猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

彼が二度愛したS 【この俺が ココロの隙間 入ります】

tag 恋愛映画 サスペンス 犯罪 ミステリ

『彼が二度愛したS』 Deception
2008年・アメリカ
ヒュー・ジャックマンが製作に参加したミステリ映画。

 孤独な会計士ジョナサンが出会った魅力的な男ワイアット。ワイアットに紹介された会員制秘密クラブにはまっていく。
邦題がひどs(略。原題は偽り、詐欺、幻想といった意味。
ありきたりのミステリですが、役者が素晴らしいので観ていて面白いですよ。
見所は世紀のケツアゴ対決。
彼が二度愛したS [DVD]彼が二度愛したS
ヒュー・ジャックマン
ユアン・マクレガー

コトノハ


"Are you free tonight?"
(今晩、あいてる?)

お誘い文句。なんか淫靡。ていうか、まあ、そのままか。

どんな映画?
 二大ケツアゴが主演のサスペンス!つまりサスケツァーゴ。もうだめだ、観ている間中アゴに視線は釘付けですよ!って、そんな人はオラだけだと思うけど。

 あれだね、観ていて思ったのはケツァ…じゃなくて、男が憧れる男ってのはこういうのかいなぁってこと。陽気で社会的ステータスがあって人生を楽しんでいる風で、美男で体格が貧相でなくて金持ちで気さく。これってリプリーじゃんなぁ。
リプリーリプリー
マット・デイモン;ジュード・ロウ

そこかしこで『リプリー』または『太陽がいっぱい』を彷彿とさせながら話は進むのですよ。眩しい存在感で前半の勝者は黒髪のケツァーゴ。会計士ジョナサンは親戚の兄ちゃんに憧れる子供みたいもん。

 たださー。この黒髪のケツァーゴ、最初っからものっそい怪しいの。周囲の人々の反応もわざわざ見せて、観客に自らの怪しさをアッピール!それにこの人、目が笑ってない。こえーよ。どんなに鈍い人でも、コイツやばいなと思いますって。

 さあ、邦題で前面に出されたSさんですが、彼女はミスキャストだと思うよ。もしくは、それもわざとですか?だって、どこをどうしたってキャリア・ウーマンには見えないんだよ。会員制秘密クラブは仕事に忙殺されるエグゼクティブな貴方や貴女のためのクラブです、って設定だおね?他の女性達と明らかに雰囲気が違うじゃんか。どう見ても娼婦ですって言っちゃ言い過ぎかしらね。ごめんなさいね。

 最後まで謎だったのが、この秘密クラブの運営の仕方。電話番号リストはどうやって配布してんのかね?リストが入った携帯電話を購入するとか、そういう形?でも新規会員の電話番号はどうやってメンバーに配布すんのさ?

 というわけで結局この映画の教訓は“アパート管理人にだけはなっちゃいけない”。ケツアゴ対決がどうなるのかは、ぜひ映画を観てくださいね。
にほんブログ村 映画ブログへ
俳優は誰?
 黒髪のケツァーゴことワイアットにヒュー・ジャックマン。もう40歳ですね。プライベートでは素朴な家庭人(普通のおっさん)というのが素敵です。オーストラリアからハリウッドに進出するきっかけとなったのはウルヴァリンでしたが、X-MENではマグニート様が好きです。あ、新作『』が超楽しみです。二コール・キッドマンとのオーストラリアン美男美女カポー!

 金髪のケツァーゴの方はユアン・マクレガー。めがね男子として登場。脱ぎたがりの彼も最近は落ち着いたようです。チラっとしか脱がないもの。『アイランド』好きです。

 S、つまりマルキド・サド(違う)にミシェル・ウィリアムズ。あまり印象に残らない人だなぁって思ってたけど、本作ではバッチリ印象に残りました。違和感という意味で。ヤンエグには見えませんが、美人ちゃんではあります。ヒース・レジャーと恋仲であったことで知られる彼女。彼との間に娘がいたりする。

