猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

THEM ゼム 【謂れなき 姿の見えぬ この恐怖】

tag ホラー パニック サスペンス 犯罪

『THEM ゼム』 Ils
2006年・フランス=ルーマニア
実際に起こった事件に着想を得て組み立てられた怖い映画。

 ルーマニアに暮らすフランス人カップル。家は林に囲まれていて、仕事が終わって帰宅すると二人で静かに過ごせた。2002年10月7日、そんな二人の家に何者かが侵入してきた!・゚・(ノД`;)・゚・

 登場人物はほとんどこのフランス人カップルだけ。場所も孤立した家の中、林の中。あらゆる意味でミニマル&シンプル!それだけに閉塞感が凄いよ。上映時間も77分と非常にコンパクト。こんなに怖いホラーは、そうそうないと思う。

 原題はフランス語で“彼ら”、読みはイル。邦題もそのまま“奴ら”にしちゃえば良かったのに。とは思わない。なんだかわかんないけど、この邦題は良いよね。
正体不明 THEM (ゼム) [DVD]正体不明 THEM (ゼム) [DVD]
ミヒャエル・コーエン
オリビア・ボナミー

どんな映画?


 実際にあった事件といっても、本当にほとんどがフィクションなのでトゥルーストーリーとは言い難いものがあるさ。フランス人カポーじゃなくてオーストリア人カポーが休暇を過ごしにブカレスト(ルーマニア)に来た時のアレなのらしいですよ、実際は。でもまあ、それとこれとは別で、本当に怖かったんだぜ!(((((((;´д`)))))))

 オープニングの車での親子シークエンスでぐっと入り込む。なにこれこわい!宇宙人?なに何の音これ!って、でもこれはオマケ的エピソード。きっと観てる人の心を掴むための前振りなのです。だから後から意味とか考えちゃダメ!

 とにかく何も知らずに見たほうが良い映画なので、ほとんど書けることがありません。謎の何者かに襲われるカポー。この襲撃者がね、えらい怖い。特に姿が見えず、音しか聞こえないと。そして正体が見えてみると、今度は別の怖さがやってくる。

 日常のすぐ隣で繰り広げられる惨事。残酷なヤツらから、逃げられない恐怖。戦えない恐怖。ラストが近くなるにつれ怖さはマシマシの増し!とりわけ明るい車道が見えるシーンはやりきれない。自分の身に起こっても不思議じゃない、この無差別感がまた怖い。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
ストレンジャー [DVD]こちらは恋愛絡みで。
ストレンジャー [DVD]
アントニオ・バンデラス; レベッカ・デモーネイ
THEM ゼム [DVD]全然違う、SFパニックもの。
THEM ゼム [DVD]
トム・ウーパット; キャル・ウェバー

毛玉内関連記事:ナイト・オブ・ザ・リビングデッド
           P2 【壊れてく ついさっきまでの 日常が】
           スラムドッグ$ミリオネア 【負けはしない 彼女のためなら えんやこら】
           セルラー
           ミラ・ジョボの新作スリラー"A Perfect getaway"予告編
           青少年ホラー"DEADGIRL"予告編
           ウェイクアップ・デッドマン ~奇跡の朝~ 【乗り越えた あの哀しみを 今一度】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

サイズ君 | URL | 2009年07月15日(Wed)11:12 [EDIT]

熱帯夜に良さそうな映画ですね。
最近は、「ほんと、怖い!」って実感できる映画ないから、久しぶりにレンタル行ってみようかな。
ちょうど、旧作100円なんだよね。

キムタク、同じ理由で好きじゃないです。あんなにドラマ出てて、なんで演技が上達しないんだろう?
それも一種の才能?

「太陽の帝国」、むか~しに一度しか見ていないので、うろ覚え。
主人公の男の子が「あら、可愛いわ」ってぐらい。
おとんの影響で小学校時代からたくさんの映画を見ているけど、その頃からメモしておけば良かったと、つくづく思います。
廃版になって今じゃあ見れないのも見てたはずだし。

>サイズ君さま。

P | URL | 2009年07月16日(Thu)11:02 [EDIT]

夜に見たら、怖くて眠れなくなるかも・・・。
なんてな。

旧作100円!いいなー!あれもこれも見たいよね!

子供の頃に観た映画は強烈に脳に刻まれてるのと、見たかどうかすら断定できないようなのと、ありますよね。 私も日記でもつけておけば良かったと思うわぁ。今はブログに記録してるけど、してない分とかもちゃんと見やすくまとめておきたいなぁ。(←いつやるのだ?)
『太陽の帝国』はベイルちゃんのテンションあがりまくりんぐ状態が面白かったです。1人で喋りまくって大人に窘められたりするのが。

kino | URL | 2009年08月07日(Fri)00:25 [EDIT]

これは、恐かったです。
プロローグの段階から、被害者の悲鳴とともに窓ガラスに手がべたっーとついたりして、オーソドックスな見せ方を感じました。カメラの撮り方がなんか恐くて、林の中で、カメラが、じっーと様子をうかがうのも、不気味なと思いました。
正体がわからないものに、追いかけられるのは、ほんと恐いですね。特殊効果なくても十分、演出で、いけるなぁと思う映画でした。

>kinoさま。

P | URL | 2009年08月07日(Fri)14:20 [EDIT]

音だけしか聞こえないときの、ガラガラーっていうあの不気味な音が怖かったです!
プロローグ、あれだけでも本当に正体不明で怖かったですよね。車の中で何が起こってるのか様子を窺う娘を見ながら物音を聞いてるだけで怖い!

特殊効果やCGにお金かけなくても、演出しだいでこんなに怖いことになるんですものね。私は最後の方でトンネルから車道を見ている女性のシーンがブルっときました。こわやこわや。

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

正体不明 THEM ゼム

うーむ、まさに正体不明だ。 実際にルーマニアで起こった実話を基に描くフランス・シチュエーションスリラー。 『ソウSAW』を凌ぐ恐怖!『デ...

映画通信みるみる 2009年08月07日(Fri) 00:25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。