猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2010年10月のまとめ

 ハロウィンとか特に何もしませんでした。ってか、家々を「お菓子くれなきゃイタズラするぞ!」って脅してまわる習慣て、どうなのよ?とか思ってます。ギャングじゃんね。そんなこんなで今年も残すところあと2ヶ月ポッキリ!5/6が過ぎましたよ。
(↑ココマデ去年と同じ文章)

 10月はねえ。後半バタバタしてたんで、すっかりブログ放置してたね。母が上京するので、その準備にアレコレ。上京したら数日朝から晩まで一緒でしょ。東京駅で帰りを見送ったら、その足で九段下に向かい、宇宙科学の祭典“宙博(ソラハク)”に3日間入り浸り。そんなこんなで、今日やっとノンビリできたわけだ。きゃー!ファーストデーなのにー!映画館とか行く元気なかったー!

 そんな10月のまとめ。後半の自由のなさがわかっていたので、観たい映画は前半に怒濤のように観たのよ。でもまあ、書いてないんだよね。うん、ソレらはこれから追々書きます。あんまり感想文を書けてないなかで、一番のお薦めは!コレさ!

 3Dアニメなので、3Dでどうぞ。王道のファンタジー・アドベンチャーであり、フクロウ可愛い萌え映画でもあり。アニメーションが本当に美しいのよ。水、羽、光、炎!フクロウ達の質感も凄いよ。鳥、可愛い、鳥!ヨシダ!ピッピの助はピケ~っと生きる~♪

 しかし、アレだね。3D鑑賞料金は実質的に値上げ傾向。シネマイクスピアリも11/19から一般2200円になっちゃった!200円の値上げ!3Dメガネ持参割引で-100円しても2100円で、それでも結局100円値上げだもんね。やっと積極的に3Dで観ようかなって思い始めてたのに、水を差された気分。また3D控えめに態度を改めます。残念、残念!

 10月のまとめ。

新作映画6本、新作ニュース2本、映画館2本。合わせて10エントリでした。
にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーサイト

PageTop

今冬11月~1月に観たい男前映画

tag 動画付き アクション サスペンス 犯罪 ヴァンパイア SF

 急激に寒くなってきたニャ!そんなときは熱い男の映画を観るべしよ!ということで唐突に、公開を控えた男前な映画、漢映画、男臭い映画、男っぽい映画の中から絶対に観るぜ!と心に決めている映画たちを列挙するんだぜ!ちなみに『エクスペンダブルズ』はまだ観てないんだぜ!来月絶対に観るぜ!

公式サイトのあるものは、それぞれタイトルにリンク張ってあります。

『クロッシング』2010/10/30~公開
原題:Brooklyn's Finest
監督:アントワン・フクア
出演:イーサン・ホーク、リチャード・ギア、ドン・チードル、ウェズリー・スナイプス

犯罪ドラマ。舞台はブルックリン。3人の警官・刑事がそれぞれの正義を貫こうとして、道が交わる。カーッ!こいつは男臭くてタマランね!キャストも、監督も、ストーリーも、男むんむんですわい!観るしかないよね!
観た感想



上映館:新宿武蔵野館、シャンテ。他公式サイト参照


『ストーン』2010/10/30~公開
原題:Stone
監督:ジョン・カラン
出演:ロバート・デ・ニーロ、エドワード・ノートン、ミラ・ジョボビッチ

セクシー・クライム・サスペンス。仮釈放の審査をするデニーロ、収監中の放火殺人犯ノートン、その妻ミラジョボ。ミラがデニーロを誘惑する!シネパトス系の男臭さ。セクシー悪女なミラたんを堪能したいし、ノートンのワルっぷりも観たい!



上映館:銀座シネパトス、MOVIX昭島、WM市川妙典。他公式サイト参照


『リミット』2010/11/6~公開
原題:Buried
監督:ロドリゴ・コルテス
出演:ライアン・レイノルズ

イラクで誘拐され生き埋めにされたアメリカ人ドライバーの息詰まるサバイバル。90分、ライアンほぼ1人芝居、舞台は地中の棺桶の中という異色っぷり!予告編は真っ暗で慌てる声だけ聞こえてくる。もう楽しみ過ぎる!映画祭で上映されて、観た人の評価が非常に高かったのも気になる!
・以前書いたエントリ⇒生き埋めサスペンス『リミット』"Buried"予告編
観た感想



上映館:シネセゾン渋谷、池袋HUMAX。他公式サイト参照


『リトル・ランボーズ』2010/11/6~公開
原題:Son of Rambow
監督:ガース・ジェニングス
出演:ビル・ミルナー、ウィル・ポーター、エド・ウェストウィック

