猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

リリィ、はちみつ色の秘密 【愛求め 忘れがたきは 少女の日】

tag ヒューマン 青春

『リリィ、はちみつ色の秘密』 THE SECRET LIFE OF BEES
2008年・アメリカ
スー・モンク・キッドのベストセラー『リリィ、はちみつ色の夏』を映画化。

 舞台は1964年、サウスカロライナ州。14歳の少女リリィ(ダコタ・ファニング)は幼い頃に母を亡くし、自分に辛く当たる父(ポール・ベタニー)と二人暮らし。亡き母のことを知りたくて、ある日旅に出る。写真とメモを手がかりに。そんなリリィの成長物語であり、人種差別問題も大きなウェイトを占める映画。慈愛と絶望に満ちた良作です。

 えーと、原作での養蜂家姉妹は60代の婆ちゃんたちなんだそうです。映画ではぐっと若く20代~30代になってます。私は原作未読で養蜂家と言えばシトレ元帥って認識なので、違和感なかったけど。読んでた人はどうだったんでしょうか。

 原題は、原作本の原題と同じ。“蜜蜂の隠された生活”。決して外側からは窺い知ることのできない蜜蜂の活動を、人の心に準(なぞら)えているのだと思います。見えない、音しか聞こえない、だから想像するしかない、人の心の闇。
リリィ、はちみつ色の秘密 (特別編) [DVD]リリィ、はちみつ色の秘密 (特別編) [DVD]
ダコタ・ファニング
クイーン・ラティファ 他

コトノハ


"There's no perfect love, Lily."
(完璧な愛なんてないのよ、リリィ)

 自分は亡き母に愛されていたのか?リリィには愛が必要で、例えソレが過去の亡霊であっても掛け替えのない生きるよすがなのだ。まだ人生経験の浅いリリィにとって、母とは人間とは愛とは…といった人生の真実を理解するには時間と痛みが必要。出会った養蜂家姉妹の長女オーガストは、優しく人の苦悩や矛盾を示してくれる。

どんな映画?
 やあ!少女って良いなぁ!いや、変な意味じゃくて!もう無垢でいられない、人生のどうしようもなさや人間の弱さを段々と知って、傷つきながら受け容れていく。同時に、傷を抱えながら生きているのは大人の人も同じなんだなって、自分以外の心の痛みを実感する年代でもあるわけだ。

 自分は愛されない子、愛されなくて当然の子という思いを抱えて生きるリリィの痛々しさが辛い。それでも愛された実感が欲しいし、愛されたい。父ちゃんは相当歪んだ形でリリィを愛しているけど、リリィにはそんなことワカンナイ。子供時代なら誰でもそうだろう。人はそのうち、愛されるより愛することの尊さを知るわけだが、子供は愛されたがってアタリマエ。そんな気持ちを思いだしたよ。

 リリィが父ちゃんの孤独と悲しみを思いやれるだけの大人に成長するまでをキッチリ描いている映画だった。その為には、父ちゃんみたいなのじゃくて、誰かにまっすぐに愛されることが必要だったし、母ちゃんの過去を知り、その死を受け止めねばならなかった。

 そして、時代は公民権法成立の年。制度が差別をなくしても、実際の黒人差別はすぐには止まらない。まだまだ理不尽に白人集団に殴られたり、殺されたりな世界。その憤り、やるせなさ、醜さも巧く描いているよ。

 悲劇の発端となる映画は"Surf Party"(1964年)という楽しいミュージカル・コメディなのらしい。観たことないけど。さておき、このときのメイの行動が理解できるかどうかで、映画そのものの評価まで違ってくるんだろうなって思った。それは、常に少しずつ溢れ出す絶望のグラスに、急に大量の液体を注ぎ込んだのと同じこと。
にほんブログ村 映画ブログへ
俳優は誰?
 主役のリリィ。可愛い幼女だったダコタ・ファニングも今や可愛い少女ですよ!1994年2月生まれで、本作撮影当時14歳か。すっかり手足が長くなって、目鼻立ちもしっかりして。ダコタ、可愛いよ、ダコタ!彼女がレイプされる映画"Hounddog"(2007年)は未公開に終わりそうですね。本国でも上映禁止にする州が多かったとか。現在撮影中のトワイライト続編"New Moon"では、天使のような容貌の吸血鬼少女を演じるとのこと。ああ楽しみ!

