『ビッグ・キャッツ(原題)』でケニアに住むアフリカン・キャットの家族の物語。その次は『チンパンジー(原題)』で熱帯雨林に住むチンパンジーの生態を追ったもの。ヽ(´ー`)ノどれも楽しみ過ぎて困る~!

 さて、フラミンゴ。あのね、ごめんね、中盤で眠りそうになった。やっぱ動物ドキュメンタリーはさ、家族や友達と「うわぁー」とか「へぇ~」とか言いながら観るのが楽しいな。一人で映画館で観てもイマイチな楽しさ。いや、目の前に広がるナトロン湖やフラミンゴの群れは素晴らしくて、これぞ映画体験!なんだけどね。
『ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密』『ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密』
ザ・シネマティック・オーケストラ
ルー・ローズ

PageTop

Re:DIAL /リダイアル 【あんた誰? なんで私に かけてくる?】

tag ホラー サスペンス 犯罪 スプラッター

『Re:DIAL /リダイアル』 LONG DISTANCE
2005年・アメリカ
間違い電話をとってしまったのが、恐怖の始まり。サイコ・サスペンス。

 恋人と破局したばかりの一人暮らしの女性の元に、夜中かかってきた間違い電話。何故か何度切ってもかけてくる妙な男。ソイツは連続殺人犯だった。

 B級ホラー・サスペンスとして上出来でしょう、これ!ラストの展開で好き嫌いが分かれると思うけど、私はかなり腑に落ちたよ。ああ、だからか的。そんなことより、主演女優のモニカ・キーナちゃん!目がくりっとして可愛いし、きょにゅーωおっぱいちゃん。可愛い可愛い~。←いささか気持ち悪いな自分。
Re:DIAL リダイアル [DVD]Re:DIAL リダイアル [DVD]
モニカ・キーナ
ケビン・チャップマン

PageTop

ウェイクアップ・デッドマン ~奇跡の朝~ 【乗り越えた あの哀しみを 今一度】

tag ヒューマン ファンタジー パニック ゾンビ

『ウェイクアップ・デッドマン ~奇跡の朝~』 LES REVENANTS
2004年・フランス
あるとき、世界中で死者が戻って来る奇妙な事件が発生した。

 劇場公開時のタイトルは『奇跡の朝』で、その名前でレンタル屋さんを探したら全然なかった。あれーおかしいなーと思ってネットで検索しよったら、ビデオ発売時に改題されてた!なんかコメディみたいなタイトルなっちょった。

 一応ゾンビ映画なのかなぁ?的なアレです。死者が帰ってくるのだけど、別に凶暴だったり人を喰ったりはしない。いたっておとなしいゾンビーたちなのだ。ただちょっと動きが緩慢で、新しいことを記憶できないっぽい。彼らを援助するための国連ガイドラインとかあって、自治体ごとに対応している。死者たちのまわりの人は戸惑いながらもなんとか受け容れていく。

 第一印象は2002年の邦画『黄泉がえり』じゃん!と。制作者はあの原作でも読んだのかなぁ。それともアリガチな発想なのか?共通の元ネタでもあるのか?Q資料はどれだ?
ウェイクアップ・デッドマン~奇跡の朝~ [DVD]ウェイクアップ・デッドマン~奇跡の朝~ [DVD]
ジェラルディン・ペラス
ジョナサン・ザッカイ

PageTop

G.I.ジョー 【元々は 玩具ですから こんなもの】

tag コメディ アクション 犯罪

『G.I.ジョー』 G.I. JOE: THE RISE OF COBRA
2009年・アメリカ
男の子向けバービー人形としてハスブロ社が発売している玩具シリーズを元に映画化。

 ハリウッドのネタ切れ感というのは『ウォーリーをさがせ』実写映画化とか、LEGO映画とかで相当キタなぁ感が極まってきた。そんな新作企画のニュースが持ち上がる中、堂々のG.I.ジョーだぜ!フィギュアとかおもちゃだからな、これ!'80年代にアニメ化されたとはいえ。

 そんなわけなので、プロットらしいプロットがないようなアレな映画でございました。何も考えず、ただ楽しむなら良いんじゃないでしょうか。うん、まあ詳しくは後で書くことにする。とりあえず、10代向けのアクション映画といっておくよ。

 G.I.というのはgovernment issueの略で官給品のこと。米兵のことを一般的にこう呼びます。国からの支給品が潤沢だからとか何とか。そういう意味ではこの映画、G.I.でもなんでもないと思う。米国だけでなく世界中から集まった兵士の集団だし、資金源はよぅわからんし。
G.I.ジョー [DVD]G.I.ジョー [DVD]
チャニング・テイタム
シエナ・ミラー

PageTop

ココ・シャネル 【何度でも 己を信じて 諦めない】

tag ヒューマン コスチューム 歴史 恋愛映画

『ココ・シャネル』 COCO CHANEL
2008年・イタリア=フランス=イギリス
ココ・シャネルの創設者ガブリエル・ボヌール・シャネルの生涯。

 これってTV映画だったのですね。(´・ω・`)2008年9月にライフタイムTV(アメリカ)で放送されたのものだそうですよ…。どうりでサントラCDないわけだー。最近こういう映画、多くないですか?先般の『宇宙(そら)へ。』も、『ウォレスとグルミット/ベーカリー街の悪夢』も。本国ではTV放送、日本では劇場公開。んー、やっぱ日本はTV放送しても儲からないんだろうねぇ。そう思うと、日本映画にTV番組の延長みたいなクズ映画しかないのもTV局が儲けたいんだなぁと温かい目で見ていられる。(´ー`)…

 今年は本作に続いてシャネル関係2つのフランス映画『ココ・アヴァン・シャネル』(オドレイ・トトゥ主演)、『シャネル&ストラヴィンスキー』(アナ・ムグラリス主演)が公開されますよ。この『ココ・シャネル』とトトゥ主演の『ココ・アヴァン・シャネル』はどう違うのだろうか?と気になっていまして。どうもシャネルの下積み時代を中心に描いているってのは同じなんじゃないか、と。公開されたら観に行ってみます。

 ちなみにこの映画のほとんどは過去パート。孤児院で育ち、成人してお針子を仕事にし、あれこれあってシャネルがデザイナーとして成功するまでが主軸です。全体をくるっと纏めているのが70歳のシャネルの存在。
ココ・シャネル [DVD]ココ・シャネル [DVD]
シャーリー・マクレーン
バルボラ・ボブローヴァ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。