猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

トロピック・サンダー/史上最低の作戦 【凝りに凝り 狂気にド派手に 盛り上がり】

tag コメディ アクション 戦争

『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』 TROPIC THUNDER
2008年・アメリカ=ドイツ
ベン・スティラー監督・脚本・出演による映画業界への風刺が効いたコメディ。

ベン・スティラーにしては、そんなにお下劣でもなかったよ。ヽ(´ー`)ノ
たくさん笑って気持ち良かった!面白かった!これだけの豪華キャスト、豪華カメオ出演でお馬鹿をやりきるところが最高すなぁ。

原題はアメリカの陸軍第25歩兵師団トロピック・ライトニング(Tropic Lightning)のモジリ。この師団は『プラトーン』『シン・レッド・ライン』に出てくるよ。故にそこらへんのパロディが目立つにゃー。
トロピック・サンダー 史上最低の作戦 ディレクターズ・カット 調子にのってこんなに盛り込んじゃいましたエディション【2枚組】 [DVD]トロピック・サンダー
史上最低の作戦

ベン・スティラー;
ジャック・ブラック

コトノハ


"I will massacre you!"
(お前ら大虐殺したる!)

映画プロデューサーはテロリストに屈しない。テロじゃないけど。プロデューサーの彼の台詞と佇まいは面白すぎた。おっぱいもぐぞ、とかさ。

どんな映画?
 ちょwwトム・クルーズとマコナヘイw主役3人組よりもオイシイところもってってるよ!勢いよく狂気な爆笑映画。本編に入るとすぐフェイクCMとフェイク・トレイラー(予告編)が流れるんだけど、これがまた凝っていて素晴らしい。

 映画業界がテーマだけあって、数々の映画が登場する。『ナッティ・プロフェッサー』『クロコダイル・ダンディ』『I am Sam/アイ・アム・サム』『プラトーン』『ランボー』、『ドライビング・ミス・デイジー 』、『ベッカムに恋して』(BEND IT LIKE BECKHAM)『大脱走』、『アマゾンの半魚人』、『ザ・プレイヤー』、『プライベート・ライアン』に『MI:3』などなどなど。かなりのキリのなさ。でも、そんなの知らなくてもハッチャケまくった酷い楽しさ。

 じゃあちょっと、気になったとこの説明。ジャック・ブラック扮するお下品コメディアン、ポートノイの映画タイトルは"Fatties Fart 2"となっていまちた。fatはおデブですね、わかります。fartはオナラのことで、ここではシリーズのpart 2とかけてるんじゃ。それを字幕で“2発目”って訳してあって、コイツはやりおる!と思った。

 ちなみにシリーズもの映画のことを英語ではfranchise(フランチャイズ)って表現しますの。本作中でも何度も使われていまちたお。(スコーチャー・シリーズ="the Scorcher franchise"って感じで)

 タグのエージェントが無駄にこだわっていたTiVo(ティーヴォ)って何?と思ったら、詳しいサイトがあったのでこちら参照ください。簡単に言うとデジタル・ビデオ・レコーダーの製品名。アメリカでシェアno.1。機能的にはプレステン(PSX)とだいたい同じみたい。キーワード登録しとくと勝手に良さげな番組を録画してくれたりとか。
  ⇒OADG海外通信(vol.15)2003/10/20

 作中オサイラスが言う台詞「DVDコメンタリーの収録まで役になりきる!」は本当に実現されたのらしい。早くDVDが観たい。コメンタリーとか普段はほとんど見ないけど、これは観ないとだね!
にほんブログ村 映画ブログへ
俳優は誰?
 主演3人組はロケ先での笑い担当。ベン・スティラーロバート・ダウニー・Jrジャック・ブラック。それぞれに個性的で良かったけど、ここはダウニー・Jrの存在感が圧倒的だったので実質的な主役なんじゃないかと思う。金髪碧眼が似合ってたので驚いた。それと、それぞれに公式サイトまで作られているのでリンクを置いとくよ。

タグ・スピードマン公式サイト
 ⇒パンダ保護のチャリティ活動に心血注いでいるようです。
カーク・ラザラス公式サイト
 ⇒演技派らしい感じ。バイオグラフィーにはアボリジニとのハーフである腹違いの妹の話まである。
ジェフ・ポートノイ公式サイト
 ⇒ブ~って。


 他、トム・クルーズマシュー・マコナヘイ(マコノヒー)ニック・ノルティトビー・マグワイアジェニファー・ラヴ・ヒューイットなどなど盛りだくさんの豪華キャスト。トム様はこういう脇役のとき(『マグノリア』『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』)のほうが遠慮なく演じていて好き。イキイキしてた!あと、マコナヘイが最後狂ったように走っていくところが面白すぎた。