ヒューマン・コメディ。1982年英国を舞台に2人の小さな男の子がランボーする!友情や、ランボーへの憧れ、真似をして映画を作り始める可愛さ。観たいじゃないか!まだ男になる前の男の子だけど、とっても男な映画。
観た感想



上映館:シネクイント、川越スカラ座。他公式サイト参照


『マチェーテ』2010/11/6~公開
原題:Machete
監督:ロバート・ロドリゲス、イーサン・マニキス
出演:ダニー・トレホ、スティーブン・セガール、ミシェル・ロドリゲス、ジェフ・フェイヒー、ロバート・デ・ニーロ、ジェシカ・アルバ、リンジー・ローハン、ドン・ジョンソン

超豪華出演陣のB級アクション!『デスペラード』なノリの滅茶苦茶さ、グロと裸ありの大人向けファンタジー!手強いメキシカンが大活躍だぜ。マーシェッティー!これぞ漢じゃろ。
観た感想



上映館:新宿バルト9、UC豊洲、MOVIX昭島、T・ジョイ大泉。他エンタメ~テレ参照



『クレイジーズ』2010/11/13~公開
原題:The Crazies
監督:ブレック・アイズナー
出演:ティモシー・オリファント、ラダ・ミッチェル、ジョー・アンダーソン

パニック・サスペンス。ご存じジョージ・A・ロメロ監督の、ゾンビもの以前の名作パニック・サスペンス・ホラーをリメイク!町の人々が突然イカレちゃうのだ。オリジナルが最高だっただけに、リメイクではどうなっているのか気になる。主演2人はB級ホラー御用達で、私は大好きだよ。
・オリジナル感想⇒ザ・クレイジーズ 【恐怖感 狂った世界に 狂わせる】
リメイク版感想



上映館:シネマサンシャイン池袋、TOHO六本木ヒルズ。他公式サイト参照


『ラスト・ソルジャー』2010/11/13~公開
原題:大兵小将
監督:ディン・シェン
出演:ジャッキー・チェン、ワン・リーホン、ユ・スンジュン、ドゥ・ユーミン、リン・ポン

 時代物アクション。ジャッキー・チェン構想20年。紀元前227年中国が舞台。戦争のさなか、生き残ったジャッキーが敵の将軍を生け捕りに!そこから始まる珍道中。敵同士に芽生える友情とか、そういった男臭さが漂いそう。観たいけど、私の優先度は低め。



上映館:渋東シネタワー、シネマメディアージュ、TOHO西新井、TOHO錦糸町、TOHO南大沢。他公式サイト参照


『デイブレイカー』2010/11/27~公開
原題:Daybreakers
監督:ピーター&マイケル・スピエリグ
出演:イーサン・ホーク、ウィレム・デフォー、クローディア・カーヴァン、マイケル・ドーマン、イザベル・ルーカス、サム・ニール

近未来アクション・ホラー。西暦2019年、全人口の95%がヴァンパイアになった!食糧危機を解決すべく血液の代用品開発が急務となる。ヴァンパイアがデフォルトな社会なので、夜明け警報とかあるらしいよ!スタバの追加シロップが血液とか!なんかもう面白そう過ぎる!この兄弟監督は前作『アンデッド』もヘンテコで面白かったよ!
・思えば1年半待った⇒吸血鬼映画"Daybreakers"『デイブレイカー』予告編
観た感想



上映館:新宿バルト9、池袋シネマ・ロサ、UC豊洲、T・ジョイ大泉。他公式サイト参照


『GAMER ゲーマー』2010/12/3~公開

原題:Gamer
監督:マーク・ネベルダイン、ブライアン・テイラー
出演:ジェラルド・バトラー、ローガン・ラーマン、アリソン・ローマン、マイケル・C・ホール、アンバー・バレッタ、テリ・クルーズ、キーラ・セジウィック、ジョン・レグイザモ

SFアクション。イエーイ!ジェリー主演の漢映画!ジェリーはロマコメ辞めて、こういう男臭い映画にどんどん出て頂きたい!死刑囚にナノマシンを注入して遠隔操作する、アクション・ゲームの話だよ。ジェリーは死刑囚の役。30回勝ち抜けば釈放!予告編のキッチュさ、ポップさ、SFっぽさも素敵!絶対観るんだ!
観た感想



上映館:TOHOみゆき座。他公式サイト参照


『エクスペリメント』2010/12/4~公開
原題:The Experiment
監督:ポール・シェアリング
出演:エイドリアン・ブロディ、フォレスト・ウィテカー、キャム・ギガンデット、マギー・グレイス