 リリィの父ちゃんにはポール・ベタニー。出番は少ないけどさすが、です。『ダ・ヴィンチ・コード』のシラス、『アイアンマン』のジャービスの声、『ドッグヴィル』のトムjr.、『マスター・アンド・コマンダー』の船医、『ビューティフル・マインド』の天才の親友チャールズ。存在感あります。今度のジェニファー・コネリーと夫婦共演する"Creation"はダーウィンの伝記物ってことで楽しみなんですが、英国で2009年9月公開予定。日本で公開されるかどうか非常に怪しい。絶対観たいんだからね!

 リリィん家のメイドで共に旅をするロザリーンにジェニファー・ハドソン。皮肉屋なキャラクターが笑いを誘う。『ドリームガールズ』での傲慢な歌手役も素晴らしかったハドソン。本作では歌わないのが残念。歌わなきゃハドソン。

 養蜂家3姉妹の長女オーガストにビッグ・ママクイーン・ラティファ。元ラッパーでジャズ・シンガーで現在主に女優。でも本作では歌わない。残念。でも、この慈愛に満ちた眼差しは彼女ならでは!コメディにもたくさん出演してるけど、やっぱりドラマの方が光る。歌付きなら言うことナシ。『シカゴ』の刑務所のママ、『マンハッタンで抱きしめて』のジャズ・シンガーは出色。

 3姉妹の妹ジューンには現役バリバリ人気歌手のアリシア・キーズさん。うん、歌わないけど。もう1人の妹メイは英国出身のソフィー・オコネドー。主にTVで活躍中。
関連作品のようなもの
リリィ、はちみつ色の夏原作本。
リリィ、はちみつ色の夏
スー・モンク・キッド
マルコムX [DVD]1964年といえばちょうどマルコムXが活躍した年。
マルコムX
デンゼル・ワシントン; アンジェラ・バセット
リリィ [DVD]リリィ [DVD]
リュディヴィーヌ・サニエ; ニコール・ガルシア

毛玉内関連記事:ミシシッピー・バーニング 【いずこより 湧き出で続く 憎しみや】
           インビクタス/負けざる者たち 【復讐は 何も産まぬが 赦しこそ】
           マンハッタンで抱きしめて
           イントゥ・ザ・ワイルド 【彷徨いて 見つけたるもの まことの名】
           幸せの1ページ
           コネリー&ベタニー夫妻
           クライヴ・オーウェン主演作"The Boys Are Back"予告編
           サンシャイン・クリーニング 【みじめだと 思われたくない みじめ気分】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

サイズ君 | URL | 2009年04月21日(Tue)09:17 [EDIT]

こういう感じの話、好きです。
ただ残念ながら、語り切れてなかったり、薄くなっていたりするのが多い気がします。
でも、これは見てみたいですねぇ。
大人になったダコタちゃんも見てみたいし。

>サイズ君さま。

P | URL | 2009年04月21日(Tue)13:13 [EDIT]

良かったですよぅ。
私は語り切れてなくても脳内補完できる範囲なら気にならないです。あと、ディテールに神が宿ってればそれだけで満足しちゃったり。

この映画は役者が好き。ラティファの母なる存在感は素晴らしい!ダコタちゃんも透明感あって少女らしい!

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リリィ、はちみつ色の秘密

「スラムドッグ$ミリオネア」と一緒に借りたんですが、こっちの方が良かったです。 どちらも悲しい過去を引きずる主人公でした。 ダ...

RISING STEEL 2010年07月07日(Wed) 01:27

映画「リリィ、はちみつ色の秘密」

原題:The Secret Life of Bees アメリカで1964年といえば7月2日の公民権法制定、ジョン・F・ケネディ亡き後ジョンソン政権下で成立、キング牧師も登場する時代背景に~様々な愛の形~ 原作は全米で500万部以上、映画は全米3位スタートながらクチコミで広がり?...

茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ 2009年04月21日(Tue) 00:52

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。