猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日本とアメリカの3D映画鑑賞料金

崖の上のボノ。 言ってみたかっただけ。

 3月7日から公開の『U23D』、最寄りの映画館では鑑賞料金2000円で割引適用外だそうで、ちょっと高いので観ません。

U218 Singles


 3Dめがねはさ、マイめがね割引とかしたら良いんじゃない?300円くらいで買える色とりどりのフレームのを売って、それを持参すると500円割引、とか。したら観に行くのに。今年は3D映画元年にするよ、とドリームワークスが宣言しましたが、そんな宣言をしているような経営状態じゃないですよね。とはいえ、どんどん3D映画へと移行していくハリウッド。私はそれがちょっと寂しかったりして。

 昔の3Dは赤と青のレンズのを掛けましたよね(アナグリフ方式)。今のはまた違う3D方式なんだそうで、かけるめがねはサングラスみたいなヤツ(円偏光、直線偏光、分光、液晶シャッター)。映写機もスクリーンも従来のものでは上映不可能なので専用の設備が必要。スクリーンは3Dと通常映画兼用のシルバー・スクリーンに張り替えたり、従来のスクリーンでも対応できたり、方式によって違うようですよ。(ドルビー方式では従来の白スクリーン)
参考>RealD(円偏光)方式⇒デジタル3-Dシネマ(ワーナー・マイカル・シネマズ)

デジタルで3D上映可能な映画館が増えてきていますので、普通のデジタル上映も可能ってわけですよね。ということで、3Dは置いておいても、日本もどんどんデジタル映画に変わっていくことでしょう。今後その進化速度もきわめて早まりそうな予感。
2009年10月追記:
参考⇒TOHO系映画館の3D デジタル映画鑑賞料金変更

さて本題です
 アメリカでは通常上映(以降、2D)と3D上映では圧倒的に3Dが支持されているらしく、鑑賞料金が2~2.5ドル高くても3Dの方にわんさかお客さんが入るのだそうです(5ドル高いものもあるとか)。それを日本でもそのままマネしているのか、2D=1800円のところを3D=2000円(大凡2ドル高い料金)で上映していますな。

 でも、これはいささか無理があるような気がするんですよ。元々日本の鑑賞料金は高いじゃないですか!それでも通常はみんな最大限に割引サービスを利用してなんとか観てるわけですよ。大人の一般料金1800円の場合、だいたい全体(子供・学生・シルバーなどの割引含め)で客単価1300円台の劇場がほとんどだと思います(経験的に)。てことは実質1350円(便宜上1300円台の中間をとった)の料金が2000円ポッキリなわけですから。650円の差ですよ?そら高いわ。

 一方アメリカはどうか。2008年の映画館チケット代の平均は7.18ドル。700円強ですか。この平均は2Dも3Dも含まれているから参考程度ですが恐らく2Dの通常料金かな。数字の出し方が見あたらないのでゴメンよくわからない。一概に言えないけど2Dの鑑賞料金は大体6ドル(600円)ぐらいのようです。安っ!そこに3D料金上乗せしたって10ドル以下でしょ。1000円以下だよ。喜んで支払うわそりゃ。

個人的に、価値観を考慮した体感的に適正なレートは1米ドル=150円だと考えています。この“買わせレート”を代入したって2D=6ドル→900円、3D=10ドル→1500円だ。日本でこの料金なら観るだろう。

 鑑賞料金について一概に言えないと書いたのは、アメリカでは映画館ごとに料金が違うし、観る曜日や時間帯によっても鑑賞料金が違うからじゃよ。土日や夕方など混雑する上映回は高めに、平日朝から昼間などの空いている回は安めの設定です。私が以前滞在していたニュージーランドでもこのような料金体系でしたけど、ニュージーでは高い回と安い回で4ドルもの差がありましたよ。日本ではこういう合理的なシステムは採用せず、レディースデーだのファーストデーだのってサービスをしてますがね、なぜか。

 そんなこんなで色々考えますと、どうしたって日本の映画鑑賞料金は高いっすね。単純に値下げしろ!とは言えないけど、システムを変えるべきときに来ていると思います。それが、デジタル上映を前提としたネットワーク映画配信システム普及であっても良いけれど、これにはまだまだ何年もかかるでしょう。とりあえず、配給会社の取り分(4~6割)を減らすとか、映画館の上映設備にかかる予算を配給側も負担するとか、現行の画一的な料金体系をヴァリエーション豊かに変えてみるとか。まずは3D料金を足がかりにしてさ。もう本当2000円ポッキリとか無理!(結局愚痴で終わる)

追記:Why are Movie Tickets So Expensive?(wise GEEKより)の記事によれば、昼間以外の回は大体10ドル、ポップコーンが6ドル、ドリンクが4ドルかかるって書いてありました。えー!ポップコーン高っ!というのは置いといて。アメリカでは昨今、映画料金インフレが話題になっている様子。
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:TOHO系映画館の3D デジタル映画鑑賞料金変更
           ハリー・ポッターと謎のプリンス(IMAX3D版・字幕)【愛と笑い 暗い時代に 希望灯す】
           ルーカスと映画館
           IMAXデジタルシアター探訪記(109シネマズ川崎)
           噛み合わない話
           映画字幕とシネコン
           崖の上のポニョ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
映画料金

