猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

イーグル・アイ 【この映画 10年前に 観れてたら】

tag アクション サスペンス

『イーグル・アイ』 EAGLE EYE
2008年・アメリカ
謎の女の声に操られる男と女。従わなければ、死あるのみ。

ラストがちょっと気に入らなかったけども、面白かったよ。
スピルバーグが製作総指揮なので当然主役はシャイア・ラブーフ
監督はD・J・カルーソー。先般見逃した『ディスタービア』のコンビ。ちきしょめっ、絶対観てやる、『ディスタービア』。

主人公の名前がジェリー。彼を追うFBI捜査官がトーマス。トーマスってトムって言うじゃないですかぁ。
トムとジェリー♪仲良く喧嘩しな♪ってずっと頭の中で流れてた。

イーグル・アイ スペシャル・エディション (2枚組) [DVD]イーグル・アイ
スペシャル・エディション (2枚組)

(2009/02/13)
シャイア・ラブーフ
ミシェル・モナハン

コトノハ


"I'm not gonna disappoint you."
(失望させないよ)

ガッカリさせないよ、キミを落胆させないよ。謎の声に従って追い込まれ、やっと落ち着いたときに見せるジェリーの優しさ。原因が自分の側にあることを自覚して、巻き込まれた女を守ろうとしている。

どんな映画?
 考える暇もないジェットコースター・ムービー。突然かかってきた電話に一方的に命令されるジェリー。逆らえば死亡、と言われて困惑しながら従わざるをえない状況に追い詰められていく。FBIに捕まったり、逃げ出したり、知らない女性に引き合わされたり、謎の声に逆らったばかりに殺される人を目撃したり、と怖い目にあう。あれよあれよと、転がされていくジェリーと連れのレイチェル。声の主の狙いとはなにか?

 正しい主張でも手段を間違えれば何も伝わらないよね。人を道具にして脅迫して操ることで目的を遂げようとするけど、そんな方法ではうまくいかない。そして高度に政治的な問題には曖昧さが必要。というか、全方面的に人間社会には曖昧さが必要。人間のファジーさって、すごくすごいことだよね。←アホっぽい

 この映画を観て頭に浮かんだモノが2つある。ひとつは『ダ・ヴィンチ・コード』の作者ダン・ブラウンが1998年に書いた小説『パズル・パレス』。NSA(アメリカ国家安全保障局)が極秘裏に運用しているスーパーコンピュータ(全通信を傍受・解読できる対テロ戦略の一環)のお話。本当に面白い小説なので一読オススメ。

 もうひとつは、ウィル・スミス主演1998年の映画『エネミー・オブ・アメリカ 』。こちらもNSAが出てくる。対テロ名目で通信傍受を合法的にしようという力に逆らうウィル・スミスの話。もちろんあらゆる盗撮・盗聴場面が出てくる。

 どちらも10年前の作品。つまりNSAのやり過ぎ情報傍受が疑わしい、きな臭いと話題になった時代。スピタンは本作の企画を10年ほど暖めていたそうで、なるほど10年前のアイディアですよね。やっぱり10年前に観たかったなぁ、なんて思うのは贅沢かしら。
にほんブログ村 映画ブログへ
俳優は誰?
 道具その1の男ジェリーにシャイア・ラブーフ。ぎくしゃく関係の父を見詰める悲しい瞳が印象的でした。繊細な役が似合う人だと思う。本作は設定ありきな映画なのでシャイアの魅力というのはあまり伝わってこなかったけど、それでもあの瞳は強力。まあ、どの映画でも同じような役かなぁとは思うが、まだ若いしな。今後が楽しみよね。

 道具その2の女、一児の母レイチェルにミシェル・モナハン『近距離恋愛』での好演が記憶に新しいところ。微妙なお顔に弾けるような笑顔を浮かべると可愛く見えちゃう不思議。今回気付いたのは、すごくスタイルが良いってところ。スーツ着たときのおみ足素敵。って、変態かわしゃ。

事件を追う空軍の女性に『シリコンバレーを抜け駆けろ!』ロザリオ・ドーソン。口がでかい。

二人を追いかけるFBI捜査官にビリー・ボブ・ソーントン。いやぁ、良いよね!本作で一番良い役でしたな。本当なんでもござれ俳優だ。個人的に好きな作品は『バッドサンタ』。12月に入ったら観たい映画のひとつ。

豪奢なスパコンの声はジュリアン・ムーアだそうな。

関連作品のようなもの
ディスタービア本作と同じ監督・主演コンビ。『裏窓』っぽいと評判。『裏窓』は名作じゃよ。
ディスタービア
シャイア・ラブーフ、サラ・ローマー
エネミー・オブ・アメリカ 特別版似たところで。10年前のコチラの方が映画としての出来が良かった。
エネミー・オブ・アメリカ 特別版
ウィル・スミス、ジーン・ハックマン
パズル・パレス (上)スーパーコンピュータの存在を隠匿するNSAを題材にした傑作小説。
パズル・パレス (上)
パズル・パレス (下)
ダン・ブラウン
ビーグル犬 シャイロ 特別版ビーグル犬 シャイロ
ブレーク・ハーロン、スコット・ウィルソン

