猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

小さな命が呼ぶとき 【まだ早い 可愛い我が子ら 逝かせまい】

tag ヒューマン

『小さな命が呼ぶとき』 EXTRAORDINARY MEASURES
2010年・アメリカ
ポンペ病の子供達の薬を作るため製薬会社を興した実在の男の話。

 原作はウォール・ストリート・ジャーナルの記者でピューリッツァー賞受賞経験のあるジータ・アナンドの書いたノンフィクション『小さな命が呼ぶとき』(文庫上下巻/原題"The Cure: How a Father Raised $100 Million--and Bucked the Medical Establishment--in a Quest to Save His Children")。

 ポンペ病というレアな遺伝病を小児期に発症した二人の子供たちの命を救うため、全てをかけて治療薬の開発援助をする父親とそれを支える家族の物語。私は恥ずかしながらポンペ病自体知らなかったので、この映画を通じて知ることが出来て良かった。そしてそれ以上に、不屈の精神で取り組む父親の姿とそれを支える妻の強さを通して、愛って凄いな!と思った。愛こそ、何かを変えることが出来るたった一つの冴えたやり方。

 とても爽やかで勇気の湧いてくる映画なのでオススメ!加えて、米国バイオ企業のビジネス的側面も描かれているのが面白いよ。バイオベンチャーの立ち上げ、身売り、大企業の開発手法など丁寧に描かれています。医療業界でシロウトのお父さんが奮闘する姿にハラハラ&ドキドキ。

 原題は“並外れた手段”となんだか硬い雰囲気。かといって邦題は良いけどちょっとメロっぽ過ぎるわね。そんなにメロメロしてないのよ、映画自体は。
小さな命が呼ぶとき [DVD]小さな命が呼ぶとき [DVD]
ブレンダン・フレイザー
ハリソン・フォード 他

⇒続きを読む!

スポンサーサイト



PageTop