猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ラブ・アクチュアリー 【それぞれの いろんな愛の 表出を】

tag コメディ ヒューマン ラブコメ 恋愛映画 動画付き

『ラブ・アクチュアリー』 LOVE ACTUALLY
2003年・イギリス=アメリカ
男女19人冬物語!英国俳優てんこ盛りのビター・ハッピー・クリスマス映画。そして脚本家リチャード・カーティスの監督デビュー作。

 このタイトルを文章として完成させると"Love Actually Is All Around"になる。これは映画冒頭ではっきり示されている。そして、落ち目のロックスターの過去のヒット曲も"Love is all around"。愛はそこら中に在るよ。そんなメッセージがたっぷり込められた群像ドラマ。 切なくてほろ苦くて甘くて、味わい深い。

DVDとサントラCD両方購入したほどに好きさ。
ラブ・アクチュアリー [DVD]ラブ・アクチュアリー [DVD]
ヒュー・グラント
アラン・リックマン

コトノハ


"Seems to me that love is everywhere."
(私には、愛はどこにでもあるように見える)

どんな映画?
 空港で再会を喜び合う人々の愛に満ちた映像が流れるオープニング。ほら、世界は暗いばかりじゃない、ここに来ればいつでもそこに様々な愛が見える。親子、家族、恋人、古い友人、たくさんの愛が目に見える。このシークエンスが撮影されたのはヒースロー空港で、これは実際の普通の人たちの映像(もちろん使用許可をもらったもの)。

 たくさんの登場人物とエピソードが重なり合って、それぞれの物語が語られる。いやぁ、本当にこの映画好きです。家族愛、男女の愛、友情…いろんな愛のお話を通して、観ているとじんわり幸せになってくる。最高のクリスマス映画じゃないかね。なのに、日本での劇場公開は2月でした。(´・ω・`)

 アメリカとは違う皮肉っぽい英国ジョークとか落ち着いた雰囲気が全編に溢れているのも素敵だ。それに単純にハッピーエンドで終わっていないところも良い。この後どうなっていくのだろ?と観終わってから想像したりする。見所はヒュー・グラント演じる英国首相のネクタイ。シーン繋がってるのに柄が変わってるよ。首相が踊るシーンも最高。

 それから、音楽の使い方が巧い!効果的に使われてるってのもあるけど、お葬式から結婚パーティーへ場面が変わるときに、同じ音楽をそのまま流しているところとか、さり気ないけど気が利いている。音楽で場面を繋げてるところは他にもあるよ。いくつもの物語が重なり合う感じを聴覚からも表現しているよね。

 私の好きなエピソードは親友の花嫁に恋する男、職場の同僚に長いこと片思いする女性、老いぼれロッカー、ポルトガル語と英語で会話する二人(台詞が秀逸)。ラストに向かって畳み掛けるような多幸感に、傍で丸くなっていた猫をゲシゲシ撫でていたらガブっと噛みつかれました。

 出演者もりだくさんで、ビル・ナイリーアム・ニーソンキーラ・ナイトレイアラン・リックマンコリン・ファースエマ・トンプソンローラ・リニーロドリゴ・サントロ・・・と超豪華。チョイとだけ出るお方もデニス・リチャーズローワン・アトキンソンクラウディア・シファーと目立つ方々が。

 オマケに首相のテーマ曲"Jump (For my love)" (Girls Aloud)のクリップ。映画のシーンも登場するよ。


にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
卒業 (ユニバーサル・ザ・ベスト2008年第5弾) [DVD]空港で少年サムがガラスに向かって叫ぶシーンは、この映画から。
卒業 (ユニバーサル・ザ・ベスト2008年第5弾) [DVD]
ダスティン・ホフマン/アン・バンクロフト/キャサリン・ロス
Love Is All Aroundビルが歌っていたのはこの曲。loveのとこをクリスマスに改変して。
Love Is All Around
The Troggs
Merry Christmas少女が"All I want for Christmas is you"を歌う。オリジナルよりも好き。歌が巧すぎて編集したとか。
Merry Christmas
Mariah Carey
All You Need Is Love: Beatles Songs for Kids序盤の結婚式で使われてた「愛こそすべて」。あのシーンは泣く。
All You Need Is Love: Beatles Songs for Kids
Various Artists
藤川ゆりDVD love navi 八戸love navi 八戸 藤川ゆりDVD
藤川ゆり

