猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

映画ポスターのパロディ集 <ペット>

tag 動画付き

 英国の雑誌Empireのサイト Empire Onlineのコーナーのひとつで、ポスター・マッシュアップ・ギャラリーというのがある。毎週出されるお題に応えて、映画のポスターを面白く改造して投稿しちゃおうってコーナー。

 お題が“ペット”で、可愛くて面白いのがたくさんあったから一部をご紹介。⇒のあとにそれぞれリンク貼りまんた!カーソルを合わせると小さい画像がポップアップするようになっていますが、PC環境によっては出てこないかも。その場合と大きい画像が見たい場合はリンク先に飛んでね。

あとオセッカイ解説も書いときます。元ネタの画像へのリンクも。←ハリキリ過ぎ。

<猫>
No.8 『E.T.』"E.T.: The Extra-Terrestrial"
"P.E.T."にしてみた
元ネタ⇒ポスター画像
※Pをつけたらペットになったよ。何ともいえないニャア。私はこれ最優秀賞!まあ、猫って宇宙から飛来したのかもな。だって異常に可愛いもの。

No.3 "Run, Fatboy, Run"
"Run, Catboy, Run"にしてみた

元ネタ⇒ポスター画像
※FatをCat(猫)にしたよ。可愛いよ。映画はサイモン・ペッグ主演の英国コメディ。日本未公開。現時点ではDVD未発売。DVDぐらいは出て欲しいね。



参考:"Run Fatboy Run" (IMDbの作品情報)

No.31 『アイ・アム・レジェンド』"I Am Legend"
"IAMS Legend"にしてみた
元ネタ⇒ポスター画像
※アイムスってペットフードのメーカーだよね。日本でもお馴染みの肉球ロゴが可愛い。この映画の主人公のペットは犬なのに、なぜこれ作った人は猫人間にしたのだろ?

No.27 『カサブランカ』"Casablanca"
"Catablanca"にしてみた
元ネタ⇒ポスター画像
※CasaをCat(猫)にしたよ。なんだかキッチュな味のある絵になってしまって、これはこれで素敵だな。「ジョバンニー」「なんだいカムパネルラ。」

No.38 『マグノリア』"Magnolia"
"Mognolia"にしてみた
元ネタ⇒ポスター画像
※MagをMog(英国スラングで猫の意味)にしたよ。あれだね元は蛙だね。蛙が降ってくるよりも猫が降るほうがアリエナす。でも嬉しい。いや、痛そうか。

No.9 『ジョーズ』"Jaws"
"Paws"にしてみた
元ネタ⇒ポスター画像
※Pawは動物の前足とか手とかそういう可愛い単語。この英単語が好きだニャア。しかし巨大な手である。深海から毛むくじゃらの前肢がニョキっと出てきてタシタシやってたら可愛かろうな。

<犬>
No.22 『ソウ4』"Saw Ⅳ"
"Paw Ⅳ"にしてみた
元ネタ⇒ポスター画像
※はい、でた。pawは可愛い単語なのに、何故こんなことに!しるし!

No.17 『パルプ・フィクション』"Pulp Fiction"
"Pup Fiction"にしてみた
元ネタ⇒ポスター画像
※pulpをpupにしたよ。pupは子犬ちゃんのことね。Hush Puppyなんて靴屋さんもあるわね。ユマ・サーマンてウマ・サーマンなのかな。UMA?馬?

No.25 『ダークナイト』"The Dark Knight"
"The Bark Knight"にしてみた
元ネタ⇒ポスター画像
※barkは吠える。てことで犬の騎士になっちまった。ツンとした猫耳がペラっとした犬耳になってるのが芸の細かさ。

No.26 『レイジング・ブル』"Raging Bull"
"Raging Bulldog"にしてみた
元ネタ⇒ポスター画像
※やると思った。bull(雄牛)をブルドッグにしちゃった。もはやオヤジギャグの域ね。どちらにしろ怖いよね、激昂した獣は。フレンチ・ブルドッグだったら可愛いのかなぁ。

No.29 『ゴッドファーザー』"The Godfather"
"The Dogfather"にしてみた
元ネタ⇒ポスター画像
※godをdogにしたよ。なんだか渋くてセンス良いポスターなのに、下のほうに“私は彼に骨を投げるだろう。彼はそれを拒めない。”とか間抜けなコピーが最高。

No.32 『イーグルアイ』"Eagle Eye"
"Beagle Eye"にしてみた
元ネタ⇒ポスター画像
※Bを付けただけで猛禽(ワシ)が愛らしいビーグル犬に変身。このシンプルさは、先生好きだぞ。

<その他のペット>
No.4 『地獄の黙示録』"Apocalypse Now"
"Apocalypse Cow"にしてみた
元ネタ⇒ポスター画像
※NowをCow(牛)にしたよ。禍々しいよ。きっと主人公の牛が周りで起こる狂牛病を見詰めながら旅をする話。

No.5 『メン・イン・ブラック』"Men in Black"
"Hen in Black"にしてみた
元ネタ⇒ポスター画像
※MenをHen(メンドリ)にしたよ。スッキリしてうっかりカッコいいデザインですよ。メンドリ・イン・ブラック!宇宙人を管理するのはこのメンドリの仕事クックドゥードゥルドゥ、朝ですよ。

No.35 『キル・ビル』"Kill Bill"
"Kill Gerbil"にしてみた
元ネタ⇒ポスター画像
※BillをGerbil(スナネズミ)にしたよ。でも、だったら、ボスのビルを殺しにいくんじゃなくてスナネズミを殺しにいく話になるね。

No.37 『アメリカン・ギャングスター』"American Gangster"
"American Hamster"にしてみた
元ネタ⇒ポスター画像
※GangsterをHamster(ハムスター)にしたよ。ハムスターの牛耳る麻薬ビジネス。その危険な麻薬はカラカラと筒の中を延々走ることで得られる脳内麻薬だった。お、恐ろしい!

にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:ダークナイト
           イーグル・アイ 【この映画 10年前に 観れてたら】
           キアヌ・リーヴス表情完全観察辞典(キアヌ・メーター付き)
           ウォレスとグルミット新作"A Matter of Loaf and Death"での映画的駄洒落
           映画スター出演のTVCM特集

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
こんばんは。

なるは | URL | 2008年12月27日(Sat)02:46 [EDIT]

これみんなカワイイです…!

でも中でも『ダークナイト』と
『アメリカン・ギャングスター』が気に入りました!
なんか動物のかわいくもマヌケな感じが出ていて、
また映画とは正反対の雰囲気を醸していて笑えます!

>なるはさま。

P | URL | 2008年12月27日(Sat)12:36 [EDIT]

可愛いですよねぇ~。
良かった、反応があってw。海外の面白い映画関連記事、どうなのかなぁ、読んでもらえてるのかなぁ?画像もってこれないのが痛いかなぁとか、ちょっと考え中だったので。

そうそう、映画のイメージとグイっと違ってるところが可笑しみですよね。やっぱりギャップ萌えは最強!つい内容を想像しちゃいます。
キューンと甘えてくるダークナイト、ハードボイルド気取りのハムスター。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。