猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ビルとテッドの大冒険

tag 音楽映画 コメディ 青春 SF 動画付き

『ビルとテッドの大冒険』 Bill & Ted's Excellent Adventure
1989年・アメリカ

高校生二人組みが歴史の進級をかけて何故かタイムマシーンで歴史上の有名人を連れてきちゃう。
(このタイムマシーンが電話ボックスだったりして、今となってはマトリックスを連想する)
わけわかんないお馬鹿ムービー。
音楽がロックでカッコ良いのが取り柄です。
そしてキアヌ・リーヴスのアホっぽい役を見ることのできる希少価値。
たぶん黒歴史。

私が初めてコレを観たのは、高校の英語の授業でした。
しかし既に18年前?うわー…。
わけわかんない!
ビルとテッドの大冒険ビルとテッドの大冒険
(2004/11/10)
キアヌ・リーヴス,
アレックス・ウィンター

コトノハ


"Excelleeeeent!"

二人の決まり文句。
ギターをティキティンと鳴らしながら(あるいは鳴らす真似をしながら)言うのがお約束。

どんな映画?
どんなもこんなもないんですけどね。
冒頭に書いたとおり、お馬鹿な高校生二人組みがタイムマシーンに乗ってソクラテスだのナポレオンだのを現代に連れ帰るわけです。
二人はロックが大好きで、ワイルド・スタリオンというデュオを組んでいます。
ロックばっかやって、勉強してないわけですよ。
さぁ、歴史の単位とれるかな?という主軸。

なにかほのぼのとしたテーマがあるのかと思いきや。
本当に単にひたすらお馬鹿なだけ、という珍しい映画。
ノリだけで観るしかない。

未だに、なんで高校の授業でコレを見せられたのかわかりません。

ついでに貼っておく、ビルとテッドのブロークバック・マウンテン
本当はこんなBL風じゃないんだからね!



にほんブログ村 映画ブログへ
俳優は誰?
主演のお馬鹿ちんコンビにキアヌ・リーヴスアレックス・ウインター

キアヌ、若いよ。そして超アホ。
私の中のキアヌのイメージはコレが原点なので、これ観た後に『ハート・ブルー』観たらギョっとした。
同一人物とは思えないやね。
そんなわけで、今でもどこかでアホっぽいキアヌを心待ちにしている私なのです。

相棒の方は、ビル&テッドシリーズ以降はテレビをメインにしていた様子です。
ミュージック・ヴィデオ撮ったり、製作・脚本・監督の方面に進み、キアヌとはまた別の道を行っています。

そんな主演2人ですが、今でも20年来の親友だそうで、ニューヨークをぶらついたりしているそうです。
ちょうどハロウィーンの夜、二人で歩いていると誰かがこう言ったそうな。
「おい!見ろよ!あの二人ビル&テッドに仮装してんのクリソツ!」

関連作品のようなもの
ビルとテッドの地獄旅行もっと面白い続編。
ビルとテッドの地獄旅行
キアヌ・リーヴス;アレックス・ウィンター
Bill & Ted's Excellent Adventure (1989 Film)サントラCDが凄い。
Bill & Ted's Excellent Adventure (1989 Film)
テネイシャスD-運命のピックをさがせ!-音楽は世界を救う的映画。
テネイシャスD-運命のピックをさがせ!-
テネイシャス D
ワイルド・スタリオンワイルド・スタリオン
キーファー・サザーランド;アンソニー・ラパグリア

毛玉内関連記事:ビルとテッドの地獄旅行
           『ビルとテッドの大冒険』リメイク決定
           テネイシャスD 運命のピックをさがせ!
           マイケル・ジャクソン THIS IS IT 【ラストショー 取り組む姿が 心打つ】
           ナイト ミュージアム2 【良い続編 スケールアップに 新キャラも】
           アニメ『カウボーイビバップ』が実写映画化
           キアヌ・リーヴス表情完全観察辞典(キアヌ・メーター付き)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。