猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

P.S. アイラヴユー 【先立たれ ヒキコモリニート 立ち直れ】

tag 恋愛映画 ヒューマン 動画付き

『P.S. アイラヴユー』 P.S. I LOVE YOU
2007年・アメリカ
アイルランドの元首相の娘、セシリア・アハーンの処女小説を映画化。

こいつはボロ泣きですよ。原作は読んでないけど、映画だけでいいや。
ただのメロドラマではなくて、人生の建て直し、親子の相互理解、女同士の微妙な関係、結婚して子を持つことだけが幸せの形じゃないってところまでイロイロ盛り込まれていたよ。

んで、ラスト。エンドロールで流れるのが徳永英明ってどういうこっちゃね?オリジナルを聴かせろ!
徳永さんは悪くないのよ、良い曲よ。でもここに使わないで。
毎度、こういう日本の商業主義的演出にはうんざり。以前観た映画は、ケミストリーとか幸田なんちゃらが使われてたことがあって萎え萎えだった。それに比べればマシだけどな。

P.S.はpostscriptの略で追伸の意味。って知ってるっちゅーの、か。人生が終わってから伝えるポストスクリプト。これが本当の追伸だな。
P.S.アイラヴユー プレミアム・エディション [DVD]P.S.アイラヴユー
ヒラリー・スワンク;
ジェラルド・バトラー

コトノハ


"We're so arrogant, aren't we? So afraid of age, we do everything we can to prevent it. We don't realize what a privilege it is to grow old with someone."
(俺達は傲慢だよね。年をとるのを恐れて、若くいるために出来ることは何でもする。誰かと共に年をとっていくことの素晴らしさに気付かないんだ。)

夫ジェリーに先立たれたホリー(30歳)。ホリーの奇妙な友人ダニエルは老夫婦を見ながらこう言う。
愛する誰かさんと一緒に老いていく素晴らしさをホリーはどんなにか羨ましがっただろう。

どんな映画?
 最愛の夫ジェリーが死んだ。何もかもどうでも良くなってヒキコモリを決め込むホリーの元に、ジェリーから手紙が届く。困惑しながらも手紙に書いてあることを実行していくうちに、ホリーは自分の残りの人生を意識して再び歩き出す。

 彼の死が受け容れられないでする行動のなんと切ないことか!留守電の応答メッセージを何度も再生して彼の声を聴く。彼が身につけていたものを全身に身につけて映画をぼんやり観る。頭の中で会話する。親友も仕事も家族も、すべてに無関心になりやけっぱちに悲しみに沈みこむ。彼がいない人生なんて!

 誰もが逃れられない、自らの死。でも、その死が自分でなくて最愛の人だったら。自分はその後どう生きたらいいだろう。自分が死ぬことよりも怖いことだと、私は思っている。
でも自分が先に死ぬなら、その人に残りの人生を楽しく生きて欲しい。それが出来るはず、という希望を持って死ぬために、本作の亡き夫ジェリーは策を講じたんだろう。手紙を書き続ける行為は、ホリーの未来の為でもあり、同時にジェリーが心安らかに死ぬ準備であったとも言える。

 そんなジェリーは、女性からしたらもう最高の男だよな。陽気でユーモアあふれて愛情深くて、喧嘩してもコチラの苛苛が収まるように接してくれる。金がないだけで完璧超人じゃないですか!まさに夢の男!理想の男!
とかって、こういう映画が男性に受けないのは、そういう理由なんじゃないかと勘ぐるわ。女の夢映画って言われて。はい、そこに反論はありません。これぞ女の夢!
でも男の夢的映画や漫画も氾濫してるよね。映画『シルク』やら漫画『ゴルゴ13』、『コブラ』、『島耕作』シリーズ、『サラリーマン金太郎』とか。あ、漫画ばっか。映画はエロいのが多いからさ…。
つまり、お互い様だなぁ、と。

 ところで舞台は二人が住むニューヨーク。そしてジェリーの故郷であり二人が出会う国アイルランド。二人の運命の場所はダブリンの南に広がるウィックロー国立公園。アイルランド人とアメリカ人が出会って恋に落ちて即結婚した模様。そんな二人の親たちの様子もしかっり描かれていたよ。若さと唐突さを理由に反対されても結婚に踏み切った二人のアツアツぶりと、周りの戸惑いとのギャップが目に浮かびます。ホリーは罪悪感からアイルランドのジェリーの家に寄り付けないでいたけど、彼の死後、行って彼の両親と会うことになる。ここもまた素敵なシーンだな、と思います。

 ジェリーの両親から渡される、彼からの手紙には"The Galway Girl"と書いてある。ゴールウェイはアイルランドの地名ですが、ここではこの歌のことを言っているんだと思いますん。

"The Galway Girl" (Steve Earle)


この曲は思い出の曲。二人がパブで再会したときにジェリーが歌った曲。時を経て、パブで出会う別のアイルランド男性がこの曲を歌うので、ホリーは堪らなくなってしまいます。歌って、思い出と繋がってるよね。
にほんブログ村 映画ブログへ
俳優は誰?
 ホリーに『ボーイズ・ドント・クライ』『ミリオンダラー・ベイビー』ヒラリー・スワンク。どうにも顔が好きでない。なのでロマンス映画のヒロインって不似合いとか思っちゃいます。『ブラック・ダリア』のときもミステリアスな美女設定に超違和感を禁じえなかったのは私です。

