猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

インビクタス/負けざる者たち 【復讐は 何も産まぬが 赦しこそ】

tag ヒューマン スポーツ 政治 歴史 動画付き

『インビクタス/負けざる者たち』 INVICTUS
2009年・アメリカ
南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ元大統領伝記映画。

 マンデラさんといえば名高き反アパルトヘイト(人種隔離政策)の騎士。マンデラさんについて映画を作ろうとしたら、何時間あっても足りないような生ける伝説。それをクリント・イーストウッドはうまく纏めた!といっても原作本はあるんです。ジャーナリストのジョン・カーリンがマンデラさんの全面的協力を受けて書き上げたノンフィクション『インビクタス~負けざる者たち』(原題"Playing the Enemy: Nelson Mandela and the Game That Made a Nation")がソレ。

 映画は1995年のラグビー・ワールドカップを巡るマンデラさんの暗躍にフォーカスをあて、枝葉は思い切って削ぎ落としたシンプルなドラマとなっています。

 オラ、ラグビーとアメフトの違いわっかんねぇな!と悟空が言ったかどうかはわかりませんが、私は違いのわからない女。知らなくても映画は楽しめます。ニュージーランドに住んだことあるからオールブラックス(世界的に人気のあるニュージーランドの最強ラグビーチーム)はよく存じ上げておりますよ。カマテカマテ!(ka mate=死)カオラカオラ!(ka ora=生)

 タイトルは"invincible"(=無敵の、揺るぎない)のラテン語形。映画で描かれるとおり、19世紀英国の詩人ウィリアム・アーネスト・ヘンリーの短い詩の題。詩人ヘンリーは12歳の頃病魔に冒され左足の膝下を切断する悲劇にあいました。子供が片足を無くし、皆と遊べなくなるのはどれほどの孤独だったろう。

※詩"Invictus"原文はコチラ⇒Invictus (ポエムハンター)

 当ブログでも『チェンジリング』『グラン・トリノ』『ミリオンダラー・ベイビー』と書いてきたイーストウッド監督作。どこか冷徹なカメラワークと、語りすぎない演出と、言いたいこと以外には重きを置かないシンプルさが好きです。毎回違ったテーマ(信念、贖罪と救済、尊厳死など)をグサリと抉るように描くスタイルも好きです。次回作はマット・デイモン主演のスーパーナチュラル・スリラー"Hereafter"2010年12月に米国公開予定!何でも死者とコミュニケーションできる男の話らしいよ。
インビクタス / 負けざる者たち ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]インビクタス / 負けざる者たち[Blu-ray]
ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)
モーガン・フリーマン
マット・デイモン

⇒続きを読む!

スポンサーサイト



PageTop