猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ディセント 【冒険は 安全第一 私怨ヌキ】

tag サスペンス ホラー スプラッター 動画付き

『ディセント』 THE DESCENT
2005年・イギリス
英国の新鋭ニール・マーシャル監督・脚本による洞窟探検ホラー。

 いやあ、面堂終太郎だったら泣き叫んで脱水症状になるんじゃないかっていう、暗いよぅ狭いよぅ怖いよぅ!な世界。洞窟探検といえば、水曜スペシャルの川口浩探険隊ですよね。←共感の強要。つまりアレですよ、川口浩が女性になって女性6人チームを結成して洞窟探検するも、地底人に襲われる話、と考えてください。

 原題は“降下”。下ること。地下へ地下へ入っていくよ。
THE DESCENT [DVD]THE DESCENT [DVD]
(2006/11/29)
シャウナ・マクドナルド
ナタリー・メンドーサ

コトノハ


"What do you mean you don't know?"
(わからないってどういうことよ?)

 洞窟探検の企画をたてたジュノ隊長。が、彼女のエゴによって取り返しのつかない事態に。出口を探すためにライターの炎をかざしても、揺れやしない。もうジュノ隊長の手に負えないお。

どんな映画?
 欧米のホラーマニアの間で異常に評価の高い作品。日本でも一部のホラーマニアの間で話題に。私が観たのは1年ぐらい前だけど、印象深くて忘れられない。いやあ、面白いよこれ!終盤はちょっとスプラッタ気味になってくるので、そういうのが苦手じゃなければ観たら良いよ。

 洞窟探検の舞台はアメリカのアパラチア山脈奥地の地下という設定。川口隊長は冒険好きな仲良し6人女子チームを集めたの。でも、皆には嘘ついてるの。皆には地図にも載ってる観光地ボアハム洞窟だって言ってあるけど、この洞窟、本当は前人未踏の地なの!きゃあ!だから地図なんてないわよ!全てが新しいのよ!私たちがすべてを探検し尽すのよ!

 って。本当アリエナイっす。川口…いやジュノ隊長、死ねば良いのにってきっと皆思ったよ。冒険好きな仲間にこんな嘘つきで信頼できない人がいるなんて考えたくないよね。恐ろしい!そんな感動的なヒューマン・ドラマ。

 全体的に女性だらけならではの会話シーン、仲間割れ、仲裁、裏切りの発覚、誤解、早合点と楽しく進んでいくストーリー。途中、谷をロープで渡ったり、狭いとこに体が突っかかってにっちもさっちも行かなくなったりとスリリングな冒険シーンも面白い。一人が足をひどく骨折したとき、歩けるように処置するシーンも背筋がブルブルしましたわ。

 ということで、肉食の地底人ですよ。彼らが現れてからの恐怖パニック状態がまた素晴らしい。地底人そのものではなく、それをきっかけとして露呈していく互いの人間関係が怖ろしくて面白いんだ。終盤のカオスっぷりハチャメチャっぷりも勢いがあって盛り上がる!これがラストの余韻へと繋がるわけだ。

『ディセント:パート2』なるもの
 ここで続編のお知らせ。内容は一人だけ洞窟を脱出した隊員が、レスキュー隊と共に洞窟に戻って仲間達を探すってことらしい。え?いや、あの、アリエナイでしょ!観た人にはわかるけど、アリエナイよねぇ!で、調べてみるとさ。1作目は別エンディングのヴァージョンがあるんだって。脱出して車で走っているところで終わるヴァージョン。続編はその続きですってさ。オリジナル・ヴァージョンのエンディングは無視ですよ。

 1作目の監督・脚本のニール・マーシャルはこの続編に関っていないのらしく、そう考えるとちょっと期待できないなぁ。本国英国では2009年10月9日公開。日本で公開されるかどうかはわかりませんが、たぶんナイでしょうね。来年中にDVD出ると良いですが。
  参考⇒IMDb "The Descent : Part2"
(追記:ちゃんと日本公開されて良かったですにゃぁ。)

『ディセント2』予告編

にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
ドッグ・ソルジャー デラックス版 [DVD]ニール・マーシャル監督の長編デビュー作。
ドッグ・ソルジャー デラックス版 [DVD]
ショーン・パートウィー;ケヴィン・マクキッド
House Of Horror - Mini Bust: The Descent - Crawler出てくる地底人はこんなの。こんなフィギュア、いらないお。
House Of Horror - Mini Bust: The Descent - Crawler
ディセント 完全日本語版ディセント 完全日本語版

毛玉内関連記事:洞窟ホラー『ディセント』続編"The Descent: Part 2"の予告編
           ディセント2 【狭苦しい 地下世界でも 人間模様】
           サバイバル・フィールド 【悦楽に 息を潜めて ただ見やる】
           赤ずきんの森 【暗い森 泣き声響くよ 赤ん坊の】
           ダークネス
           0:34 レイジ34フン 【地下鉄の 夜中の活動 殺人鬼】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

白 | URL | 2009年01月08日(Thu)01:02 [EDIT]