心理学実験サスペンス。ドイツ映画『es [エス]』リメイク。実際に中止を余儀なくされたスタンフォード監獄実験(アイヒマンテストの一種)を題材にした、極限状態サスペンス。待ってたよ!アメリカではDVD直行という哀しい事態になったけど、日本では単館公開!単館過ぎて、観に行けるかどうか微妙。
・オリジナル感想とリメイク版の米版予告編⇒es [エス] 【役割に はまり込んでく 恐ろしさ】

上映館:ヒューマントラスト渋谷


『ロビン・フッド』2010/12/10~公開
原題:Robin Hood
監督:リドリー・スコット
出演:ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、ウィリアム・ハート、マーク・ストロング、マックス・フォン・シドー、マーク・アディ

時代ものアクション。ザ・漢!リドリー・スコット×ラッセル・クロウで、剣と弓の熾烈な戦いだよ!これは観るしかないじゃん。しかもマーク・ストロングが本来の姿(禿頭)で出てるしね!

上映館:公式サイト参照


『トロン:レガシー』2010/12/17~公開
原題:Tron: Legacy
監督:ジョセフ・コシンスキー
出演:ジェフ・ブリッジス、ギャレット・ヘドランド、オリヴィア・ワイルド、マイケル・シーン、ボー・ガレット

3Dのみ上映のSFアドベンチャー。何が男臭いって、ジェフ・ブリッジスですよ!1982年の『トロン』の続編という位置づけ。なので、主演続投ブリッジスってわけじゃ。ヘッドギアはないみたいね。父と息子の確執、電脳世界、SF美女!観ないとね!これ公開前に旧作TV放送するかしらー?




『最後の忠臣蔵』2010/12/18~公開
監督:杉田成道
出演:役所広司、佐藤浩市、桜庭ななみ、安田成美、山本耕史、伊武雅刀、風吹ジュン、田中邦衛

 時代劇。池宮彰一郎の小説を映画化。まあ時代劇好きじゃないんだけどさ、こないだ『十三人の刺客』観て面白かったので、観る気になったよ。武士は男だよねえ!そして佐藤浩市は上質の男よねえ!あと、伊武雅刀って名前がカッコ良すぎて男前!



上映館:丸の内ピカデリー。他公式サイト参照


『キック・アス』2010/12/18~公開
原題:Kick-Ass
監督:マシュー・ボーン
出演:アーロン・ジョンソン、クロエ・モレッツ、クリストファー・ミンツ=プラッセ、ニコラス・ケイジ、マーク・ストロング

アメコミ原作の素人ヒーローものアクション・コメディ。普通の人が正義を守る為に闘う!たぶんそれは漢だと思うの。クロエ・モレッツがクロエ・グレース・モレッツ名義になってます。なんだいきなり。そしてマーク・ストロングが本来の姿で出演。これも渋谷単館上映!今後、上映館が増えるのかどうか要チェックやで~。
観た感想



上映館:シネセゾン渋谷。全国順次公開


『アンストッパブル』2011/1/7~公開
原題:Unstoppable
監督:トニー・スコット
出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン

暴走列車サスペンス。実際の事件インスパイアもの「生きて帰れたら、言いたいことがあるんだ」って、メチャメチャ死亡フラグじゃないか。二人の男が暴走列車777号を止めるために遮二無二!男だよねえ!ぽっぽやだよねえ!

上映館:TOHO日劇


『ソーシャル・ネットワーク』2011/1/15~公開
原題:The Social Network
監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ルーニー・マーラ、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョセフ・マッゼロ

Facebook創設の裏側を描いた青春ドラマ。友情と裏切り、金と欲望とビジネス。世界に通用するサービスを立ち上げる男の熱いドラマ!でも実際の本人は、この映画で事実に忠実なのは服装だけだね、と言ってるそうだよ。まあ、それはそうとして、注目のキャスト!新スパイダーマンのアンドリュー・ガーフィールド、リメイク版『ミレニアム』のリスベット役ルーニー・マーラが出てるよ。



上映館:丸の内ピカデリー


『デュー・デート 出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断』2011/1/22~公開
原題:Due Date
監督:トッド・フィリップス
出演:ロバート・ダウニー・JR.、ザック・ガリフィアナキス、ミシェル・モナハン、ジェイミー・フォックス

ロードトリップ・コメディ。『大災難P.T.A.』風、お馬鹿な道連れが出来てしまったダウニー・JR.の旅。男二人の旅は道連れ世は情け。『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』の監督が、困ったちゃんキャラのガリフィアナキスを引き続き似たようなキャラで使ってます。これは観たいでしょう!邦題はアレだけども。