サイズ君 | URL | 2009年03月10日(Tue)08:59 [EDIT]

酔っ払いです。v-16
映画料金て、ほんと日本は高いですよね。
昔は同じ値段でも2本立てや3本立てがあったから良かったけど、今は1本の値段。
高すぎると思います。
DVD化だけじゃななく、値段も映画館から足を遠のかせている原因の一つにはなっていると思うので、料金体系を変える時期にはなっていると思います。

茶栗鼠 | URL | 2009年03月10日(Tue)13:46 [EDIT]

こんばんわ。
「キャロライン」も3Dなんで収入があがってきますよね。
最先端じゃなきゃ、燃え上がれない、みたいに言ってましたけどヒットするんでしょうねぇ。
 
 高いですよね。だから、みんな映画館離れするの;;

>サイズ君さま。

P | URL | 2009年03月10日(Tue)14:30 [EDIT]

2本立てはもう旧作を名画座で、ぐらいですもんね。スターウォーズ3本立てとか懐かしいです。もっと名画座みたいの増えれば良いと思います。ロードショーの終了したフィルムを安く貸してくれれば、私たちも安く見れるし。旧作を映画館で観たいってのは一定の需要があると思うんですけど。

家庭での視聴環境が進化したのが勿論映画館離れの主要な原因だと考えてますが。映画館ならではの音響・大画面・一体感そして何よりもあの夢の世界の入り口的ワクワク感が、若者世代には価値あるモノではなくなっているのでしょうね。他にいくらでも高揚感を感じられる遊びがあるから。

配給側もDVDとか放送権とか二次利用のほうを主体にソロバン弾いてるところ、ありますからね。映画は第一義的に映画館で楽しむもの、というのが信条な私には寂しいっす。

料金ですが、これでも10年前よりはだいぶ変わったのですよね。10年掛けてやっとここまできたなって感じます。朝1発目は1300円とか、スタンプカードで6本観たら1本無料とか。スタンプカードなんて10年前だったら考えられないサービスですから!ここまで変われたのだから今後もっと変われるはずだ、と信じたいところです。暇なときに「噛み合わない話」ってエントリをちらっと読んでみてくれると、柔軟性のない映画配給界に対する愚痴が書いてあります。

>茶栗鼠さま。

P | URL | 2009年03月10日(Tue)14:38 [EDIT]

> 「キャロライン」
すみません、どの映画のことだろう?コララインCoralineのことかなぁ?邦題決まってないヤツですよね、きっと。

アメリカ人は映画館をアミューズメント的に楽しむので、体いっぱい楽しめる3Dは人気なのでしょうね。日本人にとって映画は静かに鑑賞するモノだから、なんか3Dとか別に…ですよね。マンマミーアの一緒に歌い踊ろう的な企画も結局どれだけ集客できたのやら。

映画は大人一般1200円が妥当かなぁと思います。映画館の儲けって薄いんで、あんまり値下げ値下げ言いたくないんですけどね。配給がもっとどうにかすべきって思います。

サイズ君 | URL | 2009年03月10日(Tue)16:18 [EDIT]

「噛み合わない話」読みました。
う~ん、なんでスタンプカード、ダメなんだろう?
映画館への足を運ぶきっかけには良いシステムだと思うけど。日本て、ポイントカードとか好きですもんね。
安く見れれば、映画館での大スクリーンに大臨場感が味わえて、離れていた人も戻ってくると思うけど。
ほんと、映画配給会社って映画館での視聴を考えているのかって疑問に思いますね。「とりあえず、ヒット作上映しておけば採算合うやろう」ぽい。
ワーナー・マイケルさんのスタンプカード、良いシステムだと思います。
質より量を見たいオイラ、映画料金がもっと安くなれば、もっと昔みたいに映画館に行くのに・・・

>サイズ君さま。

P | URL | 2009年03月10日(Tue)17:31 [EDIT]

あのエントリは2005年6月に書いたものでして、その頃はスタンプカードとか信じられないぐらい画期的だったんですよ。もう事件といっても良いくらいに。本当に。

そんな時期を経て、現在ではスタンプカードや割引曜日(ワーナーでは新しく月曜は二人で2000円ての始めました)が充実してきました。スタンプも大抵どこでも6本で1本無料みたいです。配給側も柔軟になってきた感じですよね!この調子、この調子って期待しておこうと思います。


> 安く見れれば、映画館での大スクリーンに大臨場感が味わえて、離れていた人も戻ってくると思うけど。
> ほんと、映画配給会社って映画館での視聴を考えているのかって疑問に思いますね。「とりあえず、ヒット作上映しておけば採算合うやろう」ぽい。
> ワーナー・マイケルさんのスタンプカード、良いシステムだと思います。
> 質より量を見たいオイラ、映画料金がもっと安くなれば、もっと昔みたいに映画館に行くのに・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。