猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

恋とスフレと娘とわたし

tag コメディ ヒューマン

『恋とスフレと娘とわたし』 Because I said so
2007年・アメリカ
娘に良いお相手を見つけるべく奮闘する過保護ママと、娘たちの母娘交流物語。
娘がパティシエなのでケーキとかたくさん出てくる。

私は大抵の映画は良かったと言えるのだが。良かったとこ探しするから。
これは近年稀に見るダメ映画だったー。(私にとって)
恋とスフレと娘とわたし デラックス版恋とスフレと娘とわたし
デラックス版

(2008/03/21)
ダイアン・キートン
マンディ・ムーア

どんな映画?


この映画の母親は、娘を心配するあまり過剰に世話をやいてるけど。
まぁそんなに過干渉とは思わなかった。
娘の結婚相手を探して、自然に出会えるように仕組むのは、悪くないと思った。
そのあと、その結婚相手候補をプッシュするのも、そんなにシツコクなかったし。

娘が自分の感情に素直になれば良いだけの話で、母親が悪いとは思えない。
むしろ、自ら付き合うことを選んだ相手なのに。
なぜ母親のせいにするのだ?
その相手が一番の被害者であって、とても可哀想だったよ。

自分で選んだことを人のせいにしてはいけないよ。
自分が我慢したのなら、相手のせいにしてはいけないよ。
自分が裏切っているのに、相手を責めるだけでは、いけないよ。

そんなことを観ながらツラツラ想う映画でした。


そして親子の会話でエグイ下ネタトーク。
私から見たらとてもあり得ないことで、ひいた。すーっと。
しないだろ、そんな会話!アメリカでは普通なのかなぁ。
にほんブログ村 映画ブログへ
俳優は誰?
ダイアン・キートンがとにかく鼻につく。
お年を召されて、急にお婆ちゃん顔になったなぁと思ったけど、
それでもオーバーリアクションなコメディエンヌぷりで、それがどうにも痛々しい。
もういいよ・・・って膨満感。
ファッションはすごい素敵可愛いのだけど。
(あ、良いとこあったか)

あと、ヒロインの娘っこ。
せっかくマンディ・ムーアなのに、歌うシーンが少なすぎた!歌しかないでしょ、彼女!
そしてその役柄も自己中心的すぎて、観ていてむかっ腹たってしまうのだ。

だからキートンにもヒロインにも魅力がない。
チャーミングだったのは相手役の一人、ミュージシャンだけかなー。
でも魅力を発揮しきれてない感。主役がうざいから。

それにしてもダイアン・キートン、もうこの路線はやめた方が良さそうよ。

今日の毛玉
娘と母親モノ映画にはとことん弱い私だけど、この映画は全きハズレ。
オサレ映画を観たい気分の女子にはオススメかなぁ。
スイーツ嫌いの人は観ない方が良いよ。いろんな意味で。

関連作品のようなもの
ベスト・オブ・マンディ・ムーア(初回生産限定盤)ベスト・オブ・マンディ・ムーア(初回生産限定盤)
マンディ・ムーア

可愛い女  ダイアン・キートン主演映画。VHSのみ。

電話で抱きしめてキートンが長女役のあったか映画。
電話で抱きしめて
メグ・ライアン; リサ・クドロー; ウォルター・マッソー
ここよりどこかで母娘ものなら、この映画!
ここよりどこかで
スーザン・サランドン
マイ・ブルーベリー・ナイツ スペシャル・エディションこの映画も主役は歌手。
マイ・ブルーベリー・ナイツ スペシャル・エディション
ノラ・ジョーンズ;ジュード・ロウ
柳 宗理 泡立て柳 宗理 泡立て

毛玉内関連記事:男と女の不都合な真実 【ありきたり 下品さ全開 ラブコメディ】
           ジュリー&ジュリア 【やり遂げる 周りの人に 支えられ】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。