猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

借りぐらしのアリエッティ 【信じてよ 自然の力 生きる意志】

tag アニメ ファンタジー

『借りぐらしのアリエッティ』
2010年・日本
メアリー・ノートンの児童文学『床下の小人たち』(1952年/英国)をジブリが映画化。

 ジブリの優秀なアニメーター米林宏昌さんの監督デビュー作。脚本はハヤオ(と丹羽圭子)が担当なので、ジブリ・テイストはあるものの、ワクワクする冒険とか異世界感は、ない。それだけに、どうにも地味な印象は拭えないのだけど、生きる力についての良いお話です。舞台が田舎の邸宅とその庭だけで、人間と小人の世界はそれほど違わないので今までのジブリ映画とはちょっと違うかもな。

 こびとの一家は、人間の家の床下に住みよい家を作って暮らしている。生活に必要なものを上の住人から“借り”て生きている。一家の一人娘アリエッティ(声:志田未来)は14歳になる。そろそろ一人で何でも出来なきゃいけないお年頃。そこで“借り”デビュー!さあ、人間の家にレッツ・ゴー!

 ということで、泥棒一家に生まれた娘が泥棒デビューを果たしたは良いが、ちょっと失敗しちゃう、というお話。あ、いや、だって。“借り”っていうか普通に盗みだから、これ。借りたものは返さずきっちり消費してるからね。大量のビスケットとか、切手とかね。

 生活音や時計、冷蔵庫の唸りなどが大きく聞こえ、普通の家の中が小人にとっては一大アドベンチャーになるのが楽しい。食器棚からロープで降り、両面テープでテーブルをクライミングするお父さんの動きが無駄にカッコイイ!
借りぐらしのアリエッティ借りぐらしのアリエッティ [DVD]

⇒続きを読む!

スポンサーサイト



PageTop