 少ししか出てこないけど、シャーロット・ランプリングが重厚な雰囲気でした。『エンジェル』のときと同様、あの腫れぼったい目の奥の鋭い瞳が全てを見通していそうな雰囲気。その他、アジアン・ビューティー(?)のマギーQがちょっと出てきて美しさを披露する。

関連作品のようなもの
恋する遺伝子ヒュー・ジャックマンが素敵な映画。
恋する遺伝子
アシュレー・ジャド; ヒュー・ジャックマン
ニューヨークの恋人ジャックマンが素敵すぎる映画。そしてまだメグが可愛かった頃。
ニューヨークの恋人
メグ・ライアン; ヒュー・ジャックマン
普通じゃないユアンが誘拐犯になっちゃう映画。
普通じゃない
ユアン・マクレガー; キャメロン・ディアス
秘密倶楽部 o-daiba.com DVDボックス秘密倶楽部 o-daiba.com DVDボックス
栗山千明, 須藤温子

毛玉内関連記事:スルース
           セルラー
           コンフィデンス
           プレステージ
           デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~ 【アイツには 出し抜かれるな 情報戦】
           猟人日記 【償いも 愛することも 何一つ】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
怪しい作品でした(笑)

scarecrow1970 | URL | 2008年12月04日(Thu)22:47 [EDIT]

こんばんは、ご無沙汰してます♪

>それにこの人、目が笑ってない
あっ、確かに目は笑ってませんでしたね(笑)。

Pさんの仰るように、確かに「太陽がいっぱい(リプリー)」の世界を彷彿とさせますね。女好きの2人と言う割には、なんだか怪しいムード満点…。テニス終了後のシーン、黒髪のケツァーゴはわざわざ意味なく裸を見せつけてましたし(笑)。間に入る女性がミシェル・ウィリアムズだったので、余計にそんなイメージだったのかも?


>scarecrow1970さま。

P | URL | 2008年12月05日(Fri)11:06 [EDIT]

お久ですー。今月は怒涛の更新を楽しみにしてますねw。

テニスのシーンは、ちょと『エマニュエル夫人』思い出しちゃいました。あれはスカッシュですけども。男性2人のアクと魅力が勝りすぎて、ミシェルとかどうでも良かったですね。あまり絡んでこないし。

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【映画】彼が二度愛したS

<彼が二度愛したS を観ました> 原題:Deception 製作:2007年アメリカ ←クリックしてね♪ランキング参加中 ミニシアターで、昔この作品の予告を観た事があって! その時出演してる人の事は良く分からなかったけど、とても面白そうだったので観たい~と思ってい...

★紅茶屋ロンド★ 2010年10月18日(Mon) 20:55

「彼が二度愛したS」(DECEPTION)

「ムーランルージュ」や「アイランド」のユアン・マクレガー、「ニューヨークの恋人」「タロットカード殺人事件」のヒュー・ジャックマン、二大スターが主演したサスペンス「彼が二度愛したS」(原題=詐欺、2008年、米、108分、マーセル・ランゲネッガー監督)。...

シネマ・ワンダーランド 2009年11月24日(Tue) 19:57

「彼が二度愛したS 」タイトルは面白いが内容はそこそこ

「彼が二度愛したS 」★★★wowowで鑑賞 ヒュー・ジャックマン 、 ユアン・マクレガー 、 ミシェル・ウィリアムズ 出演 マイケル・ランゲネッガー監督、108分 、アメリカ(公開日:2008-11-08・レンタル中)                     →?...

soramove 2009年11月23日(Mon) 12:21

彼が二度愛したS(2008年・米)

★本来の趣旨と違う意味で、なんだか「妖しい」作品です★イニシャルには苦い思い出があります…。と、本名も明かしていないブログでこんな事を言っても「はぁ???」と思われるだけなんですが…。中学・高校生の頃、自分のイニシャルを言うのが凄く嫌でした。なぜなら…...

SCARECROW\'SROOM 2008年12月24日(Wed) 01:07

加藤浩次オススメのU-コマンドWALL・E(ウォーリー)

スッキリ!!に登場したディズニー映画「WALL・E」のキャラクター「ウォーリー」のラジコンです。

芸能人の好きなもの 2008年11月25日(Tue) 13:15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。