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

pinoko | URL | 2008年12月17日(Wed)21:33 [EDIT]

初めまして、pinokoと申します。
ブログ村より拝見させてもらいました。

私もDVDとサントラ、抱き合わせで購入しました。群像劇なので、観た人それぞれに、好みのエピソードがあるのが面白いです。
ネコちゃん、大人しそうですね~ 失礼しました。

>pinokoさま。

P | URL | 2008年12月18日(Thu)00:43 [EDIT]

私は映画館で観て早速サントラを買って、聴きまくりましたね~。名曲揃いで、しかもそれぞれのシーンが頭に浮かんでくるという。
その後、耐え切れなくなってDVDも買っちゃったですよ。特典で、カットしたシーン観ましたか?少年がアクロバティックに空港を駆け回るのはカットして正解だなと思いましたが、その他のシーンは味わい深くて良かったです。でも確かに繋がり的にどこにも入れられなかったんだろうな、と。

うちの猫のヤツは凶暴ですよ。すぐ飛び掛ってきたり噛み付いたり殴ってきたりします。唸られたり。苛めてないのに。多分。

umetraman | URL | 2008年12月19日(Fri)21:51 [EDIT]

こんばんは!

これはいい映画だと思います。以前にもチラッと書き込んだ記憶がありますが、まいいか(笑)。
真っ先にくるのが英国男子の米国珍道中なんですが、思い出しましたビル・ナイの老いぼれロッカー。彼のクリスマスにはぐっときました。ここのところ出演されてるホット・ファズとかショーン・オブ・ザ・デッドとか立て続けに観ているので、ビル・ナイ月間に入ってるかもしれません。
アラン・リックマンも非常に痛い役でよかったと思います。いいですね、イギリス映画。

ガツンと応援♪凸

>umetramanさま。

P | URL | 2008年12月20日(Sat)13:21 [EDIT]

umeさんがアメリカ珍道中好きって言ってたので、じっくり見直しましたお。女の子、可愛い!最後に空港でデニス・リチャーズが出てくるとこも良かったです。友達が呆気にとられてw。

老いぼれロッカーは、テレビに出て下品なこと書き始めて。子供も見てるんですから!って窘められて急に神妙になり。「ヤクなんか買うなよ・・・」で、バっと笑顔になって「ミュージシャンになればタダで貰えるんだぜ!」って言うところで爆笑しました。

アラン・リックマンも、素敵な上司で良かったな。誘惑に弱いし。宝石店のやりとり、面白かったです。誘惑するミアちゃんが美女でしたね。

白 | URL | 2008年12月20日(Sat)23:23 [EDIT]

しばらく休憩してる間にいろいろ記事があったのでまとめて。
これ、おすすめいただいたヤツでしたね。ハッピークリスマスにピッタリの面白い作品でした。
ドラゴンボールは映画館で予告観ましたが、ドラゴンボールじゃなくてもよかったような… 思ったより良さ気(亀仙人がハゲじゃないのがいちばん気になりました)
地球が~は、とりあえずご覧ください。もしかして、毎度の事ながら、別エンディングがあるのかも?そんな気がしてきました。

>白さま。

P | URL | 2008年12月21日(Sun)00:11 [EDIT]

お元気で何よりです。
やっぱりこの映画観るとクリスマス気分が盛り上がります!

