猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

モーニング・ライト 【この先も 自信を持って 生きられる】

tag ドキュメンタリー 青春 スポーツ

『モーニング・ライト』 MORNING LIGHT
2008年・アメリカ
ディズニーが送る2007年7月のヨットレース・ドキュメンタリー。

 トランスパシフィック・ヨットレースは、ロサンゼルス―ロングビーチから10日以上をかけてハワイはオアフ島のダイアモンドヘッドまで、4,120kmの外洋を走る過酷なヨットレース。そのレースに、外洋でのヨット経験のない若者たち15人を参加させる。そんなヨット大好きロイ・E・ディズニー(現在79歳)の趣味映画。

 タイトルのモーニング・ライトはヨットの名前で、ロイ爺さんが所有しているものらしい。ちなみにロイ爺さんは16回もトランスパックに出場している海の男!
Morning Light (Ws Dub Sub Ac3 Dol Dts) [Blu-ray] [Import]Morning Light
[Blu-ray] [Import]

Patrick Warburton
Chris Branning

コトノハ


"I don't know what to say."
(なんて言って良いかわかんないや)

 過酷な10数日を終えて、ゴールしたときのスキッパーの言葉。うん、そうだよね。感極まると言葉にならないよね。ああ、青春だ。

どんな映画?
 映画が撮影されたのは2007年7月15日から行われたトランスパック。なので約2年前の映像になります。なんつーか、流行のリアリティTV風味でして、前半は15人の若者達の修行の日々が描かれます。ハワイで強化合宿4ヶ月とか。そして4人は控えに回らねばならず、レースに参加できるのは11人。さあ、誰が選ばれるのか?スキッパー(船長)の大役は誰が務めるのか?選ばれなかった4人の心境やいかに?と。

 そして後半はやっとレース本番。出発からゴールまでの模様がわくわく感たっぷりに描かれます。この後半部分だけで良かったんじゃないかってくらい、レースを観るのが楽しかった。見えないライバル艇、追いついたり追い越したりといった接戦もあり、風を味方にするのはどちらの艇か、というサスペンス。

 登場人物が多すぎて誰が誰なのやらわからないままだったりもした。後半はスキッパーを中心に話が進むので、そういう混乱もなくなって良かったけども。紅一点のジェニーは一番ドラマチックに目立っていて、その逞しさが素敵でした。ラスト、メンバーの現在の様子がちらっと紹介されるのが良かった。大体の人はヨットを続けていて、そうでない人達もなんだか生き生きしていた。

 残念だったのは音楽の安っぽさ。エンドロールの曲だけは楽しそうでしたが、それ以外のBGMは丸っきり軽くてダメな感じ。あと、早回しの多用とか編集も安っぽかった。それに、カメラが入り込みすぎていてTVクオリティなのも残念。もっと引きで撮って海やヨットの美しさを存分に活かして欲しかったところ。

 そんな感じで全体的に音も映像もTVっぽくて、これは映画館で観る意味がないなぁと思っちゃった。それでもレース途中のどこまでも何もない海原や、星空の下の暗い海のもこもこ上を進むヨットなど、ちらほら映像的な見所はあったお。何よりもゴールしたときの黄金の朝日を浴びるモーニング・ライト号は感動的に美しかった。

 なんだかんだ言って、最後はチーム一丸となってやり遂げたことに観ているこっちまで感動しちゃう。控えに回った人もeメールでクルーを応援したりして爽やかな青春を漂わせ、後味も良い。まあでもTVで観れれば良かったかなぁ。私は1,000円で観たからまだ良いけど、これに1,800円は払わないわ。ないわ、それ。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
ウインズ(字幕スーパー版) [VHS]ヨットレースの映画!こちらはアメリカス・カップだよ。
ウインズ(字幕スーパー版) [VHS]
マシュー・モディーン; キャロル・バラード
オープン・ウォーター2 [DVD]大型ヨットでクルーズした若者達の悲劇。パニックゥ!
オープン・ウォーター2 [DVD]
スーザン・メイ・プラット; リチャード・スパイト・ジュニア
パーフェクト ストーム 特別版 [DVD]嵐は怖いよ。海上は逃げ場がないよ。漁船だけどな。
パーフェクト ストーム 特別版 [DVD]
ジョージ・クルーニー; マーク・ウォルバーグ
モーニングムーンモーニングムーン
チャゲ&飛鳥CHAGE&ASKA

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
ヨット…

淀野弘 | URL | 2009年06月21日(Sun)02:33 [EDIT]

はじめまして。
ヨットの映画もう一つだったようですが、
映像的に美しいシーンは映画館で観ると感動が違いますよね。

>淀野弘さま。

P | URL | 2009年06月21日(Sun)11:02 [EDIT]

そうなんですけどもね。この映画に関しては、期待していたほどの美麗映像が少なすぎました。
人物描写がほとんどなので、TVっぽいです。TVでいいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。