上映館:シネセゾン渋谷、新宿武蔵野館ほか


『ウォール・ストリート』2011/1/28~公開
原題:Wall Street: Money Never Sleeps
監督:オリバー・ストーン
出演:マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブローリン、キャリー・マリガン、スーザン・サランドン、フランク・ランジェラ、イーライ・ウォラック

金融ドラマ。『ウォール街』続編!現在ガンで闘病中のマイケル・ダグラスが、渋くて男臭くてカッコイイ!これも公開前に前作をTV放送してくれないかなあ。もう忘れちゃったよね。あと、この映画で英国新進女優キャリー・マリガンとシャイア・ラブーフが付き合ったけど、別れちゃって、マリガンは英国に帰ったとさ。(´・ω・`)




『RED レッド』2011/1/29~公開
原題:RED
監督:ロベルト・シュベンケ
出演:ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレン、カール・アーバン、リチャード・ドレイファス、メアリー=ルイーズ・パーカー、ブライアン・コックス

アメコミ原作のアクション・コメディ。引退したCIA工作員たちが、組織に命を狙われる!男映画だけど、元殺し屋のヘレン・ミレンがカッコイイ!そしてマルコヴィッチがヘンテコ!




『グリーン・ホーネット』2011/1月公開
原題:The Green Hornet
監督:ミシェル・ゴンドリー
出演:セス・ローゲン、ジェイ・チョウ、キャメロン・ディアス、クリストフ・ヴァルツ

アクション・アドベンチャー。'60年代TVドラマの映画化。新聞社の社長が夜は正義の味方!ミシェル・ゴンドリー監督初の3D。相棒を演じるジェイ・チョウは拓海君(頭文字D)ですよ!藤原豆腐店の、水をこぼさずに峠攻めするアイツ。いいよね、なんか。



上映館:丸の内ピカデリーほか


■『完全なる報復』2011/1/22~公開
原題:LAW ABIDING CITIZEN
監督:F・ゲイリー・グレイ
出演:ジェラルド・バトラー、ジェイミー・フォックス、レスリー・ビブ

犯罪法廷サスペンス。妻子を殺された男の復讐劇。司法取引により10年の刑期を終え出所した犯人を殺す!法律に異を唱える男の孤独な熱い復讐!いやあ、ジェリーの男映画ですよこれ!観たかったんだあ!日本公開ないのかと思ってたら、忘れた頃にやって来たよ。絶対観ますとも!



上映館:TOHO六本木ヒルズ、みゆき座ほか


よし!今日はこんなところにしといてやる!まだ上映館も決まってないような映画もチラっとメモしとく。あ~!どれも楽しみだなあ!

■『スプライス』1/8~公開?なの?本当に?
遺伝子操作ホラー。⇒遺伝子操作ホラー"Splice"予告編
『ザ・タウン』2/5~公開
ベン・アフレック監督&主演のクライム・ドラマ。
『シリアスマン』2/26~公開
コーエン兄弟のドラマ。
■『バトル・ロサンゼルス』4月公開
エイリアン侵略SF。米軍が全力で戦うよ!
にほんブログ村 映画ブログへ
PageTop

ジャーロ 【善悪は 表裏一体 人の闇】

tag ホラー サスペンス 犯罪 スプラッター ミステリ

『ジャーロ』 GIALLO
2009年・アメリカ=イタリア
鮮血の貴公子ダリオ・アルジェント監督新作!

 タイトルのジャーロは、ジャーロ(ジャッロ)ものって映画のジャンルがありまして'70年代に流行しとりました。イタリアの、オペラ風味犯罪ミステリ・サスペンス刑事ものエログロ付映画、って言ったら大体合ってるかな。GIALLOはイタリア語で“黄色”のこと。

なんでジャンル名が“黄色”かって?昔イタリアで人気を博した刑事・探偵もの推理小説が、黄色い表紙のペーパーバックで出版されていたことから。元々は、1929年から今日に続くI gialli Mondadori※1ってライン※2で黄表紙を使ってたのが始まりで、各出版社がその人気にあやかって同じジャンルの表紙は黄色くしたんだって。そしてジャーロは'60年代に小説から映画へと広がっていき、映画ジャンルとしては'70年代に最盛期を迎えた、と。
※1…単数形は"Il Giallo Mondadori"だけど、ライン名としては複数形表記を使用
※2ライン…例えば電撃文庫、角川スニーカー文庫、創元SF文庫みたいにあるジャンルに特化したサブレーベル

ハイ、お勉強終わり!ヽ(´ー`)ノ

 で、その“黄色”が映画の中でのキーワードにもなってます。ジャーロというジャンルへのオマージュの表れと思われます。実際、レトロな作りで斬新さはまったくない。猟奇連続殺人、それ追う一匹狼の刑事、被害者の美女、オペラ風味の大袈裟な色彩と音楽。映画館で隣の人がイビキかいてたけど、私はハードボイルドで哀しくて好きですよ。ラスト(一歩手前)が最高です!

