猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ダーウィンの伝記映画"Creation"予告編

tag ヒューマン 動画付き

わぁい!ヽ(´ー`)ノ楽しみなダーウィンの伝記映画、ついに予告編が出たよ!

 ポール・ベタニーが進化論の祖ダーウィンを演じます。ダーウィンの妻であり信仰篤いエマを実生活でもパートナーのジェニファー・コネリーが演じます。監督は久方ぶりのジョン・アミエルさんで、ちょっとばかし不安です。脚本は『マスター・アンド・コマンダー』のジョン・コリー。なるほど、あの映画でのベタニーはダーウィンぽかったからなのか。と推測。



 なかなか重厚なドラマって感じですね。進化論というアイディアを発表すると、みんな神を信じなくなってしまう。それでも猿から進化してヒトになったことに確信を持って苦悩する。ダーウィン好きにはたまらん映画かもしれん。ただ、これが本当のダーウィンだとか思っちゃいけないですね。あくまで映画的に脚色されたダーウィンの人生だぞ、と。

 実際のダーウィンは若いとき神を信じ、神学も学んでいた。ビーグル号での航海で世界の生き物の奇妙な生態を観て次第に信仰に疑いを持ち始めた。これが神のデザインだというのか?そして極めつけは娘の死。神がいるならなぜこのようなコトを?そうはいっても無神論者ではなく、不可知論者の立場をとった。

 私が一番好きなのは、ダーウィンは人間が優れているとも高等生物だとも思っていないところ。高等、下等などというのは人間が勝手に決めたものだから。進化論と言われるけれど、ダーウィンの提唱したのは“適応し変化する”だけのことで、常に上に進むことではない。より良く、より優れていくのではなく、私達生物はただ状況に応じて変化するのだ。

 英国では9月25日から公開。他、オランダとベルギーでの公開が決まっていますが、日本での公開は未定。(´・ω・`)観たいお。
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:ダーウィンの伝記映画"Creation"(原題)主演は誰だ?
           ポール・ベタニー主演"Legion"予告編
           コネリー&ベタニー夫妻
           リリィ、はちみつ色の秘密 【愛求め 忘れがたきは 少女の日】
           そんな彼なら捨てちゃえば? 【都合良く 解釈するのが オンナさが】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

lifeonmars | URL | 2009年06月16日(Tue)00:20 [EDIT]

私もこれ見たいです!
夫婦や家族愛の物語のようだし、日本でも受けそうだと思うのですが…。日本公開あったら良いですよね~。

サイズ君 | URL | 2009年06月16日(Tue)09:04 [EDIT]

「ダーウィンて、進化論の人でしょ?」ぐらいしか知識がないんだけど、オイラが毎日訪問させてもらっている別の方も記事にしていた。
好きな2つの映画ブログで紹介されていたら、見たくなってきました~(^.^)/~~~
日本でも公開されますように!

>lifeonmarsさま。

P | URL | 2009年06月16日(Tue)14:30 [EDIT]

観たいですよね。ダーウィンなら日本でも人気があるのだし。ひとりの人間として苦悩する様子が描かれているようですし、人間ドラマとして良さそうです。どこか拾ってくれないですかね本当に?

>サイズ君さま。

P | URL | 2009年06月16日(Tue)14:33 [EDIT]

ダーウィン、興味深い人物ですよ!いろいろ彼に関する本が出ているので暇ができたら読んでみると良いですよ。私もまだまだダーウィン関連本を読み足りない!

日本公開、ありますように(´・ω・`)

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダーウィン伝記映画"Creation"の予告編

2009年は進化論で有名なチャールズ・ダーウィンの誕生200周年と『種の起源』出版150周年記念の年で、世界中で色々な催しが行われています。伝記...

Life on Mars 2009年06月16日(Tue) 00:13

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。