猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

es [エス] 【役割に はまり込んでく 恐ろしさ】

tag ヒューマン パニック サスペンス

『es [エス]』 DAS EXPERIMENT
2001年・ドイツ
1971年の心理学実験―スタンフォード監獄実験(アイヒマン・テストの一種)に着想を得た映画。

 原題はそのものズバリな“実験”。模擬刑務所を作って、そこに被験者を閉じ込める。被験者は2つのチームに分かれる。即ち、看守チームと囚人チーム。いわゆるロールプレイングですね。看守はちゃんと警棒みたいの持って制服着る。囚人は囚人服を着て房に入れられる。そうやって、肩書き・役割や権威が人に及ぼす影響を実験しようとしたのね。

 実際に行われた実験を元に作られた映画だけど、かなりの部分がフィクションです。にしたって、人間のダークサイドをしっかり描いた素晴らしい映画だよ。何度も観て、いや~な気分になって、戒められてますよ、私。

 邦題になったes(エス)は、ドイツ語で“それ”、心理学用語では“無意識下の機能、感情や欲求を自我に伝える機能”という概念。またの名をid(イド:ラテン語)。ニーチェ様が言い出してフロイト先生が広めた語です。邦題をわざわざエスなんてするのはちょっと不思議。
es[エス] [DVD]es[エス] [DVD]
モーリッツ・ブライプトロイ
クリスティアン・ベッケル


 そんなドイツ映画なんですが、ハリウッド版リメイクが決まっていて、このほどキャストも明らかになりましたの。タイトルはそのまんま英語にして"The Experiment"。キャストは エイドリアン・ブロディ、イライジャ・ウッド、フォレスト・ウィティカー、キャム・ギガンデッドが決まったとのこと。誰がどの役じゃろうか?ウィティカーは間違いなく看守役な気がする。いや、虐められる役も似合うか。
ネタ元⇒"The Experiment"のキャスト決定(FirstShowing.netより)

2010/7追記:ハリウッド・リメイク版はなんとアメリカでDVD直行だって!ええ!
エイドリアン・ブロディの"The experiment"DVD直行&予告編(BeyondHollywoodより)
ポスターは⇒セールス・ポスター(FirstShowing.netより)

"The experiment"予告編


2010/10/19追記:日本公開は12/4~に決定だよ!ヽ(´ー`)ノ
邦題『エクスペリメント』でヒューマントラスト渋谷などで上映。

どんな映画?


 映画は新聞で被験者を広く公募した設定でドラマチックにしてたけど、実際には地方紙に広告を載せ、最終的に24人の大学生が被験者として選ばれました。それに映画では死傷者が出たけど、実際にはそこまで酷いことにはならなかった。けども、看守チームは消化器で暴動を鎮めたり、便所を不潔なままにしたり、ベッドのマットレスを取りあげたり、裸に剥いたり、性的虐待の真似事をしたり…残酷さが日増しに強まったそうな。こうして2週間の実験予定が6日で終了するほど、危険な心理状態に追い込んでしまった。

 心理学を学ぶと必ず耳にするこの悪名高い実験。研究者はあらゆる実験をしたがるけども、時には倫理の問題が立ちはだかる。あぁ、この実験さえ出来れば!と思っても、倫理的に許されないこともある。麻痺しちゃいけない。こんなことになるぞ、と戒められるわけだ。

 実験を行ったジンバルドー教授自身もこのロールプレイングに没頭してしまったという。外部からの来訪者は50人以上もいたが、実験を観察して中止するように勧告する者はいなかった。が、囚人チームの個人個人と話をした神父様は事態を重く見て学生達の家族に事情を伝え、必要なら法的手段に訴えるように助言した。決定的な出来事は、ジンバルドー教授の当時の恋人であり卒業生でもあるクリスティーナ・マスラークが実験を観て激しく憤ったことにある。50人以上もの来訪者の中、彼女が初めて倫理的な問題を指摘した、というのも凄い話ですね。

 と、実際の実験のことばかり書いてしまいましたが、映画はもっと映画的に面白く作られています。実際よりもエスカレートしているとはいえ、根本的には同じ事で。自分は大丈夫だ、なんて努々思っちゃいけない。シチュエーションの持つ力って、えらい大きい。人間の暗い欲望は、そんな時ヒョイっと顔を出すものなんだろう。そんなesをうまく飼い慣らし、超自我を鍛え続けることが大事なんだと思う。
にほんブログ村 映画ブログへ
俳優は誰?
 主人公タレクに『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』のギャング二人組の片割れを演じたモーリッツ・ブライブトロイ。目が大きいっすなぁ。

タレクに近づく曰くありげな被験者シュタインホフに、『ヒトラー~最期の12日間~』のシェンク博士や『ワルキューレ』のメルツ大佐を演じたクリスチャン・ベルケル。素敵よのぅー。

関連作品のようなもの
ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア (デジタルニューマスター版スペシャル・エディション) [DVD]esの主人公はこの映画のギャング二人組の一人。
ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア (デジタルニューマスター版) [DVD]
ティル・シュヴァイガー; ヤン・ヨーゼフ・リーファース
ワルキューレ プレミアム・エディション [DVD]囚人番号38は、この映画でも渋い良い役でした。
ワルキューレ プレミアム・エディション [DVD]
トム・クルーズ; ケネス・ブラナー
影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのかこの実験は肩書きが人にどんな影響を与えるのかを調べるためだった。似た話が載ってる本。
影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか
ロバート・B・チャルディーニ
【es】 [VHS]【es】 [VHS]
Mr.Children

毛玉内関連記事:『影響力の武器 [第2版] ―なぜ、人は動かされるのか』読んだ。
           実験室KR-13 【全体の 利益のためには 何を為す】
           ワルキューレ 【内部から 食い破ろうと もがく勇気】
           ブラインドネス 【先入観 なしで見詰める この世界】
           愛を読むひと 【責任と 罪悪感と 愛情と】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。