猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アンダーブラッド 【アクションも 特殊効果も 何もかも】

tag ホラー アクション ヴァンパイア

『アンダーブラッド』 Dracula's Curse
2006年・アメリカ
超B級ヴァンパイア・ホラー。(´Д`)

原題は“ドラキュラの呪い”で、ストーリーに即したタイトルです。邦題はなんだろうかね、血の下?意味はわからんが狙ってることはわかります。
うっかり『アンダーワールド』と間違えてしまいそうなタイトルもんね。パッケージもそれっぽいんね。
フタを開けてみれば超ド級にへっぽこ。残念でした。

アンダーブラッドアンダーブラッド
(2007/03/02)
トム・ダウニー,エリザ・スウェンソン


コトノハ


"Come on, Gracie, Let's fight"
(さあ、グレイシー、やりましょう)

なぜか始まるキャットファイト。なぜかボクシング。動きがたるったるで迫力なし。不可解な場面の一つ。

どんな映画?
 舞台は現代。ヴァンパイアと闘う9人のハンターたち(女子率高し)。ヴァンパイアの親玉から提案される和平協定をのみ、しばらく普通の生活に戻るハンターたちだったが、平和は長く続かなかった。ヴァンパイア鷹派(女性チーム)の下克上で状況は一変し、全面闘争となる。闘いの行方は?ヴァンパイアたちとの関係はどうなる?!

 ヴァンパイアもの好きなので、一応観てみました。が、予想を遥かに上回る駄作。見え見えの展開で見えすぎちゃって困るの~♪ストーリーは普通に面白くなりそうなネタなのに、こうまでダメに出来たってのが評価に値するね。伏線が伏線になりきれずにただのネタバレになってしまってたり、バレバレでしたのにさも秘密が紐解かれましたみたいな演出が笑えるのを通り越して苛つきます。

 一番酷いのはアクションと特殊効果。オープニング、掴みの大事なアクション・シークエンスなのに、学芸会みたいなの。俳優陣の動きにキレがない!身のこなしがもっさもさで遊んでるみたい。武器の効果もしょぼい、しょぼ過ぎる。無駄に素晴らしいCGI使えとは言わんよ、言わんが、そんなんならいっそ使ってくれるな、と。追い討ちのように、出てくる血が緑色のスライム(昔遊んだアレ)みたいでゲンナリ。

 モンスター映画で外せないもの。それはクリーチャー。こいつの出来が全体を左右するほど重要。なのに、クリーチャーが酷すぎて笑えるレベル。いや、酷いのは仕方ないよ。低予算なんだなぁと思うもの。だが酷いクリーチャーを自信満々に堂々姿を晒しちゃってるんだもん。もっと、あまり見せないような工夫するなりすれば良いのにな。あ、ここは笑うところとして、わざとそうしてるのか。そうだよね、そうだよね。

 まあそんなこんなで最後までアクションもクリーチャーも特殊効果もしょぼしょぼで、ゲンナリと観終わり、なんだか疲れてしまったのだが。終りの歌だけやけに素敵。うん、どんな映画も必ずひとつぐらいは美点があるものだね!

 音楽、という点ではちょっと変わった映画なの。ヒロインのエリザ・スウェンソンが、映画サントラも担当しています。終わりの素敵な歌も彼女によるもの。音楽の才能はあるんだなぁ。歌はうまいってわけでもないんだけど魅力がある。しかして演技の方はへっぽこなのな。天は二物を与えなかった。

↓ココで視聴できるよ。
last.fm The Devine Madness
バンド名はThe Devine Madness。曲調はゴシック。アリプロよりもずっとゴシック。
映画の最後に流れたのは"Secrets"という曲だと思う。ただアマゾンでCD売ってない。どうせ買わないけども。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
吸血鬼ドラキュラ (創元推理文庫)原作本…?一応、原案としてクレジットされてた。悲しいね。
吸血鬼ドラキュラ (創元推理文庫)
ブラム ストーカー
アンダーワールド 期間限定スペシャルプライス本家本元。やっぱりアクションのキレが違うわぁ。
アンダーワールド 期間限定スペシャルプライス
ケイト・ベッキンセール,スコット・スピードマン
ヴァン・ヘルシング地味にヘルシングの子孫が出てきますのよ。コチラは素敵なヘルシング。
ヴァン・ヘルシング
ヒュー・ジャックマン、ケイト・ベッキンセール
クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア 特別版女性ヴァンパイアが権力をもつっていうと、やっぱコレ。アリーヤの遺作。
今回はオチなし。
クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア 特別版
スチュアート・タウンゼント、アリーヤ

毛玉内関連記事:ヴァンパイア侍 【日本愛 溢れんばかりの せめぎ合い】
           ノロイ
           『アンダーワールド』新作の予告編
           吸血鬼モノ新作映画
           アンダーワールド ビギンズ 【許されぬ 恋路の果ての 始まりの】
           ヴァンパイアvsゾンビ 【どこか目指し 何かのために 何かする】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

umetraman | URL | 2008年11月14日(Fri)23:03 [EDIT]

こんばんは!
あらら、P様もこういう映画を観るのですね(笑)。しかし「アンダーブラッド」とはいかにもバッタな香り。もうレンタル屋に行けば本家よりもこういうバッタ作品に目が行ってしまいますね。よくあるのが本家タイトルの後にアルファベット一文字をくっ付けたヤツとか、2つのタイトルを合体させたようなヤツとか。私は一時アルファベット一文字にやられ続けました。得るもの皆無でしたがネタは増えました。
「フライトナイト」ってバンパイア映画はご覧になりましたか?ちょっと青春の入ったヤツで気に入ってるんです。80年代と古いのですが。
なるべくいい映画を観たいものですね^^

ガツンと応援いきますよー♪凸

>umetramanさま。

P | URL | 2008年11月15日(Sat)10:01 [EDIT]

あんまり観ませんよ…。ここまで酷いとは思いませんでしたの。こういうの観ちゃうと一流の俳優さんというのは本当にすごいなぁって改めて思いました。

得るもの皆無ってw楽しければ良いじゃあないですかー。
フライト・ナイト、たぶん観てません。テレビで観たかもしれない気がするけど。面白そうですね。70、80年代ぐらいの映画好きです。レンタル屋さんにあるかなぁ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。