猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

20世紀少年 第1章 終わりの始まり

tag サスペンス SF パニック 動画付き

『20世紀少年 第1章 終わりの始まり』
2008年・日本
浦沢直樹の長編漫画を原作とした3部作の第1章。

本編142分。
『ダークナイト』のときは長かったけどちゃんとヌケがあって疲れなかったんだが。
こちらはユーモア少なくサスペンス続きなので疲れました。
全体的に、思ったほど酷くはなかったよ。
なんかでも、粗筋だけを必死に追いかけて作った感じで、それぞれの人物の大事なドラマ部分がごっそり抜け落ちてた。
そこをなくしちゃったら面白くない話だと思うのだが。

しかし、第2章の予告のオッチョ(トヨエツ)の台詞「お前、アイツか!」はナイと思う。実際言わないでしょ、本人目の前にして、アイツか!とか。

20世紀少年 第1章終わりの始まり  通常版20世紀少年 第1章
終わりの始まり 通常版

(2009/01/30)
唐沢寿明;豊川悦司

コトノハ


「グーテンターク」/「偶然だーよ。」

デュッセルドルフ帰りのモンちゃんが同窓会に現れ、グーテンターク。
すかさず子供時代のモンちゃんに画面が切り替わり、語感の似た言葉を言った。
数少ないユーモアシーンのひとつ。

どんな映画?
ロックスターになりたかったオッサン、ケンヂ。
今は実家の元酒屋のコンビニを経営している。失踪した姉に預けられた赤ちゃんカンナの面倒を見ながら。
同窓会で話題になった奇妙な新興宗教の教祖"ともだち"は、ケンヂたちが子供の頃に遊びで作った"よげんのしょ"や仲間うちしか知らないシンボルマークを使って何かしているらしい。
その"ともだち"は次第に人の命を奪う深刻な事件を起こし始める。
ケンヂたちとの関係は…? "ともだち"は誰なのか?

という話なわけだけど。
原作では、子供時代のあやふやな記憶が現在にどんな関係があるのかを探っていくサスペンス。
子供時代、何があったのか。どうしてそれがこんなことに繋がったのか。
ケンヂたち登場人物のそれぞれの苦しみ、悲しみ、友人同士の関係性を示すエピソードなどが丁寧に描かれていた。
これを映画化するのは大変だよね。

本作では焦点をケンヂに絞り、仲間たちの勇敢なエピソードや関係性がバッサリ削除されました。
映画としては、そういう作りにせざるを得ないのだろうなぁ。
で、どんどん出来事が積み重なっていく早い展開を追いかけるのに、観てる側は疲れちゃうわけ。
今回は1作目だから、それでも良いと思う。
問題は終わり方なんだろう。原作とは違う解釈が提示されるとかされないとか。
原作どおりだとしたら、このままの作り方では面白くないだろう。
本質は"ともだち"探しではなく、そこに生きる人たちの姿勢と人間関係だから。
そういう意味で、映画版は薄っぺら。

最後に流れる曲はケンヂが作ったという設定の『ボブ・レノン』。
浦沢さんが作ったんだが。
今回はなかったけど最後のほうに「ぐーたらら、すーだらら」という歌詞が入る。
なんじゃそりゃ。漫画読みながら、それはない、と思ってたんだ。
映画版でも今後この部分が出くるのかしら。↓参考動画:浦沢が歌う『ボブ・レノン』



あと、最後に少しだけ大人になったカンナが登場。
そこで愕然。
カンナはいつも不機嫌そうでノーメイクで年の割りに大人びていて、笑っても孤独が透けて見えるイメージだったのに!
なんかすごいニコニコ笑ってお転婆ちゃんみたいな娘に成長していた!
にほんブログ村 映画ブログへ
俳優は誰?
細かいところまで沢山の名のある俳優が出演しているので、ざっくりとだけ。

主役のケンヂに唐沢寿明。原作イメージとは違うながらも、それなりの説得力があるのですごい。
例の『ボブ・レノン』もちゃんと歌っている。ケンヂの歌はね、原作で「歌へっただなぁ」って言われてたから、あれで充分だと思う。もっとヘタでも良いくらいだと。

カッコイイ女、元・史上最強の女の子ユキジに常盤貴子。もうなんかそのまんまだよね。ユキジは感情の起伏をあまり表に出さないから、いつものイキイキ・ウーマン常盤貴子ではないけど。第2章以降は老けメイクするのかしら。

将軍オッチョは豊川悦司
マッチョで最強の将軍は是非とも総長(宇梶剛士)に演じていただきたかった!総長はモンちゃんの役でした。
うん、それで良いんだと思う。総長の演技力でオッチョは荷が勝ちすぎるよね。
オッチョの壮絶な過去話はまるっとカットされてんのね。チャイポン、どうすんだ。

あとは私の好きなキャラクター、ヨシツネで終わろうと思うよ。
ヨシツネは香川照之が!すごい役者を持ってきたなぁ。
今後のヨシツネの活躍を期待しる!

関連作品のようなもの
20センチュリー・ボーイ作中でかかる曲。タイトルの元ネタ。
20センチュリー・ボーイ
T.REX
20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1) (ビッグコミックス)原作漫画。
20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1) (ビッグコミックス)
浦沢 直樹
20世紀少年BOX原作漫画詰合せ。『21世紀少年』含む全巻セット。
20世紀少年BOX
浦沢 直樹
「20世紀少年」の秘密ファン向け本。
「20世紀少年」の秘密
20世紀少年研究会
リカちゃんのおともだち 山田邦子 クニちゃんリカちゃんのおともだち 山田邦子 クニちゃん

毛玉内関連記事:ともだちシール
           20世紀少年 第2章 最後の希望 【今回も トレース映画 極まれリ】
           20世紀少年<最終章>ぼくらの旗 【正義など 定義できない 表裏】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

白 | URL | 2008年09月25日(Thu)00:12 [EDIT]

どうなっていくんでしょうね。漫画とはかなり違う構成だったので、削除のように見せて2章以降に登場するシーンなんかも多分あるんでしょうが、いっそのこと、漫画とはがらっと変えてくれるほうが楽しみかもしれません。

>白さま。

P | URL | 2008年09月25日(Thu)12:05 [EDIT]

うーんうーん、オッチョとチャイポンのあれとか、ケンヂと姉ちゃんの昔からの繋がりとか、ドンキーの鼻水タオルを掴むとことか、もう削除なんだと思います。
だって入る隙がないですよー。
そうですよね、漫画と同じ筋でいくと本当微妙な作品に終わっちゃいますよね。
なんだかんだ言いながら、第2章も観に行きますが!

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『20世紀少年 第1章』 ベストメンバーの集結が、奇跡の“完コピ”を創造した。

『20世紀少年 第1章』 監督:堤幸彦 原作・脚本:浦沢直樹 企画・脚本:長崎尚志 出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、宇梶剛士、宮迫博之、生瀬勝久、小日向文世、佐々木蔵之介、佐野史郎、石橋蓮司、中村嘉葎雄、黒木瞳 ほか

ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー 2008年09月27日(Sat) 09:06

【映画】 20世紀少年(2008)

今回は、映画「20世紀少年」。 原作 とっても面白い(17巻までしか読んでないですけど) 映画 微妙(笑) アクセスアップのために、ぽち...

映画、こんなん観ましたけど… 2008年09月25日(Thu) 00:12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。