猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

アデル/ファラオと復活の秘薬 【愛すべき アデルを巡る ゆるコメディ】

tag コメディ ファンタジー コスチューム

『アデル/ファラオと復活の秘薬』 LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC
2010年・フランス
ジャック・タルディの漫画をリュック・ベッソンが映画化。

 舞台は1911年パリ。冒険ジャーナリストのアデル・ブラン=セック(ルイーズ・ブルゴワン)は、病気の妹のためにラムセスⅡ世の侍医をミイラから蘇らせようとする。

 フレンチ・コメディがお好きなら楽しめましょうぞ。『おかしなおかしな訪問者』とか『ビジター』とか『コルシカン・ファイル』とか(ここまで全てジャン・レノ&クラヴィエ)。そんなユルくて不条理でシュールでトンチンカンないかにもフランスなコメディに耐性があればね。

 予告編では女性版インディ・ジョーンズみたいな冒険アドベンチャーなのかと思ってたけど、冒険部分は序盤の少しだけ。映画の9割はパリが舞台だし、ゆるゆるお馬鹿コメディなので、全然インディアナ先生っぽくはない。ねえ、どうしてこういう勘違いさせるような予告編と宣伝で観客を騙すの?
アデル/ファラオと復活の秘薬 ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]アデル/ファラオと復活の秘薬
ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

ルイーズ・ブルゴワン
マチュー・アマルリック 他

⇒続きを読む!

スポンサーサイト



PageTop