猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スター・トレック 【新しい 旅の始まり わくわく感】

tag SF アクション ファンタジー

『スター・トレック』 STAR TREK
2009年・アメリカ
SF人気シリーズの新章。シリーズ11作目となる本作はカークが船長になるまで。

 私、映画版は『スター・トレック/叛乱』しか観てないんだよな。当時は映画館で働いていたからとにかく何でも観た時期。だからピカード船長とデータ少佐なの(新シリーズになってからのものだから)。

 そんな私でも観て楽しかった新シリーズ。オリジナルの映画版(カーク&スポック)が全7作、続く新シリーズ(ピカード&データ)が3作、で、今回からまた新しいスター・トレックだ。カークがエンタープライズ号の船長になるまでを描くよ。若かりしカークとスポックの新しいシリーズは、原点回帰という昨今の風潮にのってヒットしとるみたいだな。007もターミネーターもアンダーワールドもX-MENも何もかも今は原点回帰じゃよね。

 “スタート●REC”(POVを使ったホラー映画)では勿論なく、“スターとレック”(宇宙を舞台にしたバディ・ムービー)でもなく、“スター・トレック”つまり星を散策☆みたいな。TREKは旅とかで、トレッキングのTREKじゃよ。類義語はトランピングtramping。
スター・トレック (J.J.エイブラムス 監督) [DVD]スター・トレック
J.J.エイブラムス 監督 [DVD]

コトノハ


"Punch it!"
(ワープしろ)

 キャプテン・パイク(ブルース・グリーンウッド)のワープの号令はスター・ウォーズでハン・ソロも使っていたよ。あと、カークが船から放り出されて着く雪と氷の星はスター・ウォーズっぽかったね。ドヂっ子モンスターが可愛くて笑いました。

どんな映画?
 コバヤシマル!とにかくILMお疲れ様!な素晴らしいCG満載。あと、笑い部分もあちこちあって楽しいよ。ボーンズがカークの体にスキャナをあてながら追いかけ回すシーンが好き。

 で、それだけじゃない。若かりしカーク船長の無鉄砲さ、大胆不敵さ、熱い性格がストーリーをぐんぐん引っ張っていった。それとスポックのアンビバレンツとか、キャラクターの魅力が凄い。CGとキャラの魅力、これに尽きる!

 元のTVシリーズでスポックを演じて、その後映画版の監督までやったことのあるレナード・ニモイが、老スポックを演じるというしゃれっ気も素敵でした。

 しかしILMの人海戦術に圧倒されるのが、スタッフロールの一面ダダーっと文字んとこ。思わず「すげッ」って呟いたお。そんなエンドロールの最後に、スター・トレック原作者でプロデューサーだったジーン・ロッデンベリーとその妻メイジェル・バレットに捧ぐ、とあって制作者の敬意とファン魂が窺えた。
にほんブログ村 映画ブログへ
俳優は誰?
 カーク船長にTVで活躍してたクリス・パイン。目は青い。なんかすごく良かったです。やんちゃな感じが。映画の成功の半分は彼のお陰かも知れないよ。

 今回もっとも喜ばしいキャストはボーンズことレナード・マッコイ船医を演じるカール・アーバン(指輪物語のエオメル、『リディック』、『ゴーストシップ』など)ですよね!やあ、良い役で嬉しいよカール・アーバン。ニュージーランド出身ですよ。彼はキウイですよ。羽ばたけ、カール!

 敵役のキャプテン・ネロ(ネモじゃないよ)はエリック・バナ(『ハルク』、『トロイ』、『ブーリン家の姉妹』など)がすごい形相で演じています。悪い役のほうが似合うわよ。

 スポックのお母さんがなんとウィノナ・ライダー(『シザーハンズ』、『17歳のカルテ』など)でして、老けメイクもあるんだろうけど、ショッキングでした。可愛かったのになぁ。私生活はめちゃくちゃみたいでしたが。

 スコッティに英国俳優サイモン・ペッグ『ショーン・オブ・ザ・デッド』、『ホット・ファズ』など)。毛むくじゃらのクリーチャーに愛されてるみたいなスコッティ、ユーモアたっぷりで良かったです。出番は少ないけど。

 キャプテン・パイクにブルース・グリーンウッド(『ダブル・ジョパディ』など)。カッコイイ役柄だったなぁ。『ダブル・ジョパディ』のイメージが強くて胡散臭かったんだけど見直しちゃった。

関連作品のようなもの
宇宙大作戦 GALAXY BOX [DVD]日本のTVシリーズの題名は『宇宙大作戦』。
宇宙大作戦 GALAXY BOX [DVD]
ウィリアム・シャトナー; レナード・ニモイ
スター・トレック (角川文庫)ノベライズ版。
スター・トレック (角川文庫)
アラン・ディーン・フォスター
新TOEIC TEST学習スタートブックゼッタイ基礎攻略編 J MOOK 1新TOEIC TEST学習スタートブックゼッタイ基礎攻略編 J MOOK 1
柴山かつの

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

umetraman | URL | 2009年06月26日(Fri)22:38 [EDIT]

こんばんは!

ううう、P様の記事を呼んで無性に観たくなりましたよ!
てっきり無名の俳優使いまくりかと勝手に思っていたのですが、いやはやなんとも。
カール・アーバン、「DOOM」でロック様とケンカしてたのもありましたね。FPSゲーム好きとしては外せない作品でありやす(笑)。いい役者だと思います。

私は映画版スタートレックは初期の頃しか観てないんですよ。ピカード世代になってからはすっかり遠のいています。今回は初期の過去に遡るということで、久々に観てみたいなあと。

ILMも凄い仕事をしていそうですね。ILMと聞くだけでビビビと来てしまいますよ。

スタートブックで英語力付けてスタートレックを極める。コレですな(笑)。

ガツンと応援♪凸

>umetramanさま。

P | URL | 2009年06月27日(Sat)10:03 [EDIT]

CGすごいんで、スクリーンの大きい劇場で観ることオススメ!音響も良い劇場ならズウ-ンと重低音が腹に響く感じがお楽しみ頂けます。

カール・アーバン、肉体派な役が続いてやだなぁと本人思ってたらしいです。そこに、この船医役!コミカルな彼が観れますお!

映画版て、たぶんTV放送で観てるんですよ。でも全然記憶になくって。TV版もごっちゃになってワケわかってないです。カーク×スポックがお好きなら今回楽しいと思います。新しいカーク像だからすっごい無謀でやんちゃだけど。

Amazonオチにツッコミ入れてくれるの、umeさんだけですよ。いつもありがとうございまっす。あと、毛玉チャットに書き込みありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。