猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

フェイクシティ ある男のルール 【これが我が 善悪の彼岸 血の色の】

tag アクション サスペンス 犯罪

『フェイクシティ ある男のルール』 STREET KINGS
2008年・アメリカ
映画『ブラック・ダリア』、『L.A.コンフィデンシャル』などの原作者ジェームズ・エルロイが原案・脚本に参加したクライム・ムービー。

 ハード・ボイルド!エルロイ節炸裂!喉乾く!みたいな。主演は寡黙な役がよく似合うキアヌ・リーヴス。キアヌと言えば『カウボーイビバップ』のハリウッド実写版に主演(スパイク役)が決まっていますが、たぶんこの映画みたいになるんだろうなぁっていう感じの前哨戦としても観れました。

 エルロイだから舞台はL.A.つまりロサンジェルス。小粒ながらもなかなか面白い映画なので、ハードボイルド気分のときに是非。原題は町の王者、ギャングっぽい響きで、牛耳る人。そして複数形なのに注目したい。

 ちなみに観ていてどうも邦訳がいい加減だなぁと思っていたら、やっぱり字幕はなっち。今回は本編終了後に字幕担当者が判明しましたが、覚悟の問題もあるので最初に言って欲しいなと思いました。
フェイクシティ ある男のルール (キアヌ・リーブス 主演) [DVD]フェイクシティ ある男のルール
キアヌ・リーブス

コトノハ


"But then who's going to go in where the law won't?"
(だが、法で裁けないところに誰が裁きを下す?)

 キアヌ演じるトムの立ち位置がよくわかる台詞。アンタッチャブルなやつらに、どうやって鉄槌を喰らわせるのか。それはアメコミ的にバットマンやスパイダーマンやアイアンマンなんかが分かりやすい。それを等身大の普通の男がやると、この映画みたいになる。トムの場合は葛藤が少ないけどね。鉄槌に迷いがない。その分、ラストの虚しさが光る。

どんな映画?
 スクレ!スクレ(TVドラマ『プリズン・ブレイク』の主人公のダチの名前)じゃないか!スクレが刑事やってるよ。役者さんのアマウリー・ノラスコさんには申し訳ないけれど、どうしてもスクレのちょっと間抜けでお人好しなイメージが抜けない。あの笑顔がいかん、いかんよ。

 『プリズン・ブレイク』見たことない人には共感されない話題から始まってしまいました。さて、映画はね、もうかなり序盤でカラクリはわかっちゃうの。だから謎解き的な楽しみはあまりありません。それでもストーリーをぐいぐい引っ張るのはトム(キアヌ)の個人的な正義の貫きっぷり。トムがどんな無茶をやらかすのかワクワクして見入っちゃうわけですよ。それに半端ない緊張感がすごい。

 トムは前線で戦う兵士のようにガンガン突き進んで、本丸に攻撃を仕掛ける。自分のやっていることが正義だと信じて。でもラストで彼はわからなくなるんですよ。結局キングの首がすげ変わるだけで、真実は隠され犯罪は野放しのまま。何のために戦ったのか?正義ってなんだよ?ってことですよね。

 後味の苦い、虚しさを噛みしめるような映画です。それでも一方で、トムの行動によって真実を知り、救済された人もいる。一人の苦しみを和らげられたならば、それは戦った価値があるんだと思った。それに、たとえキングの首が変わるだけだとしても、あの人よりはマシかもしれない、なんて思いも残る。

 笑いどころはトムの呑みっぷり。運転しながらウォッカがぶ呑み!飲酒運転イクナイ!その荒んだ態度にもかかわらず、トムの目指すところは悪いヤツ撲滅って。
にほんブログ村 映画ブログへ
俳優は誰?
 主役のキアヌさんとスクレについては上の方で触れたのでカット。ここは何と言ってもフォレスト・ウィテカーさん。ただならぬ容貌に存在感。彼がウガンダの大統領を演じた『ラストキング・オブ・スコットランド』をまだ観ていないのだけど、本作のウィテカーさんはそんな感じ。

どうも不穏な役が似合いすぎるんだが、最近の『バンテージ・ポイント』では意外にも普通の小市民で結構イイやつを演じてたりもする。そいえば、傑作『フォーン・ブース』では主人公と交渉をする警部役でイイもんだった。心配そうにする目がなかなか優しげ。おお!あの禍々しいオーラ、消せるんだな!

 もう一人、クリス・エヴァンスにも触れておかねばなるまい。彼は今回印象的な若い刑事を演じていました。シリアスなのも良いですなぁ~。ただ、脚本の責任であって彼は悪くないのですが、「こいつら知ってる!」はないだろよ。もっとうまくやれお。緊張感に耐えられなくなったのか?

そんなクリスを最初に観たのは『セルラー』でした。これがね、とても素晴らしかったのですよ!イマドキのちょっと間抜けでお人好しな若者役で、深く脳に刻み込まれたのでした。その後、『ファンタスティック・フォー』でヒューマン・トーチ役。ここでもコミカルよりな役どころでした。そして『私がクマにキレた理由』では育ちの良いナイス・ガイとして出番は少ないながらも記憶に残る素敵さを披露。目がキレイなのよね~。今後のご活躍をお祈りしております!

関連作品のようなもの
スピード (ベストヒット・セレクション) [DVD]L.A.P.D.で働くキアヌといったらこの映画もね。
スピード (ベストヒット・セレクション) [DVD]
キアヌ・リーブス
トレーニング デイ 特別版 [DVD]似た感じの映画はこれ。
トレーニング デイ 特別版 [DVD]
デンゼル・ワシントン; イーサン・ホーク
L.A.コンフィデンシャル 製作10周年記念 (初回生産限定版) [DVD]エルモア・レナード原作のヒット映画。ラッセルラッセル!
L.A.コンフィデンシャル 製作10周年記念 (初回生産限定版) [DVD]
ラッセル・クロウ; ガイ・ピアース
かわいいフェイク・スイーツのつくり方かわいいフェイク・スイーツのつくり方
氣仙 えりか

毛玉内関連記事:ザ・バンク 堕ちた巨像【崩せるか 世界操る 金のパワー】
           ブラック・ダリア
           『カウボーイビバップ』実写映画、主演はキアヌ決定
           キアヌ・リーヴス表情完全観察辞典(キアヌ・メーター付き)
           セルラー
           チェンジリング 【負けぬこと 戦い続ける 勇気もて】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

なるは | URL | 2009年03月04日(Wed)12:02 [EDIT]

こんにちはー♪♪

クリス良かったです~っ♪
クリスばかり観てました~♪
私は『サンシャイン2057』しか観てないので、
彼の他出演作を観たいです!

スクレ!!
やっぱりそうですよね!
すっかり映画レポで書き忘れてました;(クリスしか書いてない…)

>なるはさま。

P | URL | 2009年03月05日(Thu)00:38 [EDIT]

クリスというとやっぱり『セルラー』ですけど、本作とはイメージがまったく違います。ファンタスティック・フォーから観るのが吉かもしれません。

スクレはなんか、やっぱりスクレにしか見えず。プリズン・ブレイクの人たちはあの役のイメージが強すぎて。素直に観たいものですが。

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フェイクシティ ある男のルール 2009-9

「フェイクシティ ある男のルール」を観てきました~♪ LAPDのトム・ラドロー刑事(キアヌ・リーブス)は、犯人逮捕のためなら銃殺さえ厭わない捜査方法が、同僚からも敵視され、調査部からも目をつけられていた。或る日、勝手のパートナーを目の前で殺され、その殺人...

観たよ~ん~ 2009年03月08日(Sun) 08:30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。