関連作品のようなもの
プラトーン (特別編) [DVD]このジャケットのポーズも何度も出てくるよ。トロピック・ライトニングの映画。
プラトーン (特別編) [DVD]
トム・ベレンジャー;ウィレム・デフォー
シン・レッド・ライン [DVD]同じくトロピック・ライトニング映画。戦いから逃亡する兵士のエピソードがタグとかぶる。
シン・レッド・ライン [DVD]
ジム・カヴィーゼル;ショーン・ペン
ナッティー・プロフェッサー/クランプ家の面々 (ユニバーサル・セレクション第3弾) 【初回生産限定】 [DVD]JB演ずるポートノイがやってたのはこの映画のパロディ。
ナッティー・プロフェッサー/クランプ家の面々【初回生産限定】 [DVD]
エディ・マーフィ.ジャネット・ジャクソン.ラリー・ミラー.ジョン・アレス
How to Do Everything With Your TiVo (How to Do Everything)How to Do Everything With Your TiVo
Todd W. CarterMichael Bellomo

毛玉内関連記事:ask and you shall receive. (映画英語:トム様の台詞)
           ドッジボール
           ナイト ミュージアム2 【良い続編 スケールアップに 新キャラも】
           アイアンマン
           テネイシャスD 運命のピックをさがせ!
           フルメタル・ジャケット 【戦争は 狂気の沙汰の ナンセンス】
           モンティ・パイソン/人生狂騒曲 【笑い死に 地に足付いた 風刺コメディ】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

白 | URL | 2008年12月10日(Wed)19:45 [EDIT]

>DVDコメンタリーの収録まで役になりきる!
楽しみです。「SPACED」のDVD、ご丁寧にレンタル版もコメンタリーが2種類。字幕は元ネタ字幕まで。商売っ気ないですわ。面白かったですが、さすがに連ドラなので長い。普段ドラマ観ないので、最後は惰性。

↓2つ前の記事、みんなちょんまげで登場するんでしょうか?そんな訳ないですよね… 

>白さま。

P | URL | 2008年12月10日(Wed)20:20 [EDIT]

サイモン・ペッグのドラマですか。全14話かぁ。約7時間?まあ、銀英伝に比べれば短いですよね、大概は。と思うと観る気になるような、ならんような。

忠臣蔵はどうなるんでしょうね?日本ぽくするのか、そこらへんはファンタジー世界っぽくするのか?でもアメリカが大好きな悪の大ボスが出てくるわけでもないですし、盛り上がるんでしょうか?吉良って陰険な小ワルぐらいでしかないと思うんですがー。
RONIN青春アクションドラマになるのかしら。

こんばんは。

なるは | URL | 2008年12月13日(Sat)22:34 [EDIT]

今更ながらコメントさせていただきます…。

>ここはダウニー・Jrの存在感が圧倒的だったので実質的な主役なんじゃないかと思う。
>金髪碧眼が似合ってたので驚いた。
ガクガクガクガクうなずいてしまいました(笑)

たくさん笑えて、私も満足しました。
映画館で観ておいてよかったと思います。

TBさせていただきます!
よろしくお願いします!

>なるはさま。

P | URL | 2008年12月14日(Sun)00:24 [EDIT]

ロケ組では断トツでダウニータン最高!でしたね。
ハリウッド組ではトム様とマコナヘイが凄かったです。

冒頭の大失敗爆発シーンとか無駄に迫力あって大笑いしました!家で観るとこのあたりの魅力は半減しちゃいそうですね。

コメント・TBはいつでもどこでも大歓迎よ。

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トロピック・サンダー/史上最低の作戦(2008年・米)

★個人的には大好きです。でも万人受けはしないかも…★以前、何かの作品でも書きましたが、海外のコメディ映画って、日本では微妙なんですよね。それぞれの文化で笑いのツボが違う事が一番大きいでしょうし、時事ネタのブラックジョークなどは他国では通じにくいし、ハリ...

SCARECROW\'SROOM 2008年12月31日(Wed) 02:00

『トロピック・サンダー』

とんだ、ひねくれやさんだーっ! 映画の映画のパンフレットがパンフレットについている! 『トロピック・サンダー』を観た! ロバート...

陽面着陸計画 2008年12月13日(Sat) 22:36

映画「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」

原題:Tropic Thunder 映画館の予告編が終わったと思ったら本編でまた予告編が始まる、なんだこれって思ってしまい、いつの間にか物語は始まっている~戦争は滑稽なもの?~ 1969年当時のベトナム戦争の映画、アクションが得意なスピードマン(ベン・スティラー...

茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ 2008年12月11日(Thu) 00:51

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。