猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ショーン・オブ・ザ・デッド 【保守的に ゾンビの群れから 身を守れ】

tag コメディ ホラー パニック スプラッター 青春 ゾンビ

『ショーン・オブ・ザ・デッド』 SHAUN OF THE DEAD
2004年・イギリス=フランス
'70年代ゾンビ映画を豊富にパロった英国産ゾンビ・コメディ。

 タイトルはロメロの『ゾンビ』(原題"Dawn of the dead")をもじったもの。そしてショーンは主人公(サイモン・ペッグ)の名前。いや面白かった!上質な英国風インテリ・コメディでした!

 ゾンビ・コメディといえばピーター・ジャクソン監督の『ブレインデッド』がやっぱり勢いがあって面白いんだけど、本作はそれとは違った面白さ。言葉遊びや前振り的台詞、繰り返しの笑いがふんだんに使われた丁寧な面白さ!ゾンビ・ロマコメ的な雰囲気もあったりして。
ショーン・オブ・ザ・デッド [DVD]ショーン・オブ・ザ・デッド [DVD]
サイモン・ペグ
ケイト・アシュフィールド

コトノハ


"We're coming to get you, Barbara!"
(助けに行くよ、バーバラ)

 ショーンの母親の名前がバーバラ。バーバラに助けに行くと電話してるショーンの横でエド(ニック・フロスト)が叫ぶ。で、この台詞は訳しちゃうとわからないけど『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』のパロディ。最初の墓場のシーンで兄貴が妹を怖がらせるのに"They're coming to get you, Barbara!"(奴らが襲ってくるぞ、バーバラ)って言うやつ。

どんな映画?
 序盤は予兆がありながらも平穏な日常のロマコメ風味。恋人のリズ(ケイト・アシュフィールド)とうまくいかず、ダメ男な親友のことでフラットの家主に怒られ、仕事にもやる気がなく、両親のことでもうまくいってない。そしてパンデミックですよ。パニックになったときショーンは活躍!といってもかなり緩い感じだけど。保守的で皮肉屋な英国気質でもってゾンビ・ワールドに立ち向かうよ。

 とにかく繊細にユーモアを敷き詰めてあるので、プフって笑いが重なってブバフ!と爆笑が止まらなくなっていく。'70年代ゾンビ映画へのオマージュも散りばめられているけど、それに気づかなくたって大丈夫。全然面白いから!

例えば、ショーンと友人のイヴォンヌがそれぞれチームを率いて邂逅するシーン。二組のチームの構成員がそっくりで、似てるメンバー通しがお互いに挨拶するとこなんか可笑しい。あと、クイーンの音楽に合わせて1人のゾンビを袋だたきにするシーンも爆笑。リズム合いすぎ!

 出てくるゾンビはスピードが遅く、人間の元に辿り着くまでかなり時間がかかる。その間がまた良い。近づいてくるゾンビに向かってレコードを投げるシーンが好き。その曲は絶対ダメとか、俺は好きなんだとか言いながら、緩い空気で攻撃するの。

 闘うショーンたちは武器など持ってないのでその辺の台所用具やゴルフクラブやクリケットのバットなんかで応戦。やっと手に入れた銃もうまく扱えず、あんまり役に立たなかったりして。そこらへんはリアルだなぁと思った。一般市民だもんね。

 気になったのは、stepdadが字幕では義理の父と訳されてたこと。正しくは継父(母親の配偶者)のこと。義理の父だと配偶者の父親になっちゃう。ちなみにそれはfather-in-lawですな。

 全体に台詞が凝ってるし、伏線やダブルミーニング、繰り返しの笑いがすごい。よく練ってあるなぁ、と。それらをちょっと箇条書きしてみて終わりにします。
 ・「明日の朝はブラッディ・マリーだ」→朝、庭にいるゾンビの名前がマリー。
 ・「次に会うときヤツは死んでる」→本当にそうなった。
 ・「パブで合流しよう」→本当に来た。
 ・「調子はどーう?」「Surviving(なんとか生きてるよ)」→ゾンビパニック中にも繰り返し。
 ・"He's not my Dad"→心が通じてからも言うけど、それは別の意味で。
 ・「死んだよ」の意味で言った"He's gone"を「どこか行っちゃったよ」の意味で捉えて「どこへ?」と聞く母ちゃん。
 ・車のドアのチャイルド・ロックをリピート。
 ・シャツに赤いの付いてるよのリピート。
 ・エドのアイムソーリーのリピート。
 ・エドがやってるプレステに参入。
にほんブログ村 映画ブログへ
関連作品のようなもの
ゾンビ 米国劇場公開版 GEORGE A ROMERO’S DAWN OF THE DEAD ZOMBIE [DVD]タイトルの元ネタは勿論ロメロの『ゾンビ』。
ゾンビ 米国劇場公開版 GEORGE A ROMERO’S DAWN OF THE DEAD ZOMBIE [DVD]
デビット・エンゲ; ケン・フォーリー
ドーン・オブ・ザ・デッド ディレクターズ・カット [DVD]その『ゾンビ』リメイク版。英国での公開年度は同じ2004年。
ドーン・オブ・ザ・デッド ディレクターズ・カット [DVD]
サラ・ポーリー; ヴィング・レイムス
Jazzクイーンの"Don't Stop Me Now"に合わせてゾンビを袋叩き!
Jazz
Queen
東京ゾンビ プレミアム・オブ・ザ・デッド (限定生産) [DVD]東京ゾンビ プレミアム・オブ・ザ・デッド (限定生産) [DVD]
浅野忠信; 哀川翔

毛玉内関連記事:

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます

| | 2009年07月22日(Wed)21:12 [EDIT]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

lifeonmars | URL | 2009年07月22日(Wed)23:52 [EDIT]

普段ホラーやゾンビ物苦手なんですが、これは大好きです。サイモン・ペグとニック・フロストのコンビも良いですよね。小ネタにいちいちうけます。それにしてもイギリス人はパブ好きなんですねぇ。
同じエドガー・ライト監督のホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!HOT FUZZも面白かったです。

>tamoさま。

P | URL | 2009年07月23日(Thu)11:38 [EDIT]

面白いですよ!英国コメディの王道って感じの間と言葉遊び、繰り返しの笑い。
最近はこういうきちんと頭使ったコメディが少ないので、貴重です。

ロメロは新作のタイトルが公式に決定!って昨日twitterに書きましたが"survival of the dead"になりましたって。今度のはどうなるでしょうかね?

Xbox360はさっぱりわかりません。ゲームも今はやらなくなってしまいました。テレビが壊れてるから。PSPでそのゲーム出してくれれば良いのに!

>lifeonmarsさま。

P | URL | 2009年07月23日(Thu)11:43 [EDIT]

小ネタ笑いますよね。庭の塀のハードル走みたいので、ペグがのっけからコケるとこでコーヒー噴きそうになりました。あぶなかった!何か飲みながら見ると危険な映画。

ホットファズは探したんですけどなかったです。見たいんですけど。次回は店員さんに聞いてみようと。ショーンオブザデッドも見あたらなくて店員さんに聞いたので、さすがに2回も聞くの恥ずかしくて今回は諦めたですー。

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ショーン・オブ・ザ・デッド』

「ゾ」から始まる、 人間喰らう動きの遅い死にモノ、な~んだ? 『ショーン・オブ・ザ・デッド』を観た! 『ホット・ファズ 俺たちス...

陽面着陸計画 2009年07月25日(Sat) 02:00

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。