 舞台はイタリア、トリノだよ。古い石造りの道や建物、鮮やかな色遣いのファッションがとっても素敵!
ジャーロ [DVD]ジャーロ [DVD]
エイドリアン・ブロディ
エルサ・パタキ 他

PageTop

サイモン・ペグ主演SFオタ・コメディ"Paul"予告編

tag SF コメディ 動画付き

ホット・ファズ~俺たちスーパーポリスメン!~ [DVD] 正しくはサイモン・ペグニック・フロストのバディ・コメディ。

 『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』『ショーン・オブ・ザ・デッド』の名コンビが主役です。ついでに脚本もこの二人が担当!

 この"Paul"、どんな映画かと言いますと。英国人コミックおたく親友2人組が、アメリカはサンディエゴで開催される憧れのコミック・コンベンション(通称コミコン)に聖地巡礼の旅に出る話。コミコン帰りにUFO関係の地を回ろうなんつってルンルン運転してたらば、エリア51から逃げてきたというエイリアン=ポールに遭遇!まあ、予告編を観てけっさい!



 相変わらずのラブラブなお二人(ペグ&フロスト)に、もうそれだけで笑っちゃいます。なんか最後の方はまんま逮捕されたリトル・グレイみたいになってるね。イキイキと、飄々とした二人がとっても楽しそうで、絶対面白いに違いないよ、これ!超観たい!

 監督はグレッグ・モトーラ。エイリアンのポールの声にセス・ローゲン、ほか共演にジェイソン・ベイトマンシガーニー・ウィーバーなど。

公式サイト⇒PAUL

 2011年2/18~英国公開、3/18~全米公開、4/14~ドイツ公開、6/3~ノルウェー公開。日本公開も是非お願いします!ここのところ、お馬鹿コメディも劇場公開してくれるようになってるから、期待しておこう。みんな、これは観たいよね!


2010/12/17追記:ポスター出たよ!
"Paul"ティーザー・ポスター1(未知との遭遇)
"Paul"ティーザー・ポスター2(可愛いエイリアン)


2010/12/18追記:インターナショナル版(UK版)予告編出た!



 ちょw宇宙人オモシロ過ぎる!鳥!なんで!


2011/1/7追記:劇場版新予告編出た!
 プレデターの真似wwとかw。どうしたって観たいな、この映画!日本公開強く希望!




2011/2/24追記:R指定版予告編出た!
 新しい映像いっぱい入ってるよ!主に下ネタが。ボールとかナッツはふぐりのことじゃよ。やはり鳥は食べるんだw



にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:
PageTop

大奥 【江戸の世の 女社会で 生きる道】

tag コスチューム 歴史 SF

『大奥』
2010年・日本
よしながふみの漫画『大奥』1巻を映画化。

 もうひとつの歴史ってことでSFジャンルと言っても良いと思います。原作漫画は現在6巻まで出ていて、歴代将軍の人生を描いているようです。未読。webで試し読みしてみたら、原作は面白そう!史実をうまく取り入れてフェイク歴史物に纏めている様子で、2巻以降のほうが(パラレル時代劇としての)SF的面白さがあるみたい。

 男だけが罹る赤面疱瘡という病気が流行り、男女比が1:4となった時代を描いています。男は大事にされ、労働は女が担当。家督も女、将軍も女。そんな逆転世界。だけど、結局現実とそう変わらないのよね。現実で女がやらされていたことを男がやっているだけで。

 映画の見所は衣装や美術!豪華な格子天井や煌びやかな襖、建具が本当に素晴らしい!京都、西本願寺にて一般には非公開の渡り廊下で撮影してたりするので、そういう本物の舞台もまた素晴らしい。古い日本の建物や襖絵などがお好きなら、そこだけは確実に楽しめますよ!
大奥 <男女逆転>通常版Blu-ray大奥 <男女逆転>通常版Blu-ray
二宮和也
柴咲コウ 他

