猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

赤い風船

tag ヒューマン ファンタジー

『赤い風船』 LE BALLON ROUGE
1956年・フランス
35分の短編。アラベール・ラモリス監督。
現在『白い馬』と2本立てでリバイバル上映中。
こういう昔の映画をスクリーンで観ることができて嬉しいです!
ぜひこの調子で『花咲ける騎士道』オリジナルのほうもガンガン上映してください!

デジタル・リマスター版を観ました。
風船が赤いお!←タイトルを読め
赤い風船/白い馬【デジタルニューマスター】2枚組初回限定生産スーベニア・ボックス赤い風船/白い馬
【デジタルニューマスター】
2枚組初回限定生産スーベニア・ボックス

(2008/12/12)
パスカル・ラモリス,サビーヌ・ラモリス


どんな映画?


薀蓄は公式サイトを読んでいただくとして。
まあ50年も経てば権利問題はなんとかなるってことですよね。
時は最高の治療薬だと思いますです。

台詞はごく少なく、まさに絵本的童話世界。
冒頭に猫が出てくるのがちょっと嬉しい。猫バカだから、私。

少年パスカルはどうやら周りにあまり馴染めないでいる不思議っ子。
孤独とかじゃなくて、不思議ちゃんで浮いてるんだと思う。
或る日、赤い風船に出会う。(わし、風船タンのデカさに驚きを隠せず笑う)
風船も浮いてるから気が合ったんでしょうね。
風船と少年は仲良くなって、ストーカーごっこでイチャイチャ。
誰も彼らの間に割って入れないほどに。
不思議な風船を羨んで、町の子供たちは風船を奪おうとする。
フーセンタン!逃げてー!

ってお話。

子供というのは、好きになったものを所有したくなるもんです。
同時上映の『白い馬』のほうでもだいたい同じ話の流れではありますが、
コチラは最後ポカーン…(゚Д゚)

おい!少年パスカルよ!
友達風船を置いて行くなよ!!

↑微妙にネタバレ。なので詳しくは語らないことにしとこう。
私だったらアイツを一緒に連れて行く。

そんなツッコミは置いといて。
全体的には風船タンかわゆすなぁ風船萌え~な可愛い映画。
あ、少年も可愛いですよ、うん。
でもって終盤、町中から色とりどりの風船がふわふわころころ集まってくる様子は夢みたい。
夢のように美しく、そして悲しい幸せ。
観終わるとちょっと鬱になります。

にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
Red Balloon原作本。洋書(英語で48ページ)
Red Balloon
Albert Lamorisse
あかいふうせん原作をいわさきちひろが絵本にしたもの。
あかいふうせん
ラモリス、岸田 衿子、いわさきちひろ
渥美清わがフーテン人生渥美清わがフーテン人生
渥美 清「サンデー毎日」編集部

毛玉内関連記事:白い馬
           シェルブールの雨傘 【すれ違い 愛の残り香 雪に消え】
           崖の上のポニョ
           『オペラ座の怪人』日本語吹替版の劇場公開
           かいじゅうたちのいるところ 【行き先は もう一つの僕 お母さん】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
赤い風船といえば・・・

白 | URL | 2008年10月07日(Tue)22:57 [EDIT]

日本旅行さん。

この中では、オリジナルのファンファンしか観てません。赤い風船は関西は公開が終了してしました。残念。

「ホテル・シュバリエ」って、ひと悶着あったヤツですよね?誤解だったみたいですが。こないだ「ダージリン急行」とあわせてやっと観ました。相変わらずですな~。おもしろいです

>白さま。

P | URL | 2008年10月08日(Wed)14:01 [EDIT]

JTBですよね。旅行、行きたいすなぁー。

私の通ってる映画館でも1週間しか公開してなかったです。
まあDVD出てますしね。
スクリーンで観れたのはラッキーでした!
白さん残念でした…。

ナタリーが文句言ったとかいうのは記者の誤解みたいですね。ダージリン急行は面白かったですねぇ!ゆるーい笑い。そしてじんわりくるんですよね。

白 | URL | 2008年10月09日(Thu)00:46 [EDIT]

日本旅行でした。残念(笑)

>白さま。

P | URL | 2008年10月09日(Thu)11:12 [EDIT]

あはは!頭の中で日本旅行イコールJTBになってました!
私のお脳が一番残念過ぎた。

まる | URL | 2009年01月22日(Thu)20:43 [EDIT]

昔の記事にコメ、失礼いたします

映画館のスクリーンで見れたなんて
ほんと、うらやましいです~
冒頭の猫のシーン、すごくイイですよねぇ
初っ端のそのシーンから映像にやられてました

風船タンのデカさも驚いたけど
町のいじめっ子たちの数の多さに
私はウケてしまいました(笑

>まるさま。

P | URL | 2009年01月23日(Fri)12:35 [EDIT]

白い馬は迫力がありましたし、赤い風船は町中から集まってくるシーンなど広がりがあって良かったです。昔の名画をもっとスクリーンで観たいものです。

いじめっ子、わらわらいましたねw
子供たちがわらわら集まってきて、風船たちもわらわら集まってきて。何やら不気味さが漂っていました。可愛い不気味さ。

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DVD『赤い風船/白い馬』

昨日でマイブログ3周年! 今日から4年目~! 3周年でオメデタイ今回 また「お描き会」を開催しようと思ってたんですが リアルの方の生活が...

まるの映画 2009年01月22日(Thu) 20:38

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。