猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

once ダブリンの街角で

tag 音楽映画 ヒューマン 動画付き

『once ダブリンの街角で』 ONCE
2006年・アイルランド
87分の音楽映画。男と女が出会い、音を作り演奏して、それから…。
大変素晴らしかった!
ONCE ダブリンの街角で デラックス版ONCE ダブリンの街角で
デラックス版

(2008/05/23)
グレン・ハンサード
マルケタ・イルグロヴァ


どんな映画?


ストーリーは無きに等しい。
一言で言えば、Boy meets girlの大人版&音楽映画。
横糸として楽曲が存在し、縦糸として二人の関係が描かれている。
横糸の方のインパクトが強く、それだけでもこの映画を観て良かったと思える。
縦糸は繊細な細さ。でも一本筋が通っていて、結末がまた素敵だ。
これはもう純粋に音楽映画なんだけど、二人の関係の素敵さが映画の質を高めている。

本編87分。このくらいコンパクトな映画って好きだ。
ストーリーの単純さに見合った長さよね。
(実はこの映画を観てから『ジェシージェームズの暗殺』観ちゃったから余計長く感じたのかも。)

公式サイトにリンク張ってあるけども、予備知識ナシで観た方が楽しめると思う。

肝心の音楽ですが、こんな感じでしたよ。
"Falling Slowly"


この曲が一番心打たれた。
試聴版はアルバム・ヴァージョンですが、映画の中ではもっとソウルがどかんとくる。
すごく迫力の有る歌い方をなさるお人で、この曲が盛り上がってくるところで泣きそうになった。

どの曲もとってもキャッチーで、単純て言えば単純なんだけど、なにか感じるものがある・・・そんな曲たちでした。
サントラ、買おうかなぁと思ったのですが。
やっぱり映画DVDが出たらそっちを買おうと思います。
サントラって、映画で聞いたときとイメージが違ったりすることが間々在りますからね。

あと、映画に出てくるオトナ達が良い人達ばかりでした。
銀行頭取が最高でした。
にほんブログ村 映画ブログへ
今日の毛玉
そりゃぁもう音楽好きな人に。
特にブルース、ロック好きな人。
ダミアン・ライスやクラプトン、アメリカ、ファイアーハウスあたりが好きなら楽しめるよ!
(あんまり音楽知らないから、適切な例が出せてないような・・・)

関連作品のようなもの
ワンス ダブリンの街角で オリジナル・サウンドトラック良い曲揃いのサントラCD。
ワンス ダブリンの街角で オリジナル・サウンドトラック
グレン・ハンサード
ファイアーハウスここらへんの曲が好きなら、この映画もきっと。CD。
ファイアーハウス
ファイアーハウス
名前のない馬あとこれとか。CD。
名前のない馬
アメリカ
BEST OFこれなんかも。CD。
BEST OF
エリック・クラプトン
FATHER’S SONこれも聴いてみて?
FATHER’S SON
浜田省吾

ラジカセで遊ぼう―あなたも作れる・おもしろテープ (1984年)

毛玉内関連記事:デトロイト・メタル・シティ
           P.S. アイラヴユー 【先立たれ ヒキコモリニート 立ち直れ】
           路上のソリスト 【あるがまま そう思えるまで 足掻いてた】
           マイケル・ジャクソン THIS IS IT 【ラストショー 取り組む姿が 心打つ】
           パイレーツ・ロック 【魂は 死なない誰も 止められない】
           (500)日のサマー 【恋をした 普通の男の 成長記】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『once ダブリンの街角で』

名もない男女がギターとピアノで心を奏でる音楽の素敵なシネマ。   『onceダブリンの街角で』 once   2006年/アイルランド/87min   監督・脚本:ジョン・カーニー   出演:グレン・ハザード、マルケタ・イルグロヴァ 【story】アイルランド・ダブリンの...

シネマな時間に考察を。 2010年03月22日(Mon) 15:01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。