 理想の男ジェリーに『オペラ座の怪人』『ドラキュリア』『300』ジェラルド・バトラー。いやぁ素敵ですねぇ~。メロメロのメロリンQですよ。ファントムとしても歌っていた彼ですが、本作でもよく歌っています。彼のファンのための映画といっても過言ではないほどです。だってストリップシーンもあるし。

 ホリーの奇妙な友人ダニエルに『メンフィス・ベル』『コピーキャット』ハリー・コニックjr.。バトラーがたっぷり歌うのに、本当のジャズマンである彼は一切歌わない。なんて残念!あの眠そうな目と歪んだ唇は健在ですわよ。

他、ホリーの親友にフレンズのリサ・クドロー『ショーガール』ジーナ・ガーション。ホリーの母親にキャシー・ベイツ
ちなみにアイルランドで出会うウィリアムを演じるのはTVで活躍中のジェフリー・ディーン・モーガン。作中「アメリカにあんなオトコいないわよ!」と言われているけど、本当はレッキとしたアメリカ人です。先祖はウェールズの人みたいですが。

関連作品のようなもの
P.S.アイラヴユー原作本。アイルランド元首相(11年のお務め)の娘が21歳で書いた処女作。
P.S.アイラヴユー
セシリア アハーン
街道をゆく〈30〉愛蘭土紀行 1 (朝日文芸文庫)アイルランド紀行本。というより歴史のお勉強か。
街道をゆく〈30〉愛蘭土紀行 1 (朝日文芸文庫)
司馬 遼太郎
ほのぼの妖精 レプラコーンの仲間たち映画に出てくる妖精はレプリカン。レプリカン組合に報告がいく!
ほのぼの妖精 レプラコーンの仲間たち
ニアル マクナマラ、ウェイン アンダーソン
死ぬまでにしたい10のこと死んじゃう側からの似たテーマの映画。おろろーん。
死ぬまでにしたい10のこと
サラ・ポーリー、マーク・ラファロ
P.S.元気です、俊平 (1) (講談社漫画文庫)P.S.元気です、俊平 (1) (講談社漫画文庫)
柴門 ふみ

毛玉内関連記事:きみに読む物語
           最後の初恋
           男と女の不都合な真実 【ありきたり 下品さ全開 ラブコメディ】
           カールじいさんの空飛ぶ家 【幸福も 心も愛も 形無き】
           once ダブリンの街角で
           ライセンス・トゥ・キル 殺しのライセンス 【この悲劇 罪の意識の 欠如から】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
同感です!

scarecrow1970 | URL | 2008年11月08日(Sat)20:48 [EDIT]

こんばんは♪

>んで、ラスト。エンドロールで流れるのが徳永英明ってどういうこっちゃね?オリジナルを聴かせろ!
>徳永さんは悪くないのよ、良い曲よ。でもここに使わないで。

もう…これ本当に同感です!!!
なぜ字幕付きの外国語の映画のエンディングが、日本語の曲なんでしょ????
100歩譲って、吹き替え版ならまだ理解できるけど、なぜ?

確かに良い曲だったし、徳永英明は決して嫌いじゃないけど、これは違いますよね?
まぁ変な若造歌手の歌じゃなかったのは不幸中の幸い(?)でしたが、それでも随分気分が萎えました。

映画会社に苦情出そうかなぁ~。

>scarecrow1970さま。

P | URL | 2008年11月08日(Sat)21:08 [EDIT]

商業主義なんでしょうね。エンドロール終わったあとに、バーン!と歌手名・曲名・レコード会社が大写しになるのでトドメ刺されましたね。ヴァンパイアでいったら心臓に杭打たれて更に太陽の光を浴びせられた、みたいな。

不幸中の幸いですよねw本当そう思います。

この悪い慣習が根絶やされることを共に祈りましょう。

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画『P.S.アイラヴユー』を観て

89.P.S.アイラヴユー■原題:PS,ILoveYou■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:126分■字幕:石田泰子■鑑賞日:11月3日、シネフロント(渋谷)スタッフ・キャスト(役名...

KINTYRE’SDIARY 2011年01月16日(Sun) 10:25

『P.S.アイラブユー』

□作品オフィシャルサイト 「P.S.アイラブユー」□監督・脚本 リチャード・ラグラヴェネーズ □脚本 スティーヴン・ロジャース □原作 セシリア・アハーン (「P.S. I Love You」)□キャスト ヒラリー・スワンク、ジェラルド・バトラー、リサ・クドロー、ハリー・...

京の昼寝~♪ 2008年12月07日(Sun) 22:07

P.S.アイラヴユー(2007年・米)

★始めることよりも、終わらせることの方が難しい★冒頭の言葉、頭に付くのは『戦争は…』、若しくは『恋は…』『結婚は…』。以前誰かから聞いた言葉ですが、戦争と恋は似ているものなのか…と、妙に納得した記憶があります。本日のお題は『P.S.アイラヴユー』。最初この...

SCARECROW\'SROOM 2008年12月07日(Sun) 16:32

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。