猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ワールド・オブ・ライズ 【世が為と 大義通して あやめたる】

tag アクション サスペンス 政治

『ワールド・オブ・ライズ』 BODY OF LIES
2008年・アメリカ
リドリー・スコット監督、レオナルド・ディカプリオ主演のCIA映画。

 サスペンスとしての面白みが充分に備わったエンタメ作品でありながら、真摯に問うてくる、心に訴えかける良い映画でした。原題は“一連の嘘”、たくさんの嘘。目的は同じなのに、互いが互いを欺きあう世界の話。
ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]ワールド・オブ・ライズ
マーク・ストロング
ラッセル・クロウ

コトノハ


"Ain't nobody likes the Middle East, buddy."
(中東が好きなヤツなんかいないさ、相棒)

 中東に住み込む工作員であるフェリスが「俺、中東が好きなのかも」と言うのに対して上司のホフマンはこう答えた。それを聞いたフェリスは「たぶん、そういう考え方が問題なんだ」と返す。このシーンが好き。映画のテーマがぎゅっと凝縮されたやり取りだと思う。

どんな映画?
 イスラム過激派のテロを断つため、CIAはあれこれ活動する。アラブに潜入し情報を集める現地工作員フェリス(ディカプリオ)、そのフェリスにアメリカから指示を出す上司ホフマン(ラッセル・クロウ)。話はフェリスを中心に進んでいく。

 ヨルダン諜報局のハニ・サラーム(マーク・ストロング)との危うい協力関係がひとつの鍵となって、テロ首謀者を追い詰めるサスペンスは盛り上がる。惚れたよ、ハニ・パシャ!

 みんなの目的は同じテロ首謀者の逮捕なのに、計画を速やかに実行するために互いに嘘をつく。嘘と嘘が交錯する化かしあいの世界で、フェリスは鼻を利かせ、ホフマンは頭を働かせ、ハニは冷静を保つ。それぞれに結構酷いことをしてるわけで。

 ホフマンのいかにもアメリカな傲慢さが皮肉な笑いを誘うよ。そして、この映画でもっとも可哀想な人物は建築家でした。酷いや、CIA。(´・ω・`)ちゃんと守ろうよ。

 政治的メッセージ、というよりはもっとファンダメンタルな人間的メッセージを感じました。危険の中に生きるフェリスは現実を目の当たりにし、偏見やレッテルではなく人の本質を見抜くようになった。それに対し、安全圏で報告を受け分析し指示をするホフマンは、偏見から決して自由にはなれない。

 あと、かなり痛そうなシーンが出てくるから注意。(`・ω・´)
にほんブログ村 映画ブログへ
俳優は誰?
 現地工作員フェリスにレオナルド・ディカプリオ。ラストのアップで長写しのときの表情がね、すごく良かった。子役時代からすごく巧い俳優だけど、アイドル的イメージが先行してしまって一般には過小評価されていたレオ様。このとこ、こういう男臭い役が続いて嬉しい限り。昔の線の細さがすっかり消えて、貫禄出ましたね。良い意味で。いやしかし、スクリーンでの存在感は本当に素晴らしい!

 フェリスの上司ホフマンにラッセル・クロウ。この役のために28kgほど増量したそうで、お腹がたっぷんたぷん。ラストで寿司食べてるの見てちょっとニヤリとしちゃいました。『インサイダー』でも日本風の料亭でなんか日本語チラっと喋るシーンあったの思い出して。

 そして我が愛しのハニ・パシャことハニ・サラームを演じたのは英国俳優マーク・ストロング。いやあ!素敵でした。ダークキャッスル製作の非ホラー映画『ロックンローラ』にも出ているそうで、日本公開を楽しみにしています(2月末か3末か)。『シャーロック・ホームズ』にも出演しているとのことで、今後の注目株です、P的に。

関連作品のようなもの
ワールド・オブ・ライズ (小学館文庫)原作本。
ワールド・オブ・ライズ (小学館文庫)
デイヴィッド・イグネイシアス
ブラックホーク・ダウン [DVD]リドリー・スコット監督のソマリア侵攻映画。良作。
ブラックホーク・ダウン [DVD]
ジョシュ・ハートネット;ユアン・マクレガー
キングダム/見えざる敵 [DVD]テロに次ぐ復讐。その繰り返しの悲劇を描いた佳作。
キングダム/見えざる敵 [DVD]
ジェイミー・フォックス;ジェニファー・ガーナー
RIZE [DVD]RIZE [DVD]
トミー・ザ・クラウンラリー