PageTop

イクスピアリの音楽映画特集行ってきた

tag 音楽映画 ミュージカル

 舞浜サーバーの空は今日も青いです!シネマ・イクスピアリへと発進ニャ!10/8から29日まで開催中の音楽映画特集上映に行ってきたよ。観たのは『オペラ座の怪人』『シカゴ』

 オペラ座はやっぱり、オープニングでぶわ~っとシャンデリアが上がってオペラ座が色鮮やかに蘇るとこがね!感動です!これだよ、これ!これをもう一度、劇場で観て聴きたかったのさ!あと、この頃のジェリー(ファントム役)は眼光鋭くて素敵過ぎた(*´Д`*)。

『シカゴ』は何度観ても傑作!って、ブログに感想は書いてないのね私。そのうち書こうかな。ブラックユーモア、アイロニー、歌曲の素晴らしさ、キャストの最高さ、脚本の良さ、ミュージカルパートと現実パーツの交互カットも絶妙!

 さて。イクスピアリの音楽映画イベント「おすぎが恋したミュージックシネマ」に関しては以前のエントリを参照下さい。おすぎ嫌いでも大丈夫だよ。

はい!行ってきたらまた劇場装飾やってた!

シネマ入口におすぎのアーチ。
IMG_0993.jpg


アーチ裏側もきちんと作り込まれてる。
IMG_0991.jpg


アーチのパーツはこんな感じ。凝ってる!
IMG_0994.jpg


 もぎり辺りが華やかですよ。下のおすぎ人形は、もぎりテーブルにちょこんと乗ってました。よく出来てるねえ!ところで、一番上の写真のもぎりお姉さんをよく見ると肩に乗ってる。肩乗りおすぎ。可愛くも何ともないが。あ、肩に乗せてもぎっちゃうお姉さんはお茶目で可愛いと思います!

おすぎ人形。フエルティングで作ったのね。
2010-10-13 15.56.18


アーチの横にはよくわからないコーナーが。
IMG_0990.jpg


 アーチ横、通路の仕切りになってるところに、よくわかんないコーナーが設けてあったよ。花束とかキャンドルとか写真とか…誰か死んだの?メモリアルですか?…なんて思ったけど、んなこたぁない。写真をよく見ると本場ブロードウェイが映ってます。つまりこのコーナーって、ブロードウェイをイメージしてみたよ!ってことなんだろう。

アーチの向かいにはタワーが。
IMG_0995.jpg


映画パンフの表紙コピーみたいので出来てる模様。
IMG_0996.jpg


 イベント上映自体も嬉しいけど、こうやって劇場全体で雰囲気出して盛り上げてるのは楽しい!映画館て、日常からすぐそこにある非日常への入口だから。2時間の映画世界と、現実を繋ぐターミナル。お家でDVD・BDを観るのも便利で気楽で良いけれど、映画館に行くとまた違った楽しさがあるよ!

晴れたって雨だって、みんな、映画館に行こう!

でも、おすぎ人形はジグソーだと思う。
2010-10-13 15.56.26

にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
ジグソウ テーマ マスク SZ033 小道具ジグソウ テーマ マスク SZ033 小道具
コススター

毛玉内関連記事:
PageTop

ガフールの伝説 【守るんだ 自由平等 フクロウ社会】

tag アニメ 戦争 アクション ファンタジー

『ガフールの伝説』 LEGEND OF THE GUARDIANS: THE OWLS OF GA'HOOLE
2010年・アメリカ
キャサリン・ランスキーの児童文学シリーズをザック・スナイダー監督が映画化。

 ザック・スナイダー監督、初のアニメーション!原作シリーズの最初の3冊を元にしたとのこと。原作は現時点で10巻まで邦訳が出ており、まだ続くみたいよ。舞台は、人間が消滅した世界。フクロウが高度な知性と技術で文明を築いています。ということで、大小様々な種類のフクロウが出てきて可愛いのなんのって!ふわっふわ羽毛!

 3D吹替版で観てきたよ。字幕版だとジム・スタージェス、ヘレン・ミレン、ヒューゴ・ウィーヴィング、ジェフリー・ラッシュ、サム・ニール等の声が聴けますが、それはまたDVDが出たらで良いかね。折角だからスクリーンいっぱいに広がる美しい3D映像を楽しむが良いよ!

