猫の毛玉 映画館

映画感想文を体内で丸めて吐き出す。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ブラッド・ダイヤモンド

tag ヒューマン サスペンス 政治 戦争

『ブラッド・ダイヤモンド』 BLOOD DIAMOND
2006年・アメリカ

意外にも良い映画だった。
この映画はディカプリオを人寄せに使ってるけど、地味で真摯な映画だと思った。

宝石や貴金属は嫌いじゃないが、とりわけ好きってほどでもない。
が、美しいと思うし、不思議だとも思う。
ブラッド・ダイヤモンドブラッド・ダイヤモンド
(2008/10/08)
レオナルド・ディカプリオ
ジャイモン・フンスー


どんな映画?


アフリカの内戦状態、少年兵の洗脳、ダイヤモンド(欲望)が引き起こす争い。
そういったことを描いている。
この映画の良かったところは、アフリカ人にこう言わせるところだ。
「白人がダイヤを欲しがるのはわかる。でもなんで、アフリカ人同士が殺しあわなきゃならない?」
それに対して、無言になるディカプリオ。

ダイヤが悪いんじゃないんだよね。
それを利用して欲望を滾らせる人間が戦争をおこしてるのであって。

この続きの台詞が
「黒人には悪い血が流れてるって言うヤツもいる。(だから殺しあうんだって)」
となるわけだが。
それはアフリカ以外の世界を知らないから出てくる言葉、として描かれていると感じた。
肌の色に関わらず、人は欲望のために殺しあってる。本当の意味はこっちだ。

先進国がダイヤを買わなければ、アフリカの内戦は終わるの?
そうじゃないよね。
でも買うことで片棒を担いでいるのも事実。
この映画はそれを気づかせることを目的にしていて、その目的は十分果たせる出来だと思う。

俳優は誰?
ディカプリオって昔からアイドル扱いされてる。
でもスクリーンでの存在感のすごさは、アイドルイメージとのギャップが激しいなと戸惑う。
私生活がどうの、って悪く言われてるけど、演技には関係ない。
やっぱりすごいって思う。
『タイタニック』は映画としてはツマラナイけど、ディカプリオの存在感と輝きで救われたものだった。

ジェニファー・コネリーも昔アイドルだったのが今やすっかり演技派になったね。
『フェノミナ』では気持ち悪い映画の中でキュートさが際立ったてた。
『ラビリンス 魔王の迷宮』も好きだったなぁ。デヴィッド・ボウイが魔王のヤツ。
最近のでは『ビューティフル・マインド』で数学者の奥さん演じてたのが印象的。あの映画がポール・ベタニーと結婚するきっかけになったんだよね。
にほんブログ村 映画ブログへ
今日の毛玉
社会派ドラマが観たい人に。
硬派、社会派、じっくり進行する映画だから。
ジェットコースタームービーや軽いタッチのアクション映画を求めているときに観るのは間違いです。

関連作品のようなもの
バスケットボール・ダイアリーズレオ様アイドル時代の映画。とはいえ秀作。
バスケットボール・ダイアリーズ
レオナルド・ディカプリオ
フェノミナ インテグラルハード完全版 デジタル・ニューマスターコネリーさんアイドル時代のホラー映画。可愛い。
フェノミナ インテグラルハード完全版 デジタル・ニューマスター
ジェニファー・コネリー
ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション引き続きアイドル時代の映画。
ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
デヴィッド・ボウイ
ビューティフル・マインドコネリーさん演技派に成長。これは良い映画。
ビューティフル・マインド
ラッセル・クロウ
キングダイヤモンドダイヤモンド・ゲーム キングダイヤモンド

毛玉内関連記事:ワールド・オブ・ライズ 【世が為と 大義通して あやめたる】
           ミシシッピー・バーニング 【いずこより 湧き出で続く 憎しみや】
           レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで 【特別な 男と女は 平凡に】
           キャピタリズム マネーは踊る 【マネーとは 寂しがりやと 見つけたり】
           インビクタス/負けざる者たち 【復讐は 何も産まぬが 赦しこそ】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。