猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

"Let the right one in"リメイク版またまた続報

tag ホラー サスペンス スプラッター 青春 ヴァンパイア


 スウェーデンのヴァンパイア映画"Let the right one in"のハリウッド版リメイクは着々と進んでいるようですよ。いつもながらFirstShowing.netを参考にしつつまとめてみた。

 まず、タイトルは"Let me in"に改められた。これは原作がアメリカで出版された際に改題されたのと同じですね。原作本の英訳タイトルは"Let the right one in"と"Let me in"と両方あるのよね。

 舞台はアメリカ、コロラドの町。ときはレーガン政権時代、つまり'80年代ということでオリジナル映画と変わらず。雪深い暗い町、という設定もオリジナル映画から引き継いだもので、そこらへん愛を感じるよね。

 マット・リーヴス監督(『クロ-バーフィールド/HAKAISHA』)は「オリジナル映画を観て夢中になり、10代に差しかかる頃の痛み、思春期の痛みはまさにホラーで、そのメタファーを感じ取った」と言う。今回のリメイクは原作小説に立ち返り、単にオリジナル映画をリメイクするものではないそうな。

 現在キャストを選考中で、公開予定は2010年秋。ということは、年末か遅くとも年明け早々には撮影に入ることになるだろう。
※続報はコチラ⇒"Let Me In"コンセプト・ポスター(キャスト情報など随時追記)

 オリジナル映画が高い評価を受けただけに、リメイクにはどうしても否定的な目を向けてしまう。とはいえ、我が日本国ではオリジナル映画が観れないのだからこのリメイクに期待しとこう。オリジナル、せめてDVDにならないかな。かなり観たいんですけど。それが無理ならせめてせめて原作本の邦訳、出してください。(´;ω;`)
2010/1/27追記:日本公開決定らしい。原作本も邦訳出た!コチラに追記⇒吸血鬼モノ新作映画
にほんブログ村 映画ブログへ
毛玉内関連記事:吸血鬼モノ新作映画
           "Let the right one in"予告最新バージョン
           "Let the Right One In"リメイク版続報
           "Let Me In"コンセプト・ポスター
           吸血鬼映画"Daybreakers"予告編
           クローバーフィールド/HAKAISHA

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

lifeonmars | URL | 2009年07月02日(Thu)00:50 [EDIT]

これ、オリジナルの方が見たくて堪らない映画です。
DVDでいいから出して欲しいですよね。

>lifeonmarsさま。

P | URL | 2009年07月02日(Thu)14:03 [EDIT]

オリジナルの方はゴニョゴニョゴニョで12分割ですがゴニョゴニョされて…。英語字幕付きなのでゴニョゴニョ。
そんなわけでゴニョゴニョなものは通常絶対観ないんですが、もう耐えられなくなって観てしまいました。
悲しく切ない映画。本当にDVD出して欲しいです。

lifeonmars | URL | 2009年07月03日(Fri)01:06 [EDIT]

おぉ、そうなんですね!今度ゴニョゴニョしてみます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。