 前座として3分の短編アニメ『ルーニー・テューンズ ロード・ランナーとワイリー・コヨーテ“Fur of Flying”』が付いてます。ロードランナーが高速で走ってきたり、コヨーテの鼻がピクピクしたりするのを是非3Dで観てね!これは良い出来だから!ワーナーのアニメ映画としては、今後このピクサー方式でいくようです。『キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争』でも2分間のアニメ『ルーニー・テューンズ ロード・ランナーとワイリー・コヨーテ“Coyote Falls”』が付いてたようです。なんだ、ちぇ、観れば良かった!み!み!Beep!
ガフールの伝説 3D&2D ブルーレイセット(2枚組) [Blu-ray]ガフールの伝説 3D&2D [Blu-ray]
ブルーレイセット(2枚組)
ジム・スタージェス
エミリー・バークレイ 他

PageTop

トラブル・イン・ハリウッド 【お仕事だ くだらん問題 片付けて】

tag コメディ 動画付き

『トラブル・イン・ハリウッド』 WHAT JUST HAPPENED
2008年・アメリカ
ロバート・デニーロ主演、ハリウッドの内幕コメディ。

 原作本はハリウッドの映画プロデューサー、アート・リンソンのノンフィクション"What Just Happened: Bitter Hollywood Tales From the Front Line"。これ、邦訳出してほしい!映画に主演したデニーロ様のことも書かれているそうで、映画スキーには大変楽しめそうな本ですよ。

この映画は、原作本を元に著者リンソン本人がフィクションとして脚本化したもの。

 そんなわけで、かなり生のエピソードが詰まってる映画製作の裏側コメディ。撮影に入るまでに主演スターのもじゃもじゃヒゲを剃らせようと胃を痛める件では、スターをブルース・ウィリスが演じるよ。そしてもう一つの問題映画の主演にはショーン・ペンが!もうこれだけで満足です。業界人スタンリー・トゥッチも良い味出してました。
トラブル・イン・ハリウッド スペシャル・エディション [DVD]トラブル・イン・ハリウッド [DVD]
スペシャル・エディション
ロバート・デ・ニーロ
ショーン・ペン 他

PageTop

メッセージ そして、愛が残る 【避けられぬ その瞬間まで 何思う】

tag ヒューマン ファンタジー

『メッセージ そして、愛が残る』 Et après /英題:AFTERWARDS
2008年・ドイツ=フランス=カナダ
ギヨーム・ミュッソのフランス・ベストセラー小説を映画化。

 フランスでベストセラーとなった同名小説を映画化したものだけど、使用言語はほぼ英語。舞台がアメリカだからね。たまに主人公とその元妻がフランス語を話す程度なので、フランス映画って雰囲気はないよ!話のテンポもフランス映画っぽくないよ!だからフランス映画が苦手なみんなも大丈夫!

 そして邦題が甘ったるい。原題は"それから"って夏目漱石みたいだな。"その後…、それから…、そして…"そんな意味です。邦題や予告編で、夫婦愛再建のロマンス映画なの?と思っていたけど、違ったよ!もっと大きな、スピリチュアル系、スーパーナチュラル系のしみじみヒューマン・ドラマでしたのよ!良かった!とても良かった!あ、でも夫婦愛再建ものでもあるよ、主軸じゃないけど。

 とにかくマルコヴィッチだし、映像も音楽もとても美しいし、何度も驚かされて座席でビクゥ!っとなったし、テンポも良かった。ジョン・マルコヴィッチが、人の死を前もって知ることの出来る不思議なケイ医師の役で素晴らしい演技を披露してるよ。哀しみと諦めの入り交じった表情が、瞳が、ミステリアスです。

 内容をあまり知らずに観た方がグイグイ引き込まれる展開なので、恋愛映画じゃないよってことだけ踏まえてどうぞ観てきてくださいな。
メッセージ そして、愛が残る (小学館文庫)メッセージ そして、愛が残る
(小学館文庫)
ギヨーム・ミュッソ

PageTop

10月はイクスピアリで音楽映画特集上映!

tag 音楽映画 ミュージカル

 舞浜シャイニング・オーシャン・パンチでお馴染みの舞浜にありますシネマイクスピアリで、今日から特集上映が始まります。2010/10/8~29まで、題して『おすぎが恋したミュージックシネマ』だそうです。おすぎはシャイニング・オーシャン・パンチで退けといて、つまり音楽映画、ミュージカル映画の特集上映でございますよ。ヽ(´ー`)ノ

 期間中、17本の音楽映画を上映してます。もう遅くてアレですが、初日の10/8(金)夜は『白百合クラブ 東京へ行く』で、この日1回のみの上映。

鑑賞料は800円均一。大人も子どもも幼児も皆800円よ。

他、16作品は10/9(土)~10/17(日)までがミュージカル映画特集。『オペラ座の怪人』『NINE』『ヘアスプレー』『ドリームガールズ』『アクロス・ザ・ユニバース』『プロデューサーズ』『シカゴ』の7本を期間中4~7回ずつ上映。