続編はやっぱりニール・マーシャル監督抜きなんですね。地底人より、登場する女性の方々のほうが怖かったです。似たような洞窟ホラー映画(多分同時期の公開だったような?)の宣伝が川口浩探検隊チックでした(タイトル忘れました)。
年末にケン・ローチ監督の「この自由な世界で」の中で、TVで観ていたのが「ドッグソルジャー」だったのですが、個人的には一番盛り上がりました(笑)。どちらも大好きです。

>白さま。

P | URL | 2009年01月08日(Thu)01:52 [EDIT]

なんだかプロット読むとアリエナイ展開過ぎて萎えます。全然別のチームがまたあの洞窟に降りていく話なら面白いかもしれないのに。あれはあれで終わったもの、なんですよねー私の中では。
そうそう女性達のそれぞれの関係とか、そういうのが怖いですね。そこも王道のホラーって感じです。

この時期に洞窟が流行っていたみたいで『ザ・ケイヴ』(中央アジアの山脈の下にナニカが潜む)、『地獄の変異』(ルーマニア・カルパチア山脈で同じく)とありました。私どっちも観てないですけど、説明読んでたら観たくなりました。洞窟はロマンですよ!

茶栗鼠 | URL | 2009年01月09日(Fri)00:29 [EDIT]

Pさんこんにちはぁ。

もう、中盤までのパニック映画要素が暇になることも少なくて、好印象でしたね。・・・・、地底人君のフュギュアはいらないですよね。どこに置くのでしょうか・・・・。エイリアン系の隣?
続編は、結構本作が好きなので観たいです^^(未公開でもレンタルしてくれればなぁ。『30 days of night』とか、全然スルーですもんね/

>茶栗鼠さま。

P | URL | 2009年01月09日(Fri)11:40 [EDIT]

フィギュアはスメアゴル(ゴラム)とセットで置くとご利益がありそう。(←ない)

続編、あのラストから続けようっていうのがかなり無理な気が・・・。それでも確認のために観たいんですけどね。観ますよ!きっとDVDぐらいは出るさ!
日本でDVD出てないやつといえばTVシリーズのミーアキャット・マナーなんですけど、あれ観たいがためにリージョンフリーのDVDプレイヤーが欲しくなったり。

umetraman | URL | 2009年01月11日(Sun)12:37 [EDIT]

こんにちは!

これはなんとも身体に悪い映画でした~><
洞窟が狭すぎですよ。ロケなのかセットなのかわからんですけど、地底人が現れる前から既に息が・・・。
上下30cmくらいしかない隙間に引っかかるところで終わったと思いました(笑;)。ううーん。

地底人フィギュア、リアルですねえ。こういう不気味フィギュアにも需要あるんですね。対象年齢12歳というのは如何なものかと思いますが(笑)。

ガツンと応援♪凸

>umetramanさま。

P | URL | 2009年01月11日(Sun)14:20 [EDIT]

そうそう狭苦しくて息苦しくなる映画ですよね。洞窟とか海ものって息苦しいです。私も洞窟探検したことありますが、あんな狭い箇所はなかったです。天井ももっと高かった。あれは恐ろしい!いつ崩れるやら!

フィギュアは何でもありですねぇ。私は可愛い猫や女の子や恐竜なんかなら欲しいですけど。

さすがの

kino | URL | 2009年01月12日(Mon)18:37 [EDIT]

こんにちは。
川口浩もこの洞窟には、行ってませんでしたね。
世紀の大発見なんですけどね。
すごい息苦しくて、最後、穴から出た時、生き返った気持ちになりました。
まっ暗で、出口がないというだけで、恐ろしいですよ。地底人は、出てこなくても、かなりきつかった。ごつごつした岩みたいなものはセットかなっと思い、何回も繰り返し観てしまいました。
この映画、結構気に入ってます。

>kinoさま。

P | URL | 2009年01月12日(Mon)19:14 [EDIT]

地底とか海底とか勿論宇宙とか、未知の領域はまだまだたくさんありますね。恐ろしいけどロマン!

私もつい何度か観てしまった映画でした。
地底人は与えられる刺激であって、その反応が恐ろしくて面白いです。息詰まる洞窟に引き戻されるラストのラストは、なんというか絶望した!

さすがに天然の岩の隘路を使って撮影はしていないでしょうから、適当に作ってあるんでしょうけど。そんなの見分けつきませんでした。

とら次郎 | URL | 2009年01月21日(Wed)22:09 [EDIT]

閉所恐怖症の人は絶対観れない映画でしょうね。
観ているだけで、息苦しかった。
ちょっと女性の怖さを見ましたね。

続編は、やっはり期待薄ですよね・・・。
しかも、なんですか!?そのありえない話の続き具合。
もぅ、1作目を汚す他人監督の続編はやめて欲しいですね。

>とら次郎さま。

P | URL | 2009年01月22日(Thu)00:50 [EDIT]

観ているだけで息苦しいですよね~。
続編、シノプシスを読んで呆気にとられましたよ!
アレはアレで終わったじゃないか!何故無理やりそんな話を続けるのかと。新しい冒険チームで良いじゃないかー。

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ディセント

い、息苦しいです。 リーダーのジュノから聞かせれていたのはアメリカのアパラチア山脈奥地の地下洞窟探検。参加したのはサラとジュノを...

映画通信みるみる 2009年01月12日(Mon) 18:40

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。