猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

ヒックとドラゴン 【喧嘩せず まずは相手を 理解しよう】

tag ファンタジー アニメ

『ヒックとドラゴン』 HOW TO TRAIN YOUR DRAGON
2010年・アメリカ
クレシッダ・コーウェルの児童小説をドリームワークスが映画化。

 ヴァイキングの島での人間とドラゴンの攻防を描いたユーモアたっぷり楽しいアニメ。周りからちょっと浮いてるひ弱なヴァイキングの少年ヒックと、怪我をして飛べなくなったドラゴンのトゥースの友情物語。原作とは大分違う話になっているとのこと。

 原題は“ドラゴンのしつけ方”で、まあドラゴンをペット扱いするアニメです。これが結構面白くて、こどもにも良いんじゃないかっていう正統派のファンタジーでした。観てきたのは2D・字幕版。どうしてもヒックの父親の声あててるジェラルド・バトラーの声が聞きたくて都会に出掛けたよ。新宿ピカデリーで字幕版やっとった。お目当てのジェリーは『300』みたいだった。素敵。キャラクターはむさいオッサンだけど。

 んでも、これは3Dで観ても良かったかも、と思いますた。だって、ドリームワークスのロゴが3D仕様になってたし!それだけじゃなくて、ドラゴンの背に乗って飛ぶシーンなんか凄いの。あ、でも3Dだと気持ち悪くなるかもしれないぐらいの動きではあった。迫力あり過ぎ!
ヒックとドラゴン (ドリームワークス・アニメーション作品) [DVD]ヒックとドラゴン[DVD]

⇒続きを読む!

スポンサーサイト



PageTop