10/18(月)~10/29(金)は音楽映画特集。『パイレーツ・ロック』『オーケストラ!』『ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢』『ヤング@ハート』『扉をたたく人』『コーラス』『永遠のマリア・カラス』『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』『戦場のピアニスト』の9本を期間中3回ずつくらい上映。

 詳しい上映スケジュールは下記サイトで確認してください。

 私、『シカゴ』『オペラ座の怪人』は映画館でまた観たかったのよねえ!特にオペラ座のあのオープニングの感動は映画館でしか味わえなかったから。DVDで観るとやっぱ音響がホラ。あ、なに、ホームシアターなら音響もバッチリ!ですって?ふん、ブルジョワが!

 とにかく、映画は映画館で観たいものなのよ。しかも1本800円なら超お得よ!『プロデューサーズ』や『ドリームガールズ』、『パイレーツ・ロック』に『ヘドウィグ~』あたりをお薦めしとく!私は未見の『オーケストラ!』と『扉をたたく人』を観に行く予定。

 こういう特集上映でのリバイバル、じゃんじゃん企画遂行してほしいものなのだわ!シネコンは8つとか10個とかスクリーンあるんだから、そのうちの一つぐらいリバイバル上映にあてても罰は当たらないと思うの。みんな、10月は舞浜サーバーに集まれ!

カミナギ、舞浜の空は青いか?
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:
PageTop

ミレニアム2 火と戯れる女/ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 【過去暴き 人並みの自由 手に入れん】

tag 犯罪 ミステリ サスペンス 法廷

『ミレニアム2 火と戯れる女』 
FLICKAN SOM LEKTE MED ELDEN /英題:THE GIRL WHO PLAYED WITH FIRE
『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』
LUFTSLOTTET SOM SPRANGDES /英題:THE GIRL WHO KICKED THE HORNET'S NEST
2009年・スウェーデン=デンマーク=ドイツ
スティーグ・ラーソンのスウェーデン・ミステリ小説映画化3部作の2,3作目。

 原作未読のままついに3部作の残りを観てきましたよ。監督は1作目とチェンジ、2,3作目はダニエル・アルフレッドソン監督の続投。それでなのかどうなのか、1作目にあった一話完結ミステリの雰囲気ではなくなってしまった。2と3、併せてひとつの物語になっています。2だけ観ても何もケリがつかないわけさ。ってことで、感想文も2本まとめてのエントリにするよ!

 原題は2作目が"火遊びせし少女"で英題もそれに準じ、邦題も同じく。あ、ただ邦題では現在形になっちゃってるからニュアンスが違ってくるのがアレだけど。原題に近くすると“火と戯れた少女”ってことになるんでないか。

3作目の原題は英語版wikiによれば“爆発した天空の城”みたいだけど、原題そのままを自動翻訳すると“走った少女”って出てくるのだ。ごめん、よくわからない。"LUFTSLOTTET"は空中の城、スウェーデンでは“ほぼ達成不可能な計画、ありえない望み”の意味で使われてるとのこと。机上の空論、て感じかなあ?なので恐らく“弾けた夢の計画”みたいな意味だろうか。英題は“スズメバチの巣を蹴った女”で分かりやすい。触れてはならない攻撃的な組織に触れてしまった。でもそれは彼女が自由を勝ち取るため!邦題は全然意味が分かりません。眠れる女=リスベットは分かるけど、狂卓ってなんだう?円卓の騎士オマージュかもしらんが、なんで“狂”なのかさっぱりわからない。

 原作はこの3部作で終わってしまいます。著者スティーグ・ラーソンが亡くなってしまったから。本当は5部作の予定だったそうで、4作目の草稿が発見されたけども遺族の権利問題でゴタゴタしてるとか。主人公二人の物語はあと2作分続いていたはずだと思うと非常に残念!

 あと、本国スウェーデンで今年3月にTVのミニシリーズ放送してたんですって。2話ずつで3部作の全6話(映画1本分を2話180分で)。映画撮影した映像を再編集したロングバージョンてことらしい。たぶんコレと同じモノを日本でも放送するそうなので観れる人は観たら良いよ。ミステリー専門チャンネルAXNミステリーで10/18日に放送だって。詳しくはコチラ

ミレニアム2 火と戯れる女 [DVD]ミレニアム2 火と戯れる女 [DVD]
ミカエル・ニクヴィスト
ノオミ・ラパス 他
ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 [DVD]ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 [DVD]
ミカエル・ニクヴィスト
ノオミ・ラパス 他

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。