猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

富江タン可愛いよ富江タン

tag ホラー

BD Horror News -『富江』リメイクの脚本家決まる (英語)

  ドラマシリーズスピン・シティの脚本家フィル・ウェンと、
  ライター・コンビのヴィンス・ディ・メッリオティム・ラスムッセンが、
  ディメンション・フィルム製作の『Tomie』の脚本家に決まった。
  『富江』は1999年公開の日本のホラー映画で、続編も多数作られている。

脚本家の3人、作品をまったく観たことがありません。
スピン・シティには興味ないからフィルさんは諦めるとして。
残り2人が作った『ダムド 呪いの墓場』とか観てみようかしら。
ものっそいB臭が漂ってるんだけど。 うん、そういうの、嫌いじゃない。

原作は伊藤潤二の『富江』。
陰のある美少女・富江のゾッとするホラー漫画だよ。
これは本当にすごい漫画だ!
うずまき』もすごかったけど、この人の描くホラーは理屈じゃない感覚の痺れるような恐ろしさ。

でもって映画版、観てなくてすみません。
1作目の富江は菅野美穂ちんなんだね。 ホラー似合うよ。
2作目のは観たような気がします。
だども、漫画のほうの印象が強すぎて!!

ハリウッド・リメイク版が楽しみです。
いろんな意味で。
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:黒澤の『天国と地獄』がハリウッドでリメイク!
           案山子男 オン・ザ・ビーチ 【キャンパスや 若者どもが 夢の跡】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

白 | URL | 2008年08月14日(Thu)00:32 [EDIT]

ホラー漫画は子供の頃、図書館でよく読んでました。まことちゃんの人ばっかりでしたけど(笑)
デフレパード、今でも弾けますよ。コンサート抽選外れたので残念(泣)
応援凸

>白さま。

P | URL | 2008年08月14日(Thu)09:59 [EDIT]

楳図先生は秋に『おろち』が公開ですね。
映画になると、どうなっちゃうんでしょうねぇ。

レップス弾きとは、すごいですね!
私は最近のは聴いてないです。
でも新譜は評判良いらしいので聴きたい気になってます。
ファイアハウスも好きでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。