毛玉内関連記事:ウォー・ゲーム 【AIの どちらに転ぶも リモコン次第】
           トランスフォーマー
           トランスフォーマー/リベンジ(IMAX版・吹替) 【見所は お馬鹿なギャグと CGI】
           インディ・ジョーンズ/クリスタルスカルの王国
           コンスタンティン
           近距離恋愛
           映画ポスターのパロディ集 <ペット>

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

なるは | URL | 2008年11月16日(Sun)16:01 [EDIT]

おじゃまします!

ドーソン、「口でかい」しかコメントなくて、
最高にウケました!(笑)
ミシェルはスタイル良いですよね~。
最近観た『キスキスバンバン』でも、
美脚シーン満載ですっっ★

確かに10年前であれば、
髪の毛抜けるくらいおもしろかったろうなと、
残念な気持ちになってしまいました…

>なるはさま。

P | URL | 2008年11月16日(Sun)21:35 [EDIT]

まいどどーもです。

口がでかい以外に言うべきことはないかなって。なにか中途半端な人物でしたね、あの役は。
おっと、美脚シーン満載とは、観ないわけにいかないじゃあないのよさ。

この映画自体は普通に面白かったですけどね。皆が期待しすぎたんじゃないかなぁって思ったりもします。少なくともウォンテッドよりは断然面白かったです、私は。

なるは | URL | 2008年11月21日(Fri)00:03 [EDIT]

確かに期待しすぎてしまいました…!
宣伝力が強すぎたんでしょうか。
『ウォンテッド』はマカヴォイが良かったですけど、
ボカスカドカグサバンバンで、下品でしたよね。
『イーグル・アイ』は知性を感じました。

ところでコメント返しのコメント返しをしたのは、
私のブログに『猫の毛玉』さんをリンクさせていただいても良いですか?の
お願いをさせていただきたかったのです。

>なるはさま。再び

P | URL | 2008年11月21日(Fri)13:25 [EDIT]

スピっていうと無闇に期待が高まっちゃいますよね。今回は冷静になれば監督でもないし、スピ監であっても失敗作もあるですものね。

ウォンテッドのえげつな~いのも好きですよ。面白くなくはなかったんですけど、なんつーか、機織器のとこでちょっと…。萎えた。
イーグルアイは声の主なんて最初からわかっちゃうから、意外性はカケラもなかったですね。でもそこはかとなく問題提起がされてるのが素敵。

リンクはご自由にどうぞー。けだまー。

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イーグル・アイ

製作総指揮・原案スティーブン・スピルバーグ、 最近、何にでも出ているという印象のシャイア・ラブーフ。 映画館に見に行こうかと思ったのですが、 何となくやめてしまいました。 何となく予測がついちゃうんですよねー。。。f(^^;) ある日、コピーショップの?...

映画、言いたい放題! 2009年07月24日(Fri) 00:21

イーグル・アイ(2008年・米)

★ケ~セラ~セラ~、なるように~なる~★映画を色々観ていると「あ~、このシーンってどこかで観たような気が…」とか「これってあの映画からヒントを貰ったんだろうな~」などと思う事が結構あります。意図的に他の映画のシーンを使ったもの、或いはたまたま似てしまっ...

SCARECROW\'SROOM 2008年12月20日(Sat) 00:18

イーグル・アイ 2008-59

「イーグル・アイ」を観てきました~♪ 或る日、コピーショップで働くジェリー(シャイア・ラブーフ)の元に1本の電話がかかってくる。その電話の主は、ジェリーにFBIがやってくるから逃げろ!って告げる。同じ頃、法律事務所で働くレイチェル(ミシェル・モナハン)の...

観たよ~ん~ 2008年11月18日(Tue) 21:30

『イーグル・アイ』 ~アクション映画の“構想”にも、賞味期限はあるものだ

『イーグル・アイ』 製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、エドワード.L.マクドネル 監督:D.J.カルーソ 出演:シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン、ロザリオ・ドーソン、マイケル・チクリス、アンソニー・マッキー、ビリー・ボブ・ソーントンほか 配給:角?...

ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー 2008年11月16日(Sun) 12:25

【映画】イーグル・アイ

▼動機 予告編が面白そうだったので ▼感想 手塚なら手塚と先に言ってくんないと・・・ ▼満足度 ★★☆☆☆☆☆ いまいち ▼あらすじ アリアという謎の女性の電話で引き合わされた互いに面識のないコピーショップ店員のジェリー(シャイア・ラブーフ)と法律事?...

新!やさぐれ日記 2008年11月11日(Tue) 07:41

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。