猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

レスラー 【傷つくよ リングの外じゃ 痛いんだ】

tag ヒューマン スポーツ

『レスラー』 THE WRESTLER
2008年・アメリカ=フランス
ミッキー・ローク主演によるプロレスラーの後半生を描いたドラマ。

 ミッキー・ロークといえば猫パンチっていうのが、どうしても深くぐっさりと埋め込まれたイメージ。それが、この映画を観るとその凄みと哀愁に圧倒されて、彼の背中を見ているだけで涙が出る。こんな風にミッキーが第一線に戻ってくると、誰が予想できただろう。若い頃は甘いマスクにワイルドな魅力で俳優としての実力も申し分なかったミッキーが、ボロボロのマッチョを演じる。

 監督は英国女優レイチェル・ワイズのパートナー、ダーレン・アロノフスキー。演技派美人女優と監督のカップル、多いですよね。ケイト・ウィンスレットもそうですしね。

 映画はレスリング場面が多く痛い描写がかなり続きますので、そういう耐性のない方は相当覚悟して観てくださいな。もちろん血も出るし、ある種スプラッタですから。痛い描写が苦手な人にとってはかなり辛いと思いますよ。私も最初から最後まで「ウッ」「アァウッ」と呟きながら顰め面で観てました。(`・ω・´)

レスラー スペシャル・エディション [DVD]レスラー スペシャル・エディション [DVD]
ミッキー・ローク
マリサ・トメイ

コトノハ


"Fuckin' 80's man, best shit ever!"
('80年代が最高よ!)

 これは音楽の話で、ガンズにモトリー・クルーにデフ・レパードなんかのロックが最高だったのに'90年代クソクラエー的な会話。映画に使われている音楽もガンズやファイアハウス、クワイエット・ライオットなど愛すべき'80年代ロックが沢山。

ミッキーも'80年代にホットだった俳優だし、映画の中のランディも'80年代にホットだったレスラー。自分の最盛期の時代イメージが、やっぱり最高だよね。だから、音楽は'80年代が最高って語り合うこの短いシーンは意味深く、印象的だった。

どんな映画?
 ランディの後ろを付いて歩くようなドキュメンタリー調のカメラ・ワークが多く、全体的に静かに淡々と進む。それがまたリアル感を増幅していて凄いんだ。すべてが巧い映画でした。

 かつて人気を博したプロレスラー、ランディ“ザ・ラム”ロビンソン(ミッキー・ローク)はすっかり年をとって、耳には補聴器、何か読むときは老眼鏡、試合で受けた古傷の痛みにも耐えながら生きていた。

 スーパーでバイトしながら、週末は場末のレスラーとしてリングにしがみつく生活。トレイラー・パークで一人孤独に暮らしつつも、レスラーとしての自分に投資することは止めなかった。日焼けサロン、髪染め、肉体構築、薬、ステロイド…かなりの出費。いつものように週末興行を終えたランディは、ロッカールームで倒れた。ステロイドを使い続けたために心臓に負担がかかり、心臓発作を起こしてしまった。

 医者にレスラーはもう無理だと言われ、なんとかリングの外での生活を建て直そうとする。疎遠だった娘と和解しようと努力し、週末もスーパーで働くようになり、思いを寄せるストリッパーのキャシディにアタックしてみたり。そりゃあもう痛々しい。

 プロレスはショーでありエンタテイメントだけど、体の痛みや血や怪我は本物だ。それはまぎれもないリアル。ショーに肉体を捧げるその痛々しさ。ちなみに額を切るシーンは本当に切ったのだそうですよ、ミッキーったら。痛々しいのはリング上の闘いだけではない。もう、全て。すべてのランディの行動が痛々しい。見てるのが辛くなるくらい体も心も痛い。あ、でもユーモアもソコかしこにあって面白いよ。

 彼の本名はロビン・ラムビンスキー。でもリング以外でもランディ・ロビンソンでいたい彼は、激しく本名を否定してランディと呼んでくれと言い続ける。それがとても象徴的。彼にとってのリアルはリングの中であり、外の世界では何もかもうまくいかないダメな男。従って彼はロビン・ラムビンスキーを受け入れられない。

 リングの外の彼のダメっぷりは存分に描かれて、そりゃあ娘も絶縁したくなるわって感じなんだな。それでも彼には、すべてを賭けられるレスリングがあっただけ幸せだったかもしれない。娘へのプレゼントを選ぶシーンは面白くて大笑いしてしまい、でもそれを受け取ったステファニーの顔を見たら、笑ってゴメンて気分になった。ランディの娘への愛情は、あの蛍光グリーンにたくさん詰まっていたんだもんね。

 ぼろぼろのランディをしっかり昇華させたラストは、滅多にない心に迫るラストシーンだった。あの後どうなったのかは、観た人それぞれの心の中に任されている。私は…割としっかり想像できた。その想像があんまりにもやるせなくて、泣いた。

俳優は誰?
 ランディ“ザ・ラム”ロビンソンにミッキー・ローク。監督は最初からミッキーで!って思ってたけどスタジオ側がニコラス・ケイジが良いと思うよって渋ったらしいです。監督の粘り勝ちでミッキー案が通り、ミッキーの俳優人生と重なるランディのレスラー人生が映画をより奥深いものにしてます。監督、エライ!それにミッキーの体格はアスリートらしいけど、ニコラス刑事だとちょっとなぁ…。もちろん刑事でもそれなりの作品にはなったでしょう。でもこれほどには、ならなかったんじゃないかね。

