猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

エアベンダー (2D/字幕版) 【覚醒せよ 少年のとき 終わるとも】

tag ファンタジー アクション コスチューム 戦争 動画付き

『エアベンダー』 THE LAST AIRBENDER
2010年・アメリカ
アメリカのTVアニメ『アバター 伝説の少年アン』をシャマランが実写映画化。

 原作はアメリカで人気のアニメで、その原題は"Avatar: The Last Airbender"。元々この映画もそれと同じタイトルにする予定だったけど、キャメロン監督が先に『アバター』を登録しちゃったので残念でした。“アバター”の部分だけ落として"The Last Airbender"になったのでした。邦題は更に削ぎ落として『エアベンダー』となり、原作アニメとの関連がひと目ではわからない仕掛けになってしもうた。

 avatarとは、今日ネット用語では“ネット上で自分を表すアイコン”の意味で使われています。が、元々は“神の化身、化身、権化、具現”といったような意味。日本じゃ、昔の天皇はアバター的存在だったわね。この映画では世の均衡と調和を保つ唯一の存在が“アバター”と呼ばれています。

 映画は3D版も上映していたけど、私は2D字幕版での鑑賞。だってどうせコンバート(後から変換)じゃろ。3Dカメラで撮ったモノなら3D上映で観たいけどさ。んで結論。ちゃんと面白いファンタジー映画になってたよ。注意が必要なのは、この映画は3部作の1作目だってこと。物語は始まったばかりなのよ!無事にあと2作、作れますように。
エアベンダー [DVD]エアベンダー [DVD]

⇒続きを読む!

スポンサーサイト



PageTop