猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

吸血鬼モノ新作映画

tag ホラー ヴァンパイア 動画付き

そういえば、吸血鬼ものの傑作小説『ヒストリアン』の映画化はどうなったのでしょうか?

ヒストリアン・Iヒストリアン・IIヒストリアン・I
ヒストリアン・II
(2006/02/22)
エリザベス・コストヴァ
高瀬 素子

と、不意に気になり調べてみると。
遅れているみたいですね。早ければ2007年公開予定だったのに、2010年に延期。
キャストわからず。詳細わからず。ソニーさんがやるってことは変わらず。
…高い権利を買ってしまったのだから、モトとらなくちゃだよねぇ。

これに限らず、私は吸血鬼ものが大好きです。
ということで、気になる吸血鬼モノ映画のニュー・フェイスを2つご紹介。

"Dracula :Year Zero"
1つめは、アレックス・プロヤス監督の"Dracula :Year Zero"(原題)。
  参考:プロヤス監督のヴァンパイア話(英語)
ドラキュラとして知られるヴァンパイアの起源について描かれるとのこと。
歴史上のトランシルヴァニアのヴラド公と、ブラム・ストーカーの創造したドラキュラを混ぜ合わせた話になるとか。

プロヤス監督は今ニコラス・ケイジ主演の『ノウイング』のポスト・プロダクション中。
そいつは2009年公開の目処だ。
ってことは、このドラキュラ映画は2010年ぐらいに観られるのかしら。
ものすごい楽しみです!
『ヒストリアン』の方はそれまでに製作終わっているかしらね?ダイジョブ?
※2010/1/27追記:やっと本格的に製作開始!主演、ヴラド・ツェペシュにサム・ワーシントン交渉中。
ヴラドの恋愛も絡めてのお話になるとか。


"Let the right one in" / "Låt den rätte komma in"
もうひとつの吸血鬼モノ新作は"Let the right one in"(英題)。
少女ヴァンパイアと苛められっ子少年の交流を描くスウェーデン製ホラー。
インターナショナル版の予告編↓を見る限り、かなりのダークさ。期待大。



本国とアメリカの一部では2008年10月24日から公開。
トライベッカ映画祭で絶賛されていたそうで(最優秀作品賞受賞)、早く観たいです!日本にはいつ来るの?

※2010/1/27追記:ショウゲートさんがお買い上げしたそうで、2010年日本公開調整中ですって。
ネタ元⇒ZOMBIE手帖ブログ
※2010/4/28追記:邦題決定などの情報を追記しました。
"Let the right one in"予告最新バージョン


Let the Right One in スウェーデン作家が書いたベストセラーの映画化なんだけど、邦訳が出てないみたいでガッカリ。英語版は"Let the Right One in"または"Let Me in"のタイトルで出ています。

 英語版読むの、かったるいので、邦訳をぜひ出してくれないか。早く。

MORSE MORSE〈下〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)※追記:と思ったら、2009年12/30に出版されてた!邦訳が!ハヤカワ文庫から、『MORSE ―モールス』上下巻です。

 なぜ、モールス…?と、しばし考えてみて思い当たった。映画のラストシーンでトランクをトントンてするやつか。あ、壁をトントンもしてたっけ。モールス信号で。


そしてこの"Let the right one in"、早くもアメリカンでリメイクン決定なのかしら!
仕事、速ぇな。
クローバーフィールド/HAKAISHA』の監督マット・リーヴスが脚本・監督なさるそうです。
あちゃあ…。
メリケン版は来年公開を予定してるそうです。
こりゃあ日本においてスウェーデン版は劇場未公開でしょうな。DVD待ってます。
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:"Let the right one in"予告最新バージョン
           "Let the Right One In"リメイク版続報
           "Let the right one in"リメイク版またまた続報
           "Let Me In"コンセプト・ポスター
           ヒストリアン。(読感)
           ダレン・シャン映画化"The Vampire's Assistant"予告編
           吸血鬼映画"Daybreakers"予告編
           『アンダーワールド』新作の予告編
           アンダーブラッド 【アクションも 特殊効果も 何もかも】
           クローバーフィールド/HAKAISHA

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

白 | URL | 2008年09月28日(Sun)10:51 [EDIT]

アレックス・プロヤス監督、面白そうな作品が続きますね。楽しみにしてます。先日ネタ探しのため、久々に「魔人ドラキュラ」を観ましたが、ドラキュラもバン・ヘルシングもどっちも弱そうでした。最近は、どちらもすっかり強く若返りました。(笑)
2日前、「明日に向かって撃て」を書いたら、ポール・ニューマンがなくなったそうです。癌で闘病中とは聞いてましたが…


ダウニー・Jrのチョイ悪親父、かっこいいですよ~。装着シーン、ほんとかっこいいです。

>白さま。

P | URL | 2008年09月28日(Sun)15:27 [EDIT]

ニック・ケイジ主演・・・と聞いて微妙な顔をせざるを得ないのですが。<knowing
おお!ベラ・ルゴシ再見ですか。いいですね!私もそのあたりをズラーっと再見してみたい。

とりわけヘルシング教授の若返りっぷりには驚きですよね。超人の域。

ポール・ニューマンと言えばドレッシングな最近でしたが、寂しいですね。『銀の盃』が好きでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。