猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 【現代の ギリシャの神々 何しとう】

tag ファンタジー コメディ

『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』
PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF
2010年・カナダ=アメリカ
2005年発表の児童向けファンタジー・ミステリを原作とする映画化第1弾。

 観たのは字幕版。音響はDTSでした。

 リック・リオーダンの原作では12歳のパーシー少年たちだけど、映画版では16、7歳の設定。たぶん大人の事情。12才の子供に殺陣やらせたりすると怪我したときに法的な面倒が…とか、どうしても比較されるハリポタとなるべく違いを出したかった、とかそんな感じで。残念な変更ですが、都合の良い面もあります!車の運転ができる年齢だから移動手段に事欠かない!ヽ(´ー`)ノ

 原作小説は全5巻で、この映画はその1巻を映画化したもの。原作の対象年齢は9~12歳ですが、映画版は高校生・大学生あたりがメイン・ターゲット層なんだそうです。しかしてその実態は、小中学生向けな出来映え。主人公たちの年齢を引き上げた割に、映画は子供っぽくなってしまった。これはこれで、ファミリー映画に良いとは思います。

 原作は原書で読み途中で、まだ2巻までしか読んでません。読書感想はコチラ。

2巻のほうが凄く面白かったのよ。ギリシャ神話の中でも超盛り上がるアルゴノート探検隊を下敷きにしてるから!よって、映画も次作が本番だと思ってる。
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 ブルーレイ&DVDセット〔初回生産限定〕 [Blu-ray]パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々[Blu-ray]
ブルーレイ&DVDセット〔初回生産限定〕
ローガン・ラーマン
アレクサンドラ・ダダリオ

⇒続きを読む!

スポンサーサイト



PageTop