猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

300 <スリーハンドレッド>

tag アクション コスチューム 歴史 戦争

『300 <スリーハンドレッド>』 300
2007年・アメリカ

300人の精鋭部隊で、100万の兵に挑む!
紀元前480年テルモピュライの戦い、スパルタv.s.ペルシャ軍の話。
300〈スリーハンドレッド〉300〈スリーハンドレッド〉
(2008/07/09)
ジェラルド・バトラー
レナ・へディー


どんな映画?


ざらついた画、青みがかりつつ彩度あげ過ぎの独特な色彩処理で映像はリアリティがなくなり、別世界の様相を呈していた。
もともとフランク・ミラーのアメコミが原作なので、合っている。
(同じくミラー原作の映画シン・シティもそっくりな画だった)

ペルシャ帝国が侵略しにきたので、自由のために戦うぞというスパルタ戦士の話。
細かいことは抜きにして、かっこよかった肉弾戦。
ペルシャ軍は、なんつーか、悪の軍団みたいでアメコミ世界そのもの。
純粋な歴史ものではないので、あしからず。
歴史を基にしたファンタジーだからさ、うん。

あと、王妃が強すぎた。思わず唖然とした。えーっ!って言っちゃった。
にほんブログ村 映画ブログへ
俳優は誰?
主役のジェラルド・バトラーが好き。
ファントムの前は作品に恵まれなかったけど、最近は人気も出てるみたいでメデタイ。
この映画では彼の6パックが存分に楽しめますのよ~。 ふぁぶあぶ!

余談
観ていると、2つの物語を思い出した。
1つは指輪物語。 いわずと知れたトールキンであるよ。
トリッキーな小男系クリーチャーはゴラムだし、不死の軍団出てくるし、異形の巨人暴れるし、戦闘開始時の王の煽り文句といい、象やサイで戦うし、ファラミア(デヴィッド・ウェンハム)出てくるし。
(最後のほうは関係ないな)

もう1つの物語は、バーナード・コーンウェルのアーサー王物語
時代としては1000年くらい違うんだけども(アーサーは紀元5世紀、この映画は紀元前5世紀)。
盾の壁のぶつかり合い、密集隊形、戦闘における魔術師、決死の戦争、王の死と全滅、それを伝える役目の戦士・・・共通項が多いです。
この映画の肉弾戦、男臭さが好きな人にはお勧めの本ですよ。

今日の毛玉
北斗の拳なんかが好きな人、アメコミ好きな人に。
男臭~い泥臭~い、でもカッコイイ映画だよ!

関連作品のようなもの
シン・シティ スタンダード・エディションミラー原作の映画、こちらも画がカッコ良かった。
シン・シティ スタンダード・エディション
ブルース・ウィリス
トロイ肉弾戦ならこの映画も。
トロイ
ブラッド・ピット
エクスカリバーの宝剣―小説アーサー王物語〈上〉肉弾戦的な小説。面白いよ!
エクスカリバーの宝剣―小説アーサー王物語〈上〉
エクスカリバーの宝剣―小説アーサー王物語〈下〉
バーナード コーンウェル

神の敵 アーサー〈上〉―小説アーサー王物語上記小説の続き。
神の敵 アーサー〈上〉―小説アーサー王物語
神の敵 アーサー〈下〉―小説アーサー王物語
バーナード コーンウェル

エクスカリバー最後の閃光―小説アーサー王物語〈上〉そのまた続きにして完結編。
エクスカリバー最後の閃光―小説アーサー王物語〈上〉
エクスカリバー最後の閃光―小説アーサー王物語〈下〉
バーナード コーンウェル
カシミール3D GPSで山登り  関東甲信越の山 300コースカシミール3D GPSで山登り 関東甲信越の山 300コース
杉本 智彦;岡田 敏夫

毛玉内関連記事:三国志 【巡る日々 こうして歴史は 繰り返す】
           ザ・スピリット 【覆面の ひっぱりだこの 色男】
           サラ・コナー役の女優レナ・ヘディが監督業に進出
           『ウォッチメン』米版と日本版の予告編比較
           ウォッチメン 【闇と共に 力を持って 正義成す】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。