毛玉内関連記事:キングダム/見えざる敵
           ブラッド・ダイヤモンド
           大いなる陰謀
           ロックンローラ 【権力と 金とスリルで 大火傷】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
こんばんは~

なるは | URL | 2009年01月13日(Tue)23:01 [EDIT]

この映画は、
この間のPさんの記事にあったような、
隣のポップコー音であまり集中して観れませんでした…(泣)
でも、普通におもしろかったなと思います!

何よりマーク・ストロングですよね。
私もガイ・リチー作品に続々起用されていて
楽しみで仕方ありません!!
TBさせていただきます!!

>なるはさま。

P | URL | 2009年01月14日(Wed)00:00 [EDIT]

ポップコー音て面白いですね。ポップコ音でも良いかも。
私はわりと外界の音を遮断できるようです。夢中になれば。でも視界をチラチラ動かれるのだけはダメじゃ。立たんでくれ。

マークさん、若い頃のアンディ・ガルシアみたいでかっこ良いですにゃー。出演作リスト見てもパっとしないというか、えーと誰だっけ?な役ばかりなので、今後を楽しみにしたいと思います。

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画 「ワールド・オブ・ライズ」と リドリー・スコット監督

国際テロ組織と戦うCIAの話。 中東にもぐりこんで活動するCIA工作員フェリスを レオナルド・ディカプリオが熱演しています。 原作は中東で20年も活躍してきたジャーナリスト、 デヴィッド・イグネイシャス氏によるもので、 実話ではないものの、 中東の様子が忠実...

英国日記 2009年10月13日(Tue) 23:32

ワールド・オブ・ライズ(2008年・米)

★こんな時代だけど、最後は「信頼」が大切なんでしょうね★長いことブログをサボっているうちに、気付けば当ブログも2周年(3月20日)を迎えていました。でも記事数は今回でようやく100本(映画レビュー以外のネタも含めて…)。これって、毎日更新されている方だ...

SCARECROW\'SROOM 2009年03月24日(Tue) 21:35

『ワールド・オブ・ライズ』を観たぞ~!

『ワールド・オブ・ライズ』を観ましたCIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマです>>『ワールド・オブ・ライズ』関連原題: BODYOFLIESジャンル: サスペンス/アクション上映時間: 128分製作国: 20...

おきらく楽天 映画生活 2009年03月23日(Mon) 23:58

「ワールド・オブ・ライズ」嘘つきは、泥棒のはじまり…。

 レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ2大スター競演!そして監督は、リドリー・スコット!「ワールド・オブ・ライズ」(ワーナー・ブラザース)。この豪華な顔合わせ、期待するなって方が無理ですよね。でも事前宣伝何か地味じゃないですか?思ったほど、盛り...

シネマ親父の“日々是妄言” 2009年02月09日(Mon) 00:46

『ワールド・オブ・ライズ』

□作品オフィシャルサイト 「ワールド・オブ・ライズ」□監督・製作 リドリー・スコット □原作 デヴィッド・イグネイシャス (「Body of Lies」)□脚本 ウィリアム・モナハン □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシ?...

京の昼寝~♪ 2009年01月23日(Fri) 17:19

ワールド・オブ・ライズ を観ました。

第2弾も話題作…最近骨太系になって気に入り始めたレオの作品。

My Favorite Things 2009年01月23日(Fri) 14:32

ワールド・オブ・ライズ 2009-01

「ワールド・オブ・ライズ」を観てきました~♪ テロリスト組織のボスを追うCIA局員のフェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、上司であるホフマン(ラッセル・クロウ)からイラクからヨルダンに行き、ヨルダン情報局のハニ(マーク・ストロング)と協力するように言?...

観たよ~ん~ 2009年01月14日(Wed) 20:16

『ワールド・オブ・ライズ』

嘘に築く。 『ワールド・オブ・ライズ』を観た! 嘘に嘘と嘘を重ねた世界。 嘘に塗れた世界が真実。 社会派作品? いえいえ、エンタ...

陽面着陸計画 2009年01月13日(Tue) 23:35

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。