猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ゴーストシップ

tag ホラー サスペンス スプラッター 動画付き

『ゴーストシップ』 GHOST SHIP
2002年・アメリカ=オーストラリア
素敵だった頃のダーク・キャッスルが製作した海洋ホラー。世に放たれるにゃん!

また海ですか。はい、そうです。なぜなら海は恐いからです。

イタリアの豪華客船アントニア・グラーザ号は、アメリカへの航海途上、突然消息を絶った。
―40年後、海難救助用のタグボート“アークティック・ウォリアー”のクルーたちは、謎の男からベーリング海峡に浮かぶ巨大漂流船のサルベージを依頼される。
果たして、その漂流船こそがアントニア・グラーザ号だった!
ゴーストシップ 特別版ゴーストシップ 特別版
(2008/07/09)
ガブリエル・バーン
ジュリアナ・マルグリース

コトノハ


"I think I saw something I couldn't possibly have seen."
(私、見るはずのないものを見たと思うの。)

紅一点のエップスが、船内で青白い少女を見てリーダーに報告する。

どんな映画?
オープニングの古き良きハリウッド的演出が美しく懐かしく素晴らしいのだ。
それに続くド派手なスプラッター場面がなんともエグいのでギャップ萌え?てゆうかギャップおえ~!

映像は美しいし、音楽はこ洒落ているしで大好きなホラー映画です。
ストーリーもどんどん引き込まれていく1時間31分。この短さも良い。
ラストは大いなるカタルシス、なんだけど、最後の最後でお定まりのニヤリとさせられるシーンが入る。
こいつは完成度高いんだぜ!ダークキャッスル作品で一番好き!

お気に入りのシーンは、40年前に起こった事件のあらましをまとめたシークエンス。
BGMが良い。"My little box"っちゅー曲。オラのipodに入ってるにゃ!
にほんブログ村 映画ブログへ
ダークキャッスルについて
制作会社ダーク・キャッスル・エンタテイメントの名前は、1950~60年代に活躍したホラー映画監督のウィリアム・キャッスルにちなんでいます。
設立当初はキャッスル作品のリメイクを目的としていましたが、3作目のこの作品はオリジナル。
以降、キャッスルに限らないホラー作品のリメイクとオリジナルの製作へと移行。
それでもどこか50年代、60年代の雰囲気あるホラー作品を撮ってくれてれば良かったんだけど。
『リーピング』あたりから雰囲気が変わってしまった。
極めつけは2008年の"RocknRolla"(日本公開は2009年3月末)。ちっともホラーではない。



うん、映画自体はすごく面白そうなんだけど。
ガイ・リッチー監督で愛しのジェラルド・バトラーが出ている犯罪アクション・サスペンス!
でもなんでダークキャッスル?と。
  ※後日鑑賞後の感想⇒ロックンローラ 【権力と 金とスリルで 大火傷】

そういえば、来る"Ninja Assassin"もダーク・キャッスル製作ですが、どこに向かうのでしょうか。この映画に関しては言いたいことは溢れんばかり。
そこをグっと抑える私。えらい。

今後のダークキャッスルはちゃんとホラー路線に戻ってくれるのかなぁ?心配。(´Д`)

俳優は誰?
タグボートの船長というかリーダーにガブリエル・バーン
枯れたオッサン臭さが良いよね!『スティグマータ 聖痕』の神父さんとか演ってたっけね。

紅一点の逞しいエップス、本作の主役にERシリーズでキャロルを演じていたジュリアナ・マーグリーズ

あとニュージーランド俳優カール・アーバン指輪物語のエオメル)とか出てますけん。
カール、好き。グリグリした眼が特に好き。

関連作品のようなもの
フォーン・ブース (ベストヒット・セレクション)ラストシーン似てるよね。ジョエル・シューマッカー監督だし。2002年だし。わざとですね。
フォーン・ブース (ベストヒット・セレクション)
コリン・ファレル
TATARI タタリダークキャッスルの記念すべき処女作。
TATARI タタリ
ジェフリー・ラッシュ; ファムケ・ヤンセン; テイ・ディグス
GS美神極楽大作戦!! 1 新装版 (1) (少年サンデーコミックスワイド版)ゴースト・スイーパー美神極楽大作戦!! 1 新装版 (1)
椎名 高志

毛玉内関連記事:B級ホラー大好き。
           ザ・グリード
           ダークネス
           1408号室 【見えた希望 打ち砕かれて また絶望】
           ミラーズ 【仕方ない 大事な家族 守るため】
           -less[レス] 【どこまでも 車走らせ また戻る】
           スター・トレック 【新しい 旅の始まり わくわく感】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(映画)ゴーストシップ

冒頭のタリアの豪華客船アントニア・グラーザ号に乗船している人たちが、輪切りになるシーン。ちょっとグロテスクですが、わからないのは何故少女だけが、最後に残ったのか。

ゼロから 2009年10月30日(Fri) 20:46

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。