猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

サロゲート 【清潔な 美よりも尊い 人間性】

tag SF サスペンス ミステリ 動画付き

『サロゲート』 SURROGATES
2009年・アメリカ
ロバート・ヴェンディティ&ブレット・ウェルデルのアメコミを映画化。

 って言っても、松田聖子が主演したハリウッドとの合作映画『サロゲート・マザー』ではない。既にソフト売ってなくて驚いた!VHSで出てたけど廃盤、当然DVD化やBD化はされずにいるよ。でも案外面白かったけどな。←ココまでサロゲート・マザーの話。

 タイトルのサロゲートは代理人・代行人の意味で、この映画では生活の全てを代行ロボ(サロゲートと呼称される)にお任せしちゃえ♪というお茶目なアイデアがベースになっている。義体を遠隔操作する少佐みたいな感じすな。ちなみに聖子ちゃんの映画の方は代理母の意味ね。

 結論から言うと、この映画は粗すぎた。ちょっと脚本家を呼びなさい。まあ、あらゆる無理があったけども、そういうのは置いとけば良い。見所は結構あるんだから!それに描かれたテーマも私は好きでした。ブルース・ウィリス演じる主人公トムの葛藤が人類全体の葛藤だね。概ねB級の面白さを楽しむ映画。これって、原作のアメコミはどうだったのだろうか?読んでみたいや。
サロゲート [DVD]サロゲート [DVD]
ブルース・ウィリス
ラダ・ミッチェル

⇒続きを読む!

スポンサーサイト



PageTop