 そして素晴らしかったのはミッキーだけじゃない。ランディが思いを寄せるストリッパー、キャシディ(パム)にマリサ・トメイ。40代半ばとは思えないきれいな体を晒してます。いや、本当に美しかったしよくあそこまでストリップ演技をした!女優魂を感じますよ。ランディと違って現実の責任を全うしようとする彼女の存在は、ランディのダメっぷりを強調してくれました。店にいるときはキャシディ、オフのときはパムと呼んで欲しいというのが、彼女が役割を分けて考え現実に対処できている象徴かなぁと思ったお。

 ランディの娘ステファニー役にエヴァン・レイチェル・ウッド。今回は黒髪にケバい感じのメイクで登場。この人は本当に透明感があって繊細な雰囲気だよね。『ダイアナの選択』も素晴らしいのでどうぞ観てください。子役で『プラクティカル・マジック』なんかにも出てたよ。今、一番期待している若手女優さんだにゃー。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
パッション [DVD]パムがランディにこの映画みたいだと言う。
パッション [DVD]
ジム・カヴィーゼル; モニカ・ベルッチ
ワーキング・オン・ア・ドリームエンドロールで流れる曲はしばし呆然とする心に沁みる。サントラには収録されてないのでこのアルバムでしか聴けないよ。
ワーキング・オン・ア・ドリーム
ブルース・スプリングスティーン
WWFスーパレッスルマニア映画に出てくるレトロ・TVゲームのモデルはこれ。
WWFスーパレッスルマニア
SUPER FAMICOM
いかレスラー [DVD]いかレスラー [DVD]
西村修; AKIRA

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

lifeonmars | URL | 2009年07月03日(Fri)01:12 [EDIT]

これ俳優がみんな良かったです。ミッキー・ロークもマリサ・トメイもエヴァン・レイチェル・ウッドもはまってました。父娘の海辺の会話や最後のジャンプでウルウルしてしまいました。
でもやっぱり蛍光グリーンの服プレゼントされてもちょっと困りますよね。

サイズ君 | URL | 2009年07月03日(Fri)08:46 [EDIT]

マリサ・トメイ、好きです。
おバカ役が上手いって言われてたこともあるらしいけど、演技が上手いからおバカに見えるんだと思うし、幅広い映画に出てて、どれもちゃんと納まっている感じが好きなところです。
40歳だというのに、未だに可愛いし(*^_^*)
マリサが出ているだけでも、見たい映画です。

>lifeonmarsさま。

P | URL | 2009年07月03日(Fri)11:28 [EDIT]

あの服もらっても困るけど、ステファニーはエライなぁと思いました。本当は父親の愛が欲しかったし待ってたんだってわかる、嬉しそうな顔してましたね。着ないだろうけど。

本当に役者3人とも凄かったです!アカデミー賞のアテにならなさは今に始まった事じゃないけど、賞なんかもらえなくても最高でした。

そうそう、海辺の踊るとことか、最後のラム・ジャムが・・・。ダーっと泣きましたね。

>サイズ君さま。

P | URL | 2009年07月03日(Fri)11:32 [EDIT]

マリサ・トメイの演技巧さは折り紙付きでしょう!
45歳ですかね、今。
すごくきれいな体でしたのよ!ダンス・シーン凄い!

観客は男性が多かったです。おっさんとか。

茶栗鼠 | URL | 2009年07月03日(Fri)11:44 [EDIT]

Pさん、こんにちは。
いやぁ、見たい映画ですねぇ・・・・・。
っていうか、どうしてケイジさん?T・バートン版のスーパーマンにも出したいって話でしたし・・・・。

ミッキー・ロークは『シン・シティ』で復活っていうか、きてた気がするので見事に先帰り?したみたいですね。

評価も高いので、見てみたいなぁ。(アカデミー賞はほとんどみたいかも)

>茶栗鼠さま。

P | URL | 2009年07月03日(Fri)16:15 [EDIT]

ニコラス刑事は人気があるからでしょうね。対して、製作当時のミッキーは信用もなかったですし、リスク高いですよね。

ん?返り咲きって言いたかった?シン・シティ以前も細々と小さな役やってましたけど、やっぱりこれだけの大役でこれだけの凄みを見せてくれたミッキーに、今こそお帰り!と言いたいです。
今後もインフォーマーズ、アイアンマン2と大作に起用されて波にのってますね。もう昔のような勘違いくんにはならないと思いますけど、どうでしょうね?

承認待ちコメント

| | 2011年10月05日(Wed)18:49 [EDIT]

このコメントは管理者の承認待ちです

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レスラー

レスラー / THE WRESTLER ミッキー・ロークを完全復活させたこの映画の監督ダーレン・アロノフスキーは鬼才中の鬼才なのです。 今回の「レスラー」で監督の作品は全部見ることが出来ました。 2008...

RISING STEEL 2010年12月14日(Tue) 00:00

レスラー

「レスラー」を観ました!!! ↓↓↓2009/07/02 UP↓↓↓ 金・家族・名声を失った元人気プロレスラーのランディ・ロビンソン。今では、スーパーでアルバイトをしながら、トレーラーハウスに1人で住み、かろうじてプロレスを続けている。彼にとっては、プロレスの仲間...

今日は映画気分! 2009年07月05日(Sun) 19:04

映画「レスラー」

原題:THE WRESTLER プロレス好きで、落ちぶれて体はボロボロでもリンングに上がり続け、生活は苦しくスーパーでアルバイトをしながらも部屋代さえ払えない、そんな男の物語・・・ つい最近の衝撃的なニュース、それは2009年6月13日のこと、既に満身創痍の体調?...

茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ 2009年07月03日(Fri) 00:38

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。