地球が静止~で予告に入るんですよね、ドラゴンボール。亀仙人はハゲでもなければ甲羅もしょってなければサングラスもしていないという。原作者も別物として楽しんでくだされば、と言っていたとか。

キアヌの映画を観るの久しぶりなので楽しみです。彼のはコンスタンティンが好きです。

ロッカリア | URL | 2009年10月14日(Wed)00:26 [EDIT]

さすがPさん。
鋭くて分析に長けていますね~。(惚れ惚れするわ)
ネクタイの柄が変わっているのには気が付きませんでした。
『タイタニック』の例のシーンも最後(リーアム・ニーソンが子供を抱いて倒れこむシーン)の複線にもなっていて、このとき本当に親子が信じ合えたんだ、と感動しました。
もうすぐクリスマスがやって来る、そんな季節になったんですねぇ…。(ハロウィンが先だろうが!)

>ロッカリアさま。

P | URL | 2009年10月14日(Wed)01:28 [EDIT]

映画館で観て大好きになって、DVDとサントラ買っちゃったくらい好き過ぎる!
ので、好きなこと書いてるだけっていう…。

タイタニックの真似するアレは可愛かったですね。
あの親子のエピソードは本当にジンときて、可愛くて、良かったですね。

クリスマスが近くなったらまたクリスマス映画いっぱい観たいですねん!

サイ | URL | 2009年10月14日(Wed)11:11 [EDIT]

はじめまして。(以前から記事は度々読ませてもらっていましたが、コメントでご挨拶するのは初めてだと思います・・・もし以前にご挨拶していたら、ゴメンなさい!)
(チャンドラー君のチャットでは、参加している時間がずれていて、お話したことは無かったけど、後日読ませてもらっていました)

私は「映画鑑賞の記録」というブログをしているsaisennseisuki(略称・サイ)と申します。
ラジオ・ヒッチコックさんのトラックバック記事で、こちらにお邪魔しています。

実は私のブログ内で「ブログDEロードショー」の記録の記事を書いています。
今回のラブ・アクチュアリーの、感想やレビューのところに、Pさんのこの記事をリンクさせていただいても宜しいでしょうか?
もしご迷惑・不愉快等ではなかったら、是非、よろしくお願いします。(ペコリ)

>お葬式から結婚パーティーへ場面が変わるときに、同じ音楽をそのまま流しているところとか、さり気ないけど気が利いている

この部分、私もビックリしました☆ 
でもごくごく自然で、本当にそのまま受け入れられるので素晴らしいと思います。
日本の映画ではなかなか難しいかもしれませんね。

では、もし宜しかったらこれを機会にして、どうかよろしくお願いいたします♪

>サイさま。

P | URL | 2009年10月14日(Wed)11:58 [EDIT]

サイドバーに明記してあるとおり、リンクなどはどうぞご自由にですー。

これ書いたの昨年ですけどもね~。
クリスマス近くなると観たくなる映画のひとつですね。あと『バッド・サンタ』とか観たくなります。

選曲も素敵だし、曲の使い方も素敵でした。愛こそすべての演奏も幸せ感たっぷりでしたなぁ。
企画の主催お疲れ様です-。

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラブ・アクチュアリー/Love Actually(映画/DVD)

ラブ・アクチュアリー(原題:LOVE ACTUALLY)19人が織り成すそれぞれの愛のカタチ――それはあなたの物語(ストーリー)。製作:2003年(イギリス)配給:UIP映画ジャンル:ドラマ/恋...

映画を感じて考える 2009年12月24日(Thu) 12:49

映画「ラブ・アクチュアリー」

リンク:love actually 2004年に公開された時には気にもしてなかったけど、どんな映画だったのかチョットだけwowow観て止めるつもりだったのに、最後までテレビの前を離れることが出来なかった。 最初の内、何本もの映画を同時に観てるような感覚に陥ったけど、13...

茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ 2008年12月18日(Thu) 00:31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。