猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

フルメタル・ジャケット 【戦争は 狂気の沙汰の ナンセンス】

tag 戦争 ヒューマン 青春 動画付き

『フルメタル・ジャケット』 Full Metal Jacket
1987年・アメリカ=英国
グスタフ・ハスフォードの同名小説を基にスタンリー・キューブリックが映画化。

 原作小説は日本では映画タイトルに則って「フルメタル・ジャケット」として出版されたけれど、原題は"The Short-timers"で、ヴェトナム戦争時に2ヶ月も出征しなかった兵士のこと。じゃあ、そのフルメタル・ジャケットって何?本編でほほえみデブ(ヴィンセント・ドノフリオ)が言ってるけど、弾薬の種類のこと。弾の(ほぼ)全身が金属で覆われている仕様(金属のジャケットを着込んだ弾)。
  参考⇒[英語版wiki] full metal jacket(画像アリ)
フルメタル・ジャケット [DVD]フルメタル・ジャケット
マシュー・モディーン
リー・アーメイ

コトノハ


"What is this Mickey Mouse shit?"
(この馬鹿げたクソは何だ!)

 ミッキーマウス?そう、ミッキーマウス。兵隊スラングで“哀れな・愚かな・無意味な物事や人物”を指す。ということで、消灯後にライフル片手にトイレに座る新兵の状況に、軍曹殿がワケワカンナイ!とお怒りの場面での台詞でした。

 ちなみに映画のラスト、皆でミッキーマウスの歌を歌っています。つまりこの戦争の無意味さ、馬鹿らしさを表しているんじゃないかなぁと思います。馬鹿げてる、けど、否応無く放り込まれる状況に兵士たち個人個人は立ち向かうしかない。生き残るため、友の敵をとるため。ただそれだけ。或いは狂気に身を任せるか。

どんな映画?
 前半は8週間の海兵隊新兵訓練(ブートキャンプ)の様子。みんなの教官ハートマン軍曹の約15分間に渡る立て板に水の侮辱トークが圧巻。このほとんどが即興だというからまた凄い。脈絡無く下品で突飛な言い回しを駆使して侮辱してくるので、いちいち笑っちゃう。これは字幕の人(原田眞人)、グッジョブ!と言わざるを得ない。ガンホー!

 後半は戦地ベトナムが舞台。ジョーカー二等兵(マシュー・モディン)が話の中心となり、兵士達の日常が描かれている。あっけなく死に逝く若者たち、抗いようもなく殺し殺される毎日に心が壊れていく。ヘリから逃げ惑う市民をマシンガンで撃ち殺し続ける様子や、ブービー・トラップで突然死ぬ様子などに驚かされる。

 前半で兵士達を1から作りあげ、後半で実際に使う。ブートキャンプ部分は弾薬=フルメタル・ジャケットの製造工程ともいえるね。鉛を金属で包むように、人間に兵士という殻を被せる。そうして出来上がった兵士を戦地に納品し、使うわけだ。消耗品のように次々に死んで、その分また新兵が送られてくる。中には戦地に届く前に壊れてしまうものもある。人間性の崩壊、戦争の狂気を淡々と描き出した哀しい映画よね。

 ジョーカー二等兵の「人間の二面性を表しています」という台詞がとても重たい。ヘルメットに“殺すために生まれてきた”と書かれ、胸に平和のシンボルマークのバッヂを付けるジョーカーの葛藤が、最後にはヘルメットのほうに染められてしまう。冷静な皮肉屋の彼ですら、戦場の狂気からは逃れられない。

 エンドロールに流れるのはストーンズの"Paint it Black"。「赤い扉は見たくない 黒く塗りつぶしたい もうどんな色もいらない」そんな歌詞は兵士たちの心境にピッタリくるのかもしれない。黒く塗りつぶせば、何も見なくて済む。そういえばこの曲はRCサクセションがカヴァーしてましたね。一度は発売中止になったアルバムCoversの中の1曲。カセットテープ、持ってました。世~の中全部!黒く!黒く!塗りつぶ~せ~♪
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
フルメタル・ジャケット (角川文庫)原作というか元ネタ本。
フルメタル・ジャケット (角川文庫)
グスタフ ハスフォード
Aftermath"Paint It, Black"収録アルバム。
Aftermath
The Rolling Stones
プラトーン (特別編) [DVD]ベトナム戦争の映画はコチラのほうがポピュラーですね。
プラトーン (特別編) [DVD]
トム・ベレンジャー; ウィレム・デフォー
フルメタル・パニック?ふもっふ 第4発<通常版> [DVD]フルメタル・パニック?ふもっふ 第4発<通常版> [DVD]
関智一 雪乃五月

毛玉内関連記事:トロピック・サンダー/史上最低の作戦 【凝りに凝り 狂気にド派手に 盛り上がり】
           ソルジャー
           大いなる陰謀
           『フルメタル・パニック』がハリウッドで実写映画化
           映画館で銃撃事件―お喋りにご用心
           ザ・クレイジーズ 【恐怖感 狂った世界に 狂わせる】
           ハート・ロッカー 【戦争は 魅惑の麻薬 狂気沙汰】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

umetraman | URL | 2009年02月14日(Sat)09:50 [EDIT]

こんにちは!

このDVD安かったので買いました(笑)。
勿論、大変素晴らしい作品だと思います。キューブリック監督だし。
フルメタルジャケットって、戦争ルールに則っての仕様でしたね。被弾時に炸裂せず貫通し易いようにして、なるべく殺傷能力を抑えようと。腕や足だけ狙う戦術なんて有り得るんですかね。何言ってるんだかです。
ハートマン軍曹の行進ですが、ファミコンのCMでもやってましたね。とても印象深いです(笑)。

曲も印象的なのが多いんですね。紹介頂いた曲はちょっと覚えてなくてすみませんですが、ベトナムの町で流れるナンシー・シナトラの「にくい貴方」は覚えてます(笑)。

「フルメタル・パニック」!?これはいったい・・・@@
「フルメタル極道」なんてのもありましたよ(爆)。

ガツンと応援♪凸

>umetramanさま。

P | URL | 2009年02月14日(Sat)11:53 [EDIT]

おお、買ったんですか。確かに1000円以下なんて買って損はないですよね。

戦争するのに人道的配慮も何もあったもんじゃないですが、よくわかんないっすなぁ。でも炸裂しなければ体内に残っても弾丸を取り出しやすいから、治療が楽かも。

あれですね、ファミコンウォーズが出たぞ~とかいう。あれはインパクト強かったですね。で、映画のほう観ると更にすごいインパクっていう。エスキモーのxxとかww。
そうそう曲もオープニングのハロー・ヴェトナムでグっときて、なんかピッタリ雰囲気の合う曲でキャッチーなものばかり流れますよね。paint it blackはカッコいいのでぜひリンク先youtubeで聴いてくださいな。

「フルメタル・パニック」はラノベで、アニメにもなったんですが、面白いですよ。アニメしか観てないけど。このDVDにはハートマン軍曹のしごきを模したへなちょこラグビー部の特訓が出てきます。
極道は知らないw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。