猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

私がクマにキレた理由

tag コメディ ヒューマン

『私がクマにキレた理由』 THE NANNY DIARIES
2007年・アメリカ
子守の仕事を通して別世界である上流階級の暮らしを観察するアニーの自分発見ストーリー。
原題はナニー(子守)の記録。

君読む、痛きみ、ベガ恋、ゴヤ見たときて今度は“クマキレ”ですってよ、奥様!邦題も酷いけども、本当4文字に略すの好きねぇ。
もちろん公式サイトのアドレスもkuma-kire.comだ。
私がクマにキレた理由 (特別編)〔初回生産限定〕 [DVD]私がクマにキレた理由 [DVD]
(特別編)〔初回生産限定〕
スカーレット・ヨハンソン
ローラ・リニー

コトノハ


"Now is the time, got to make up your mind♪"
(今がはっきり決めるとき)

アイルランド出身のローラ・イジボア(Laura Izibor)の"Shine"がエンドロールで流れます。なんか良いです。
アイルランドの保険会社(Hibernian Insurance)のCMソングにもなってたりするらしいですよ。

どんな映画?
 大学を卒業したアニーは輝かしい未来に不安でいっぱいだった。前途洋々というのに怖気づいたわけだ。自分はどうしたいのか、悩んでいるときに偶然と誤解からナニー(子守)の仕事を始める。

 アニーが学んでいた人類学の手法を踏襲するように、話は語られる。即ち、異文化である対象の観察。
上流階級の家に住み込み、一日中・週7日間の子守をするナニー。まるで奴隷を扱うかのような上流の奥様。バラバラな家族にいつも寂しい思いをしている男の子。まあ、本当にこんな生活をアタリマエとしているのなら、まさに異文化だな、と思う。

 アニーがこの経験から学ぶことは、まさに人類学に起こるソレで。異文化を知ることによって自らの文化を知る、自分を知ることに他ならないわけだ。輝きすぎる未来が眩し過ぎて目を逸らしていた自分を自覚し、自分のこれからの人生をどう過ごすのが幸せかという疑問に取り組む。そんなアニーの気持ちがよく理解できる映画でした。

 また、アニーとアニー母の関係も面白かった。アニー母は看護婦として働きながら、娘には自分のように辛い仕事はさせたくない、娘にはホワイト・カラーの裕福な人生を歩んでほしいと願っている。純粋な母としての思いなんだけど、娘にしてみれば「弱ったなぁ」といったところだろう。

 ところで、舞台がマンハッタン・アッパーイーストサイドとくれば思い出すのは『マンハッタンで抱きしめて』(この映画の邦題もまったく内容を表していない酷さ)。子供こそ出てこないが、上流階級の暮らしに埋没していた女性が離婚を機に自分の生き方を建て直す映画です。
主人公は中年女性だけど、クマキレの新卒女子的に人生ステージの変化を時間をかけて受け入れていくと言う意味で共通する。そしてクマキレの上流主婦ローラ・リニーはどこか『マンハッタン~』のホリー・ハンターに似ている。ということで、30代以上の皆様にはクマキレよりも大人の味付け&ジャズが聴けたりする『マンハッタン~』がお勧めなりよ。
にほんブログ村 映画ブログへ
俳優は誰?
 アニー・ザ・ナニーにスカーレット・ヨハンソン。ヨーロッパ風の風貌だけど実はニューヨーカー(父方の血筋がデンマーク系)。まさに今旬な女優さんよね。ハスキーな声にむっちりボディ、ぽってり唇がセクシー。クラシックな美貌のわりに、マシンガントークな役も似合っちゃう。『タロットカード殺人事件』の彼女が好きです。

 上流階級の奥様に、こちらもニューヨーカーのローラ・リニー。感情を抑えつつも、目に表れる色が気持ちを語ってしまうような難しい表情をしていました。ローラ・リニーといえば、何と言っても『ミスティック・リバー』でショーン・ペンの妻役を演じていたのが印象的。地味なのに印象に残るお方ですなぁ。

 アニーの友人にニューヨーク生まれの歌手アリシア・キーズが出てますが、歌うシーンはありませんえん。ただただお美しいですお。『スモーキン・エース』にも出てたらしいよ。
 
 他、裕福一家の父親にポール・ジアマッティ。一家と同じビルディングに住むお坊ちゃんに『セルラー』クリス・エヴァンス

関連作品のようなもの
ティファニーで子育てを (文春文庫)原作本。
ティファニーで子育てを (文春文庫)
エマ・マクローリン、ニコラ・クラウス
マンハッタンで抱きしめて似てるところで、中年女性が離婚を機に自分の人生を建て直すお話。
マンハッタンで抱きしめて
ダニー・デビート、ホリー・ハンター
目からウロコの文化人類学入門―人間探検ガイドブック (MINERVA TEXT LIBRARY)人類学にもいろいろあるよね。
目からウロコの文化人類学入門―人間探検ガイドブック (MINERVA TEXT LIBRARY)
斗鬼 正一
ダイアリー・オブ・アリシア・キーズ (通常盤)友人役で出演したアリシア・キーズの本業。
ダイアリー・オブ・アリシア・キーズ (通常盤)
アリシア・キーズ;ナス
防災クマさん防災クマさん

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画『私がクマにキレた理由』を観て

85.私がクマにキレた理由■原題:TheNannyDiaries■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:106分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:10月25日、みゆき座(日比谷)スタッフ・キャス...

KINTYRE’SDIARY 2011年01月12日(Wed) 22:30

私がクマにキレた理由(わけ)

ブログネタ:「趣味は○○」って語れるものある? 参加中 映画が大好きです。 映画について、あれこれ言うのも大好き(爆) 趣味は映画観賞ですね。 このブログの映画の記事も600を超えてます。 これは立派な趣味です。 映画がいいのは、 初対面の人と会話の話題に

映画、言いたい放題! 2010年11月22日(Mon) 00:16

私がクマにキレた理由

作品情報 タイトル:私がクマにキレた理由 制作:2007年・アメリカ 監督:マーク・スオッゾ 出演:スカーレット・ヨハンソン、ローラ・リニー、アリシア・キーズ、ニコラス・リース・アート あらすじ:ステキなエリートを夢見るアニー(スカーレット・ヨハンソン)は?...

★★むらの映画鑑賞メモ★★ 2010年07月28日(Wed) 01:32

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。